2019年10月16日

先週観た映画~「ジョーカー」 (★★★☆☆) (2019年アメリカ)

先週観た映画、


「ジョーカー」 (★★★☆☆) (2019年アメリカ)



「バットマン」最強の悪役“ジョーカー”の強烈な生い立ちと誕生を描く、
第79回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞、


201910ジョーカー

ゴッサムシティの片隅で大道芸人を生業にするアーサー、いつか檜舞台に立つ夢を描いているが、虐待の後遺症があり周囲の理解もなく上手く生きられない、軽率な行動で職を失い、はずみで富裕層の会社員を殺害してしまう、格差の拡大で不満が鬱積していた民衆はアーサーの殺人を美化、道化師の仮面を被った反市制運動に発展、そんな中アーサーにTV出演のチャンスが巡ってくる、、、



ご存じ「バットマン」の悪役ジョーカーがどのようにして誕生したかを描くオリジナルストーリー、ブルース・トゥエインの幼少期も描かれています、世界観は“ゴッサムシティ”映画そのもの、いつも暗く雨が降っている(イメージ)、不正が横行する格差社会、主人公アーサーもその理不尽な仕打ちに徐々に心が壊れていきます、


主人公が心の底に病巣を持っているのは、いまやアメコミ映画の必須条件、にしても障害を持つアーサーに対する社会の仕打ちは酷過ぎて、思わずジョーカーを応援したく、、、ならないこともないが、、、


あまりゴッサムシティの映画は好きではないのですが、「バットマン ビギン」からの3部作は面白かったので「ジョーカー」も観ました、が、やはりあまり好きにはなれない、この街は、




演出的には、イメージカットと云うか観念的なカットが多く(これもワタシは好まない)、ジョーカーの心の動き(壊れていく)を表現しているのでしょうが、あまりピンとは来ない、彼女と上手くいっているようなシーンもすべてジョーカーの妄想だったのか?何とも悲しい、


ジョーカーを演じたホアンキン・フェニックスはアタリ役、鬼気迫る好演、ジョーカーを演じたこともあるデニーロ演じるMCはなんとも皮肉な役回り、ブルース・トゥエインも可哀想、


「バットマン」の原作はDCコミックとの事、アベンジャーズが所属するマーベルではないんだ、知らなかった、それだけアメコミ系映画は観ていない証拠、



全編濃密な内容で良く出来た映画、格差社会への警鐘でもあるのかもしれません、、、が、とにかく観後感が良くない、人が死に過ぎる、ジョーカーの殺人には共感しきれない、、、というのが正直なところ、民衆がジョーカーを神格化するのも危険な感じ、


ということで、鑑賞おススメ度は★3つでお願いします、

いや、映画としても観ても損は無いのですが、、、



(ざっくり、鑑賞おススメ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年10月15日

綾田俊樹一人芝居 「秀ちゃんの席」、2019年11月7日(木)大阪西天満「GANZ toi,toi,toi」♪

綾田俊樹さんの一人芝居の舞台が大阪であります

東京で公演されていたものと同じかな、

拝見したいと思っていましたが、、、なかなか東京までは行けず、、、



が、今回大阪であるとの情報を聞いたので飛びつきました、

楽しみです~



◆綾田俊樹一人芝居 「秀ちゃんの席」

20191107綾田さん

[出演]
一人芝居:綾田俊樹
ゲスト:大塚まさじ
劇中音楽:ロケット マツ


会場:大阪西天満 「GANZ toi,toi,toi」

日時:2019年11月7日(木)
OPEN 18:30/START 19:00
前売 ¥3500/当日 ¥4000(1drink¥600別)



綾田さんとはご縁があり、何度か、、、立ち呑みでご一緒しています

はは、いやはや酒場は重要な接点でございます、はい、






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年10月11日

十三の「中島酒店」が平日の立ち呑み営業を終了、10月からは週末のライブ営業だけになったそうです♪

今日は角打ち、立ち呑みの記事です、

でも、、、こちらのBlogと間違っている訳ではありません



十三の「中島酒店」、酒屋で呑める=角打ちです、立呑みです、

057kai

どれくらい前から営業されていたんだろう?知りませんが、たぶん4~50年は経っていると思います、

ワタシも酒場・立ち呑みジャンルのお店として何回も探訪しておりますが、、、

なんと!2019年9月28日で平日の立ち呑み営業を終了されました

ビックリポンです(古!!)

