2019年06月19日

先週観た映画~「僕たちは希望という名の列車に乗った」(★★★★☆) (2018年ドイツ)

先週観た映画、

「僕たちは希望という名の列車に乗った」(★★★★☆) (2018年ドイツ)



実話を基にした東西冷戦中の東ドイツの学生たちの心の葛藤を描いた青春映画、
東西に分断されたドイツの悲しい過去の現実、


201906希望という名の列車

1956年、東ドイツのエリート高校のクラスメイトの2人は西ベルリンの映画館で観たハンガリーの民主化市民運動の映像に感化され、教室でハンガリー市民のために2分間の黙祷を行う、ほんの軽い気持ちで行ったこの黙祷が東ドイツを実質統治していたソ連体制側の逆鱗に触れ、どんどんと事態がエスカレート、人民教育相までが直接首謀者の解明と糾弾に乗り出し、生徒たちは窮地に追い込まれていく、、、



生徒たちが通う高校は社会主義体制の中で将来を約束されたエリート高校、そんなエリート高校での民主化運動への賛同行動を見逃せない体制側は、高校生相手に強硬な手段を繰り出して生徒たちを追い詰めます、執拗な質問と脅迫、生徒たちの仲間意識を分断する密告強要、家族の地位担保との取引、家族の過去の秘密暴露、一党独裁体制の傲慢さと非情、それに従わらざる得ない大人たちの葛藤と悲しみ、東西冷戦時の悩める世界がここに凝縮されています、


対照的に生徒たちは自由への欲求を素直に発しながらも、けっして仲間を裏切らない強さを見せます、体制が首謀者を密告するよう仲間の分断を試みますが決して屈しない、いや、卑劣な手段で密告を強要された友もいるが、それでも心は通じ合っている、自由への信念が揺らがない生徒と、体制の維持のために手段を択ばない大人、この対比がこの映画のメッセージを際立たせています、




1956年当時のドイツは第2次世界大戦後の東西両陣営対立の間で東西両ドイツに分断されていました、東ドイツ(ドイツ民主共和国)国内では唯一の西側陣営(米英仏)が統治していたのが西ベルリン、周囲を東ドイツに囲まれた飛び地です(東西ドイツの国境にベルリンがあった訳ではありません)、まずはこの状態の理解が必要、若い人は知らないかな?


当時は列車でも西ベルリンに入れたようで、西ベルリンでは民主主義陣営の情報で溢れている、西ベルリンのラジオ放送は東ドイツ国内でも聴ける、東側にとってはなんとも危険なエリアだった、そこではいろんな現実のドラマがあったでしょうが、最大の出来事はベルリンの壁の崩壊(1989年)でしょう、これをきっかけに東西ドイツは悲願の統一を果たしました、


お隣の韓国も第2次大戦後に南北に分断され、こちらは未だに統一を果たせず、、、一党独裁体制はいつか崩壊するような気がしていましたが、中国は独裁体制のまま世界の中心に躍り出ています、民主主義陣営の各国も自国第一主義に傾いている、さて、これからの世界はどうなって行くのか?考えさせられる映画となりました、




原題は「Das schweigende Klassenzimmer」、直訳は「静かな教室」、黙祷の状態ですね、邦題も、、、そんなに悪くないような気がします、原題も好きで、、、


上質な青春映画でもあります、
星は4つ以上でも良いと思いました、



(ざっくりおすすめ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年06月18日

吉田拓郎、40年数年振り”フォークの聖地”神田共立講堂でライブ♪懐かしい会場名や!^^)

神田共立講堂

40年以上前によく見聞きした名前ですね、

拓郎以外にも、たくさんのアーティストが出演された会場なんですよね、



もちろん、ワタシは行ったことはありませんが、

でも、その名前からなんか、京都大学の西部講堂とイメージが被るところがあります

でも、神田共立講堂はイメージよりも立派で大きな講堂のようです、

神田共立講堂、詳しくはこちら ⇒



そんな神田共立講堂で、なんと拓郎がライブをするそうです

素晴らしい、

何回も書いていますが、アリーナのコンサートも結構ですが、

小さな小屋で弾き語りなどをやって欲しい

と思っていたので、このニュースを聞いた時は、これよこれ!とか思ったものです、



ま、東京なのでなかなか行けませんが、それでもだんだんこういう比較的小さな小屋でやって欲しい、

神田共立講堂、、、イメージよりも大きい小屋でしたが



ニッポン放送のHPから転載

吉田拓郎 40年数年振り”フォークの聖地”神田共立講堂ライブ

Takuro吉田拓郎2017LF

ニッポン放送開局65周年記念コンサート「吉田拓郎 ライブでナイト 2019 in 神田共立講堂」が7月10日(水)、東京都千代田区の共立講堂(通称・神田共立講堂)で行われる。この公演は、吉田拓郎がパーソナリティを務めるニッポン放送のラジオ番組「吉田拓郎 ラジオでナイト」(毎週日曜日23:30-24:00放送中)の番組イベントとして開催される。

吉田拓郎が約40数年振りに神田共立講堂のステージに立つ!

