2004年06月28日

事実は小説より・・・・・

私的ギター3分類の説明をしてきました、私の生涯の1本ハートのアコースティックギターはおそらくこのうちのどれかになると思います。
弾き語りである程度、いろんな奏法に対応できるDサイズか、バンドでやるときに、フォークソングのバッキングで威力を発揮するOOOサイズか、意外と、個性的なギブソンだったりして・・・笑顔でも、浮気性の私には生涯の1本はなかなか難しいなあ・・どうしよう・・・

と、ここまでは、我が友人が生涯の1本を買うことを宣言したことから、「アコースティックギター生涯の1本」を考察、そして、これから実際にいろんなお店を巡って、生涯の1本選びを楽しもう!!笑顔
と考えていたのですが・・・
事実は小説より奇なり・・・・
我が友人は、先日訪れたお店で、いきなり生涯の1本に出会い!!あっという間にびっくり生涯の1本を購入してしまったのです。

どうしよう・・・落ち込み

at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

憂鬱な月曜

うっとしい仕事の事が朝から頭に浮かんでくる月曜日です。
やっぱり仕事は楽しくないといけない、体に悪い笑顔

L-00で90分ほど、いろんな曲音符を弾きましたがリフレッシュせずハート割れ落ち込みま、いいか笑顔

at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月27日

久しぶりに走る

機能は1日ごろごろしていたので、体がなまってすっきりしない・・落ち込み
久しぶりに朝、走りました。5Km、ゆっくりだが、うまく走れました。

D-28でリフ・・・もうコピーはあきらめました。笑い適当にそれらしく・・・

「花咲く旅路」のイントロ・エンディングを確認、今週末は練習があるから、他の曲も練習しなくては・・

at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月26日

ギターにとっては憂鬱な季節です。やっぱり、この季節は鳴りませんね。

「ブルースは・・・・」のリフ、全然コピーできません、難しい、

気分転換に、久しぶりにD-28('88)を弾く、ミディアムを張っている、ブルースのバッキングもいい感じ。笑顔

at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月25日

ギブソンのギター

我がギター3分類の最後は「ギブソンのギター」です。今までのDサイズにしても、OOOサイズのギターにしても、基本はやはりMartin社の音が基本になっています。他のメーカーは良く知らないのですが、M社のコピーという面から見ている傾向が強いです。汗(YAMAHAは別かな?)
が、ギブソンのギターは別物です。マーティン系の音とはまったく違う印象なので、独立したひとつの分類になります。マーティンがボディ全体から音が湧き出てくるイメージに対して、ギブソンはサウンドホールあたりから直接音が前に飛び出してくる感じです。音質もM=キラキラとはまったく違う、パンパンというか笑顔そんな感じです。
といっても、ギブソンはL-00('00)しか所有していません。悲しいこのギターはギブソンを買おう!!と決心してお店へ行き買ったものです。J-45を3本、他J-50、ハミングバード、J-160?などを弾いて、これが圧倒的に良い音に感じ即新品で購入してしまいました。今でもお気に入りで、気分転換の1本です。J-45はその後も新品を何本か弾きましたが、どうも買えません悲しい。どうやら、'70Sくらいの中古でないとダメみたいです。でも、昔の吉田拓郎のライブなどを聴いていると、欲しくなる1本ですね。ハート

at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月24日

ブルースは唄わないで・・・・のリフ

早く帰れたので、L-00で「ブルースは唄わないで」のリフ研究。やっとこ、なんとか汗分かってきました。とりあえず、基本のリフはそれなりにコピー(完コピじゃないけど)した。
先は長いが、4日の練習までには書き上げないと・・・・・

at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

OOOサイズのギター?

