2020年12月09日

急遽参戦♪「ブルームーンカルテットのクリスマスコンサート2020」♪2020年12月7日(月)♪

都合がついたので急遽参戦しました

12月7日(月)神戸チキンジョージ
「ブルームーンカルテットのクリスマスコンサート2020」
069kai

贔屓のBMQ、そしてナオユキさんも出演

できれば行きたいなと思っていたのです

1207BMQ

出演:ブルームーンカルテット/MITCH'S LIL' BRATS BRASS BAND/
ナオユキ/鯉川シークレットサービス/16R/
出店:corazon/ホルモン一(かず)/patisserie et...ARUKUTORI/
tent-coffee/LEBRE

開場18:00 開演19:00
前売¥4.000 当日¥4.500



とっても楽しかったです

もともと、あまり得意なジャンルではないのですが、

富永さんからの流れでこういうインストやブラスも楽しめるようになりました、
音楽の食わず嫌いはアキマセンな、


「鯉川シークレットサービス」、 048kai

MCでも出ていましたが、バンド名がめちゃ秀逸



「16R」

050kai

格闘技系からのバンドというようなMCあり、

専門分野ではないので、ハッキリとは分かりませんが、優しい歌でした、



MITCH'S LIL' BRATS BRASS BAND

055kai

圧巻


そして「ナオユキ」、

061kai

はい、腹の底から笑わせていただきました



そして「ブルームーンカルテット」、

064kai

富永さんのウクレレ炸裂な感じ、

MCも絶好調でしたね



長丁場、もう23時になろうとしています、

時間の関係で最後の1曲?で抜けさせていただきました、 アンコールはどんな感じになったんだろう、、、



やはり音楽はエエわ、

これからは気楽にいろんな音楽を聴いてみるつもりです






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年12月07日

先週、映画館・自宅で観た映画~自宅鑑賞が2本、オススメは「密偵」、「鍵泥棒のメソッド」も面白い。

先週、映画館・自宅で観た映画~

今週は映画館無し、見たい作品が少なく時間が合いませんでした、
自宅鑑賞は2本、オススメは「密偵」、


◆(自宅で鑑賞)「密偵」
(★★★★☆)(2016年韓国)

202012密偵

1920年代、日本統治時代の朝鮮半島、過激な独立運動を扇動する義烈団に対して、日本の警務部のイ・ジョンチュルは囮捜査で内偵を進め、義烈団幹部キムとの接触に成功するが、朝鮮独立を目指す同胞と、差別的統治を行なう日本警察との狭間でイの心は揺れる、ギリギリのバランスを保っていた2人の関係は日本警察の捜査により思わぬ破綻を迎える・・・



密偵、二重スパイ、互いに密偵を使っての諜報戦というタイトロープなシチュエーション、全編に破綻ギリギリの緊張感が漂います、日本が朝鮮半島を統治しているという時代背景も重く、日本人と朝鮮人の憎しみの連鎖、日本に与する朝鮮人警務イの微妙な心の動きも理解できるようになります、

1920年代という時代、日本が朝鮮半島を統治していた時代、この時代のことをほとんど知らない、日本の朝鮮半島統治の実態について学校でもまったく教えてくれなかった(いまはどうなんだろう?ちゃんと教えているのかな?)物語では日本警察の残虐さも描かれます、

現在の最悪の両国関係を改善するためにも、互いに両国の近代史を正しく理解する必要があります、そういう側面も含めて鑑賞オススメ、



◆(自宅で鑑賞)「鍵泥棒のメソッド」
(★★★★☆)(2012年日本)

202012鍵泥棒のメソッド

殺し屋のコンドウが銭湯で足を滑らせ転倒、記憶を失う、売れない役者の桜井はゴンドウのロッカーの鍵と自分の鍵を交換してゴンドウになりすますが、組織からの殺人依頼を受ける羽目になる、記憶を失ったゴンドウは香苗の助けもあり、役者として真面目に働こうとするが、ある日突然記憶が蘇る!



記憶喪失による入れ替わり物語、お調子者の売れない役者と几帳面な殺し屋という設定が結構面白い、が、ホントの狙いはその裏にある仕掛け、映画的レトリックが成功しており、物語後半までしっかりと乗せられます、出だしの脚本が上手でしたね、香苗のキャラクターも面白い、

ただ、ただ、この映画をコメディにするのか?サスペンスにするのか?がちょっと中途半端に見えるのが惜しい、基本はコメディだと思うので、もっと快活に物語を運んだ方が良かったのかな?





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)映画 

2020年12月05日

12月7日(月)神戸チキンジョージ♪「ブルームーンカルテットのクリスマスコンサート2020」♪

あちゃ、もう明後日の開催です

ウイズコロナ時で始まった2020年も、もうあと少しです、

クリスマスLiveも始まるわけだ



今の関西、空が明るくなるのは7時前

12月21日が冬至、

その後は昼間がどんどん長くなり、2021年を迎えます、

明けない夜はない、止まない雨はない、

はやく普通の生活に戻りたいですね~、



12月7日(月)神戸チキンジョージ
「ブルームーンカルテットのクリスマスコンサート2020」

1207BMQ

出演:ブルームーンカルテット/MITCH'S LIL' BRATS BRASS BAND/
ナオユキ/鯉川シークレットサービス/16R/
出店:corazon/ホルモン一(かず)/patisserie et...ARUKUTORI/
tent-coffee/LEBRE

開場18:00 開演19:00
前売¥4.000 当日¥4.500
各種プレイガイドより販売中!
・チケットぴあ <http://t.pia.jp/> 0570-02-9999 [Pコード:188-994]
・ローソンチケット <http://l-tike.com/> 0570-084-005 [Lコード:54161]





syougai1pon at 07:05|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年12月04日

Liveのフライヤーとかビジュアルって、やっぱり大事ですよね♪

もうすでに予約で満席のライブの紹介で恐縮ですが、、、



Liveのチラシ?フライヤー?、、、いや、今はもうWeb用のビジュアルか

このビジュアルって、プロが作るときもあるだろうけど、大概は手作りですよね、

少し前までは、いろんな書体使ったり、いろんな色使ったり、写真を何枚もコラージュしたり、

その出来映えって、やはりLiveのイメージに直結するんですよね、



で、こういう良く出来たビジュアルに出会うと、

やっぱり、あ~行きたい!!という気持ちになるし、

ステージのイメージもぶわ~っと湧いてくるというモノです、

大切、大切



【FBの記事から転載】

2020年ぶんちゃっ♪ 12月ライブ♪

20201206ぶんちゃkai

毎年12月恒例の有山じゅんじライブはコロナ対策時短営業を請けてオープン 
スタートを早めて
オープン16時  スタート17時で開催いたします。
限定15名様なのでお声がけ出来なかった「ありやマニア」ファンの方々申し訳ないです。
ご予約の方々楽しみましょー!
よろしくお願いいたします。

(転載ここまで)

ね、行きたくなりますよね

予約完売ですけど、、、スイマセン





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年12月02日

ライブ参戦報告♪いわさききょうこLive~2020年12月1日(日)♪大阪堀江「5th street」♪

昨晩は久し振りにライブ参戦

いわさききょうこさんと常富さんのライブ、



いわさきさんの初めての大阪でのLiveをたまたま聴きに行ったのがきっかけ、

その時もサポートは常富さんでしたね



桃谷のライブハウス、いまは服部天神へ移転、

今はブルースハープ教室で繋がっています



金森幸介さんと初めてお会いしたのも、このLiveでしたね、

スーツで行ったのを憶えているので、もう6年ほど前かな?



一つのきっかけでいろいろと想い出す

一つのきっかけでいろんな世界が拡がりました

おおきにです



◆2020年12月1日(火)

大阪堀江「5th street」
大阪市西区南堀江1-1-12 浅尾ビル
TEL 06-6538-1533(17時以降)
OPEN 18:30 START 19:30
チャージ3,000円 ドリンク別途¥600

077kai
108kai
080kai
125kai
094kai








syougai1pon at 09:09|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年12月01日

ブルームーンカルテット新春ツアー「新春のご挨拶2021」が決定しました♪

「ブルームーンカルテット」の2021年新春ライブツアーがあります



しかし、このバンドのポスターはいつも秀逸、POPでセンスが良いです、

どなたが作っておられるのかな?、、、

と、枝葉で関心している場合ではないか、、、

でも、こういうなんが大切なんだよね



【富永寛之さんのBlogから転載】

ブルームーンカルテット新春ツアー「新春のご挨拶2021」が決定しました♪

202101BMツアー

 夏からはちょくちょくとは集まって演奏していましたが久しぶりのロングランは恒例の真冬の東北~北海道縦断ということで、秋にリリースした初の7インチEP「Boppin! JAZZ JIVE INCREDIBLE "BLUE MOON QUARTET"」を持ってのリリースツアーで巡ります。各地からのラブコールも多く、それ以上に自分たちも心待ちにしていました。

久しぶりの皆さん、そして初めての皆さんにお会いできるのを楽しみにしています、来てね!!

 
~ブルームーンカルテット新春のご挨拶2021~ツアースケジュール

◆1月10日(日)札幌JAMUSICA
中央区北4条西28丁目1-16 ラ・ワイズビル B1F
open/start 19:00/19:30 charge:¥4,000-(予約のみ20名限定)
info: 011-612-1900

◆1月11日(月)旭川 CLOVER GINZA BASE
旭川市1条通14丁目349
open/start 17:30/18:30 charge:¥3500-
info: 0166-56-9513

◆1月12日(火)北見 カーティスクリーク
北見市春光町2−151-6
open/start 19:00/20:00 charge:¥3,500-(高校生以下¥2,500-)
info: 0157-33-5236

◆1月13日(水)増毛 Cafe de SOBA 凜
増毛町永寿町1丁目5番地
open/start 18:00/18:30 charge:¥3,500-
info:0164-56-0063

◆1月15日(金) 函館 3valley
函館市湯浜町9-28
open 18:30 start 19:00 charge ¥3,500-
info: 0138-87-0251

◆1月17日(日)青森 CRAZY HORSE SALOON
青森市本町2丁目1-26
open/start 18:30/19:00 charge:¥3,500-
info:017-777-3343

◆1月18日(月)八戸 ソールブランチカフェ
青森県八戸市馬場町4
open/start 19:30/20:00 charge:¥3,500-
info:0178-46-5137

◆1月19日(火)盛岡 nutmeg
盛岡市上田2丁目21-5
open/start 18:00/18:30 charge:¥3,500-
info:080-3148-2408

◆1月20日(水)気仙沼 ボルセッタイシカワ
 宮城県気仙沼市南町2丁目1-30
open/start 18:30/19:00 charge:¥3,500-
info: 0226-24-4148

◆1月21日(木)仙台 asian tribe
仙台市青葉区中央1-10-25 SENDAI EDEN内
open:start 17:00/19:00
SPECIAL FREE LIVE!!
info:022-302-6758

◆1月22日(金)那須 t.b.a

◆1月23日(土)渋谷 SWING
渋谷区神山町16-4 Villa Metropolis 4F
open/start 19:00/20:00
charge:¥3,500-
info:03-5790-9544

(転載ここまで)




※各会場、時節柄定員は減らしているので早めのご予約をどうぞよろしくお願いします。



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年11月30日

先週、映画館・自宅で観た映画~今週の3本はいずれも面白かったですが、おススメは「罪の声」、久々骨太の邦画です。

先週、映画館・自宅で観た映画~

今週の3本はいずれも面白かったので、どれもおススメですが、まずは「罪の声」、久々に骨太の邦画です、140分と長いですがサスペンスが続くので退屈しません、



〇(スクリーンで鑑賞)「罪の声」
(★★★★★)(2020年日本)

202011罪の声

昭和最大の未解決事件、企業社長誘拐に始まり、お菓子に青酸ソーダを混入し、警察やマスコミに挑戦状を送り続けた劇場型犯罪、身代金受け渡し指示に使われたのが子供の頃の自分の声だったことを知った曽根は一人当時の事情を探り始める、一方新聞記者の阿久津も独自の取材を続けていた、時効を過ぎて少しずつ明かされていく当時の様子、そして曽根と阿久津が交差すると、驚きの真実が眼前に姿を現す、、、



すべてフィクションとして描かれていますが、もちろん「グリコ・森永事件」がベース、詳細に当時の現実の事件のあらすじを追いながら進む展開にグイグイ引き込まれる、そして、フィクションでは浮かび上がる犯人の姿、これだけでも結構サスペンスに溢れているのですが、

さらに、この犯罪に巻き込まれた人たちのその後の人生、犯人たちの数奇な運命をもあぶり出していく豪腕ぶりは流石でした、

主役・脇役・芸達者がそれぞれの旨味を十分に発揮、久し振りに本格的な邦画を観た満足感、これが映画だよね、と思える観後感、脚本も監督も素晴らしい、2020年の収穫の1作です、



◆(自宅で鑑賞)「これが私の人生設計」
(★★★★☆)(2014年イタリア)

202011これが私の人生設計

天性の才能を持って生まれたセレーナ、世界の建築現場でバリバリ働いているが、なにか寂しい思いもある、一念発起、生まれ故郷のイタリアに戻り再出発、アルバイトをしながら荒廃した公団住宅のリボーンプラン公募に応募する、しかし働く女性への偏見が激しいイタリア、自らを偽って男性設計者の助手としてプレゼンテーションをしてしまう、、、



溌剌としたイタリア女性の活躍振りが小気味良い、女性への偏見がイタリアでも強いことも初めて知りました、それでも立ち向かうセリーナ、これがイタリア人気質という感じ、

細かな心の動きには無頓着なのもイタリア映画だからか?、うん?なんで?と思うシーンがいくつかありますが、そんなことは気にせずハッピーエンドを楽しむのがイタリア流か、観後感がハッピー!!他になにが必要なのか?と問われているような映画でした、



◆(自宅で鑑賞)「ラストスタンド」
(★★★★☆)(2013年アメリカ)

202011ラストスタンド

メキシコの麻薬王が移送中に逃亡、FBIの必死の追跡も難なくかわしてメキシコへ向かう、一方、国境の町では農場主が災害される事件が発生、保安官と助手たちが捜査を始めるが不意に銃撃戦が発生、そこでは麻薬王をメキシコへ逃がすための計画が進んでいた、田舎町に近づく麻薬王とその軍隊、わずか4人の助手と共に保安官が立ち向かうが、、、



シュワちゃんの俳優への復帰作品、犯人強奪作戦、カーアクション、殺人捜査、FBIの傲慢さと失策の連続、そして田舎町での銃撃戦、最後の対決と107分の上映時間にみっちり詰め込まれた見所とサスペンス満載、テンポの良い展開で目が離せません、

とくに終盤の田舎町を舞台にした麻薬王の軍隊と保安官チームとの白昼の決闘が出色、多勢に無勢、重火器の嵐、一人、また一人と倒れていく保安官助手、これは「七人の侍」へのオマージュですね、何回繰り返されても面白い構図、そして「ハイヌーン 真昼の決闘」も思い出しました、

監督は韓国のキム ジウン、黒澤映画が好き!西部劇も好き!と見たが、どうだろう??^^)






syougai1pon at 07:09|PermalinkComments(0)

2020年11月25日

コロナ渦でもあります!!『新春!南吠える!2021』♪2021年1月3日(日)~5日(火)開催です♪

コロナ渦でも、この時期になるとこのLiveのお知らせが届きました

『新春!南吠える!』

一時期は毎年参戦していました、

木村さん、石田さん、有山さんの“平成トリオ”出演の日に行ってましたね、

オモロいし、大好きでした



2021年も無事3日間開催です

吠えてくださ~い

『新春!南吠える!!』
会場:大阪心斎橋  BIGCAT
●前売料金¥5,000(自由席)

■2021年1月3日(日) OPEN 17:00 / START 18:00
「令和な3人」有山じゅんじ、木村充揮、三宅伸治

20210103南吠える!

■2021年1月4日(月)
「ありやまなお正月♪」
Ba-Chilli(有山じゅんじ、三代目魚武濱田成夫、清水興、高木太郎)
Yammy*

■2021年1月5日(火)
「なにわ男唄トリオ」木村充揮、近藤房之助、清水興

GreensのHPはこちら ⇒





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年11月23日

今週、スクリーン/自宅で観た映画~オススメはおススメは「シラノ ド ベルジュラックに会いたい」、怒濤の後半は笑いと感動で胸一杯になります

先週、映画館・自宅で観た映画~

今週は3本、いずれも有名な原作があります、おススメは「シラノ ド ベルジュラックに会いたい」、怒濤の後半は笑いと感動で胸一杯になります、



スクリーンで観た2本の原作は読んでない、観ていない、のですが、その感想は両極端にななってしまいました、


(★★★★☆)(2018年フランス・ベルギー合作)

202011シラノドベルジュラック

19世紀末のパリ、詩人作家のエドモンは詩劇を書き起こし上演するも酷評の嵐、すっかり自信をなくしてしまうが、友人の恋人に代筆手紙を書き出すとイマジネーションが爆発、偽りの手紙のやりとりから初の戯曲「シラノ ド ベルジュラック」を書くチャンスを得る、が、上演までにある様々な困難を乗り越えられるのか?、、、



まず戯曲「シラノドベルジュラック」を観たことがない、ので、前半はよく分からないところがあるし、少々退屈に感じていたのですが(ちょっとウトウト)、後半、戯曲「シラノドベルジュラック」を書き始めると俄然面白くなっていきます、

借金まみれの俳優、プライドが衣装を着たような女優(おっと、俳優と書かねばならないのだけど19世紀末の話なのでご容赦を)、小うるさいパトロン(出資者)、やる気のない役者たち、そしてなにより実績も自信もない作家のアントン、

次から次へと無理難題が沸き起こり絶体絶命のピンチ、ここらは結構笑えます、コメディです、でも上演への執念がついに、その後100年以上愛される名作を生み出すことになります、劇中にある台詞『喜劇を書くか、悲劇を書くか』、まさしく喜劇であり悲劇であるこの映画、暖かい物語になりました、



原作を知らなくても映画として結構楽しめる仕上がりだと思います、オススメします、


〇(スクリーンで鑑賞)「十二単衣を来た悪魔」
(★★★☆☆)(2020年日本)

202011十二単衣を著た悪魔

フリーターの雷、京大合格の優秀な弟、仲睦まじい両親、そんな家族に囲まれていることにいらつく日々、「源氏物語」展設営のバイトの帰り、不思議な灯に導かれながら雷に打たれた雷はタイムスリップ、行き着いた先は「源氏物語」の世界だった、



これまたテーマの「源氏物語」を読んでいません、お恥ずかしい、ので、兄と優秀な弟の確執、正室と第2夫人の皇位継承争いなど、「源氏物語」とこの映画の魅力をしっかりと吸収できていないのではないかとは感じますが、、、

にしても、いったいこの映画はどういう風に観たら良いのか?が最後まで分からず、感動することもありませんでした、タイトルの通り「源氏物語」の新解釈がコアなのか?タイムスリップした青年の成長記なのか?前者なら描き切れていないような気がするし、後者なら物語が散漫すぎます、黒木監督、スイマセン、

映画サイトでのコメントで★5つが連発されているので期待してみたのですが、、、これは?サクラですか?それとも若手俳優のファンの方のコメントなのでしょうか?もしくは、もはや私の感性アンテナが壊れているのか?マジに分かりません、



黒木瞳監督作品、監督のスタイルとしては嫌いではありません、この人はバランスが良い、でも、逆に言うと人の心をグイグイ引きつけるほどの個性はない、黒木監督、スイマセン!次回作も待っています、


(★★★★☆)(1963年英国)

哀悼、ショーン コネリー。

愛を込めて202010ミッドナイトスワン

ロシアの暗号解読器を盗み出し亡命したい、とロシア諜報部の女からボンドに接触がある、イスタンブールでの諜報戦の末、なんとか暗号解読器を手に入れたボンドは女と共にオリエント急行に乗り脱出を図るが、この計画は悪の組織スペクターによるボンドへの復讐計画であった、、、



ご存じ007シリーズの第2作にして最高峰とも言われる作品、ワタシもこれが一番好きです、なんというか情緒的なスパイ諜報戦、秘密基地が出てこない^^)ショーンのスーツが帽子がカッコ良い、ボンドガールのダニエラ ビアンキも最強の呼び声が高い、ロバート ショーも渋い、赤ワインと料理の会わせ方はこの映画で覚えました、

半世紀以上前の作品なので,今の映画と比較すると緩いアクションシーン、カット割りものんびりしているように感じるが、それでも見応えあります、狭い個室での格闘戦はプロトタイプとも云うべき出来映え、廃墟にドブネズミが溢れるシーンはインディ ジョーンズ シリーズに引き継がれ、ボンドを取り巻く美女たちの微笑みはスパイ映画の基本、音楽は今も007シリーズで使われています、

初映時は「007/危機一髪」のタイトルで封切られています、これは観ていない、再映時の「007/ロシアより愛をこめて」を映画館で観ました、

ちなみに創元推理文庫のタイトルは「ロシアから愛をこめて」、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年11月18日

まっちゃんLive vol.288 「よしだよしこ」さん と、vol.289「有山じゅんじ」さんLive♪

もうvol.289まで開催されているようです、このライブ、

なのに、、、知りませんでした

もちろん行ったこともないです、「まっちゃんLive」

スイマセン



会場が違うので、おそらく“まっちゃん”が主催のライブ、ということですね、

あちこちのライブハウスで開催されているんでしょうね、

問い合わせ先も松本さんだし



よしだよしこさん、しばらく聴いてないですね、

東京時代には良くステージを拝見しました、



今週の土曜日かあ、、、行けないか、、、

有山さんは日曜日、これは行けるかな?、あ、垂水か、、、



【FBのページから転載】

まっちゃんLive vol.288 ☆ よしだ よしこ ☆

20201121神戸よしだよしこ

日時:2020年11月21日(土)18:30 open/19:00 start
料金:予約 3,000円/当日 3,500円(drink別)
会場:ア・ドゥマン 
     神戸市中央区三宮町1-7-19 北星ビル5F
問い合わせ:090-5256-4652(松本)



まっちゃんLive Vol.289 ☆ 有山 じゅんじ ☆

20201129有山じゅんじ

日時:2020年11月29日(日)17:00 open/18:00 start
料金:予約 3,000円/当日 3,500円(drink別)
会場:Food & drink こずみっく
   神戸市垂水区舞子台6-10-5 舞子久保ビル2F
問い合わせ:090-5256-4652(松本)

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