2020年08月29日

本日配信です♪「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」16時~ライブ配信です♪

残暑お見舞い

少し涼しくなるかと思いきや、まだまだ暑い朝です♪

みなさま、お元気でしょうか?、、、

というより、ご無事でしょうか?



本日16時~、2回目のライブ配信やります

今日のは絶対に面白いので(おもろいんかいな)観てください

ライブ終了後10分くらいで録画視聴も可能になるので、そちらもヨロシク、

チャットも出来るので、コメントください

よろしくお願いします、



「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」
2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します

予告編も堂々完成!!♪



チャンネル登録、お願いします





syougai1pon at 07:23|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年08月26日

「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します♪

【速報】ライブ配信決定

「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」
2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します

予告編も堂々完成!!♪



チャンネル登録、お願いします






syougai1pon at 08:46|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年08月24日

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは・・・「ファヒム」、チェスの才能に恵まれた難民の子供の物語。

先週、映画館・自宅で観た映画~

おススメは・・・「ファヒム」、チェスの才能に恵まれた難民の子供の物語、



「ファヒム~パリの見た奇跡」(★★★★☆)(2019年フランス)
(スクリーンで鑑賞)

202008ファヒム

チェスの才能に恵まれたファヒムと父親はバングラデシュを脱出、パリに不法入国、
そこでなんとか生活を維持し、ファヒムはチェスの修業を積む計画だったが、
仕事もなく仏語を話せない父親の計画は挫折、国外退去命令が出され、ファヒムもチェスの大会への出場をあきらめるが、、、

とても良いお話、全体に押さえ目の演出で少々平板ですが、オマケで★4つ、
子役の子どもたちがとってもヨロシイ、

しかし、チェスも奥深いようですね、たびたび映画のテーマにもなるしね、
でも、きっと将棋や囲碁の方が面白い!と日本文化贔屓しています、



「KANO 1931海の向こうの甲子園」(★★★★☆)(2014年台湾)

202008KANO

1930年代、日本統治下の台湾、嘉義農林高校教諭の近藤は野球部の監督を引き受ける、
近藤は松山商業を甲子園に導いた名将、日本人・漢人・台湾の現地人(アミ族他)の人種混成チームを率いて甲子園に出場するチームにまで育て上げる、史実に基づいた映画、

台湾製作ですが、台詞はほとんどが日本語、永瀬正敏以下日本人キャストがメイン、日本映画と云われたらそうかなと思える、今でも親日感情が強い台湾ならではの映画となっています、

野球映画としても上出来、それ以上に日本の台湾統治への経緯とその実態、人種問題などいろんな知らなかったことを教えてくれる良質な映画です、菊池寛らしき登場人物も、、、『ワタシは嘉義贔屓になった』という逸話、

エンディングで甲子園に出場した選手たちのその後が紹介されたのが興味深い、日本の高校大学野球・台湾の野球発展に寄与、太平洋戦争に日本軍兵士として召集され戦死した選手もいます、そんな時代の空気も感じることが出来る映画でした、

ただ、185分は長すぎる、プライムビデオで2回に分けて鑑賞しました、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)映画 

2020年08月22日

まだ間に合う!!延期になったフジロック2020ですが、昨日から過去ステージ映像をYouTubeで配信しています♪

残念ながら延期になったフジロック2020

昨日から過去ステージ映像をYouTubeで配信しています

今日22日(土)は、電気グルーブ、サンボマスター、椎名林檎、ユニコーン、陽水

そして清志郎

明日23日(日)は、エレカシ
Yellow Magic Orchestraも



まだ間に合います、今日明日の夜は、フジロックで楽しみましょう
(半日遅れでリピートもあります)

YouTube20200821フジロック


フジロックのHPから抜粋転載

2019年までのライブ映像をYouTubeにて配信決定!

キープオンフジロックキャンペーン
過去のアーティストパフォーマンスを中心に編成した特別ライブ番組を、今年のフジロック開催日3日間に渡り、YouTubeにて配信します!

『FUJI ROCK FESTIVAL'20 LIVE ON YOUTUBE』

配信日
DAY1 Aug 21 FRI Start 20:00〜(約3時間)
     Aug22 SAT Start 9:00〜 ※リピート配信
DAY2 Aug22 SAT Start 18:00〜(約5時間)
                Aug23 SUN Start 7:00〜 ※リピート配信
DAY3 Aug23 SUN Start 18:00〜(約4時間)
                Aug24 MON Start 7:00〜 ※リピート配信

チャンネル youtube.com/fujirockfestival

※各コーナーの開始時間は目安です。前後することがありますので、ご了承ください。
※各コーナー内のアーティスト順は、アルファベット順で配信順ではありません。
※配信アーティストなどは予告なく変更となることがあります。
※フジロック公式チャンネルに登録し、ライブ配信の情報などをチェックしておきましょう!

