2017年06月09日

へ~、今年から春秋も含め年3回開催だそうです♪暑い日のミュージックフェス『西院ミュージックフェス2017』♪

京都で一番大きいかな?長く続いているのも立派ですね、

『西院ミュージックフェス』

もちろん今年2017年もあるのですが、、、Fitbandは出れません



毎年最も暑い時期にあるイメージです、

10年ほど前に観た“平成トリオ”が想い出ですが、、、とにかく暑かった思い出でもあります



で、今年
2017年は8月5日(土)、6日(日)の2日間開催です、、、が、、、

20170805西院MF

え!?なんか、今年からフェス開催の要領が変わっているようで、

春にも秋にも開催されているそうです、へ~、知りませんでしたわ、

とにかく、今年も盛大に開催される『西院ミュージックフェス』、

暑いですけど、行ってみます?



西院ミュージックフェス 2017年開催要領 HPより転載

西院近辺の店舗・神社・幼稚園から嵐電車内まで、様々な所で音楽ライブを行う市街地型音楽フェス、2017年から大きく変わりました。

春・夏・秋の3回開催へ


東側の会場メインの春、西側会場メインの秋、そして定番の夏(ザ・西院フェス)の3回に分散します。3各会役10会場での音楽ライブ。 ライブスタイルはこれまで同様の入場無料(チップ制)です。単純に考えると規模はそのままで、年に2日間だけの開催だったものが、 春・秋を加えた4日間開催になるって事です。ライブが見れる時間枠が増えるって事です。

西院フェス年間予定

以下の日程で西院フェスが主催・応援しています。(詳細は随時サイフェストップページで告知します)
•2月:ビッグバンドフェスティバル @西院春日幼稚園
•3月:春の西院フェス & ネタモノ系ものづくりNT京都(2017年の情報)
•8月:THE西院フェス
•8月:盆踊り(若中会が主催ですが、西院フェスも応援しています)
•10月:春日祭 西院フェスメンバーとして御神輿担げます!一緒に担ぎましょう
•11月:秋の西院フェス(注:来年2017からです)

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年06月08日

フラリーパッドLive情報♪ NEWS!遂にフルバンドで登場!毎夏恒例の納涼祭開催!!

高校同窓ということで(ずいぶん齢は離れていますが)、

勝手に応援している“フラリーパッド”のライブ情報です

今回はフルバンドでのステージだそうです、ゴージャスにやって欲しいですね~



【フラリーパッドのインフォメールより転載】

Fフラリーパッド2015

NEWS!遂にフルバンドで登場!毎夏恒例の納涼祭開催!!

毎年恒例となったフラリーの夏祭りライブ「納涼祭」を今年も開催!
しばしの沈黙を破り、ボーカルを中心にしたサウンドで装いも新たに、真夏の夜を盛り上げます。

しかも今年は、豪華メンバーを従えたフルバンドで登場!
アコースティックの殻を破った、迫力サウンドにご期待ください!

毎年好評の「縁日コーナー」や「夏の和装大会」ももちろん開催します。
とっておきの夏の和装でいらした方には、特製グッズをプレゼント!
今年の夏も暑く熱く、フラリーと一緒に盛り上がりましょう!

『フラリーパッド納涼祭2017 ー真夏の夜の宴ー』

出演:フラリーパッド(前田大輔(ウクレレ, Vo)、清水英之(G))
   和泉一弥(AG)、清水興(B)、花田えみ(Org, Pf)、丹菊正和(スパイシービートパーカッション)
※夏の和装でご来場の方には、フラリーパッド特製納涼グッズをプレゼント!
※もっとも涼しげな装いの方には、オリジナルイラスト入り白いウクレレをプレゼント!


2017年8月14日(月)
京都木屋町三条・ライブスポットRAG
18:00開場/19:30開宴
前売3,780円/当日4,320円(オーダ別途)
お問い合わせ:ラグインターナショナルミュージック 075-255-7273

2017年6月3日(土)よりチケット発売開始!
ラグインターナショナルミュージック 075-255-7273
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード333-732)
ローソンチケット 0570-084-005(Lコード55936)

※「フラリーパッド“いつでもおかえり”ポイント」対象公演






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年06月07日

なんとカセットテープも復刻です♪「はっぴいえんど」他12作品がLP&カセットで再発!URCアナログ復刻シリーズ始動♪

FBで大塚まさじさんに教えていただきました、

LPレコードはまあ、最近ブームですから分かりますが、

なんと、カセットテープまでも復刻だそうです



音楽はデジタルへの進化だけでは語りつくせない、伝えつくせない、聴きつくせない、

ということなんでしょうか?