008kai

先日、2019年9月末に探訪した折にカウンターの向こうにこんな貼り紙が!・・・



こちら、週末にはフォーク系のライブもあれこれと開催されておりました、

ワタシはあまり参戦しておりませんが、8月にナオユキさんのライブに行きましたね

071kai

で、平日の立ち呑み営業は残念ながら終了という事ですが、

週末のライブ時は当然お酒や肴の提供もあり、実質立ち呑みとしても営業されるようです



平日の立ち呑みが無くなるのは残念ですが、

寄る年波に勝てないのが、今の日本の現状、、、

街の基幹個人商店がどんどん廃業していく時代です

でも、「中島酒店」は週末のライブ営業だけでも残って幸い、また参戦するようにいたします



ナオユキさんのライブスケジュールを見ていたら2019年11月にも「中島酒店」のライブが入っていました、

行ってみるかな、、、






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年10月10日

先週観た映画~「エイス グレード」 (★★★☆☆) (2018年アメリカ)

先週観た映画、


「エイス グレード」 (★★★☆☆) (2018年アメリカ)




生まれた時からSNSがある世代の青春は、、、時代は変われど?
不器用で一生懸命で、必死に背伸びをし、そして成長する少女の物語、


201910エイスグレイド

ケイラはミドルスクールの8年生最後の1週間を迎えている、学校では“ベスト無口賞”をもらうくらい目立たない存在、SNSに動画をアップ、あれこれ、同世代の気になるテーマに関して自分の考えを発信しているが読者は一向に増えない、、、友達付き合いにも恋にも遊びにも興味深々、でも思いどおりのクールな自分になれないケイラ、父親との2人暮らしでストレスも溜まる、上級生に誘われてショッピングセンターで遊んでも、背伸びして恋の真似事をしても、結局、クールな自分には出会えず行き止まってしまうが、、、



スマホを駆使し、SNSで大勢と繋がっているように見える世代、でも結局それだけでは何も生まれない、上手に人と関われない主人公の悩み、辛さ、学校での孤独感、恋への憧れ、今も昔も変わらない切ない学園青春物語をリアルな現在形で描いた佳作ということかな、


劇中で最も使われる言葉は“クール!”、とにかく彼女は彼たちはクール!になりたい、クール!なことをしたい、みんなにクール!と思われたい、こんな気持ちは50年前と案あまり変わっていないのだが、取り巻く環境=スマホやSNSがその気持ちの発露の仕方をいろいろと変えてしまっているようであります、




観後感はとても良いです、いろんなことを試しながら、失敗しながら、傷つきながら、それでも最後に少しは大切なことに気付いて、しっかり自分や家族の事を考えて、未来の(きっと、たぶん)クールな自分を夢見る、若者の特権はまだまだ成長できることを信じること、そこらがこの映画のメッセージでしょうか、いや、メッセージでもないか、リアルな物語ということで良いのかな、




生まれた時からSNSがある世代を“ゼネレーションZ”と呼ぶそうです、知らなんだ、ワタシのアンテナも錆びてます、


原題は「Eighth Grade」、“8年生”、ワタシはそのカタカナ表記から勝手に彼女の名前かと勘違いしていました、米国では9年生からの4年間が高校生活、これがとても楽しい4年間みたいです、ワタシの経験でもたしかにその通りです、高校生活は間違いなく楽しかった、