神田共立講堂は、かつて、拓郎はもちろん、かぐや姫、アリス、ガロ等人気フォークシンガーがコンサートを行い、“フォークの聖地”と謳われた会場。現在は学校関係者以外には貸し出していないが、今回は特別に貸し出すことになった。


吉田拓郎も、デビューから何度もステージに上がった思い出の多い会場でもあり、ライブを行うのは40数年振りとなる。3月24日(日)に放送された番組では、吉田拓郎本人が本公演への意気込みを語り、セットリストも、同公演オリジナル構成とすることを明言。ファンばかりか、音楽界からも、この公演への注目が集まる。

本公演では、来場者にオリジナルグッズの特典が用意され、チケットの代金の一部がチャリティに寄付される予定。チケットの先行申し込みは4月7日(日)まで受付中。公演の詳細、チケットの申し込みについては、ニッポン放送イベントホームページ、または「吉田拓郎 ラジオでナイト」の公式ホームページにて発表されている。


■公演名:『神保町ミュージックフェスティバル ニッポン放送開局65周年記念
 吉田拓郎 ライブでナイト 2019 in 神田共立講堂』
■開催日程:2019年7月10日(水) 17:30開場 / 18:30開演
■会場:共立講堂 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目2
■出演:吉田拓郎
■主催:ニッポン放送/本の街・神保町を元気にする会
■公式ホームページURL:
https://event.1242.com/event1/1459

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 民放の回し者 | ライブ

2019年06月17日

さて、どこへ行くかな^^♪)いわさききょうこ ツアー~いつか逢う日に 2019 ~ 四国 関西 with 常富喜雄~♪

来週末からまた関西に来てくれはるそうです

いわさききょうこさんと常富さん



さて、豊中の“ねいろかふぇ”はライブで行ったことないので、行くかな、

お!日曜日の昼ライブもありますやん

これは、昼呑みが出来るしエエかも、
(吞むんかい)



NGKは木曜日かな?

ま、とりあえずどっかで行きますねー



【常富さんのFacebookから転載】

いわさききょうこ ツアー
~いつか逢う日に 2019 ~ 四国 関西 with 常富喜雄~

20190622いわさき常富ツアー

◆6月22日(土) 徳島市 寅家
 開場 19:00 開演 19:30
前売 ¥3,000 当日 ¥3,500(要1drink別途)
出演:おおたけし・いわさききょうこ with 常富喜雄
OA 井ノ上陽水・吉野川遊園地

寅家
 〒770-0916
徳島県徳島市銀座16-1
東山ビル2F
088-677-3233
 
tmra.ya-s35@docomo.ne.jp

----------
 
◆6月23日(日) 高松市 ビートルズ
開場 18:30 開演 19:00
前売り ¥3,000円 当日 ¥3,500(1d付)
OA:三谷京

ビートルズ
〒760-0045
香川県高松市古馬場町8-7-3F
087-822-9443
sanuki-takamatsu-livebtl.jimdofree.com

----------
 
◆6月25日(火) 野洲市 森のくまさん
開場 19:00 開演 19:30
予約 ¥2,500 当日 ¥2,800(drink付)
 (アルコール飲食別途)
O.A あり

森のくまさん
〒520-2331
滋賀県野洲市小篠原1113-1
090-9287-0513(ウエダ)

----------

◆6月26日(水) 姫路市 Niji Bar
開場 19:30 開演 20:00
¥2,000(drink別途)
共演:17番地 / ALVIN

NIJI BAR
〒670-0937
兵庫県姫路市元塩町66
虹色アパートメント2F
http://www.cloth-cross.com/page1
079-284-2772(CLOTH+CROSS 1F)

----------
 
◆6月28日(金) 豊中市 ねいろかふぇ
開場 18:30 開演 19:30
¥3,000(drink別)