PONY CANYON NEWSより転載

「はっぴいえんど」他12作品がLP&カセットで再発!URCアナログ復刻シリーズ始動♪

LPカセット復刻201706

日本で最初のインディーズレーベルといわれ、今なお日本の音楽界に大きな影響をおよぼし続けている伝説的レーベル「URC」から、アナログ復刻シリーズ12作品が2017年7月19日より順次発売されることが決まった。

 

URCは、1969年に会員制レコードクラブとしてスタートし、60年代末の反戦・社会運動の高揚を背景に、綺羅星のごとく才能が集い、個性あふれる名盤を世に送り出した。はっぴいえんど、五つの赤い風船、遠藤賢司、岡林信康、加川良、金延幸子、斉藤哲夫、ザ・ディランⅡ、シバ、高石友也、高田渡、友部正人、中川五郎、早川義夫、休みの国、六文銭、三上寛など、そこからデビューした強烈な才能は枚挙にいとまがない。

 

今回のアナログ復刻シリーズでは、中古マーケットでの流通枚数も限られ、その音楽性から人気の高い名作が、アナログLPレコードと人気再燃のカセットテープで復刻する。

7月のはっぴいえんどの1stアルバム「はっぴいえんど」、2ndアルバム「風街ろまん」の2タイトルを皮切りに、アナログレコードではほぼ入手不可能だった貴重な作品を含むシリーズ全12作品を隔月2タイトルづつ、6回にわたり発売予定となる。

また、ローソンHMV限定で7インチアナログが当たるプレゼントキャンペーンも実施される

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年06月06日

ハンバート・ハンバート、オリジナル・フルアルバム「家族行進曲」を発売♪

このお二人、今年の『祝春一番』でも拝見しました、

大好きなデュオであります、ライブステージはいつも軽やかにファンキーです

と云いながら、アルバムは買ってないなあ



あ、2017年7月5日にNEWアルバム発売だそうです、

買う?かな?



【ハンバート・ハンバートのFBより転載】

Hハンバートハンバート2017kai
















7月5日(水)ニューアルバム発売! 日比谷&大阪城野音を含むツアーもします。

「むかしぼくはみじめだった」以来3年ぶり9枚目となるオリジナル・フルアルバム「家族行進曲」を発売します。

音源化リクエスト多数の人気曲「がんばれ兄ちゃん」を始め、アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!2」への提供曲「おうちに帰りたい」のセルフカバーなど、いくつもの「家族」の姿を描いた新曲を収録。多彩なミュージシャンをゲストに迎えた新作です。


▼2017年7月5日(水)発売...
▼9thアルバム
▼「家族行進曲」
▼初回限定盤(CD+DVD)DDCB-94015 ¥3,400(税別)
▼通常盤(CDのみ)DDCB-14054 ¥2,700(税別)


《ゲストミュージシャン》
岩見継吾/尾崎博志/エマーソン北村/久下惠生/関島岳郎/
長岡亮介/西内徹/細野晴臣/We Banjo 3(敬称略)


【収録曲】
1. 雨の街
2. がんばれ兄ちゃん
3. あたたかな手
4. 長い影
5. ぼくも空へ
6. おうちに帰りたい
7. 真夜中
8. ひかり
9. ただいま
10. 台所
11. 今夜君が帰ったら
12. 横顔しか知らない ケルティックバージョン


【初回限定盤DVD収録内容】
第一部 「がんばれ兄ちゃん」を含む新作ミュージックビデオ(3曲収録予定)
第二部 「ハンバートハンバート中華人民共和国をゆく」2016年12月の中国ツアーライブ映像(7曲収録予定)