映画的なサスペンスはそれなりにあります、ドキドキするし、胸が苦しくなることもあります、でも、、、何も起きない、、、普通の女子中学生の心のお話、

観後感も良いし、とても良心的な映画ですが、たまに映画を観たいなあ、という方には物足りないかも、、、


ということで、鑑賞おススメ度は★3つでお願いします、



(ざっくり、鑑賞おススメ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年10月09日

先週観た映画~「見えない目撃者」 (★★★☆☆) (2019年日本)

先週観た映画、


「見えない目撃者」 (★★★☆☆) (2019年日本)




韓国映画「ブラインド」(2011)のリメイク、さすがに物語は面白い、
サイコサスペンス、R15+指定、ちょっと残虐なシーンあり、


201910見えない目撃者

浜中なつめ、警察学校卒業の日に自動車事故を起こし同乗の弟が死亡、自らも視力をほとんど失ってしまい警察を退職、生甲斐のない日々を送っている、3年後、スケボー少年と自動車の接触事故の現場に居合わせ(目撃は出来ない)、そこで自動車の後部座席から少女の『助けて』の声を聴く、警察に誘拐事件の可能性を訴えるが刑事は重い腰を上げない、独自にスケボー少年の国崎を突き止め、2人で捜査を続けていくうちに事件の核心に近づく2人、猟奇的な殺人動機を持つ真犯人も“見えない目撃者”のなつめを追い詰めていく、、、



視覚障害の目撃者という物語のアイデアが面白い、一見不可能に思えるなつめの捜査も警察学校での経験と視覚以外の感覚をフル活用、スケボー少年という協力者を得て、前半はなかなか説得力のあるテンポ良い展開で犯人を追跡します、

後半、なつめの的確な推理から物語は急展開、猟奇的な殺人動機と意外な真犯人像が浮かび上がってきてからはサイコサスペンスの様相になりますが、視覚障害というハンディを背負った追跡者はあまりにひ弱、犯人の容赦ない反撃に次々に犠牲者が出てしまい、なつめも絶体絶命!



と、たしかに全編にリアリティのあるサスペンスが流れています、が、やはり韓国の原案による物語の面白さがベース、クルマが絡むアクションシーンや犯人に追跡される駅のシーンは本来もっとサスペンスが溢れて出して良いシーンですが、いかにもテンポが悪い、ラストの犯人との直接対決のサスペンスは“R15+”のなせる業、狭い空間でのアクションは洋画とか「ファブル」とは格段の差、



刑事の行動も今ひとつ、映画的にはお決まりの刑事が単独行動する心の動きの説得力も乏しい、それじゃ返り討ちに遭うぞ~、とかえってサスペンスがあったりはしたけど、、、母親からのプレゼントが役に立つという伏線と云うにはあまりにあざといシーンなど、後半脚本が息切れした感じ、前半のようなあくまで理詰めでなつめが活躍する展開がヨカッタのではないかな、、、



それでもラストは冒頭のシークエンスを回収する努力はされており、ラストに意外性はないもののカッコ良い主人公、救いもある、吉岡里帆さん好演、田口トモロヲさんハマリ役、大倉孝二さん応援したけど、、、


