2017年07月07日

最近ギター触っていませんが、こういうなん観るとムラムラします~『有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~』♪

これは楽しそうなDVDだ

有山さん、お元気でなにより~、

ライブもそれなりに数多く、エエ感じでやったはりますしね



最近、ギターはほとんど触ってませんが、こういうのを見るとムラムラ来ますね、

『有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~』、

独特の奏法、その曲もこの曲もカッコ良く弾いてみたい、

う~ん、買うかかな~、ちょっとギター、触ってみるかな



Amazonより転載

『有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~』、

Ariyamaラグタイムの流儀

内容紹介

国内ラグタイムギターの至宝
有山じゅんじ 初のギター演奏にクローズアップしたDVD。

とくに上田正樹とサウス・トゥ・サウスからのファンにとっては本当に!
長い間待ち焦がれたDVDではないだろうか。

有山じゅんじのギターの秘密は「ウキウキ」にあった!
難しいラグタイムの弾き方のコツや考え方、右手左手の使い方、指のコンビネーション、各弦の弾き分け方、体の使い方などを馴染み深い有山の名曲を使うことでわかりやすく紹介している。

多くのギター教則本・DVDを手掛けてきたギタリスト兼アルファノート代表の四月朔日義昭によるナビゲートでよりマニアックに有山じゅんじの奏法・楽曲を深く抉っていく。

また大阪阪堺線チンチン電車内でのライブ映像や、有山との飲みシーンでは自身の生い立ちから拘り、生き方をトーク。彼の人間くさい愛すべき人柄に惹かれていくだろう。

アリヤマニアにとって、たまらない映像作品となるはずだ。

【収録内容】

■有山じゅんじSONG FILE50歳
梅田からナンバまで陽よ昇れ Let's it Shine On 親指でブン・チャ♪ラグタイムってなんだろう?ありやまな夜だAin't Nobody's BusinessWabash Rag買い物にでも行きまへんか俺の借金全部でなんぼやみんなの願いはただひとつなんだ坂こんな坂

■有山じゅんじ TECHNIQUE FILE
親指のタッチとサウンドの関連性親指の軌道右手の位置有山流ブルース技指のこと人差し指によるアクションターンアラウンド

■有山じゅんじ Crosstalk
ラグタイムはウキウキするメロディ作り好きな歌謡曲曲への入り込み使用弦についてツアーでのギターピックアップについて今後の目標

■有山じゅんじと飲みに行く初めて買ったレコード
ギターを始めたきっかけ五つの赤い風船 時代好きなギタリスト上田正樹&サウス・トゥ・サウスのこと歌詞から書くか?メロディから書くか?サウスではどのように皆で曲を作っていたか?有山じゅんじにとってギターとは?

■LIVEするめのように生きてる
梅田からナンバまで~ありやまなチンチン電車の旅! 阪堺線一周の旅 LIVE2016より~各曲やパターンのTAB譜付

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)DVD 

2017年07月06日

結局、今年も行きません、「FUJI ROCK FESTIVAL '17」♪でも、もう一回くらい、もう一度は行ってみたいな、フジロック♪

結局、今年も行きません、「FUJI ROCK FESTIVAL '17」

でも、もう一回くらい、もう一度は行ってみたいな、フジロック



先日、NANBUさんと話してたら、なにやら魅力的な出演者の話も出てました

今年はFitbandの神戸ライブとバッティングしてしまいましたが、、、

来年こそ!!・・・分からんけど



で、こんな記事があったのでご初回、うんうん、、ええな、フジロック

ローチケHMVより抜粋転載

20170729Fujirock

僕らが "わざわざ" フジロックに行く理由

今年も7月最終週末の3日間開催される日本最大級の野外音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL '17」。

毎年10万人を超える人を集める大型イベントだけれども、はっきり言ってフジロックは ”不便” だ。

開催地である新潟県湯沢町苗場スキー場は、多くの人にとってアクセスの良い場所ではないし、宿泊の事も考えると準備もお金も必要だ。

冷静に考えると「毎年、自分もよく行くなぁ」と思うのだけれど、それでもやっぱり「行きたい」と思わせるだけの魅力がフジロックにはある。

1997年の初開催から昨年20周年を迎え、今年21年目という新たなフェーズに突入しようとしている「FUJI ROCK FESTIVAL」。

僕らがそれでもやっぱり「行きたい」と思うフジロックの魅力って何だろう?アーティスト・ラインナップ?ロケーション?それももちろんだけれど、”不便” という一見マイナスの要素だって、フジロックでは大きな魅力になっている。

