2017年01月26日

加川良CDアルバム『みらい』、タイトルが秀逸です、ひらがなの“みらい”、なるほどなあ~♪

ちょっとお休みされている加川良さん、

はやく、元気な姿を見せて欲しいものです、、、



で、加川良さんの新しいアルバム『みらい』、

タイトルが秀逸ですね~、ひらがなの“みらい”、なるほどなあ~、

加川さんのみらい、ぜひ、また見せてください



泉谷の「春夏秋冬」もカバーされてるんですね、

これまた好感



加川良のオフィシャルHPから転載

Kagawa加川良みらいジャケ


Kagawa加川良みらいB








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 

2017年01月25日

お!?ライブでチキン南蛮がいただけるんですか?食いしん坊としては興味津々♫『富永飲食組合』。

「ブルームーンカルテット」の富永さん、

彼のギター演奏、ウクレレ演奏はもちろんですが、

その飲食嗜好(表現堅いな)、料理の腕前とか、

いつも上手やな~、すごいな~、エエなあ~、と思っております



で、ライブのついでに富永さんの料理もいただけるという企画があります、

すでに昨年、2016年12月に愛媛で開催されたようですが、

2017年2月には神戸でもあります、

料理は“チキン南蛮”、行く~?





【富永さんの記事転載(出所・・・不明分からんようになりました)(2016年に書かれたものです)】

※富永さんのBlogはこちら、、、



ここ数年、各地で不定期開催しているワタクシのトレードネーム『富永飲食組合』、

いろいろやってますがオフィシャルには12月に愛媛県、来年2月は神戸にて実演決定しています。

Tominaga富永飲食組合

富永飲食組合参加予定


◆2016年12月3日 宇和島 油屋
宇和島市新町2-10-6
TEL:090-5714-1263
20:00~¥3.000-
『ジェットとトミー』のライブイベントにて麻婆豆腐をお出しします。


◆2017年2月21日 神戸 喫茶バルcache cache
神戸市神戸市兵庫区荒田町1丁目16-3
TEL:078-531-5333
20:00~¥3.500-
『ブルームーンカルテット』のライブイベントにてチキン南蛮をお出しします。




職業柄内外各地を巡ることの多いワタクシ、

出逢った料理のレプリカを作ってホームパーティーを楽しんでいたのが始まりで、

自分のライブやワークショップの時にリクエストいただいてお出ししたりしています。





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年01月24日

『新開地音楽祭2017』、今年も開催です♪2017年5月7日(土)8日(日)です。

今年もあります、『神戸新開地音楽祭』、2017年5月7日(土)・8日(日)開催です

今年もゆっくり見物に行くかかな~、

行きたい飲み屋もあるし



出演者募集は今月末、2017年1月締め切りみたいです(もうそんな時期か)、

応募される方はお急ぎくださいませ~



『神戸新開地音楽祭2017』、

2016神戸新開地音楽祭
(写真は2016年開催の様子:友達のバンドです)

新開地音楽祭は、みなさんの「ステージ」があるお祭りです

音楽祭は音楽をやっている人、音楽が好きな人、お祭りが好きな人たちに、
 「神戸・新開地のまち」がみなさんのステージを提供する「まちの音楽祭」です。

参加したみなさん、訪れたみなさんが、このまちで新しい自分を発見し、新しい何かを感じ、新しい挑戦をはじめる・・・そんなお祭りを目指しています。


「神戸・新開地の復興」が、音楽祭の始まりです

故・淀川長治さんを生み、かつて、神戸文化の一翼を担った「新開地」。

本物で庶民的なまちには、個性的な人々が集まり、雑多で活気があり、人情と風情とこだわりが受け継がれてきました。
 
大震災の後も新しい形で引き継がれてきたこのまちの魅力を、多くの人にわかりやすく伝えたい、そんな想いで音楽祭を始めました。


音楽祭では、「keep the town swinging」のスピリットを大切にします

音楽祭のステージでは、音楽ジャンルは問いません。
かつての新開地がそうであったように、単に「統一感」で祭りをお化粧するつもりはありません。
 
大切にしたいのは、まちなかが楽しくなるステージです。
ステージに参加した人も訪れた人々も、双方が楽しめる音楽祭を目指しています。

今年も100バンド公募、メインステージとまちかどステージを展開

「このまちがステージ!」 新開地のまちが音楽一色の2日間になります。

野外の音楽ステージ以外にも、企画が盛りだくさん。 神戸にもいくつか音楽イベントがありますが、
新開地音楽祭は、音楽が好きな人・お祭りが好きな人なら だれでも気楽に参加できるところがある、神戸でいちばん元気な音楽祭になります。