ということで、、、物語は面白いですがR15+なので観たくないものも写ります、怖いもの観たさというならお奨めです、



ちなみに、英語で目撃者は“witness”=傍にいた人、今回の物語、英語圏ではなにやら意味深なタイトルになりそうで楽しみ、




結構楽しめましたが、鑑賞おススメ度は★3つでお願いします、


(ざっくり、鑑賞おススメ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年10月08日

ぶんちゃっ♪九周年ライブリレー~~Mitch&Tommy~~♪2019年11月17日(日)開催♪も、、、SOLD OUTです~(涙)、、、

裏なんばの「ぶんちゃっ」、初めて入店したのが不覚にも2019年、

気になっていましたが、なんとなく先延ばしにしておりまして、

それも“酒場探訪”のカテゴリーで気になっていたのです、、、不覚、、、



入店してみて初めて音楽系でも繋がっていますやん!という事に気付きました、

そう云われるとなんとなくライブ開催などの情報には触れていましたが、

酒場「」ぶんちゃっ」とライブハウス?「ぶんちゃっ」が頭の中つながらず



で、酒場探訪で入店してみて初めていろんな情報がつながりました、

あ~、あのライブもここの主催なんだ、あの人が出るライブ、ここでやるって聞いていたよね、な感じに、、、

もう、だいぶボケが入っていますので堪忍してやってください、ハイ、

知らないうちにFBの友達申請もいただいていたし、、、



で、9周年記念のリレーライブがあって、富永さんもMitch&Tommyで出演とか

あ、久しぶりに聴きに行こうかと思ったら、、、すでにSOLDOUTの悲報が

うむ、情報アンテナ、そろそろ朽ちて折れて倒れそうです

もう少し、ガンバろう!!(なんのこっちゃ)



