2004年11月25日

スカボローフェア

SG・・といえば、我らの年代では、“サイモンとガーファンクル”・・・ですよね笑顔
スワローズVSジャイアンツ・・という説もありますが笑い

名曲がいくつもあり、知ってる曲もたくさんあります。ギターで弾きたい曲も音符・・たくさんありますよね。
先日、ギター教室で『スカボローフェア』を教えてもらいました。音符
以前にも、TAB譜を買ってSGに挑戦したことがあり、この曲も1コーラス分は憶えたのですが、もうすっかり忘れていました。スリーフィンガーというかアルベジオというか、微妙なフィンガリングで音符7カポで綺麗なメロディが生まれます。以前、独学でやったときは、微妙に違う、でも良く似たフレーズが繰り返し出て来て混乱汗した覚えがありますがハート割れ
ギター教室の先生に教えられると・・・いとも簡単に、1コーラスの構成が覚えられましたびっくり
この辺が、上手な人に教わるメリットですね拍手
左手の指のフォームがCやAmを中心に、簡単な移動でバリエーションが弾けるのです。TAB譜を独学でやったときは、これほどシンプル電球には思えませんでした。

こういうことを繰り返していくと、聞くだけで、いろんなフォームの有効利用が自然とできるようになるのかもしれませんハート矢というか、そうなって欲しいものですキラキラ

1回のギター教室で1コーラス分はなんとか弾ける様になりました。次は、この曲の美しいメロディを流れるように、自然に弾けるように練習です。この曲はギターで弾いてみると、案外早いフィンガリングになるので、力の入れ具合が難しいですびっくり
あと、2コーラス以降は細かなバリエーションがあるので、これも憶えないと力こぶ

みんな知ってる曲なので、練習し甲斐があります笑顔



at 18:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ギター 

2004年11月22日

OO-18V

先週の東京出張、いろんな事が起こり、チョー忙しい出張汗となりましたが、なんとか無事帰ってきました。雨が降った木曜日の夜は結構寒かったですね雪もう、冬も間近雪という感じですね。

お楽しみの御茶ノ水~神田界隈の徘徊足跡も時間がなく、とりあえず弦を購入、3軒くらいざっと見て回りましたハート音符
うち2軒で、Martin OO-18Vを見かけました、2本とも中古ハート矢見た目がやっぱり好みのギターです、私は体が小さいので、どうしても小さいギターに目が行きます。
練習のときなんかに、たまに気分転換に立って演奏したりするのですが、Dサイズはやはり私には大きい落ち込みOOOとかL-00はやはり身体へのフィット感が良いです。
音的には、どうしてもDサイズの歯切れの良さが欲しい時もありますが、立って弾くならちょっときつい・・のが本音です。
で、 OO-18V  ・・見た目が渋くて好みなのです。ペグも良い感じでマッチしています。
前も他の楽器屋で見つけて、思わず手にとってしまいました。今回は時間がなかったのと、荷物を持っていて、ゆっくり試奏という気分では無かったので弾いていませんが、
「OO特有のクリアな音質は・・・フィンガーピッキング向きの・・・」というPOPのコピーに心ゆらゆらドキドキ大笑顔

あーーー欲しい!!ような気になってきた・・・これはやばい兆候です。
次行った時にまだあったら誌奏しようびっくりラブ
それで、きっと良い音に感じるに決まっているし・・・・ラブ困った

はてさて・・・久しぶりに目標になるギターの登場です。お楽しみ・・・・キラキラ


at 19:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ギター 

2004年11月17日

クリスマスソング

街にはもうクリスマスツリーが・・・・鐘 今年もあと40日余りになってしまいました。
クリスマスコンサートの予定があるわけではないのですが、クリスマスソングキラキラを1曲練習してみようかな音符笑顔

フォーライフから、小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるのクリスマスソングのCDが出ています。トラディショナルも入っているので、この中からフューチャーしてみようかなハート矢
泉谷しげるの「聖しこの夜」はちょっとあんまりですが笑いびっくり