主催
Shinkaichi Music Street 実行委員会


後援
神戸市、兵庫県、神戸市商工会議所、関西アメリカン・センター、財団法人 神戸市民文化振興財団、財団法人 神戸国際コンベンション協会、神戸ジャズストリート実行委員会、JAJE日本学校ジャズ教育協会 関西本部、スイングジャーナル


協力
神戸シアトル事務所、新開地周辺地区まちづくり協議会、新開地まちづくりNPO、神戸アートビレッジセンター、甲陽音楽学院





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年01月23日

『あの素晴らしい講義をもう一度 北山修副学長、定年退職』で、記念講演とミニコンサートがあります♪

北山修さん、70歳になられたんですね、

Kitayamaきたやまおさむ

副学長を務められている白鷗大学を定年退職されるそうです、



で、2017年2月4日(土)に記念講演と、山本コータローさんとのミニコンサートを開催されます、

エエですね

一般の無料招待(240名)もあるそうです、ほ~



白鷗大学、栃木にあるんですね(知らなかった)、

遠いけど、行きたいな~



無料招待募集は2017年1月27日(金)まで行われています、

お近くの方はぜひ~



Yahoo!ニュースより転載

『あの素晴らしい講義をもう一度 北山修副学長、定年退職』、

白鷗大学(栃木県小山市)の北山修副学長(70)が3月31日付で同大を定年退職するのに伴い、2月4日に記念の特別講座が同大で開かれる。北山さんの最後の講義で、一般にも公開される。作詞家きたやまおさむとしてのミニコンサートも用意されており、懐かしの名曲が披露される。

  「北山修副学長退職記念特別公開講座」で午後2時半から4時半まで。はじめに北山さんが「〈名前のないアート〉について」と題して基調講演。同大によると「障害者がつくるアートについて語る」という。その後、同大の教授を交えて対談する。司会を務める伊東孝郎教授は「北山先生は副学長という役職とは関係なく、毎週水曜日に新幹線で来ては精神分析の基礎を学生に説き続けた。最後の対談も、心理学とアートの接点を北山先生がどう切り結んでいくか非常に濃密な内容になると思う」と話す。


  対談後、作詞家きたやまおさむとしてのミニコンサートが開かれる。進行役は「岬めぐり」「走れコウタロー」で知られるフォークシンガーで、同大教育学部教授の山本コウタローさんが務める。北山さん作詞の「あの素晴しい愛をもう一度」などの名曲メドレーで北山さんの最後の講義を締めくくる。


  北山さんは京都府立医科大を卒業後、ロンドン大学精神医学研究所で2年間の研修を経て1991年から約20年間、九州大学・大学院の教壇に立ち続けた。白鷗大には2010年から特任教授として在籍、13年4月に副学長に就任した。一方で65年にザ・フォーク・クルセダーズを結成、作詞家として「帰って来たヨッパライ」「戦争を知らない子供たち」などを世に送り出し、話題を呼んだ。


  白鷗大は公開講座に250人を無料招待する。希望者は同大のホームページ経由で申し込むか、はがきに郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、職業、電話番号、同伴者の有無(1人まで)を書き、〒323・8585 小山市大行寺1117 白鷗大学フォーラム係へ。締め切りは27日。問い合わせは同大地域連携サポートセンター(0285・22・9790)へ。(佐藤太郎)
.
朝日新聞社

(転載ここまで)







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年01月20日

こんな本!追い打ちです!!『永遠のザ・フォーク・クルセダーズ ~若い加藤和彦のように』、読まなきゃ~、、、

本が読めない!ポケモンGOに時間を取られてる!!

