2017年04月04日

ブルームーンカルテット『リクエスト』、再版です♪買ってないやん、、、買うかな、、、

ブルームーンカルテット、5年ほど前に結成されたのでしょうか?

ひょんなことから、富永さん(当時“バンバンバザール”)と接点があって(モツ焼と坂崎さんの実家)、

バンバンバザールのステージを観に行くようになりました



そして、5~6年前に富永さんはブルームーンカルテットに移籍?加入、

で、ブルームーンカルテットも何度か拝見



そのブルームーンカルテットのアルバム『リクエスト』が再版だそうです、

これは買っていないです、、、買うかな?



【富永さんのFBでのコメント】

再版決定


昨年春(2016年)にリリースしたブルームーンカルテットのCDアルバム「リクエスト」嬉しいことに全国で好評で売り切れていましたが、めでたく再プレスとなりました🎵まだお求めでない方、ライブ会場や通販にて是非。


詳しくはブルームーンカルテット「サランヘヨ神戸」...

http://ameblo.jp/bmq2009/entry-12202484578.html






【ブルームーンカルテットのBlogから転載】

『リクエスト』、

Blueリクエストブルームーンカルテット


【収録曲】

1, ラスタワルツ

2, クラリネットマーマレイド

3,知りたくないの

4,映画天国

5,グッドライフ

6,私の愛

7,黄色いリボン

8,オンマイサイド

9,ジュビリー

10, アフタータイム

11, ラブ・メドレー

 

【商品説明】


リリース:2016年

レーベル:BlueFilmProduction

品番:KMJ-003

価格:¥2,500-(tax in)

6作目になる本作は、「もしもリクエストをもらったら」というお題で古今東西の聞いたことのあるような名曲を集めて全インスト演奏でお届けしてみました。

各メンバーが持ち寄った曲ぶっつけ本番、1日で録音を終えたライブバンドならではのエピソードもさることながら、黄啓傑のカシオトーン、富永寛之のフェンダー・ローズピアノ、工藤&木村のパーカッションなどの軽いダビングも聴きどころのひとつ。

また、ベーシスト工藤精の演奏が特にM6では際立っていて、各方面で話題になっています。

前作、ソールブランチのアートワークを手掛けたデザイナー吉川拓志を今回も起用、音と同じく親しみやすい仕上がりになっています。

本人たちの予想以上に好評なこの「リクエスト」、BMQのアルバムを初めてお求めになる方に特にオススメのベストセラーです。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年04月03日

行って来ました♪『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.3』、名古屋「TOKUZO」♪ヨカッタ~^^)

行ってきました

『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.3』 in 「TOKUZO」名古屋



一度、聴きたいと思っていた泉谷の『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.3』

東京へ行くのは難しいですが、、、名古屋でありました

それもライブハウスです

小さい小屋での泉谷、こりゃ盛り上がるでしょう



名古屋なら、大阪から新幹線で1時間弱、

新幹線代もまあ何とかなる範囲、もちろん日帰りできる

ということで、2017年3月31日(金)の名古屋会場に参戦してきました



会場は名古屋今池の「TOKUZO」、

期待通りの小さ目の小屋です

普段なら50人~70人くらいでライブやったはるんでしょうか?

もちろん、この日はギュッと詰めて100人以上、入ってるんじゃないでしょうか?



18時開場、19時開演、

で、ワタシが着いたのが18時40分くらい、もう満員状態です、

ま、どこの席でも良いのですが、、、



案内されたのが最前列に近い場所、あららら、こんな席でエエんですか?

嬉しい誤算でした、こりゃ来た甲斐があるというものです



で、2部構成2時間半くらいのステージを堪能しました、

やっぱり、小さい小屋での泉谷はエエですわ

1部が昭和のフォーク&ロックか?

拓郎、斉藤哲夫さん、なんとイルカも

そうそうムッシュの『ゴロワーズ』もイキマシタ、難しい~



2部は泉谷の曲、「個人的理由」「里帰り」辺りが嬉しい

「春夏秋冬」から一人アンコール、

そして「野生のバラッド」で久しぶりに飛びました

7~8年振りかな、東京時代以来ですな、



いやはや、行ってヨカッタ、めちゃ楽しめました

もちろん、写真は取り放題、

というか、泉谷のほうから“みんなで写真撮れ!~”の号令で撮りました、

036kai
037kai
038kai
039kai
040kai
044kai
046kai
071kai

めちゃ近い!!唾、いただきました!!





『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.3』、

Izumiya泉谷201606

◆公演日  2017年3月31日(金)
会場  TOKUZO (愛知県名古屋市)
開場/開演  18:00/19:00
料金:前売5,000円 当日5,500円(税込) 


◆公演日  2017年4月1日(土)
会場  GALLIVER  (三重県四日市市) 
開場/開演  18:00/19:00
料金:前売5,000円 当日5,500円(税込) 
 



 


syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年03月31日

【再告】2017年4月22日(土)に開催を予定しておりました『第9回落語&ライブと東北・熊本料理を楽しむ会』は開催延期となりました。

【再告】

2017年4月22日(土)に開催を予定しておりました、

東北応援チャリティー 「龍野落し語会:特別企画」:
 『第9回落語&ライブと東北・熊本料理を楽しむ会』

は、主催者の都合により開催延期となりました、



楽しみにしていただいていた皆さまには大変申し訳ございません、

開催に向けて準備を進めて参りましたが、

主催者事情により、やむなく延期させていただきます、



あらためて必ず開催いたします、

開催日時は決まり次第あらためてお知らせいたします、

しばし、お待ちくださいませ、



下記イベントは開催延期となりました、

東北応援チャリティー 「龍野落し語会:特別企画」:
 『第9回落語&ライブと東北・熊本料理を楽しむ会』


20170422落語ライブ

(開催延期)2017年4月22日(土)  14時開場、14時30分開演

◆会場:京都山科駅前
 『リカーコレクション龍野 2階イベントホール』
 京都市山科区御陵大津畑町32





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年03月30日

いよいよ今週末♫『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.3』、名古屋~四日市公演です♪

いよいよ明日金曜日、名古屋『TOKUZO』で開催です



東京でしかないと思っていたこのライブ、

なんと、今回は名古屋、四日市でも開催、あります

近いなあ、東京よりはずいぶんと行きやすい、、、



ということで、、、

3月31日の名古屋『TOKUZO』参戦します

ライブハウスなんで、泉谷の汗とか唾も飛んできそうです

久しぶりの泉谷しげる、楽しみ~です~



泉谷のBlogから心意気、転載

やっぱり6時間はキツイと云う方(笑)には~昨年からスタートした「泉谷しげる昭和のフォークロックを歌う」がオススメ!
得意な曲も歌うが、大苦手な曲まで挑み「金かえせ!」コールが名物!?
(笑)

2月のアタマにゃ新曲のレコーディングがあるからね~ライブしっかりヤッとかねぇと!

「完全」めざしてストレッチ開始

泉や

(転載ここまで)





『泉谷しげる昭和のフォーク&ロックを歌う!vol.3』、

Izumiya泉谷201606

◆公演日  2017年3月31日(金)
会場  TOKUZO (愛知県名古屋市)
開場/開演  18:00/19:00
料金:前売5,000円 当日5,500円(税込) 


◆公演日  2017年4月1日(土)
会場  GALLIVER  (三重県四日市市) 
開場/開演  18:00/19:00
料金:前売5,000円 当日5,500円(税込) 
 



 



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年03月29日

『名盤発見伝 ジャパニーズ・グラフィティー』!第1弾は“シューベルツ”の『天地創造+7 』♪

フォークルのはしださん、

子供の頃、家が近かったので、小さいころに疎水端とかで、ようすれ違いましたわ



はしださんと云えば、フォークル解散以降、いくつかグループ結成~解散を繰り返されましたね、

グループを順番に言える人は、相当なフォーク・ファン?ですね、

シューベルツ⇒???⇒エンドレス

あれ?まん中なんだっけ?思い出せませんでした

アカン、記憶力が



正解は“クライマックス”



で、“洋楽の名盤を発掘し好評を博しているシリーズ『名盤発見伝』”つうシリーズがあるそうなんですが、

その邦楽版が始まったそうで、

第1弾がなんと“はしだのりひことシューベルツ”の『天地創造+7 』だそうです、

当然、このアルバムは知りませんでした



Amazonより転載

hasidaはしだシューベルツ天地創造

商品の説明

 
メディア掲載レビューほか

洋楽の名盤を発掘し好評を博しているシリーズ『名盤発見伝』に、いよいよ邦楽編が登場!
その名も『名盤発見伝 ジャパニーズ・グラフィティー』!
本作は、はしだのりひことシューベルツ編。「アイ・アム・ア・マシーン」「愛の世界」「戦いの中で」他を収録。 (C)RS


曲目リスト

ディスク:1


1. アイ・アム・ア・マシーン

2. 愛の世界

3. 戦いの中で

4. 愛したものは

5. 象の子守唄

6. 明日への言葉

7. 白い砂

8. 北緯15度

9. 家なき子にも

10. 6月6日の夢

11. 一人ぼっちの旅

12. 夕陽に消えた恋

13. カメの遺言

14. 砂の城 <ボーナス・トラック>

15. 夢の女 <ボーナス・トラック>

16. あなただけに <ボーナス・トラック>

17. 雨上りをひとりで <ボーナス・トラック>

18. 朝陽のまえに <ボーナス・トラック>

19. さよなら <ボーナス・トラック>

20. 白い鳥にのって <ボーナス・トラック>

(転載ここまで)



うむ、、、知らない曲、多いわ






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年03月28日

URC 最後の蔵出し"復刻 CD 化シリーズ『加藤和彦URC レア・ライヴ・コレクション 1968-1973』、発売はまだみたいです、、、

前にも書きましたが、

2016年10月に発売予定だったこのCD、

こりゃ凄そうやから、買おうかと思ったのですが、、、

何らかの事情で急遽発売延期になりました



加藤さん案件だけに、50年ほど前の、あの『イムジン河』発売延期事件を想い出します、

やはり、著作権とか所有権の問題なんでしょうね、



FBのページの写真はこんな事に、、、

KatoURC レア・ライヴ・コレクション 延期

【FBの記事から転載】

2016年10月16日に発売を予定しておりました、『加藤和彦/URCレア・ライヴ・コレクション1968-1973』ですが、諸事情により発売延期(内容変更を含む)させて頂くこととなりました。

楽しみにされていた方々には多大なご迷惑をおかけいたします事、
心よりお詫び申し上げます。

 
発売につきましては、全力をあげて善処しております。新たな発売日が決まりましたら、早急にご案内させて頂きますので、どうかよろしくお願いいたします。

(転載ここまで)

発売、楽しみに待ってますので、ガンバってください、よろしく~





発売予定時の商品概要はこちら、

【FBの記事から転載】

★グリーンウッド・レコーズ、URC関連新譜、発売決定!
----------------------------------------------------------------------
■アーティスト:加藤和彦
■タイトル:URC レア・ライヴ・コレクション 1968-1973
■発売日:2016年10月16日(命日発売)
■品番:GRCL-6053
■JAN:4544925060535
■本体価格:3,000円(税込価格:3,240円)
■仕様:紙ジャケット、32Pブックレット封入
■解説:小川真一
-----------------------------------------------------------------------
まさに国宝級の音楽ドキュメント!
これを聴かずして日本のフォーク/ロックは語れない。
URCレコードの倉庫から発掘された加藤和彦の超レア音源。
フォークルからソロ活動期、そしてサディスティック・ミカ・バンドまで、その全てがわかる貴重なライヴ・トラックス!全20曲。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 こんな音源が残されていたとは!
ザ・フォーク・クルセダーズ、サディスティック・ミカ・バンドと伝説のグループを率いてきた、トノヴァンこと加藤和彦の貴重なるライヴ・トラックス。今回新たにURCレコードの倉庫から発掘された音源を中心に、若き日の加藤がどれほどの才能を持っていたのか痛いほど判る音源集だ。
 
初期フォークルの初々しい演奏や、解散コンサートにおける未発表テイク。ソロになってからの貴重なライヴ音源(「白い色は恋人の色」の幻の初演や、布施明のカヴァーまで登場)、さらにはアルバム・デビュー直前のサディスティック・ミカ・バンドのライヴ音源(73年録音)など、どこを切っても貴重過ぎるトラックばかりで、まさに国宝級の音楽ドキュメントだといえる。

これを聴かずして日本のフォーク/ロックは語れない。
※既CD化6曲は、全てオリジナル・テープより新たにリマスタリング、追加MC等あり!

★曲目一覧・ご予約はこちらまで・・・
http://www.greenwood-records.jp/scb/shop/shop.cgi?No=94
(グリーンウッドでご予約の方、オリジナル特典予定有り!)

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年03月27日

【急告】開催延期!!東北応援チャリティー 「龍野落し語会:特別企画」: 『第9回落語&ライブと東北・熊本料理を楽しむ会』♪♪


【急告】

2017年4月22日(土)に開催を予定しておりました、

東北応援チャリティー 「龍野落し語会:特別企画」:
 『第9回落語&ライブと東北・熊本料理を楽しむ会』

は、主催者の都合により開催延期となりました、



楽しみにしていただいていた皆さまには大変申し訳ございません、

開催に向けて準備を進めて参りましたが、

主催者事情により、やむなく延期させていただきます、



あらためて必ず開催いたします、

開催日時は決まり次第あらためてお知らせいたします、

しばし、お待ちくださいませ、



下記イベントは開催延期となりました、

東北応援チャリティー 「龍野落し語会:特別企画」:
 『第9回落語&ライブと東北・熊本料理を楽しむ会』


20170422落語ライブ

(開催延期)2017年4月22日(土)  14時開場、14時30分開演

◆会場:京都山科駅前
 『リカーコレクション龍野 2階イベントホール』
 京都市山科区御陵大津畑町32






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年03月23日

映画「後妻業の女」のDVD・ブルーレイが発売になったそうですが、、、え?この映画、泉谷が出てたん!?

2016年8月に公開された映画「後妻業の女」、

早くもDVD・ブルーレイが発売されたようで、プッシュメールが来ました、

???なんで、この映画のプッシュメールが来るんだろうと見たら、、、

あら、この映画に泉谷しげるが出演していたんですね

それで、ワタシにプッシュメールが、なるほど、



しかし、この映画の予告編、映画館で何回も観たけど(ほんとによくかかっていた)、

泉谷が出演しているのに気が付かなかったな



で、調べてみても、泉谷の写真がこれしかない、、、

201608後妻業の女

このポスターの右上、『闇で活躍する腕ききの鍵師』が泉谷ですね、

予告編では出てなかったかも、、、いや、気が付かなかっただけか

鶴瓶さんは大々的に出てましたけどね、



ふ~ん、ちょっと観てみるかな、、、



映画.comから転載

「後妻業の女」、

201608後妻業の女2

直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。「愛の流刑地」「源氏物語 千年の謎」の鶴橋康夫監督がメガホンをとり、資産を持つ独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる「後妻業」を生業とする女の姿を描く。

結婚相談所主催のパーティで知り合い、結婚した小夜子と耕造。2年後に耕造は死去するが、娘の朋美と尚子は、小夜子が全財産を受け継ぐという遺言証明書を突きつけられる。

小夜子は、裕福な独身男性の後妻となり、財産を奪う「後妻業の女」で、その背後には結婚相談所所長の柏木の存在があった。一方、父親が殺害されたと考える朋美は、裏社会の探偵・本多を雇い、小夜子と柏木を追いつめていく。小夜子役を大竹、柏木役を豊川が演じ、尾野真千子、長谷川京子、永瀬正敏らが共演する。

(転載ここまで)



あ、今日から東京へ行ってきます

明日は休載いたします、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月22日

『出張ゼミナール~ザ・フォークソング番外編~』NHK-BSプレミアム 2017年3月26日(日) 23時~放送です♪

いや、ワタシもね、このコーナーが一番楽しみなんです、はい

で、皆の想いが通じたのか?

このコーナーだけが独立して公開録画があったようです、



NHKBSプレミアムの『ザ・フォークソング~青春の唄~』

なぎらさんと坂崎さんが担当していた「フォークゼミナール」コーナーが番外編で放送です、

これは見逃せません



NHK-BSプレミアム 2017年3月26日(日) 午後11時~午前0時30分

NHKフォークゼミナール201703

NHKのHPより転載

スタジオを飛び出して東京・蒲田にある日本工学院専門学校の教室で収録!フォークソングで盛り上がろう!

番組紹介


これまで3年間放送した合計26アーティスト50曲の中からリクエストにお応えして、あの素晴しい名曲の数々をお届けします。

今回、番組の収録はスタジオを飛び出して東京・蒲田にある日本工学院専門学校の教室で行います。

進行ナビゲーターは「フォークゼミナール」講師のなぎら健壱とフォークソング研究家として知られる坂崎幸之助が担当。

紹介する楽曲それぞれに、彼らならではの「その歌の、そのアーティストの、その時代における意義」などを彼ら独得の掛け合いで面白おかしく紹介しながら進行します。


【司会】なぎら健壱、坂崎 幸之助


Nagira下町の風パチリ2

Sakazakiフォークゼミナール2017


【ゲスト】高石ともや、遠藤賢司


(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NHKの回し者 

2017年03月21日

今年もあります、赤塚先生!お元気ですか~^^)『赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!” 2017 』♪

昨年も案内したような気がします、

こんなライブがあるなんて、、、赤塚先生、サイコーですよね~

でも、、、タモリさんは出ないんですね、、、残念、

『ブラタモリ』は楽しみに観ています



『赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!” 2017 』、


20170325赤塚不二夫祭

『赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!” 2017 』

2017/3/25(土)

17:00 開演 ( 16:20 開場 )


会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール (東京都)

赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!”

[出演]山下洋輔 / 坂田明 / 中村誠一 / ジム・オルーク /
山本達久 / 五木田智央 / 宇川直宏 / 嵐山光三郎 /
篠原勝之 / 南伸坊 / 山本晋也 / 五十嵐隆夫 /
武居俊樹 / 安齋肇 / 喰始 / WAHAHA本舗 / 他
 
未就学児童は入場可、チケット必要。
公演などに関するお問い合わせ先: 渋谷区文化総合センター大和田 ホール事務室:03-3464-3252

全席指定 一般 4,000円、全席指定 高校生以下 1,000円


チケットぴあで購入  》》》詳細はこちら、






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