確か、02年12月に京都駅の大階段コンコースで行われた「フォーククルセダーズ結成記念・解散コンサート」京都版の前座はてなに泉谷しげるが登場、1曲目に「赤鼻のトナカイ」を弾き語りました・・・・汗落ち込み1曲目で・・かつ、「赤鼻のトナカイ」・・・で、弦2本ほど切りまくっていました笑い・・即、予備のギターに交代・・笑い・・どんな演奏だったか、想像つきますよねドキドキ大笑い

at 20:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ギター 

2004年11月16日

ピックの厚さ

昨晩、BS11ch深夜0時から「キングコング対ゴジラ」(’62)やってました拍手ハート矢
私は7歳で映画館で観たことになります。途中で寝てしまいましたが、ビデオにとっておきました笑顔また観ようっと笑い  と、無関係な話題で失礼しました。でも、私は「特撮・怪獣映画」「プラモデル」「フォークソング」は大好物なもので・・・すいません・・閑話休題笑顔

明日から今週一杯は東京へ出張となりました、数日間、ギター弾けなくなり寂しいですがハート割れ御茶ノ水界隈に出没してウサを晴らします電球
いつか、この辺りで「生涯の1本」を衝動買いをしてしまうような気もするのですが・・・今のところは大丈夫そうです・・
大体は、弦を買い込んで終了です、お茶の水は本当に弦が安いですドキドキ大

ピックも安い!!??
ピックはネットのギター先輩に進められた“CLAYTON”を使用しています(これが各厚さとも、腰があって、なかなか良いのです、ぜひ、お試しあれ)。これも通常150円→100円の店を発見!!やっぱり、東京は何でも安いねえ笑顔拍手・・・と思いきや汗好みの厚さが・・・ありませんでしたハート割れ

私はもともと、薄めのピックが好きで、一時期はペラペラのTHINを使っていました、これはこれでファンも多いようなのですが、どうも本筋ではないような気がして落ち込み、今は、CLAYTONの.42mm~.56mm辺りを中心に使っています。まあ、ミディアムというところでしょうか・・もっと厚いものは、どうしても使えません汗
皆さんはいかがですか?

at 16:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギター 

2004年11月15日

公園にて

今日はちょっと雨模様でうっとしいですね雨
昨日の朝は、まだ雨も降らず雲少し冷え込んだ朝でした。
Gibson L-00 を持って朝、公園で練習してきました。(マンション住まいなので日曜のAMは室内演奏厳禁のため笑顔)前にも書いていますが、室内で弾くのと、外で弾くのとでは、音の感じが全然違います。少し冷え込んで乾燥気味なのも影響してか?L-00君ハート矢すごく良い感じで鳴っていました。ストロークも、室内での表面的な鳴りのみではなく(ともすれば、パンパン鳴りすぎ)、ボディ全体で渋く鳴ってるように聞こえましたハート

ただ、やはりもうだいぶん寒くなってきましたね、曇り空ということもあり、30分くらい経つと寒く感じ始めました(でも、1時間以上弾いていたのですがドキドキ大)
例年、12月に入ると公園でのギターは辛くなります、そうなると私は、車で近くの大きな公園の無料駐車場まで車で行って車車の中で弾きます音符笑い休みの日の午前中は比較的空いているので重宝していますが、それでも、隣に車が来たりすると汗変な目で観られます。
3月中旬まではこのスタイルで我慢しなければなりません笑顔音符

at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ギター 

2004年11月12日

ワックス掛け?教訓あり

亀印のWAX、昨晩はGibson L-00 に掛けてみました。
バックは軽く全体に掛けて、うまく行ったのですが・・・・・・ハート割れ
トップは少々不満足な結果になってしまいました。

トップも全体に軽く掛けて、細かい傷は目立たなくなり、良い感じだったのですが・・・
このL-00、トップ・バックのくびれの部分に曇り(時間的劣化ではなく、私の汗かき汗のせいだと思われます)があり、これを綺麗に消したいハート矢というのが、今回のWAX購入のきっかけでもあったのです。私のL-00はサンバースト(ほとんどそうでしょうが)なので、トップのエッジ(端の方)は濃いブラウンです、曇りも、ナチュラルトップに比べると目立つのです。

バックにも、曇りがあったのですが、軽く拭き上げて、若干曇りは残ったのですが、そのままトップに作業移行しました。
で・・トップを軽く拭き上げてみると、やはり曇りはまだ少し、エッジの部分に残っていました。
「これは綺麗に取りたいびっくり」という欲望の元、再度、WAXをつけて集中的に擦ってみました。すると、すっかり綺麗になると思いきや・・ハート割れ困った曇りが拡がってしまいましたドクロガーン困った

磨き上げたのですが、周辺全体にやや曇りが拡がった感じに見えます。もともとの曇りとは違うものです。(ニュアンス分かりますか?)どうやら、WAXの皮膜自体を再度WAXで塗り込めてしまったようです。斜めにすかしてみると、全体にWAXの皮膜ができたように見えます、その下のWAXの層が曇りに見えているようです落ち込み

WAXは薄く塗り拡げないといけないのに、俗に言う「厚塗り」をしてしまったようです。
これは、もう何回やっても取れそうにないので、昨晩はあきらめました。また、WAXの層が劣化したら、再度使ってみます。多分、木部とかには影響ないし、角度によればピカピカキラキラに見えるので、使用に支障はないのですが・・・やっぱり、こういう作業にはリスクが伴いますねハート割れ

教訓?:亀印WAXは薄く塗り拡げ、1回の塗布で終了しましょう。

at 08:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギター 

2004年11月11日

ブルースは唄わないで?

泉谷しげるの「ブルースは唄わないで」(光と影)ハート矢挑戦中です。

最近、行けてないギター教室ですが、この3回ほど、ブルースの基本構造・コードなどを教えていただき、それを元に3人編成=全員ギター汗で挑戦中です。
私がリズム、一人はリフ、もう一人がリード・・・
が・・・これが難しいびっくり汗うまく行かない・・ひとつの演奏になかなかなりません。ブルースセッション・・やりがいがありますが、ホント難しいです。

私のリズムは、どう考えても一番簡単なパートですが、これがまずできていないすいませんハート割れノリが悪い・・・曲のノリを醸し出すはずのギターが、ギクシャクしています、うーん、ちょっとしたピッキングのテクだと思うのですが・・奥が深い・・・困った

リフは大変難しく、完全なコピーがどうしてもできませんハート割れ分からないところは適当に、タブ譜に落として、友人に無理矢理弾かせてますが、結構3フィンガーが上手な彼ですが苦戦中拍手笑い

リードの彼は結構乗ってきましたが、やはり、すごく難しい・・とのことです。

CDでは、中川イサトさん他が完璧且つノリのいい演奏をしていますドキドキ小まあ、それに近づくのは無理としても、何とかもう少し良い演奏になるようにがんばります。

1月に発表会が予定されています。(ライブ・・というには、まだまだ未熟、発表会って、学芸会・文化祭みたいでいいでしょう笑顔)うまくできれば、披露の予定です。お楽しみにドキドキ大

at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ギター 

2004年11月10日

WAX掛け?

昨晩、亀印のWAX、試用してみました笑顔
「ラッカー塗装にもOK」と、売場のPOPにも書いてありましたが、そこは大切なギター君達ですからドキドキ小まずは、80年代のシェナンドーHD-28=あまり良くギターのことを知らない時期にネットオークションで買ったのですが汗指板の減りが激しく、買ったままの状態で放ってあります。ベグ交換、ナット・サドルの調整をしたら使えそうですが落ち込み
このシェナンドーでまずは試してみることに・・・
でも、まだ慎重に、最初はピックガードを擦ってみました・・・思ったより液状で作業はやりやすいです。シリコンの入っていない布も購入していたので、これで擦ってみました・・が、どうもピックガードの傷はあまり取れないようです。
で、次は、恐る恐るトップに笑い・・・これも案外スムーズに布が動いてくれていかにもWAX掛け笑顔軽るめに擦っていくと、細かい傷は確かに消えていきます。もちろん、汚れも、軽いものは取れて、なんとなく全体に光沢もましたような気がしますキラキラ

これは、使えそうなので、引き続き他のギターにも使ってみる予定です。
長年の汚れ、曇りをどうしても取りたいときには有効かと思います。力こぶ

傷が消えるということは、ラッカー塗装表面を削り取っているわけですから、あまり頻繁な使用ははてなはてなです、ギターの表面塗装の厚みは知りませんが、車のボディ表面塗装よりは、明らかに薄いと思います。
ここ一番で使うハート矢ということでしょうか。



at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ギター 

2004年11月09日

ワックス掛け

このところ、どうも書き込みができません・・落ち込み
忙しいような・・ネタがないような・・汗がんばって続けますので、よろしくすいません

ギターは弾いてこそ、ナンボ・・飾っておくのは、生涯の1本に相応しくない音量
のポリシーの元、常にガンガン弾いているのですが、どうしても傷がつきます。あまり気にはしないのですが、たまにふと見ると笑いやっぱり・・ちょっと気になる傷も・・・・・
ピックの弾き傷は仕方ないとしても、何でついたのか?細かい擦り傷困ったこれは消したいハート
当て傷困ったこれは消えない汗
一番大きな当て傷はD-28のトップにつけた傷、部屋の中で組み立てていたガーデニング用の鉄製の飾り棚にぶつけてしまいハート割れぎりぎり木部に達する傷をつけてしまいました。これは後悔・・・・汗見た目でハッキリ見えるので・・ショックでした。

あと、私は汗かき・・汗文字通り汗かき汗なので、ボディバックなどに曇りが出てしまいます。これもオイルでは取れない・・で、、
亀印のWAXを購入しましたドキドキ小
ギター屋さんのお兄さんも、ギター教室の先生もこれがお勧め!!ということ、
なんとこれは車のボディ用のWAXなのです。英語の説明書を読むと、「まずボディを綺麗に洗って・・」てなことが書いてあります。間違いなく車用のWAXですが、Martinでも出荷時の仕上げにこのWAXを使っているとのこと。(パッケージにも他のものにも使えます・・という説明書きあります)ギターのラッカー塗装にも対応との事ドキドキ大

これで、一度磨いてみようと思っています、うまく行くかどうか・・・ハート矢
また、報告いたします。



at 11:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギター 

2004年11月01日

Gibson

どこかで「最近の若い人はMartinよりGibsonを選ぶんだな」って書いてありました。
Gibsonの方が見た目派手だし、カッコいいですもんねドキドキ小
Martinはやっぱり地味かなあ・・・それに、レコーディングとかなら、ともかく、ステージとかストリートとかだと、ガシガシ弾けるGibsonの方が向いてる、って事かもしれませんね。

昨日、久しぶりにお休み笑顔朝、公園で弾こうとL-00を久しぶりにケースから出して、公園へ持ち出したのですが、チューニングで1弦が切れてしまいハート割れ早々に退散、OOO-28に持ち替えて、公園練習は終了。

午後から、L-00の弦を張替えハート矢買い置きからM社のマーキス:フォスファーブロンズを張りました。以前にダダリオ:フォスファーブロンズを張って見たところ、あまりに音が散らばりすぎで汗以来、フォスファーブロンズは控えていたのですが・・
久しぶりに張ってみて、やっぱりGibsonも良いですねえ笑顔L-00なので、J-45ほどのザクザク感はないのですが、ピッキングも綺麗だし、ストロークもMartinとは違う量感があって、良いですハート
で、もうストロークばかり、ガンガン弾きまくってあげました笑い

やっぱり、J-45も欲しいなあ、’50か’60年代のが良いらしいですね、
次の「生涯の1本」はGibsonかなあ・・・・キラキラ

at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ギター