と、書いていたら、、、またまた、こんな本が



あ~、ホンマに本が溜まるばかり、小説もエッセイも途中で投げ出してます

ポケモンGO、どこまで続くのか、、、



これは買わなきゃ、、、こんな本もありました、

『永遠のザ・フォーク・クルセダーズ ~若い加藤和彦のように』、

2013年にFMCOCOLOで放送された番組の書籍化らしいです、

この番組、、、知らんがな、聴いてないで~

若い加藤和彦のように


Amazonより転載

内容紹介

加藤和彦の追悼の本とも言える。9人賢者が語り継ぐことにより、ザ・フォーク・クルセダーズならびに加藤和彦ときたやまおさむの偉大なる足跡を今に伝える。

折しも、2015年は加藤和彦が夭逝して七回忌を迎える。

1967年。ザ・フォーク・クルセダーズ「帰って来たヨッパライ」は日本の音楽シーンにセンセーションを巻き起こした。

解散後も、トップを走り続けた加藤和彦と精神科医、作詞家として功績を積むきたやまおさむ。
本書はその二人とフォークルの偉大なる足跡を伝える。

登場するのは、きたやまおさむ本人のほか、坂崎幸之助、松山猛ら9人の賢者たち。

本書は、FM COCOLOで2013年に放送された特別番組、待望の書籍化である。

■全14章(第1・2・5・6・13・14章 きたやまおさむ/第3・4章 松山猛/第7章 小原礼・尾崎亜美/第8・9章 高橋幸宏/第10・13章 坂崎幸之助/第11章 杉田二郎/第12 章 泉谷しげる)
■特別インタビュー 森川欣信
■ディスコグラフィ

●著者:田家秀樹


内容(「BOOK」データベースより)


1967年。ザ・フォーク・クルセダーズ「帰って来たヨッパライ」は、日本の若者文化に最初に立ち昇る狼煙のようだった。解散後も音楽シーンのトップを走り続けた加藤和彦と精神科医・作詞家として功績を積むきたやまおさむ。

本書はその二人とフォークルの偉大な足跡を辿る。

語り継ぐのは、きたやまおさむ、坂崎幸之助、松山猛、小原礼、尾崎亜美、高橋幸宏、杉田二郎、泉谷しげる。そして、スペシャルインタビューに森川欣信氏(オフィスオーガスタ代表)が登場。

(転載ここまで)

とりあえず、買います~






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Books 

2017年01月19日

おととと、もう明日開催ですやん!とにかくお知らせします♪『六文銭’09 新春ライブ!! 』。

おととと、もう明日開催ですやん

油断してました、早いな~、1月ももう下旬に突入です、

今年もあっという間に終わってしまうんだろうなあ~

(まだまだです!始まったとこですし!!)



とにかくお知らせします♪『六文銭’09 新春ライブ!! 』、

当日券あるのかな~、時間のある方はお問合せしてみてくださいませ~

◆2017年1月20日(金) 
 OPEN 1800、 START 1930~、

『六文銭’09 新春ライブ!!』

会場:BACK IN TOWN (東京都新宿区住吉町3-2)
出演:六文銭'09 (小室等・及川恒平・四角佳子・こむろゆい)
料金:4,500円 (+オーダー)

ご予約・お問い合わせは・・・TEL 03-3353-4655 (BIT)



で、週末の22日(日)にも、安曇野であります、、、

って、どこやっけ?長野県やっけ?

20170122まる六


◆2017年1月22日(日)
OPEN  1400、 START 1500~、


『六文銭’09 おとのば in あずみ野』
 
会場:ガーデン&カフェあずみ野 (安曇野市穂高有明7572-1)
出演:六文銭'09 (小室等・及川恒平・四角佳子・こむろゆい)
料金:前売=3,500円 当日=4,000 高校生以下=1,000 (各1ドリンク付)
 
ご予約・お問い合わせは・・・TEL 0261-85-0331 (ふる里開発センター)
TEL 0263-87-0197 
詳しくはこちらもご覧ください。





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年01月18日

この頃、本を時間が激減!!でも、これも読まなきゃ!「『イムジン河』物語 〝封印された歌〟の真実」♪

この頃ね、ポケモンGOが出てからですが、、、

本が読めてません!

ついつい、GOしてしまう、イカン傾向なのは分かっているのですが、、、つい、、、GO!

きたやまさんの著書も途中で止まってるし



と、思っていたら、、、こんな本、ありました

「『イムジン河』物語 〝封印された歌〟の真実」、

イムジン河物語

アカン、これも読まなきゃあかんやろ、、、あ~時間がない!!