▼新作リリース記念ツアー
「ハンバートハンバート行進曲2017」
7月25日(火)渋谷 クラブクアトロ
8月24日(木)京都 磔磔
8月25日(金)神戸 チキンジョージ
9月9日(土)日比谷野外大音楽堂
9月15日(金)名古屋 ダイアモンドホール
10月1日(日)大阪城音楽堂
10月12日(木)仙台 Rensa
10月20日(金)浜松 窓枠
10月29日(日)広島 クラブクアトロ
10月31日(火)福岡 イムズホール
11月26日(日)札幌 Zepp Sapporo
※この他に、長野公演と松江公演を後日発表いたします。


(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年06月05日

映画『ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代』の上映館情報です、ブルク7梅田へ観に行きます♪

映画『ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代』の上映館情報です、

今週もブルク7梅田で上映される予定です、ヨカッタ

これは観に行っときますかね~



★ 新宿バルト9 (上映2日前より座席オンライン予約可能)

http://kinezo.jp/pc/wald9

6/4(日)  10:15 / 21:40

6/5(月)~  10:55 / 21:20


★ 梅田ブルク7  (上映2日前より座席オンライン予約可能)

http://kinezo.jp/pc/t-joy_burg7?ush=32016c7

6/4(日) ~  14:10 / 21:25


★ 横浜シネマリン

http://cinemarine.co.jp/

6/3(土)~ 6/16 (金) 10:00 / 18:30

~ 6/30(金)迄 上映予定



他に単館上映が仙台・京都・神戸・松山で決まっているようです、

★チネ・ラヴィータ(仙台):7/1より1週間限定
★立誠シネマ(京都):7/1~
★神戸アートヴィレッジ:9/9~22
★シネマサンシャイン大街道(松山):7/29~8/11 

詳しくはそれぞれの映画館情報で確認してください、



映画.comから転載

『ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代』、

201705Bディラン我が道は変わる

解説

2016年にノーベル文学賞に輝いたボブ・ディランのデビューから5年間の作品群を時系列に追った音楽ドキュメンタリー。

ディランが多大な影響を受けたフォークソングの歴史や代表曲、1962年発表のデビューアルバム「ボブ・ディラン」から65年発表の5枚目のアルバム「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」、そして最大のヒット曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」までの数々の名曲をエピソードとともに分析。

エリック・アンダースン、マリア・マルダー、トム・パクストンといったディランと60年代をともにしたミュージシャンや、ディラン研究の権威たちが独自のディラン論を展開する。監督は「ブライアン・ウィルソン ソングライター」2部作を手がけたトム・オーディル。


スタッフ
監督ロブ・ジョンストーン 製作ロブ・ジョンストーン編集トム・オーディル

キャスト
ボブ・ディラン
エリック・アンダーソン
マリア・マルダー
トム・パクストン
ピーター・スタンプフェル

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年06月02日

Fitbandライブ『KOBEでもやりまっせ July. 2017』、三宮の「隠れ谷」でやります♪

来月7月に久しぶりのライブやります

それも神戸三宮です、



京都中心に活動しているFitband


神戸でのステージはレアですよ




会場は神戸三宮の
『隠れ谷』

いろんな楽器が揃っているので、飛び入りとかあるかもしれません、

みなさまのお越しを心からお待ちしております



■タイトル:Fitbandライブ『KOBEでもやりまっせ July. 2017』♪

 

PA240043kai

■日時:2017年7月29日(土) 開場15時30分、開演16時 

■会場:「Acoustic Cabin 隠れ谷」 

 

■出演:Fitband and more♪

■料金:チャージ1000円(おつまみ付き)

※別途1ドリンクオーダーをお願いいたします

※「Acoustic Cabin 隠れ谷」
JR・阪神・阪急「三宮」駅より徒歩4分

神戸市中央区中山手通1-15-2富士ビル501


「三宮」駅から北野坂を上がり一つ目の信号左、
古林ビルを右折しすぐ左へ、ラッキー7のビル5階

ビルの入り口にギターの看板があります。


070-3818-7649

http://kakuredani.wixsite.com/kobe





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年06月01日

『六の日ライブ』が近づいて来ました♪おけいさんのライブスケジュール2017年6月7月♪

早いな~、今日から6月です、

恒例の“六の日ライブ”が近づいて来ました、

って、、、このライブ、行ったことないんですが



小室等さん、及川恒平さん、四角佳子さん、こむろゆいさんのユニット“六文銭'09”、

毎年(どれくらい続いてるんだろう?)6月6日にライブをされています、

今年は火曜日、何曜日か分からないのが面白いような気がします、



六文銭092013TX

◆2017年6月6日(火)
OPEN1830   START 1900

『六文銭'09 恒例! 六の日ライブ』

会場:高円寺JIROKICHI (杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビルB1)
出演:小室等・及川恒平・四角佳子・こむろゆい
料金:予約=3,500円 当日=4,000円(各 +1オーダー)