【ぶんちゃっ としぼう さんのFacebookより抜粋転載】

11月17日(日) ぶんちゃっ♪九周年ライブリレー

20191117ぶんちゃっ

~~~~Mitch&Tommy~~~~
「SOLD OUT」(30名様限定) になりました\(^o^)/
告知して一週間ぐらいです。(ほんまは前もってお客さんに言ってたからやけど。)
ありがとうございます😊😊😊

...

「完璧なリズムとアンサンブル そして美しいメロディー」

お楽しみくださいね。
曲と曲の間のMitchと 富永さんの やりとりも なんか 笑える。
どっちがボケでしょうか?

(抜粋転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年10月07日

これはかしましいでェ~^^)♪2019年10月10日(木)なんばmusic bar S.O.Raで“ロックかしまし娘”あります♪

大西ユカリはんのステージ、好きです

で、“よもぎ”のお二人のステージも好きです

で、この3人が揃うと“ロックかしまし三人娘”という事になります、

これは、かしましいです~



神戸で観たか?

いや、あの時はユカリはんとはせがわかおりさんだけやったか?木村さんも一緒に?

“ロックかしまし娘”、ステージを拝見したような気になっていましたが、、、

観たか、観ていないのか?、、、自信が無くなってきた、、、

もはやボケています、ボケ老人です、山を徘徊しています



ということで、10月10日(木)になんばのmusic bar S.O.Raで“ロックかしまし娘”あります

行けそうな感じ~



大西ユカリさんのHPから転載

2019年10月10日(木)

ロックかしまし三人娘~大西ユカリ&ヨモギ~ @なんば music bar S.O.Ra.

☆出演 大西ユカリ/ヨモギ(はせがわかおり×本夛マキ)


Ohnishi大西ユカリロック3人娘2017

☆会場 なんば music bar S.O.Ra.

☆開演時間 18:30開場 19:30開演

☆料金 前売¥4000 当日¥4500
 ※指定席・ドリンク代別(¥500)
  
チケット発売日:2019/8/11(日)
JOYFUL NOISE電話予約 
tel 06-6644-9292
 (受付時間12:00~20:00最終受付は公演前日20:00まで)


☆問い合わせ
JOYFUL NOISE  06-6644-9292
 (12:00~20:00)

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年10月04日

先週観た映画~「ホテル ムンバイ」 (★★★★☆) (2018年オーストラリア・アメリカ・インド合作)

先週観た映画、

「ホテル ムンバイ」 (★★★★☆) (2018年オーストラリア・アメリカ・インド合作)



2008年11月にインドのムンバイで起こった同時多発テロを映画化、
テロリストに乗っ取られた一流ホテル、逃げ遅れた客と従業員の運命は、、、R15+指定、


201909ホテルムンバイ

インドのムンバイ、殺人マシーンとして教育されたまだ子供とも云える齢のテロリストがムンバイに侵入、駅、レストラン、ホテルなどで同時多発的に銃火器による無差別殺人を実行する、このテロ攻撃にムンバイ警察は対応できず、1300km離れたニュー・デリーからの特殊部隊を待つことに、長期化するホテル占拠、客と従業員は懸命に生き延びる努力を続けるが、非常なテロリストたちの攻撃に被害者はどんどん増えていく、それでもホテル従業員は不屈の精神で客を守り続ける、、、



正直、凄い映画を観てしまった、という感じがします、冒頭の数分を除いてサスペンス(不安と緊張感)の連続、こんなサスペンス連続の映画は観たことないかも、それが実話を基にしているというから更なる驚きとサスペンス、


犯人のテロリストたちは年端もいかない青年たち、宗教的な信念に基づいて異教徒を殺害しまくります、異教徒は人間ではないと教えられているテロリスト、その殺害になんの躊躇いも怖れもない、淡々と着実に殺人を遂行していく、無抵抗な人間に対しても慈悲はない、この描写が怖いです、教育がここまで人を狂わせる、いつの戦争でも起こっている悲劇、教育が人を狂わせる、




多発テロ発生後、占拠された一流ホテルに物語の焦点が合い、文字通りのグランドホテル形式で様々な事情を抱えた客とホテルの従業員達のサバイバルストーリーが展開されます、恋人たち、家族、富裕層、ホテルマンの矜持、テロに対抗する知恵と勇気、、、武器を持たないホテルマンが知恵勇気を振り絞ってテロリストに対抗、普通の映画ならある程度の成果が得られますが、、、この物語ではその“知恵と勇気”も予想以上に無慈悲なテロに屈することになり、観ていてストレスが最大化します、とにかく酷すぎる、、、


事実としては、このテロの黒幕は逮捕されていないようですが、インドの隣国パキスタンのテロ組織の関与が疑われています、そのせいか、映画の中でのテロ実行犯の描き方が過剰なようも気がしますが、実際の被害者の数(テロ全体で死者170余名、負傷者239名)を考えると致し方ないか、




映画の本編には実際の現場を撮影したと思われる映像も一部使用され、クレジットでも事実の一部が伝えられます、このテロ事件の記憶もなかった自分が情けない、でも、これでもう忘れないでしょう、

人が死に過ぎるきらいがありますが、映画としてのサスペンスが全編にたっぷり、ホテルマンの矜持も素晴らしい、この作品もまた今の世界に必要な映画かもしれません、



★は(5つにするか)迷いましたが、、、


鑑賞おススメ度は★4つでお願いします、



(ざっくり、鑑賞おススメ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年10月03日