豊中 ねいろかふぇ
〒561-0853
大阪府豊中市服部南町1-4-12
06-6842-7712
http://www7b.biglobe.ne.jp/~neirocafe/

----------
 
◆6月29日(土) 和泉府中 花海
 開場 18:00 開演 19:00
¥2,500(drink別)

花海
〒594-0071
大阪府和泉市府中町1-9-2
090-8126-1069(NARU)
https://hanami-naru.jimdo.com/

----------
 
◆6月30日(日) 大阪市 アビリーン
Acoustic Live from Tokyo
開場 14:00 開演 15:00
¥3,000(1drink付)

アビリーン
〒532-0033
大阪市淀川区新高2-16-12
06-6399-5335
http://abileneishibashi.web.fc2.com/

----------
 
◆7月1日(月) 奈良市 ヴァンダメリリー
開場 19:00 開演 19:30
¥3,000(drink別)

VANDA MELILIE
〒630-8115
奈良市大宮町2-5-27
ジョイパレス1F
 0742-35-2818
https://www.naralivekurabu-z.com/


(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年06月14日

先週観た映画~「パリ、嘘つきな恋」(★★★★☆) (2018年フランス)

先週観た映画、

「パリ、嘘つきな恋」(★★★★☆) (2018年フランス)



いけ好かないプレイボーイ男性と車いす生活の女性のラブコメディ、
フランス映画らしい洒落れた会話も満載、


201906パリ、嘘つきな恋

パリの一流企業代表のジョスランは俗に云うプレイボーイで嘘つき、とにかく嘘八百で女性を口説いて関係を持つことを生甲斐にしている、母親が亡くなり遺品整理中に母親の車椅子に座っている所を隣に住む美女に見つかり障害者と勘違いされるが、口説く理由にと障害者のふりをする、そして彼女の姉フロランスを紹介される、フロランスも車椅子生活だが、一流のバイオリニストで、車椅子バスケもするスーパーウーマン、行きがかり上、嘘をつき続け車椅子でデートを重ねるジョスランだが、徐々にフロランスに魅かれはじめる、いつか障害が嘘であることを告白しなければならないのだが、、、



映画冒頭のジョスランの様子、ビジネスはできるみたいだが、とにかく女性とみると嘘で固めて口説くチャンスを窺っている、ホントにゲスな厭な奴だ!と思ってしまう、、、のが、すでにこの映画の罠にはまっています、独身のプレイボーイで嘘つきのジョスランに共感できる人は少ないだろう、そのジョスランが少しづつ哀れな男に変って行くにしたがってスクリーンに惹きつけられることになります、


障害者のふりをして女性に近づくという酷い行動も、フレンチコメディで味付けされると素直に笑えるから悔しい、随所に出てくる嘘の車椅子生活からくるトンチンカンな会話も洒落ていて面白い、フロレンスは事故で車椅子生活に、でも前向きに生きている姿と共に笑顔がとても素敵です、




いつ、嘘を告白するのかが映画後半の焦点になります、何度も告白直前まで行って、何度も失敗するのが映画的サスペンス、どうやって結末を迎えるのか?それは観てのお楽しみですが、なかなか上手な映画的レトリックで事実が暴露されます、


自宅プールの仕掛けも良く出来たエピソード、

そうそう、フロランスの車椅子バスケとバイオリン演奏のシーンもちゃんと撮れています、邦画の吹き替えや嘘っぽい演出とは雲泥の差、




ということで、今年のフランス映画も堅調です、


星は4つでお願いします、



(ざっくりおすすめ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年06月13日

CS放送・ファミリー劇場『あの素晴らしい歌をもう一度〜コンサート2019』♪再放送があります♪

Facebookのおけいさんの記事で教えていただきました、

先日、開催された『あの素晴らしい歌をもう一度』コンサート

(で良いのか?)