(以下日本人アーティストの出演予定を抜粋)

◆2020年8月22日(土)
JAPANESE PERFORMANCES
《19:35頃〜》
電気グルーヴ
DYGL
井上陽水
never young beach
ザ・ルースターズ
椎名林檎
toconoma
ユニコーン

FROM ROOKIE A GO-GO
《21:15頃〜》
D.A.N.
King Gnu
MONO NO AWARE
思い出野郎Aチーム
サンボマスター

FUJI ROCK LEGENDS
《21:50頃〜》
忌野清志郎

◆2020年8月23日(日)

SELECTED
JAPANESE PERFORMANCES
《18:00〜》
Cocco
EGO-WRAPPIN'
エレファントカシマシ
MISIA
折坂悠太
Toe

SELECTED
JAPANESE PERFORMANCES
《19:15頃〜》
BRAHMAN
ELLEGARDEN
THE HIGH-LOWS
jizue
サカナクション
渋さ知らズオーケストラ
Yellow Magic Orchestra

LIVE
《20:40頃〜》
サンボマスター

(抜粋転載ここまで)





syougai1pon at 09:32|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年08月21日

「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します♪

【速報】ライブ配信決定

「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」
2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します

予告編も堂々完成!!♪



チャンネル登録、お願いします





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年08月20日

ライブ2題♪「なにわ ブルース フェスティバル2020」♪と「ナオユキ」ライブ♪

ライブもぼちぼちと動き出してます、

もちろん感染対策もいろいろ工夫されているんでしょう、

こちらは人数を350人程度に限定して開催らしいです

メンバーサイコー、めちゃ観てみたいけど、、、



『なにわブルースフェスティバル!!2020』

20200912なにわブルースフェスティバル

◆2020年9月12日(土)
会場:大阪 なんばHatch

出演:臼井ミトンwith 沼澤尚 + 中條卓・金子マリ(森園勝敏、石井為人、KenKen)・
木村充揮・香西かおり・桜川春子・ザ・たこさん・ナオユキ・
Ba-Chili(有山じゅんじ、三代目魚武濱田成夫、清水興、高木太郎)・
BIG HORNS BEE(金子隆博、河合わかば、佐々木史郎、小林太、織田浩司、
石川周ノ介)・Maica_n(小田原豊、根岸孝旨、友森昭一)・正木五朗・リクオ

◆2020年9月13日(日)
会場:大阪 なんばHatch
出演:有山じゅんじ・上田正樹 R&B BAND(有山じゅんじ、樋沢達彦、
Kenny Mosley、堺敦生、Yoshie.N)・大上留利子&ジェニファー's Band
(スガタアヤコ、前田邦衛、三夜陽一郎、仲豊夫、井上尚大、
Shirayuries<片山ミキ、Angieチョチョ、荒木千枝子、Kitty吉べえ>)
・OSAKA ROOTS+前川真悟・木村充揮・近藤房之助・桜川春子・清水興・
ナオユキ・BEGIN・blues.the-butcher-590213(永井ホトケ隆、沼澤尚、中條卓、KOTEZ)、
三宅伸治&Spoonful(高橋"Jr"知治、茜、KOTEZ)・
よのすけとホームランブラザース

時間:開場16:00 / 開演17:00
料金:指定席¥6000
※全席指定・ドリンク代別途



そして、小さなライブも、、、これ、どっちか行きたいなあ

「ナオユキ」
日時:8月22日(土)18時開場/19時開演
出演:ナオユキ
料金:投げ銭(1ステージ毎)
会場:AFTER HOURS(大阪府大阪市北区神山町8-14 日宝東阪急レジャービル 2F 0663657720)

「ナオユキ」
日時:8月23日(日)18時開演
※2ステージ
出演:ナオユキ
料金:投げ銭(1ステージ毎)
会場:Cafe&Bar Moi-Rai (大阪府大阪市阿倍野区阪南町4-16-5 )






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年08月18日

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは・・・「それだけが、僕の世界」、韓国映画、凄いわ。

先週、映画館・自宅で観た映画~

おススメは・・・「それだけが、僕の世界」、凄まじい演奏シーン、韓国映画、凄いわ



「それだけが、僕の世界」(★★★★★)(2018年韓国)

落ちぶれたボクサーの兄、自閉症の弟、母親と2人の兄弟のお話、ピアノ演奏シーンが凄まじく素晴らしい!