ご予約・お問い合わせは・・・TEL 03-3339-2727 (JIROKICHI)




あ、7月にはこちらもあります


◆2017年7月15日(土)
OPEN 1430 START 1500

東京労音ギター文化館 コンサートシリーズ2017

『あの「青春」をもう一度・・・ザ・フォークソングライブ』

会場:ギター文化館 (茨城県石岡市柴間431-35)
出演:四角佳子・常富喜雄

    ソノローザ(井上みつる&ジュリア)
料金:前売=3,500円 当日=4,000円 (全席自由)
 
ご予約はギター文化館HPでもOK・・・
お問い合わせは・・・TEL 0299-46-2457 (ギター文化館)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年05月31日

「汽車が田舎を通るそのとき +6」♪ボーナス・トラック6曲追加で待望の復刻!♫

なんかのライブで渡さんの「鉱夫の祈り」を聴いて、いたく気に入り、

このCDを買って覚えました



廃番になっていたみたいですね、

今回はボーナストラックが6曲も入っているそうです、なんかお得な感じ

聴いていない曲もボーナストラックにあるので、なんか買いたくなるが、、、



高田渡「汽車が田舎を通るそのとき +6」、

2017年4月26日に発売されています、



Amazonより転載

「汽車が田舎を通るそのとき +6」

汽車が田舎を通るそのとき +6

内容紹介


高田渡にとって、初の単独アルバム! 変革の嵐吹きあれる'70年安保を目前にした東京から、京都へ移り住んだ'69年、西岡たかしのディレクションのもとに録音された。

前作までの毒の効いたプロテスト・フォークから一転、自己の内面に目を向けた素朴な楽曲が並ぶ。一人の女の子との会話をはさみながら弾き語りを聴かせる構成をとり、ギター1本で静かにじっくりと歌い上げていく。

フォークシンガーとしての高田渡の本質的な魅力が詰まった一枚。アルバムの大半が自作詞という点でも貴重だ。ボーナス・トラック6曲追加で待望の復刻!


アーティストについて


高田渡にとって、五つの赤い風船とのスプリット盤に続く2作目にして、初の単独アルバム!

変革の嵐吹きあれる'70年安保を目前にした東京を離れ、京都へ移り住んだ'69年、西岡たかしのディレクションのもとに録音された。

前作までの毒の効いたプロテスト・フォークから一転、自己の内面に目を向けた素朴な楽曲が並ぶ。一人の女の子との会話をはさみながら弾き語りを聴かせる構成をとり、ギター1本で静かにじっくりと歌い上げていく。

フォークシンガーとしての高田渡の本質的な魅力が詰まった一枚。アルバムの大半が自作詞という点でも貴重だ。日常の些細な心情を綴った「ボロ・ボロ」や、メルヘンチックでノスタルジー溢れる「汽車が田舎を通るそのとき」等が収録された前半を終えると、後半には労働者階級の悲哀を描いたナンバー「ゼニがなけりゃ」「鉱夫の祈り」等が続く。

アルバムの最後を締めくくるのは、ウディ・ガスリー「I Ain't Got No Home」の日本語訳カヴァー「この世に住む家とてなく」。画家である実兄・高田驍氏によるジャケット・イラストも魅力。ボーナス・トラック6曲追加で遂に待望の復刻!

曲目リスト


ディスク:1

1. ボロ・ボロ

2. 春まっさい中

3. 日曜日

4. 酒屋

5. 汽車が田舎を通るそのとき

6. 来年の話をしよう

7. 朝日楼

8. 新わからない節

9. ゼニがなけりゃ

10. 出稼ぎの唄

11. 鉱夫の祈り

12. この世に住む家とてなく

13. 大・ダイジェスト版三億円強奪事件の唄 -ボーナス・トラック-

14. 大・ダイジェスト三億円強奪事件の唄(実況) -ボーナス・トラック-

15. 転身 -ボーナス・トラック-

16. 電車問題 -ボーナス・トラック-

17. 自衛隊に入ろう -ボーナス・トラック-

18. 東京フォークゲリラの諸君達を語る -ボーナス・トラック-

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年05月30日

2017年6月3日(土)から梅田ブルク7で上映するみたいです、『ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代』♪

この映画、2017年6月3日(土)から梅田ブルク7で上映するみたいです、



ボブ・ディランのドキュメンタリー映画です

なんか、ちょいと観てみたい気がしていましたが、

先日、映画を見た大阪梅田ブルク7で、予告編が流れました

今週の土曜日6月3日(土)から上映!?だったと思います、



まだブルク7のHPでも上映確認できませんが
、、、たぶん間違いありません、



単館上映かと思っていましたが、シネコンで観れそうです、


忘れずに観ましょね~




映画.comから転載

『ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代』、

201705Bディラン我が道は変わる

解説

2016年にノーベル文学賞に輝いたボブ・ディランのデビューから5年間の作品群を時系列に追った音楽ドキュメンタリー。

ディランが多大な影響を受けたフォークソングの歴史や代表曲、1962年発表のデビューアルバム「ボブ・ディラン」から65年発表の5枚目のアルバム「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」、そして最大のヒット曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」までの数々の名曲をエピソードとともに分析。

エリック・アンダースン、マリア・マルダー、トム・パクストンといったディランと60年代をともにしたミュージシャンや、ディラン研究の権威たちが独自のディラン論を展開する。監督は「ブライアン・ウィルソン ソングライター」2部作を手がけたトム・オーディル。


スタッフ
監督ロブ・ジョンストーン 製作ロブ・ジョンストーン編集トム・オーディル

キャスト
ボブ・ディラン
エリック・アンダーソン
マリア・マルダー
トム・パクストン
ピーター・スタンプフェル

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年05月29日

2017年5月27日(金)に『阿蘇ロックフェスティバル2017』が無事2年振りに開催♪『復興もリズムに乗って 1万人が熱く』(毎日新聞)♪

2017年5月27日(金)に『阿蘇ロックフェスティバル2017』が無事2年振りに開催

泉谷もしっかり暴れたみたいです



毎日新聞に記事が2つ、28日(土)大阪本社版朝刊にも記事が出ていました、

さすが、エエ記事書いてくれました

Izumiya泉谷夕刊フジ201704

【毎日新聞JPより転載】

(
27日(金)夕刊の記事?)

阿蘇ロックフェスで被災地応援 泉谷さんら

熊本地震の復興支援として歌手の泉谷しげるさんらが呼び掛けた「阿蘇ロックフェスティバル2017」が27日、熊本県南阿蘇村の野外劇場「アスペクタ」で開かれた。

晴天に恵まれ、雄大な阿蘇の山々が見渡せる会場の芝生は、正午時点で7000人以上の観客(主催者発表)であふれた。 
 
オープニングで泉谷さんは「日本で最高の音を出そう。いい日にしようぜ」と大声で呼び掛けた。県のPRキャラクター「くまモン」も登場し、泉谷さんの隣で元気いっぱいのポーズを決めた。


(
28日(土)朝刊の記事)

復興もリズムに乗って 1万人が熱く

熊本地震からの復興を後押ししようと「阿蘇ロックフェスティバル2017」が27日、熊本県南阿蘇村の野外劇場「アスペクタ」であった。阿蘇の山々に囲まれた会場では約1万人が雄大な自然と音楽に盛り上がった。 
 
 ロックフェスは2014年の阿蘇山・中岳噴火の風評被害をなくそうと15年に始まった。昨年は熊本地震で中止となり、2年ぶりの開催。今年も南阿蘇村の女性有志を中心に結成された実行委員会が主催した。


 発起人で歌手の泉谷しげるさん(69)は出番前の記者会見で「崩落した阿蘇大橋を見てショックだった。みんなで熊本県を元気にして新しい橋が架かるといい」と語った。ウルフルズや電気グループなど12組と地元の中高吹奏学部が出演した。

 長崎市から家族5人で訪れた長原典子さん(36)は「出演者の阿蘇復興への思いが伝わった。来年以後も続けてもらいたい」と阿蘇にエールを送った。【杉山恵一】

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