ニッポン放送の記念コンサートだと思いますが、

CSで放送があったみたいです、



で、再放送が2019年6月29日(土)19時~あるそうです、

CSだから有料かと思いますが、結構観てみたいかも



でも、CS放送に「ファミリー劇場」って云うのがあるのですね、

知らなかった、

おけいさんの記事を読んだ時は番組名かと思いました

「花王名人劇場」みたいな、、、古



【おけいさんのFacebookから転載】

ご連絡です🤗


今年3月に六文銭で出演した ニッポン放送の武道館でのコンサートの放映のお知らせです。
実は昨日すでに放映されているのですが(お知らせ出来ずごめんなさい)
再放送を是非ご覧いただけたらと思います。


6月29日(土)19時〜
CS放送・ファミリー劇場〜あの素晴らしい歌をもう一度〜コンサート2019

*詳しくはこちらまで
https://bit.ly/2JMevI0


おけい

(転載ここまで)



放送曲がHPにありました

泉谷、「TOKIO」、ちゃんと唄っているのか

IzumiyaTOKIO201906



CS・ファミリー劇場のHPから転載


演奏曲


きたやまおさむ&杉田二郎
「戦争を知らない子供たち」


海援隊
「母に捧げるバラード」「贈る言葉」


尾崎亜美
「春の予感 -I‘ve been mellow-」「マイ・ピュア・レディ」


太田裕美
「木綿のハンカチーフ」「君と歩いた青春」


トワ・エ・モワ
「空よ」「或る日突然」「虹と雪のバラード」


白鳥英美子(トワ・エ・モワ)&森山良子
「PPMメドレー」


森山良子
「この広い野原いっぱい」「乾杯の歌」「聖者の行進」


第2部


高田漣
「自転車にのって」


上條恒彦
「だれかが風の中で」「生きているということは」


宇崎竜童
「サクセス」「さよならの向う側」


宇崎竜童&泉谷しげる
「TOKIO/沢田研二」


泉谷しげる
「黒いカバン」「春夏秋冬」


イルカ&太田裕美&尾崎亜美
「春一番/キャンディーズ」


イルカ
「なごり雪」「人生フルコース」


イルカ&杉田二郎
「風/はしだのりひことシューベルツ」


杉田二郎
「男どうし」


六文銭
「キングサーモンのいる島」「雨が空から降れば」「面影橋から」


上條恒彦&六文銭
「出発の歌」


出演者全員
「あの素晴しい愛をもう一度」

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 民放の回し者 

2019年06月12日

あた!残り2晩ですが放送あります♪『4夜連続!吉田拓郎ラジオでナイト総集編スペシャル~ディレクターズカット~』♪

ワタシ、RADIOを聴かないのです

中高生の時はMBSとかOBCの深夜放送を聴いていましたが、

それ以降はホント聴いていません、



RADIOが好きとか、嫌いとかではなくて、

なんと云うか、生活習慣が要因みたいな感じです、

RADIOを聴くシチュエーションがないんですよ、、、



で、拓郎の番組が2019年3月で終了したみたいで、

その番組の総集編が今放送されています

RADIOで総集編って、珍しいかも、



4夜連続のうち、今日の夜と明日の夜の2回残っています、

聴いてみますか?



【Facebookの記事から転載】

吉田拓郎ラジオ特番 放送決定!

20190611拓郎LF

ことし3月でリスナーに惜しまれつつ終了した日曜深夜の番組『吉田拓郎 ラジオでナイト』。

今回は番組ディレクターが選んだ過去の名シーンをセレクトし、4夜連続でお届けします。
拓郎の名曲もたっぷりお届けするスペシャルな4日間、ファンは必聴です!


FM93/AM1242ニッポン放送
『4夜連続!吉田拓郎ラジオでナイト総集編スペシャル~ディレクターズカット~』
◆放送日時: 6月10日(月)~13日(木)夜10時~12時
◆パーソナリティ:吉田拓郎
詳細はこちら⇒http://www.1242.com/specialweek/

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 民放の回し者 

2019年06月11日

先週観た映画~「ベン イズ バック」(★★★★☆) (2018年アメリカ)

先週観た映画、

「ベン イズ バック」(★★★★☆) (2018年アメリカ)



ジュリアロバーツ、お久しぶりです、相変わらず凛としています、
薬物依存症がテーマの重い映画であります、


201905ベンイズバック

クリスマスイブの朝、薬物依存症治療で施設に入っていた息子のベンが突然帰って来る、母親のホリーは再会を喜ぶ一方、家の中の睡眠薬を隠すなど息子のことをまだ全面的には信用していない、家族で教会に行き帰って来ると愛犬が何者かに連れ去られていた、ベンは薬物取引の仲間の仕業を突き止め愛犬を取り返そうと家を飛び出す、ホリーも後を追い2人で愛犬を探すが途中で離ればなれになる、ベンは仲間から再び悪事に加担するように迫られ薬も手にしてしまう、そしてついに圧倒的な薬の魔力に屈するベン、ホリーは息子を救えるのか?、、、