202008それだけが、僕の世界

ボクシングジムのシーンで始まる、ボクシング映画か?弟の様子がおかしいと思ったら自閉症だった、難病映画か?サバン症候群の弟は一度聴いた曲をすべてピアノ演奏で再現できるという特別な才能の持ち主、兄や周囲の計らいで演奏会に出演できるようになるが、、、

ピアノ演奏シーンが凄い、日本映画なら手元と表情の編集で誤魔化そうとするところを、役者が相当の正確さで指を動かしている、「蜜蜂と遠雷」がここまで撮れていたらもっとヨカッタだろうなあ、

ボクサーと自閉症というモチーフをコアに物語は流れていくが、最後はしっかりと家族の物語になっているのも上手、観後感由、



●(スクリーンで鑑賞)「追龍」(★★★★☆)(2018年中国・香港合作)

1960年代の香港、警察と暗黒組織で生きる2人が絆で結ばれ、手を握り香港の闇社会を牛耳っていく、香港版「ゴッドファーザー」か?「仁義なき戦い」か?はたまた「ファミリーヒストリー」か?

202008追龍

スクリーンに独特の匂いが漂っている、一瞬黒沢明のモノクロ映画的なニュアンスも感じる、比較的長い時間経過を描いているのでテンポが良く、1時間くらいで映画1本見たくらいの満足感が有り、その後は少々冗長だけど、やはり面白い、

そういうと、窮地に追い込まれている現在の香港の民主主義、英国の警察官の不正に関しても取り沙汰されていますが、劇中でも英国の警察官が敵役、昔から腐っているようです^^)







syougai1pon at 07:40|PermalinkComments(0)映画 

2020年08月14日

「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します♪

【速報】ライブ配信決定

「第2回 帰って来た!!誰が砂川捨丸やねん!」
2020年8月29日(土)16時頃~ライブ配信します

予告編も堂々完成!!♪



チャンネル登録、お願いします





syougai1pon at 07:50|PermalinkComments(0)ライブ 

2020年08月12日

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは・・・やっぱりこの映画は面白い、「パッチギ!」。

先週、映画館・自宅で観た映画~

おススメは・・・やっぱりこの映画は面白い、「パッチギ!」。



「パッチギ!」(★★★★☆)(2004年日本)

井筒和幸監督の最高傑作、『井筒さん、もうこれ以上映画作らないで!』と三浦ジュンさんが書いていた^^)

202008パッチギ

久しぶりに観ても面白かった、過激な暴力シーンは好みではないし、主演の塩谷クンの演技も残念やけど、青春群像劇、ラブストーリー、そして社会問題の提示、いろんな要素がバランス良く配合されている、脚本の勝利やね、

全体に面白がれるのは、当時京都にいたほぼ同世代(ワタシの方が数歳若い)であることが大きい、
さらに、音楽に関してはワタシがフォークル、加藤和彦ファンであることが大きく影響しています、ので採点は甘いかもしれないが、「イムジン河」「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」の3曲が3曲とも効果的、こんな映画はもう出来ないだろうな、

沢尻エリカ、真木よう子、高岡蒼佑、小出恵介、波岡一喜、桐谷健太、尾上寛之など、みんなこの頃に輝きだした、



「ウィル」(★★★★☆)(2011年英国)


良心を病で失ったウィルは、父親から貰った欧州チャンピオンズカップ決勝戦のチケットを手に、独りトルコ イスタンブールまでの旅に出る、

202008ウィル


これまた良心的な映画、独り旅に出た悲運のウィルに更なる災難が襲いかかるが、手を差し伸べる人もいる、どちら側の人に数多く出会うか?それが人生です、



「パブリック 図書館の奇跡」(★★★☆☆)(2018年米国)

(映画館で鑑賞)
ホームレスたちが寒さに耐えかねて図書館で夜を明かすことを望むが、事態は思わぬ展開に、

202008パブリック


とても良心的なテーマの映画なのでもっと星をつけたかったのですが、ラストのアイデアが他の伏線を喰い散らかしてしまったのが残念、いくつものエピソードが回収されぬまま放置、あ~気になる^^)



◆「KINGDOM」(★★★☆☆)(2019年日本)