(って、ポケモンGOしすぎやろ)



Amazonより転載

内容紹介

ザ・フォーク・クルセダーズのレコード発売中止騒動から半世紀。当事者が明かした「本当の舞台裏」。

歌の復活劇を描く渾身のドキュメント! 母国「北朝鮮」で忘れ去られた歌に命を与えた日本人、魂を揺さぶられた拉致被害者、数十年も「闇」に閉じ込められた歌は放送禁止歌ではなかった……。

貴重な写真と楽譜付。 きたやまおさむ(北山修)の想い、「南北統一」の願いを詞に込めた松山猛、金正日の前で歌った韓国の歌手・キム・ヨンジャ、映画「パッチギ !」での復活、桑田佳祐らのCD化、この歌に生涯をかけた在日コリアンの音楽プロデューサーの証言…。


内容(「BOOK」データベースより)

ザ・フォーク・クルセダーズのレコード発売中止騒動から半世紀。当事者が明かした「本当の舞台裏」。母国「北朝鮮」で忘れ去られた歌に命を与えた日本人、魂を揺さぶられた拉致被害者…。

関係者を追った渾身のドキュメント!貴重な写真と楽譜付。


著者について

喜多 由浩(キタ ヨシヒロ) 1960年大阪府出身。立命館大学卒。84年産経新聞社入社。韓国・延世大学留学、社会部デスク、月刊「正論」編集部デスクなどを経て現在・文化部編集委員。主な著書に『北朝鮮に消えた歌声 永田絃次郎の生涯』(新潮社)、産経新聞連載小説『アキとカズ 遙かなる祖国』(集広舎)など。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

喜多由浩
1960年大阪府出身。立命館大学卒。84年産経新聞社入社。韓国・延世大学留学、社会部デスク、月刊「正論」編集部デスクなどを経て現在・文化部編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Books 

2017年01月17日

今年もあります、斉藤哲夫さん、松田ari幸一さん、金森幸介さんのライブ「Circle Games」♪

まだまだやと思てたらもうすぐ、近づいて来ました

斉藤哲夫さん、松田ari幸一さん、金森幸介さんのライブ「Circle Games」



去年は観に行きました、、、よね、、、あれ?一昨年か?

記憶がどんどんあやふやに、、、

Tシャツ買ったような気もする、、、あのTシャツ、どこ行った、、、分からん、、、



ほんで、今年の大阪「さんくすホール」の日は、、、と見ると、、、

あちゃ、この日は九州酒場遠征の予定、、、被ってますやん

手帖に控えてなかったのが失敗、、、あ~、ボケとるわ、、、



ホイホイレコードのHPから転載

20170216サークルゲーム

ありそうでなかった このトリオ復活します。
 
今回は、武川雅寛(ムーンライダース)を迎え、大阪・名古屋・東京と3か所を廻ります。  
ソロとコンピとトリオ...入れ替わり立ち替わり。。。!?
待ち遠しい!

【スケジュール】


◆2017年2月16日(木)

さんくすホール(玉造・大阪) tel:06-6972-3942
大阪府大阪市東成区中道3-14-17            
時間:18:00 open 19:00 start
料金:adv.4500yen / door 4800yen +ご飲食


◆2017年2月17日(金)

得三(名古屋・愛知) tel:052-733-3709
愛知県名古屋市千種区今池1-6-8ブルースタービル2F     
時間:18:30 open 19:30 start
料金:adv.4500yen / door 4800yen +ご飲食


◆2017年2月19日(日)

440(下北沢・東京) tel:03-3422-9440
東京都世田谷区代沢5-29-15
時間:18:30 open 19:00 start
料金:adv.4500yen / door 4800yen +ご飲食


※ホイホイレコード特製チケットを販売しています。
   当日は、チケットをお持ちの方から、ご入場いただくこととなります。ご了承くださいませ。
・ご注文→ mail :
oshiete@hoyhoy-records.com タイトル「CG2017」
・お名前・希望日・参加人数・ご連絡先・送付先 をご記入の上、上記までご連絡ください。
  折り返し、お振込み先をご連絡いたします。

(転載ここまで)