泉谷しげるプロデュースの『阿蘇ロックフェスティバル2019in北九州』無事終了♪で、このフェス、プロのイベンター不在だったそうです♪

『阿蘇ロックフェスティバル2019in北九州』が9月29日(日)に無事終わったようです、

20190929阿蘇ロック

泉谷プロデュースなんで、どうなることやら!?

と、事前の泉谷の記事を読んでいると、いつも心配になるのです



でも、まあ、こんな大きなフェスが失敗するという事はあまりない、

そこはプロのスタッフがちゃんとイベントとしてあれこれ細かいエエ仕事をするんです、はい、

50年前のウッドストックじゃあるまいし、、、



とか思っていたら、、、なんと、、、

今回の『阿蘇ロックフェスティバル2019in北九州』、泉谷のBlogによると、、、

プロのイベンター(プロモーター?のことかな)が参画せず、

北九州市役所と民間有志、学生ボランティアで運営されたとのこと



もちろん、現場にはいろんなプロが入って仕事をしているのですが、

にしても、その司令塔、ヘッドクオーターが市役所だった、という事かな、

よく頑張りましたね、うん、エライと思います、はい、偉いし、エライ(しんどい)、



でも、これからはいろんな分野で、こういう既存の枠組みにとらわれない新しい座組みって、どんどん増えて来るんだろうね、

そう、多様性の世の中ですから、はい



泉谷しげるのBlogから転載

『阿蘇ロックフェスティバル2019in北九州』が終わった

北九州市のミクニワールドスタジアムでの初めて野外音楽フェスティバルは…
参加アーティストたちの"ここでしかしない"全力パフォーマンスに、皆が驚きと感動し、大成功だった!


7割くらいのスタジアム観客数からスタートしたが、午後からどんどん人が増えて満員に近い状態となりホッとしたぜマッタク
(笑)

北九州市ではライブコンサートが余りなく、興行的にも成功例が少ないと思われてるのか、野外フェスを仕切るプロのイベンターたちの協力は得られなかったのだ

したがい~今回の「阿蘇ロックフェスティバルin北九州」は、北九州市役所と民間の有志と学生ボランティアらの力を集めての完成手づくり野外フェスとなったのだが、みんな生き生きと働いてくれて~感謝だ


ステージ内容は
とにかく、各アーティストたちにいつも以上にバカでかい音で全力でやってくれを進言しまくりそれぞれが奮起!

彼らを見馴れてるはずのオイラも、関係者も新鮮に感動してンだからスゴイ事に~
何より集まった観客のノリの良さ

オイラは観客がイチバン得するよう"明るく楽しく魂を揺さぶる"よう心がけた
各アーティストは、それに応え、こんな日は二度とないだろ~と思わせるほどの最上のステージを観客に魅せてくれぜ!!


ホントこんな日は

もう無いと思う…が

来年は「北九ロックフェスティバル」をやると約束してしまったしな~


やる

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年10月02日

先週観た映画~「プライベート・ウォー」 (★★★★☆) (2019年英国・米国合作)

先週観た映画、


「プライベート・ウォー」 (★★★★☆) (2019年英国・米国合作)




実在のアメリカ人戦場ジャーナリスト、メリー・コルヴィンの半生を描いた映画、
戦場にある非道な真実を報道することの意義がここにあります、


201909プライベートウォー

英国サンデー・タイムズ紙の記者、アメリカ人ジャーナリスト、メリー・コルヴィンは世界中の戦場に出向き、その戦争が招く悲劇と真実を報道し続ける、2001年ジャーナリスト立ち入り禁止を無視しスリランカに入国、戦闘に巻き込まれて左目の視力を失う、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながら隻眼の記者として戦場取材を続けるメリー、2003年イラク、2009年アフガニスタン、そして2012年リビア、リビア政府の無差別攻撃下、撤退命令を無視してメリーは戦場からの映像レポートを送ることを決意する、、、




戦争が悲劇と悲しみしか生み出さないことは誰もが概念として理解しているであろう、が、その真実はジャーナリストが報道しなければ、戦意高揚に利用されたり、捻じ曲げられたり、隠蔽されたりするかもしれない、また最大の被害者は常に一般国民であることもまぎれもない事実、この事実は戦場に出向かなければ取材できない、


戦場に赴くジャーナリストの存在意義について、あまり考えたことはなかったけれども、悲劇を無くすためにはその真実を報道することを放棄してはならない、と云うことはよく分かりました、




物語は淡々と進みます、監督・脚本の意図なのか、実在のメリー自身の性格や立ち振る舞いが影響しているのか?分かりません、危険な戦場と安全なロンドンを何度も往き来するメリー、対照的な世界が映しだされます、饒舌なシーンは極力排除されており、記者としての受賞スピーチや、恋人との出会い、同僚とのパーティーなど平和なシーンはいきなりカットされ戦場に舞い戻るメリー達、PTSDに苦しむメリーの立ち振る舞い、常に煙草と酒は手放せないメリー、彼女にとっては平和な世界もまた苦痛だったのかもしれません、


その溜め込まれたメリーの想いがラストに溢れだします、今までの寡黙さから一転激しい饒舌な報道へ、ここで初めてそれまでの寡黙さの意味が分かったような気がしました、物語の演出としても、戦場報道の意味の象徴としても、悲劇的なラストは成功していると思います、




淡々と筋道を追う中盤まではやや単調に感じますが、ラストの戦場報道の強さにこの映画の意味があることを確信、


撮らなければならない映画だったかも、観なければならない映画かも、、、


鑑賞おススメ度は★4つでお願いします、




(ざっくり、鑑賞おススメ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画