まず、全編にサスペンスがあります、とくに事件らしい事件は起こらない前半もベンがはたして本当に薬物依存症から抜け出しているのか?ひょっとするとまた薬を手にするのではないか?という心理的な不安定感からくるサスペンス(緊張感)、父親は継父のようで4人兄弟の下の二人は異父妹弟、愛情に包まれている家族もなにかしらの感情をベンには抱いている、家族崩壊がちらつく、


後半は薬物取引仲間が絡んできて文字通りのサスペンスが展開、ベンはいつまた薬に溺れるのか?とハラハラしながら観ることになります、


ジュリア・ロバーツ演じる母親のホリーも揺れ動く、圧倒的な愛情をベンに注ぐ一方、薬物依存に関しては油断しない、信用しない、厳しくベンを叱咤する、それでも最後まで息子を守ろうとする母親像が映画の屋台骨になっています、


父親や妹(長女はベンとは実の兄妹)の協力の申し出を頑なに断り、嘘をついて一人でベンを庇い、犯罪の可能性を察知しながら最後まで警察に通報しないホリーの態度には釈然としない面もありますが、映画的には最後までなんとか破綻せずに薬物依存症の悲惨さを描き切ります、




地味で重いテーマの映画です、薬物依存症はホントに怖い、
それでもジュリア・ロバーツの熱演が映画をキュッと締めています、


星は4つでも良いでしょう、観て損はなし、



(ざっくりおすすめ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年06月10日

沖縄本島以外には行ったことないです~茶木みやこさんのライブツアー<南の島へ TRAVELING TOUR 2019 >♪

日本は広いな~、

“北は北海道から南は九州沖縄まで”、

なかなかゴロの良いフレーズです



個人的には、北の北海道はよく行っています、

ずいぶん昔だけど、利尻島も礼文島も行ったことあります

根室の納沙布岬から歯舞群島を眺めたこともあります、



かたや、南はと云うと、、、

沖縄本島は何度か行きましたが、

その他の沖縄県の島々となるとまったく行ったことないです、



石垣島も竹富島も、与那国島も行ったことありません、

どの島も一度入ってみたいなあ、

与那国島なんか、もう台湾とめちゃ近いんですよね

なんか、その感覚が良く掴めないです

これは一度行かないといけないね~



と、なんと!茶木みやこさんが南の島へライブツアーです

なんか、エエ感じですなあ、

唄の感じも変わるんかな~、南の島では



あ、与那国島のライブは残念ながら今回は見送りになったようです、

5月の豪雨災害の影響がまだ、、、

一日も早い復旧を祈ります、



茶木みやこさんのHPから転載

052kai

<南の島へ TRAVELING TOUR 2019 >
    
◆6月20日(木) 石垣島「すけあくろ」 
open:19:30 start:20:00
前売り:¥2500 当日:¥3000(ドリンク別途)
お問い合わせ:090-3796-8326(今村)

◆6月21日(金) 竹富島「民芸喫茶 マキ」 
茶木みやこ with 池原コーイチ
open:19:00 start:20:00
料金:¥2000(ドリンク別途)
お問い合わせ:090-4798-2855

    
◆6月23日(日) 赤瓦古民家ゆんたくガーデン  
 ~ 白百合まつりだ! 茶木みやこライブ~
 茶木みやこ with 池原コーイチ
石垣市平得 305-1(平得バス停 徒歩1分)
open:13:30 start:14:00 〜 17:00
入会:¥2500(オードブル・1ドリンク・白百合込み!)
電話:0980-87-000(大倉)
参加:会員さん ¥2000
*白百合以外のドリンクはご持参下さい。
協賛:池原酒造(白百合)
                

◆6月25日(火) 与那国島 
5月13日、50年振りの与那国島大雨被害を考えて、
今年は残念ながら延期とさせていただきます。
被害に遭われた皆様方にはお見舞い申し上げると共に
1日も早くいつもの生活に戻られますように願っております。

    
◆6月26日(水) 石垣島「CAFE TANIWHA」 
茶木みやこ with 池原コーイチ
石垣市大川188
start:20:00 ~
料金:¥2500(ドリンク別途)
お問い合わせ:090-7471-1510(栗原)
                
(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年06月07日

先週観た映画~「12カ月の未来図」(★★★★☆) (2017年フランス)

先週観た映画、

「12カ月の未来図」(★★★★☆) (2017年フランス)



フランス版金八先生?寅さん?でも、そんな派手な主張やお涙頂戴はありません、
普通の中年教師のとても良い話、


201905 12か月の未来図

パリ市内のエリート校で国語を教えるフーコー、郊外の学校の教師レベルの低さを嘆き、理想を力説したところ、当局から郊外の学校への転任を懇願され1年間(12か月)限定で赴任することに、市内のエリート校と違い郊外の学校は生粋のフランス人は少なく移民の子どもたちが大半、授業を受ける態度も最低、荒れている教室、教師達の教育や子供に対する考え方も全く違う環境で悪戦苦闘しながら子どもたちと向き合うフーコー、そしてそれは今までの自分自身とも向き合うという新たな世界への入り口でもあった、、、




フランスの教師と生徒の物語、ちょっと「金八先生」みたいなところもあります、でも、主人公は人の良い普通の中年男性、金八先生のように熱いですが、そんなに派手に立ち回ったり、見事に問題を解決して劇的な成果を上げたりしません、どちらかというと不器用で周りとうまく付き合えない面もありますが、愛情と笑顔、ユーモアも忘れない、この辺りが「寅さん」を思い浮かばせる、コツコツと熱意と工夫で生徒との距離を縮めていく姿に好感、


プライベートでも不器用な主人公、同僚の女性教師にほのかな恋心を抱きますが、こちらも不器用でなかなか進展しません、それでも生徒、同僚、そして今までのいわば“井の中の蛙”だった自分と向き合いながら12か月後に一つの結論を手にする主人公、ほろ苦い結論もなぜか微笑ましい、




郊外の学校は移民の子がほとんど、人種の坩堝フランス、これが現実だろうがやはり驚く、主人公は最初生徒の名前さえ読めない、移民問題がEUやアメリカで自国優先の右傾化を生んでいるのも頷ける、そこに解決策はあるのか?上段から構えずにこの問題をテーマに優れた佳作を撮れるフランス映画にはまだ良心が残っていると思えます、


原題は「Les grands esprits」、直訳すると“素晴らしい心”という事のようです、まさしく、この問題の解決は“素晴らしき心”が必要なんでしょう、に比べて邦題が理屈っぽいのが残念、




ということで、観後感がとても良い映画です、観て欲しい、

星は4つでお願いします、




(ざっくりおすすめ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年06月06日

お元気でなによりです、斉藤哲夫さんのライブスケジュール♪大阪は秋みたいです~♪

もう、体調を心配することはあまりないようですね、

お元気でなによりな斉藤哲夫さん、

令和の6月、7月はライブが目白押しです

Sagamiさがみ湘南+斉藤哲夫

HPでの情報では残念ながら関西がないようです、

が、、、さがみ湘さん情報によると、

秋には大阪でもあるようです~、楽しみです、



それと久しぶりのTVプログラムが7月放送であるそうです、

坂崎幸之助さんとももいろクローバーZ、そしてもちろん斉藤哲夫さん

これも必録画ですね、

たぶん、フジ系のCSで観れるはず



こちらは『お台場フォーク村』の流れですね、

東京時代によく観に行ったフォーク村、

フォーク村自体はなんとなく自然消滅していますが

坂崎さん+ももクロのステージは続いています、

こちらも詳細はあらためて



ということで、斉藤哲夫さんライブスケジュール

斉藤哲夫さんのHPから転載

★6月7日(金)東京・大森「風に吹かれて」 TEL03-3763-6555
♪ソロ・ライブ(予定)。

★6月8日(土)千葉県・佐倉市「SOUND STREAM SAKURA」 TEL043-463-5963
♪前半はアマチュアの方で後半がそろ・ライブ(予定)。

★6月30日(日)愛知県・名古屋市「源」 TEL052-751-2550
♪告井延隆氏とのジョイント・ライブ。

★7月7日(日)東京・大岡山「Goodstock Tokyo」 TEL03-6451-7396
♪ソロ・ライブ(予定)。

★7月21日(日)東京・狛江市「m.A.P」 TEL03-3489-2246
♪ソロ・ライブ(予定)。

★7月25日(木)東京・大田区民プラザ(小)ホール TEL03-5732-3352
♪トランジスターレコード祭り。

★8月11日(日)東京・巣鴨「手風琴」 TEL03-3940-4456
♪茂村康彦氏がゲストのライブ。

★10月17日(木)東京・両国「両国門天ホール」 TEL03-3642-9333
♪古今亭菊千代氏の落語とライブ。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