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年01月16日

“フラリーパッド”情報♪支援は続きます、『音楽音伝世(おらくにおでんせ) in 京都(みやこ) 2017 -オオキニノチカラ-』♪

後輩なので、勝手に応援しているギターとウクレレのデュオ“フラリーパッド”、



地道に続いている東日本大震災の復興応援チャリティライブ、今年もあります

2017年3月5日(日)京都木屋町三条/ライブスポットRAGです



あ、そう云うと、この前、地元で大ちゃんとすれ違ったなあ

元気そうでした

Fフラリーパッド2015



【フラリーパッドのメールマガジンから転載】

いつもフラリーパッドの応援をありがとうございます。

今年も地道に頑張っていきますので、変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

毎年3月に「フラリーパッド・スマイルプロジェクト」の一環として開催している、東日本大震災の復興応援チャリティライブを、今年も開催します。


震災から5年の節目であった昨年、ご縁あって訪問させていただいた岩手県沿岸部にて、現在の復興の状況を実際に見させていただいたフラリー。

地元の方から「完全復興まであと2年」というお言葉を伺い、あと2年は自分たちなりの応援を続けようと考えました。

音楽でできることは微々たることかもしれませんが、音楽を通じて人々の心をひとつにし、音楽を通じて応援を継続できればと考えています。

震災被害の大きかった岩手県の宮古地域では「ありがとう」のことを、京都と同じく「おおきに」と言います。

何かご縁を感じる東北の地に向けて、このライブを通じて京都から思いを届けたい思います。


ぜひご賛同参加ください。


【フラリーパッド・スマイルプロジェクト&ウクレレサポート協会 合同企画】
音楽音伝世(おらくにおでんせ) in 京都(みやこ) 2017 -オオキニノチカラ-
出演:フラリーパッド、照屋実穂(Vo, P)、ウクレレサポート協会

2017年3月5日(日)
京都木屋町三条/ライブスポットRAG
開場16:00/開演17:00
前売3,500円/当日4,000円(オーダ別途)※自由席

※入場料の一部は三陸復興応援プロジェクトに寄付されます
お問合せ:ラグインターナショナルミュージック 075-255-7273

2017年1月11日(水)より、ラグチケットオフィス、チケットぴあ、ローソンチケットにて発売開始!

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ 

2017年01月13日

『原 由子、ソロ曲136曲を主要配信サイトにて一挙配信』♪

記事内容がいささか旧聞で恐縮です、、、



彼女の曲、好きなんです、え~ですよね

CMソングでしたよね、『花咲く旅路』、エエ歌です、

他にもたくさん作られてるんですね、

こんなアルバムも出されています、

Hara原由子バラッド

アルバム「バラッド」、聴いてないわ、



そんな原由子さんのソロ曲が一挙配信されるらしいです、

いろいろ聴いてみたいね、



MUSICMAN-NETから転載】(2016年12月の記事です、旧聞で恐縮です)

『原 由子、ソロ曲136曲を主要配信サイトにて一挙配信』♪

Hara原由子201612

サザンオールスターズの原 由子のソロ楽曲が、今年の自身の誕生日翌日となる2016年12月12日より、主要配信サイトにて一挙に配信開始となった。

原坊の愛称で、ファンから親しまれているサザンオールスターズの紅一点であり、キーボーディストの原 由子。81年4月にシングル「I LOVE YOUはひとりごと」、アルバム「はらゆうこが語るひととき」を同時に発売して以降、これまでにアルバム6枚、シングル15枚など、ソロ作を数多くリリースしてきている。

最近では、2011年にアルバム「ハラッド」をヒットさせて以後は、新作が出ていないだけに、原 由子ファンにとっては、今回の配信開始のニュースは朗報。もちろん、近年サザンオールスターズや桑田佳祐のファンになった新たなファンにとっても、原 由子のソロワークスに触れてみる絶好の機会。温かく、そして優しく包み込んでくれるような、原 由子の歌声を堪能しよう。

今回配信開始となったのは、前述の6枚のアルバム(全104曲)、15枚のシングル(全30曲)に加え、配信限定シングルの「ウルワシマホロバ〜美しき場所〜」、さらに原 由子がピアノトリオバンドの風味堂とコラボし、〝ハラフウミ〟名義でリリースしたシングル「夢を誓った木の下で」に収録された3曲も含め、延べ136曲。また、2011年リリースの「ハラッド」には、ソロ作に加えサザンオールスターズの楽曲の中で原 由子がリードボーカルをとっている曲も収録されている。そういった意味では、今回の配信によって、改めて作曲家、作詞家、ボーカリスト、そしてもちろんキーボーディストとして、音楽家としてのさまざまな側面を味わうことができる、ということもできそうだ。


(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD