2005年09月08日

久しぶりの曲

台風一過で秋空かと思いきや、猛暑が戻ってきた1日でした・・・暑さ寒さも彼岸まで・・・もう少しで秋です。

3・4年前によく弾いていたフィンガリングの曲を久しぶりに弾こうかな・・・と、まったく指が動きを覚えていないので・・・びっくりというか・・・情けないハート割れギター教室で習った3フィンガーの曲も弾けない曲があります。高校・大学時代に覚えた曲の指使いは憶えているのに・・・最近覚えた曲は即忘れてしまうようです。

やっぱり、継続的に練習しないとなんでも忘れてしまうようなので、久しぶりに本を取り出してきて、日曜日に弾いてみました、少し譜を見ると思い出すパートもあります、せっかくのレパートリーなので、思い出しながらやってみます笑顔

at 21:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0) ギター 

2005年09月07日

日本フォーク私的大全-加川良

東京は風が強かったですけど、そんなに荒れませんでした、でもまだ北海道の方はまだ油断できません、お気をつけください。

なぎらさんの日本フォーク私的大全、加川良さんの章です、
70年のフォークジャンボリーでデビューされていますが、会場ではURCのレコードなんかを売っておられたそうです、その加川さんを高田渡さんがステージに引っ張り出してのデビューだったそうです、良い時代ですラブ

芸名だそうです、加山雄三の加、長谷川一夫の川、池部良の良汗だそうです、3人とも知らない!!なんて人もいそうですね落ち込み私は長谷川一夫はあまり実感ありません。

私の記憶にある加川さんは深夜放送のRadioです、MBS毎日放送の「チャチャヤング」じゃなかったかな、金森幸介といっしょだったような記憶が・・・「武蔵野タンポポ団」の名前もここで聴いたような・・・チンペイがコーナーを持っていたような・・・すべて霧の彼方ですハート割れ

LP「教訓」のジャケットは記憶があります、が、買った覚えがないので、誰かに貸してもらったのでしょうか?霧の彼方です。

今も結構良い感じのおじさんで、Live中心に活躍されています。

なぎらさんの本でのエピソードを一つ・・・以下、適当に抜粋です・・・

やたら弦を張り替える。
リハーサルで替え、本番で休憩時間でまた替える。
それくらいクリアな音を欲しがっていた。
普通はギター弦は一時間くらいで・・・馴染んで金属音がなくなり良い音が出るようになる。
加川のギターは常に金属音が強い響きを出している。

ですって、加川さんは結構機材とかにも煩かったようです。

Liveでは新しい弦はチューニングが大変なので、ちょっと使い込んだくらいが良いと思います。最近は各社の高額なコーティング弦を使っています、3ヶ月張ってもピカピカなので、気に入っています。Liveもこれでいってます。以前はM社SP弦をどんどん張り替えていたのですが、今は高価な弦でも、結局はコストパフォーマンスが良いと感じ、ですハート矢

at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ギター 

2005年09月06日

台風14号から逃げ帰って来ました。

昨日から大阪へ出張、夕方まで大阪で仕事をしていましたが台風14号の事が気になって、皆気もそぞろ?18時半頃に新大阪駅へ着いたのですが、すでに新大阪以西の新幹線は止まってました、危ない危ない・・・無事何とか帰って来ました。

最近の自然災害は厳しい感じですねえ、異常気象なのでしょうか?それとも、社会全体が自然災害への免疫不足なのでしょうか?
アメリカもえらい事になってるし・・・

九州も凄い雨です、気をつけてください。
今は山口県の北、日本海にあります、中国地方の方もお気をつけください。

自然を侮ると痛い目にあいます、慎重にいきましょうね。

at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

2005年09月05日

昨晩は大荒れでした

昨晩は大荒れでした、夜8時頃に「洪水警報」が出たのですが、雨も降ってなく、あれ??って感じだったのですが、11時頃から猛烈な豪雨、怖いくらいの音、あっという間に洪水になりそうな勢い、これはちょっと異常だなあ・・・と、TVつけて見たのですが、特に何も言ってないし・・・結局そのまま寝てしまったのですが、
今朝、ニュースを見るとやっぱり都内でも洪水、床上浸水もあったようです。

今日は夜、大阪へ出張ですが、台風も来ています落ち込みなんだか、スーツとかくちゃくちゃになる予感ハート割れタイミング悪いなあ困った

このところの暑さで、ギターは家で最も涼しい1階の納戸に入れていますが、この豪雨を見ていると・・・「床上浸水」になったらギターもだめだねえ・・・暑さも少しは和らいできたので、やっぱり2階にギターを置いていこうか?と、くだらないことで悩んでいます。
朝出かけたら、そのまま大阪へ行く予定なので、移動さすなら今運ばないと・・・どうしようかなあ・・・笑顔


at 07:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ギター 

2005年09月04日

パッチギ・・・細かい話ですが・・

今日は朝昼兼用でカレーライスの大盛り食べたら・・・お腹が痛くなって寝てましたハート割れ食べ過ぎのようです落ち込みでも、夕方には回復、自転車で1時間半ほど運動がてらサイクリング散歩音符だいぶん身体も楽になりました。

パッチギ・・・何度も観てると細かい所もいろいろと楽しめます、もともと細かいギミックがたくさん詰まっている映画ですが、いつもニヤッとしているシーンを2つ程紹介。

まずは、康介が“朝鮮語辞典”を買いに行った古本屋に入ったところのバックに見える張り紙・・・「ガロ」の文字が見えます。懐かしいです。なんと言うんでしょう、漫画専門誌とでも言うんでしょうか?「カムイ伝」なんかが連載されていた、通好みの漫画雑誌です。
小学生高学年の頃、漫画家になりたいと思ってました、お恥ずかしいラブ当時は結構人気の職業でした、今もそうかな??秋田書店の「漫画家入門」「続・漫画家入門」を買ってもらい、ケント紙に烏口でコマ割してマンガ描いてました笑顔
「ガロ」は買ってはいませんでした、私は同じような感じの「コム(Comだったかな?)」を買ってました、こちらも同じようなマンガ専門誌で、「火の鳥」を手塚さんが連載されていました。ハガキにイラストなど描いて応募もしていましたが、載ったことはありません^^)

もうひとつのシーンは、康介が鴨川を泳いで渡りキョンジャの前に現れる場面、
キョンジャのセリフ:「あんたは海底人か!笑い」 思わず笑ってしまいます。
「海底人8823」海底人ハヤブサと読むようです、松下電器が提供していた「ナショナルキッド」の流れのSFヒーロー物・・と記憶しますが、定かではないです。“ハヤブサ”もあまり記憶に無く、音符ハチハチニイサン海底人音符というテーマソングのみ憶えています。
これから、友達が川から現れたら「お前は海底人か!」と突っ込むことにしますハート矢
(ないって!!そんなこと)


at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(2) DVD 

2005年09月03日

パッチギ・・また観てしもうた

少々仕事が忙しくなってきたので、今日は午後から出勤、月曜日は朝からびっしり仕事、夜大阪へ入って、火曜日は終日大阪です。

パッチギ、何度観ても泣けます、泣けます笑い私も3月頃映画館で見て、早くも「本年度NO.1」を宣言しましたが、ネットで見ても結構好評ですよね、いろんな映画賞受賞も現実味を帯びてきましたハート矢
54733cb7.jpg

脚本が良い!!脚本賞拍手、1968年をオールロケで再現した美術が良い!!美術賞拍手笑顔
助演男優女優賞も候補一杯!!アンソンの演技も抜群!!
でも・・・個人的には見事なヘアスタイルとマスクファッションと飛び蹴りとビンタをこなした、ガンジャ=真木ようこさんに差し上げたい。
3844b881.jpg

でも・・・一番美味しかったのは、かっこいい中年を演じた大友康平さんかなあ音符
13dc2058.jpg
あのディレクター役はホントにかっこいいです、あんな仕事してみたいよね。

そして、井筒さんには監督賞を笑顔もう上げちゃいましょ!!
パンフレットに載ってた“みうらじゅん”さんのコメントを紹介します音符

「井筒和幸、死んでくれ!これ以上はもうありえないでしょう。最高の遺作にしとこ。」

at 20:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) DVD 

2005年09月02日

ミスチルカップリング曲-Surrender

関西からS口さんが来られたので、K氏と一緒に佃で呑んでました^^)

ミスチルのカップリング曲、ここで書いてからまた弾くようになった曲を1曲紹介、「Surrender」
68a7cc10.jpg

うわ!!細長!!ちょっと怖い感じのジャッケトですが、うーん99年でしょうか?定かに覚えていませんが、A面は(おじさん!!A面って無いって!!)「I 'll be」です、この曲はいろんなバージョンが存在するようで、アルバムやLiveではスローなバージョンが壮大なアレンジで演奏されていますが、このシングルカット(そう、確かアルバムより後にこのシングルが出たのですが)では、軽快なテンポで演奏されています、私はこれが好きです。

で、カップリングが「Surrender」・・・俺はもうアンタ(たぶん桜井君の奥さん)に降参でい!!と言う歌ですが、アコースティックギターが良く効いていて好きな曲です。今週、久しぶりに弾きました・・・コードも忘れていて・・・だんだん思い出しています。
ぜひ「Surrender」聴いてみてみてみ^^)


at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ギター 

2005年09月01日

日本フォーク私的大全-岡林信康?

残暑厳しい今日ですが、木陰に入ると涼しい風が吹いて、ちょっと秋を感じる9月です。

「フォークの神様」に祭り上げられた岡林さんですが、1969年秋に蒸発してしまいます。
「偶像に祭り上げられて、あれからいやな人生が始まった」
本人が雑誌で語っておられるそうです・・・学生運動・労働運動と密接に絡まった当時のフォークシーンは最初の試練を高石さんや岡林さんに与えました。フォークルは自ら解散という形で終止符を打ちます。

ここに岡林さんのCDがあります・・・「狂い咲き」71年7月日比谷野音でのLive盤です。
977f7491.jpg

失踪から約2年、この時出来ていた岡林さんの自作曲「32曲を順番に唄ってみたらどうかな」という、とっぴなコンサートです。かつ、一旦、吹っ切れた岡林さんが妙に悲しい感じのするLiveです。

以下、なぎらさんの本から適当に抜粋です。

3曲目の「友よ」になると会場から笑いが起こった、
「ホントお互い恥ずかしい思い出がありますが・・・」
「ここで誰かナンセーーンス!とかいわなアカン」、
客「ナンセーーンス」、岡林「意義なし!」
ちょっと前まで客がシング・アウトした曲、デモや集会で唄われた曲、
その歌をあえて歌うのである、
岡林は「帰れ!」コールの一つも期待していたのかもしれない、
ところが・・・帰れコールどころか、ヤジも起きない代わりに手拍子もシング・アウトも起きない、
(現場にいた、なぎらさんは)
唄い終わった時の困惑した岡林のなんとも言えない目を、今でもハッキリ覚えている。

この一部始終の音声はLive盤に、しっかり入っています。


岡林さんを失踪に追い込んだ社会情勢は、わずか2年でまったく変わってしまっていたのでしょうか?
74年に私が大学に入った頃は学生運動も内ゲバに終始する最低の状態に入っていました。私たちは雑誌“POPEYE”を抱えるノンポリの先鋒となります。
日本フォークの第一期はこのようにして、次の世代の爆発的拡大の礎の役目を終えます。

ところで、Live内で岡林さんは32曲唄うといってますが、CDには31曲しか入ってません、なぜでしょう?だれかご存知ですか?

at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ギター 

2005年08月31日

日本フォーク私的大全-岡林信康

今日は涼しい1日でしたが、明日はまた残暑がぶり返すようですハート割れ

なぎら健壱さん著の「日本フォーク私的大全」・・・高石さんの次の章は「岡林信康」さんです。
結論から言うと、日本のフォークの第1期は「高石」「岡林」そしてこの本には出てきませんが「フォークル」の3人(グループ)が形成したようです。フォークルは京都と言うことで身近感がありますが、岡林さんは「フォークの教祖」「フォークの神様」と言うイメージが強く、リアルな思い出はありません。
実際には、岡林さんは滋賀県出身、同志社大学神学部中退・・・と、大学の先輩にもあたるわけなのですが、リアルな思い出はありません。
「友よ」「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」などはラジオで聞いた記憶はありますがレコードを買ったりはしていません。
前にも書きましたが、中学生の私は晩生???で、音楽にそれほど興味はありませんでした。この辺り(1960年代後半)に音楽を聴いていた友達の話によく出てくるのが兄貴・姉貴の存在です。兄貴・姉貴がいる中学生はビートルズやいろんな音楽を聴いて、影響を受けていたようです。私は長男でしたのでビートルズの来日などもほとんど記憶にありません笑い(TVでは観ましたが)。わずか数年の差ですが、音楽的にも世の中的にも変化が激しかったようです。

私が泉谷や拓郎に影響される1971年以降、すでに岡林さんはメインステージにはおられませんでした、私の年でも、ずでに幻の「フォークの神様」といったイメージが強いです。

ほんの数年前、「フォークの神様」と呼ばれていた岡林さんが失踪したのは1969年秋のことです。激動の時代は次々と創造と破壊を繰り返していたようです。

そんな時代の流れを示す出来事をなぎらさんが書いています。
この項つづく・・・

at 22:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ギター 

2005年08月30日

ちょっと一休み・・・ゴーヤチャンプル

夜になって雨が降ったり止んだり・・・スーツの筋は消えますが、ちょっと涼しい東京ハート矢

久しぶりに“Cooking Blog”です、日曜日の夕食は「ゴーヤ・チャンプル」料理
c6c4897a.jpg

今は各社からソースが出ているようですが、我が家では随分前から作っていた定番メニューで、なぜか私の担当料理でした、東京に来てから始めて作りましたラブ
ゴーヤに豆腐、タマゴ、それに私は豚バラを入れます。ビタミンとか豊富そうでバランスOKの料理??ですよね笑顔
この料理のポイントは・・・木綿豆腐をしっかり炒めること、焼き色が付いて硬くなるくらい炒めます、他の食材と一緒に炒めるときに形が崩れないほうが私は好きですラブでも・・今回は結構形崩れました・・豆腐が関西の感じとは違いました・・安いやつだったからかな??今後研究必要電球

で、この手の料理の欠点は・・・一人暮らしでは多すぎる量が完成してしまうことです笑い
日曜日に作って・・・・月曜日の夕食ももちろんゴーヤチャンプルでした笑顔

at 22:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Cooking