今回は、「アーティスト」「大自然」「不便」の3軸でフジロックの魅力に迫ってみようと思う。


魅力① 音楽好きのツボを突いたアーティスト・ラインナップ
魅力② 自然がいっぱい
魅力③ 不便さこそが最大の魅力?
※魅力の詳細記事はこちら→


(開催概要)


名称:FUJI ROCK FESTIVAL'17
期間:2017年7月28日(金)、29日(土)、30日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
時間:9:00開場 11:00開演 23:00終演予定
出演:国内外約200アーティスト


【販売チケット】
(3日通し券 / 2日券 / 1日券)
1次先行販売(限定枚数)2月18日~4月7日 ¥39,800 / ¥32,000 / ¥17,000
2次先行販売(限定枚数)4月8日~6月2日 ¥39,800 / ¥34,000 / ¥18,000
一般発売 6月3日~ ¥43,000 / ¥36,000 / ¥19,000


駐車券(1台/1日)¥3,000 2名以上
キャンプサイト券 ¥3,000 1名/開催期間中有効
ムーンキャラバンチケット
(4輪チケット ※2名様より受付 / 2輪チケット ※1名様より受付)
専用駐車券 ¥12,000(1台)/ ¥6,000(1台)
専用キャンプサイト券 ¥3,000(1名様)/ ¥3,000(1名様)
入場券 3日通し券 / 3日通し券
※上記セット販売のみ。単体での販売なし
※1日券・2日券の設定なし

 チケット詳細はオフィシャルサイトまで。

(抜粋転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2017年07月05日

おお!大阪でも京都でもありますやん!!泉谷しげるのソロ弾き語りライブ“昭和のフォーク&ロックを歌う!”♪

おお!大阪でも京都でもありますやん

こりゃ嬉しいわ、どうしようかな~、やっぱり「磔磔」やな~、10月1日(日)か、、、

行く~、、、だれか一緒に行きませんか?



泉谷しげるのソロ弾き語りライブ“昭和のフォーク&ロックを歌う!”

3月末に名古屋「TOKUZO」最前列で楽しんだライブです、



この秋、9月末~10月にかけて3週末連続で、

大岡山~上越高田~大阪~京都~四日市~名古屋と6都市ツアーがあります



こういうライブがエエです、アリーナライブも大きなホールライブもエエですけど、

これくらいの小屋でやってもらえるライブ、大好きです

京都で泉谷の汗と唾を浴びよう!!



泉谷しげるのHPから転載

071kai

◆『泉谷しげる 昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.4 大岡山』
公演日  2017年9月9日(土)
会場  Goodstock Tokyo(東京都大田区)
開場/開演  16:00/17:00
料金  前売・予約:5,000円 当日:5,500円(税込・ドリンク代別)


◆泉谷しげる 昭和のフォーク&ロックを歌う! 上越高田』
公演日  2017年9月24日(日)
会場  高田世界館(新潟県上越市本町6-4-21)
開場/開演  17:00/17:30
料金  前売:5,500円 当日:6,000円


◆『泉谷しげる 昭和のフォーク&ロックを歌う! 大阪』
公演日  2017年9月30日(土)
会場  心斎橋 soma(大阪市中央区東心斎橋2-1-13 大阪屋ジャンボビルB1F)
開場/開演  17:30/18:30
料金  前売:5,000円 当日:5,500円(税込・1ドリンク別)


◆泉谷しげる 昭和のフォーク&ロックを歌う! 京都』
公演日  2017年10月1日(日)
会場  磔磔(京都市下京区富小路仏光寺下がる)
開場/開演  17:00/18:00
料金  前売:5,000円 当日:5,500円(税込・ドリンク代別)


◆『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.2 四日市』
公演日  2017年10月8日(日)
会場  GALLIVER(三重県四日市市)
開場/開演  17:00/18:00
料金  前売:5,000円 当日:5,500円(税込・ドリンク代別)


◆『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.2 名古屋』
公演日  2017年10月9日(月・祝)
会場  TOKUZO(愛知県名古屋市)
開場/開演  17:00/18:00
料金  前売5,000円 当日5,500円(税込・ドリンク代別)

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2017年07月04日

Fitbandライブ♪7月16日(日)京都醍醐に続いて、29日(土)は神戸三宮『隠れ谷』です♪

2017年7月は久しぶりにライブが2本あります

すでに昨日、告知しましたが、7月16日(日)は京都醍醐です



◇イベント名 『パセオダイゴロー サマーフォークジャンボリー』


◇開催日 平成29年7月16日(日)  
◇時 間 午後1:00~5:00(予定)
◇場 所 パセオダイゴロー 2Fアトリウムふれあいステージ
〒601-1375 京都市伏見区醍醐高畑町30-1
☎ 075-575-2500


◇出演者(予定)   
満月堂・こもれび・なんちゃって堂・fitband (順不同)and more?  