封切り時に映画館で観たけど見直し、

202008キングダム

2回目を観ると、いろいろとあらが見えてくるけど、日本アカデミー賞4部門受賞だから、やはりまあまあ面白い、説明的台詞とシーンを削って2時間以内にするとテンポが出るかも、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)映画 

2020年08月10日

初FOD/TVer♪「磔磔というライブハウスの話」♪8月31日(金)まで観れます♪

観ました

『磔磔というライブハウスの話』

初めての見逃し無料配信FOD/TVerで観ました
(凄い進歩)



蒼々たるアーティストたちの“磔磔”への熱い思い、

あらためて凄いライブハウスなんだと実感、



そして、それを生み出していくのは、

やはり人なんだな、人がいないとハコは育たないんだな、ということも再確認、



で、ちょっと話がずれますが、

都市再開発が、なぜ間違っているのか?その原因に気付きました

まずハコを作る都市再開発のメインストリームは未だ継続中、

再開発の中心人物は、、、建築家、、、

都市再開発がうまく行かない原因って、ここにあることを発見

ミュージシャンやアーティストに都市再開発を任せれば良いんだきっと、、、

知らんけど・・・



8月31日(金)までFOD/TVerで観ることが出来ます、

ぜひ~、

SMASH WESTのナンブさん(同級生^^)もコメント出演しています



フジテレビHPより抜粋転載

「ありったけの“音”が染みこんでいる」…
国内外の名ミュージシャンが愛する日本のライブハウスの“象徴”・磔磔の魅力とは

『磔磔(たくたく)というライブハウスの話』
2020年8月7日(金)26時55分~27時55分

20200807磔磔CXkai


【番組概要】
『磔磔(たくたく)というライブハウスの話』

<放送日時>
8月7日(金)26時55分~27時55分 ※関東ローカル

<配信日時>
8月7日(金)28時~8月31日(月)23時59分
FOD/TVerにて見逃し無料配信 ※期間限定

<ナレーション>
小泉今日子
<『SWEET HOME TAKUTAKU』ナレーション>
辻村友晴(キセル)

<出演>
水島博範、水島浩司
ウィルコ・ジョンソン、近藤房之助、仲井戸“CHABO”麗市
麗蘭〈仲井戸麗市、土屋公平、早川岳晴、JAH-RAH 〉
細野晴臣、友部正人、泉谷しげる、鮎川 誠・シーナ(シーナ&ロケッツ)、
木村充揮(ex.憂歌団)、有山じゅんじ(ex.上田正樹とサウス・トゥ・サウス)、石田長生(ex.ソー・バッド・レビュー)、平成トリオ、永井“ホトケ”隆(ex.ウェストロード・ブルーズ・バンド)、
遠藤ミチロウ(ex.ザ・スターリン)、M.J.Q〈遠藤ミチロウ、クハラカズユキ、山本久土〉、山野直子(少年ナイフ)、玉城宏志(ex.ローザ・ルクセンブルグ)、三宅伸治、
トータス松本(ウルフルズ)、大木温之(Theピーズ)、中川 敬・伊丹英子(ソウル・フラワー・モノノケ・サミット)、うつみようこ(YOKOLOCO BAND)、チバユウスケ(The Birthday)、岸田 繁(くるり)、竹安堅一・グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)、増子直純(怒髪天)、コヤマシュウ(SCOOBIE DO)、NABE(騒音寺)、キセル、台風クラブ、寺田国敏(拾得)、篠田 純(ROCK A GOGO企画)、南部裕一(SMASHWEST)、鏡 孝彦(greens)、角張 渉(カクバリズム)

<スタッフ>
企画:リズム&ペンシル
監修:黒木彰一(フジテレビ第二制作室)
  :深谷 健(フジパシフィックミュージック)
構成:松永良平
演出:鈴木 剛
ディレクター:松永健太郎、渋谷 曜、太田 旬
制作:金田善裕、見戸夏美、横沢葉子、木高颯子
プロデューサー:住田浩志(ゼイドンノウ)
       :天野輝幸(フジパシフィックミュージック)
エグゼクティブプロデューサー:小池英彦(フジパシフィックミュージック)
編成:赤池洋文(フジテレビ編成部)
<制作協力>
フジパシフィックミュージック
<制作著作>
フジテレビ

(転載ここまで)



しかし、こんな凄いライブハウスにうちのバンドさえ出演を許してくれた「磔磔」、

音楽への愛情がなせる業だ~、

こころから感謝いたします





磔磔2014kai






syougai1pon at 07:56|PermalinkComments(0)民放の回し者