体へのフィット感抜群で、フォークソングのバッキングで活躍するOOOサイズ。
もともと、ギターを本格的に再開した数年前のギター購入のポイントは「小さなギターが欲しい」でした。ギターの知識もなく、でもなんとなくブルースとかもやりたくて、小さなギターが欲しかったのです。が、いろいろと知識、情報が増えていく中でDサイズに傾倒しちゃった笑顔というところです。
小さいサイズのギターとしてはOOOサイズではないですが、ギブソンL-00を購入、これは我がギター3分類の「ギブソンのギター」に入ります。次の項で述べます。あと、VG-OOG、オール単版の小柄ないいギターでした。ハート今ならブルースとかフィンガープレイ用にぜひ置いておきたいところでしたが、都合で手離してしまいました。ハート割れ甘い音色のいい感じのギターでした。

at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月23日

OOOサイズのギター?

正直言って、OOOサイズのギターはMartinのOOO-28('00)しか知りません。もともと、Dサイズばかり弾いていたのですが、私の体格に比して、どうも大きすぎるきらいはありました悲しい。OOOサイズは持った瞬間のフィット感は圧倒的に良い感じでした。
奏法に関しては、フィンガーピッキング用という先入観で購入しました。その通り、フィンガーピッキングにも向いているのですが、前にも書いたとおり、Dサイズでも十分対応できるギターもあります。OOOサイズの奏法としてもっともピッタリなのは、フォークソングのストロークのバッキング音符ではないかと思います。
根拠ははっきりしています笑顔フォークルの解散コンサートでの坂崎さんのプレイに影響です笑顔
Dサイズに比べると、軽いタッチでいろんな奏法に対応できる、器用なギター・・・・というイメージ、でも、ハードなストロークだけは無理!!これは仕方ないですね。
70年代のOOO-28が欲しいのですが、高いので、なかなか手が出ません。

at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月22日

Dサイズのギター?

いろんな奏法に対応できるギター・・・・Dサイズのイメージは以外にもそんな感じです。もちろん、最大の魅力は・・・ガンガン弾ける炎ところなのですが、フィンガーピッキングでも十分にその魅力を楽しめます。最も大きいサイズのギターのひとつですから、大は小を兼ねる・・ということでしょうか?
その中でも、当然ながらいろんな個性があります。D-28('88)は、これぞ王道笑顔笑顔という感じ、全体のバランスがよく、ストロークでの抜けの良さがたまりませんハートD-35('99)は、28に比べて全体にゴージャスな音で、キラキラした高音がよく紹介されますが、ズーンと来る低音も28には無いと思います。最近、やっと鳴って来ました。28に比べて評価が低いのが、なぜか郷愁を誘います笑顔
28・35が1連の流れと感じられるのに対してD-18('82)は別のラインのイメージです。マホとローズの違いなのでしょうが、ストロークでの爽快感がありません。フィンガーピッキングを想定して買ったので思惑通りなのですが・・・K・YairiのDY-18('77)もピッキングでは同様の感じですが、こちらはストロークでもいけます。さすが、K・Yairiという感じです。
どうも、私はローズの方が好きなようです。ハート

at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月21日

Dサイズのギター?

私の中ではギターは大きく、Dサイズ、OOOサイズ、ギブソンの3つに分けられます。その中でも、一番最初に興味を持った、最も多く購入したのが「Dサイズのギター」です。Martin社のDをイメージしています。
オールマイティ性という意味では、D
サイズが一番それに近いようにも思っています。D本来の魅力である、ガンガン弾く音符から、フィンガーピッキングまで、いろんな状況・奏法に対応できるのがDサイズかと思います。
また、このサイズがアコースティックギターの最もポピュラーなサイズだ・・という先入観もあります。高校生だった'72年に初めて買ったギターはMorris社のW-20でした笑顔。当時はなんの知識もなく、アルバイトで稼いだお金を握り締めて、電車に乗って、とりあえず友達が先に買ったギターと同じメーカーのものを・・・と買いました。当時、このサイズは「ウェスタンギター」などと呼ばれていました。
ガンガン弾けるDサイズです、今はM社の
18・28・35と所有していますが、それぞれ個性があって違うギターです。この3本の中でも、随分と違いがあります。汗

at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)