ステージ・スケジュール(予定)

1 13:00~13:20 満月堂①
2 13:30~14:05 こもれび
3 14:15~14:50 なんちゃって堂 

◆14:50~15:00 ~~ 休  憩 ~~◆

4 15:00~15:40 Fitband
5 15:50~16:30 満月堂②
6 16:30~17:00 フィナーレ 






そして、7月29日(土)は神戸三宮です

会場は神戸三宮の
『隠れ谷』

この会場、いろんな楽器が揃っているので、飛び入りとかあるかもしれません、

みなさまのお越しを心からお待ちしております



■タイトル:Fitbandライブ『KOBEでもやりまっせ July. 2017』♪

 

PA240043kai

■日時:2017年7月29日(土) 開場15時30分、開演16時 

■会場:「Acoustic Cabin 隠れ谷」 

 

■出演:Fitband and more♪

■料金:チャージ1000円(おつまみ付き)

※別途1ドリンクオーダーをお願いいたします

※「Acoustic Cabin 隠れ谷」
JR・阪神・阪急「三宮」駅より徒歩4分

神戸市中央区中山手通1-15-2富士ビル501


「三宮」駅から北野坂を上がり一つ目の信号左、
古林ビルを右折しすぐ左へ、ラッキー7のビル5階

ビルの入り口にギターの看板があります。


070-3818-7649

http://kakuredani.wixsite.com/kobe





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2017年07月03日

Fitbandライブ♪まずはこちらからです♪2017年7月16日(日)京都醍醐パセオダイゴロー ~『サマーフォークジャンボリー』  Summer Folk Jamboree♪

このところ、鳴りを潜めているFitband

ま、お年頃なんでゆっくりやっております、が、7月は2回ステージがあります



まずは2017年7月16日(日)、

京都醍醐のパセオダイゴロー ~『サマーフォークジャンボリー』  Summer Folk Jamboreeです

京都地下鉄「醍醐」駅前の“パセオダイゴロー”でのフォークジャンボリーです



京都ではお馴染みの「満月堂」や「こもろび」さん他との共演です、

Fitbandの出番は15時頃の予定

みなさまのお越しをお待ちしています



~ パセオダイゴロー ~『サマーフォークジャンボリー』 Summer Folk Jamboree(SFJ)

P5050109kai

◇イベント名 『パセオダイゴロー サマーフォークジャンボリー』


◇開催日 平成29年7月16日(日)  
◇時 間 午後1:00~5:00(予定)
◇場 所 パセオダイゴロー 2Fアトリウムふれあいステージ
〒601-1375 京都市伏見区醍醐高畑町30-1
☎ 075-575-2500


◇出演者(予定)   
満月堂・こもれび・なんちゃって堂・fitband (順不同)and more?  


ステージ・スケジュール(予定)

1 13:00~13:20 満月堂①
2 13:30~14:05 こもれび
3 14:15~14:50 なんちゃって堂 

◆14:50~15:00 ~~ 休  憩 ~~◆

4 15:00~15:40 Fitband
5 15:50~16:30 満月堂②
6 16:30~17:00 フィナーレ 





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2017年06月30日

必需品のカポタスト、いろいろ持っていますが、、、これは凄い、持ってませんが^^)『タリア・カポ カポタスト シェルインレイタイプ』♪

ライブで必需品のカポ、

難しいコード、弾けないので、カポで優しいコードKeyに返還します

もちろん、自分の音域にに合わせる時もカポが活躍します



SHUBBのカポが出た時はあまりの便利さ、着脱の簡単さと固定力の確実さにビックリしましたが、

今はシンプルで超軽量の
Planet Wavesの黒(やはり目立たないほうが好き)を使っています、



と、ライブ友がこんなカポを紹介していました、

なんかお洒落やし、ギターネックに合わせてパットのパーツをカスタマイズできるもあるみたい、

凄いなあ~、と思って価格見て2度びっくり!!



Thalia Capo タリア・カポ Dragon Abalone Inlay カポタスト シェルインレイタイプ (Black Chrome)

Amazonより転載

タリアカポ201706
商品の説明 色:Black Chrome

カポタストの概念を覆す全く新しいカポタスト!

テイラー・スウィフトに憧れた愛娘Thalia(タリア)の為に、クリス氏が70以上ものプロトタイプを製作し、試行錯誤の上 満を持して完成した全く新しいカポ!

Thalia Capo~タリア・カポ~ 一件普通のカポのようですが、装飾にエキゾチックウッドやエキゾチックシェル、彫刻やカラーなど様々なオプションを組み合わせて個性豊かに仕上げられた新しい発想のカポタストです!

目立つからこそ個性豊かにゴージャスにギターを彩る拘りのアイテムとなっております。

また、タリア・カポは外観が豪華なだけではなく、大変機能性にも優れております。 通常のカポタストはフレット・パッドのアール形状が固定されているため、ギターを持ち替えた際、ギターの指板アールが異なるとしっかりホールドすることができず最悪の場合ピッチがズレてしまう場合がございます。

しかしこのタリア・カポには、異なったアール形状を持つフレット・パッドが最初から7種類付属しておりますので、ギターに合わせてカスタマイズすることが可能なのです。

付属のフレットパッド・キットは「0"for Classicals, 7.25”, 9.5”, 10”, 12”, 15”, 16"」となっており、また、パッドの素材もテフロン製とラバー製を用意! 計14個ものパッドからピッタリなパッドを選ぶことができます!

ギターへの取り付けやポジションチェンジはリバース・アクションの採用でスムーズに行え、ストレスフリーに演奏を楽しむことができます!

また、最も適切な圧力で押さえられるようにすべての製品のスプリングの圧力が7.5kg前後に設定されており、1つ1つ徹底した品質管理のもと製作されております。せっかくの演奏、カポにもこだわりたい!という方、必見のアイテムです!

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ギター周辺機器・小物 

2017年06月29日

タイトルに“ファイナル”の文字が、、、『きたやまおさむアカデミックシアター・ファイナル2017』~「歌詞で振り返る歌と人生」 ゲスト:清水ミチコ♪

ファイナル

9月には、大阪桜橋のサンケイホールブリーゼで『きたやまおさむ トーク&ミュージック 』があります(詳細記事下部にあります)、



で、10月には東京でもあるようですが、、、

タイトルに“ファイナル”の文字が、、、

こういう煽りの仕方、よくありますが、、、

きたやまさんの場合、本当にファイナルになっちゃうかもしれません

どうなんだろ?とりあえず、関東の方は観に行ってくださいませ、



きたやまおさむアカデミックシアター・ファイナル2017

「歌詞で振り返る歌と人生」 ゲスト:清水ミチコ


2017年10月29日(日) 開場15:30 開演16:00


会場:中野サンプラザ
164-0001 東京都中野区中野4丁目1-1

前売料金 全席指定 ¥6,480(税込)
※4歳以上はチケット必要  ※当日券¥500up
 
一般販売  6月3日(土)AM10:00~ 
一般問い合わせ先 キョードー東京 0570-550-799

チケットぴあ TEL.0570-02-9999

ローソンチケット TEL.0570-08-4003

イープラス

CNプレイガイド TEL.0570-08-9999





9月の大阪はこんな感じです



『きたやまおさむ トーク&ミュージック 』

Kitayamaきたやまおさむ

会場:サンケイホールブリーゼ (大阪府) 
 
公演日:2017年9月9日(土)

出演:企画・演出・進行・出演:きたやまおさむ
ゲスト:高石ともや
演奏:松田幸一、行徳信彦 ほか 


曲目・演目:
〔1部〕永六輔さんの想い出
〔2部〕二人だけのフォークコンサート 



 



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年06月27日

2017年9月10日(日)にこんなんありました♪『なぎら健壱×坂崎幸之助 トーク&ライブ フォーク大集会「楽屋ばなし」』♪

昨日紹介した、

『新宿フォークソングが流れる街~新宿には今日もフォークソングが流れている~』、

2017年10月7日(土) 16:00開演(15:30開場)

の前に、こんなステージがありました

どちらかというと、こっちに行かなければならないです!



なぎらさんと坂崎さんのトーク&ライブ、

今までも何回か観ていますが、正直言って、、、

この二人のステージが一番面白いのです、好きなんです



会場はもちろん「新宿文化センター」、

う~ん、これはなんとかして行かなければ、、、



『なぎら健壱×坂崎幸之助 トーク&ライブ フォーク大集会「楽屋ばなし」』、

20170910なぎら坂崎楽屋話2

日時:2017年9月10日(日) 開演16:00(開場15:30)

会場:新宿文化センター 小ホール

出演:なぎら健壱 坂崎幸之助 (トーク&ライブ)

料金:全席指定 3,000円
新宿文化センター友の会割引2,500円
10月7日(土)大ホールで開催の「新宿 フォークソングが流れる街」S席とのセット券6,000円 
※Web予約、窓口販売、電話予約でのお取扱いです。

•未就学児の入場はご遠慮ください。
•車椅子でご観覧を希望される方は新宿文化センターへお電話でご連絡ください。

フォークソングの伝道師「なぎら健壱」とスコラ(学者)「坂崎幸之助」
ジュークボックスのように次々飛び出す懐かしのフォークソングと、それにまつわる裏ばなしをたっぷりと。
10月7日(土)大ホールで開催のコンサート「新宿 フォークソングが流れる街」がいっそう楽しくなるトーク&ライブ!




お、「新宿 フォークソングが流れる街」とのセット券の発売もありますね、

東京のフォークファン必見です

ぜひ~





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年06月26日

今年で3回目かな?『フォークソングが流れる街 ~新宿には今日もフォークソングが流れている~』、2017年10月17日(土)開催です♪

今年10月開催で3回目になるのかな?

2016年10月にも同タイトルのライブがあり、それが第2回でしたから、



会場は、近年、“懐かしい今も活躍しているフォーク”系のライブを積極的に開催してくれている新宿文化センター、エエ会場です

今年は2017年10月17日(土)の開催、

出演者はプロデューサー?的な、なぎらさんと、、、

斉藤哲夫さんも出演ですね、、、



ほんと、東京にいたら絶対に行くのですが、、、行けるかな~、、、





【新宿文化センターHPより転載】
   
『新宿フォークソングが流れる街~新宿には今日もフォークソングが流れている~』、


20171007フォークの流れるポスター

2017年10月7日(土) 16:00開演(15:30開場)
新宿文化センター大ホール
全席指定 S席4,000円 A席(2階席のみ)3,000円
新宿区民割引・新宿文化センター友の会割引・学生割引あり
会場:新宿文化センター 大ホール 

【出演者】
なぎら健壱
ビリー・バンバン
斉藤 哲夫
加奈崎芳太郎
山崎 ハコ
マイペース
高田 漣

1970年代の音楽シーンの主役であったフォークソング。

ギターの音色に様々な主張やメッセージを乗せて歌う弾き語りスタイルは、若き日の団塊の世代のパワーを奮い起こした。 そのフォークを、当時熱狂した世代だけでなく、若者たちにも知ってもらおうと、一昨年よりなぎら健壱さんの呼びかけで多くの大物フォークシンガーが結集。

好評を博しているこの公演は、今年も内容を新たにして開催される。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年06月23日

2017年6月28日(水)にCDが発売♪加藤和彦さんのアルバム『それから先のことは…』♪

Amazonから案内が来ました、

2017年6月28日(水)にCDが発売されるようです

加藤和彦さんのアルバム『それから先のことは…』、

Katoそれから先のことは

知りません

で、ウイキペディアで調べてみると、、、

ウイキペディアより抜粋転載

加藤和彦 『それから先のことは…』

『それから先のことは…』 は1976年12月20日に発売された加藤和彦の3枚目のソロ・アルバムで、加藤が初めてアメリカ合衆国でレコーディングしたアルバムである。サディスティック・ミカ・バンドの解散後、ソロ・アルバムとしては5年ぶりとなり、当時同棲をはじめていた安井かずみとの最初の共作アルバムとなった。

『それから先のことは…』 は加藤がスワンプ・ロックに取り組んだアルバムである。

加藤はサディスティック・ミカ・バンドの解散後、しばらく音楽活動を休止していたが、1976年になり同棲していた安井かずみとの共作アルバムの構想を思いつく。

それは、当時多くのアーティストのレコーディングに起用されていたマッスル・ショールズ・スタジオのハウス・ミュージシャンたちとの共演だった。

加藤はミカ・バンド時代から彼らの出す音を再現しようと努力してきたが果たせなかったため、これを機会に渡米して彼らと共演することにしたものだった。

レコーディングは日本から持参した曲のスケッチをもとにアラバマ州のマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオでリズム体を収録し、マイアミでストリングスを加え、ロサンゼルスにてミックス・ダウンが行なわれた。


後年、加藤は本作について 「私小説のような、レコードを媒体にしたラブレター集のようなもの」と評している。なお、本作発表後の1977年には、加藤と安井の共著で本作の収録曲と同じタイトルの 『キッチン & ベッド』 (主婦と生活社) というエッセイ集も出版している。

(転載ここまで)



1976年ですか、この時期はほとんど加藤さんを聴いてないですね

どんな感じなんでしょうか?聴いてみる?

Amazonのページはこちら】、、、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD