2019年05月10日

「フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン」

京都市伏見区の生まれです、

加藤和彦さんのお家が歩いて10分ほど

その反対側に歩くと端田宣彦さんの喫茶店がありました



だから“フォークル”好きな訳でもあるのですが、

「帰って来たヨッパライ」のヒットが1967年、

当時12歳の子供にはその価値はよく分かりませんでした



本当に意識し出したのは、坂崎幸之助さんが参加した2002年の再結成からです、

ずっと音楽からは離れていた(仕事してました)が、

この時、久しぶりにCDを買いました、



そして、、、へ~、フォークルが再結成するなら、

ワタシがバンド作ってもエエんとちゃう?

と、ほんとうにそう思ってバンドを作りました



そんなフォークル、結構音源は買い集めましたが(おっとり刀です)、、、

このCDに何曲か知らない曲が入っています、

うむ~、どうするかな、、、



Amazonより転載

「フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン」、

Fフォークルandthen

曲目リスト


ディスク:1

1. 風
2. 帰ってきたヨッパライ
3. 花嫁
4. あの素晴しい愛をもう一度
5. 悲しくてやりきれない
6. さすらい人の子守唄
7. 戦争を知らない子供たち
8. 青年は荒野をめざす
9. 嫁ぐ日
10. 初恋の人に似ている
11. 家をつくるなら
12. 朝陽のまえに
13. 海はきらいさ
14. ふたりだけの旅
15. 何もいわずに


ディスク:2
1. 夕陽よおやすみ
2. 白い鳥にのって
3. シンガプーラ
4. 何のために
5. 一人ぼっちの旅
6. 不思議な日
7. 日本の旅
8. 花のかおりに
9. ピンクの戦車
10. さすらいのヨッパライ
11. レディー・ジェーンの伝説
12. もう25分で
13. マイ・ハート
14. ぼくのそばにおいでよ
15. さらば恋人

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) CD 

2019年05月09日

先週観た映画~「キングダム」(★★★★☆)

先週観た映画、


「キングダム」(★★★★☆)、




ベストセラー長編漫画の映画化、
原作を知らなくても十分楽しめました、


201904キングダム

紀元前245年、春秋戦国時代の中国秦の国が舞台、奴隷の身の信と漂は天下の大将軍になることを夢見て、日々2人で剣術の腕を磨いていた、ある日、漂だけが王宮に召し上げられるが、謎の集団に追われ満身創痍で信の元に戻りその場で息を引き取る、ある使命を引き継いだ信が向かった先で出会ったのは、漂に瓜二つの男だった、、、そして信の運命と秦の国運をかけた歯車が動き出す、、




もちろん原作の漫画は読んでいませんが十分楽しめました、中国ロケも行なったという全編に一定のクオリティが維持されています、物語の世界観とスクリーンの世界観に大きな落差は無く映画に没頭できました、


キャラクター設定が面白いのは原作に負うところが多いのでしょうが、衣装やセット美術のクオリティも高いと思います、そして中国ロケの効果も十分にあったのではないでしょうか、大資本ならではの映画作りですが、大金を投入しても失敗する映画が多い中、よくここまでもってきたなあ、がんばりましたね、というのが正直な感想、


原作は長編のようですが、物語は手際よくシンプルにまとめられています、これもよかった、唯一、クライマックスの戦闘シーンが少々長く饒舌、台詞が多すぎるのが気になりますが、そんなに大きなダメージは無いです、




原作ファンなら、もっといろんな面白い見方が出来るのでしょうが、原作を知らないワタシにそれは無理、それでも大沢たかおさんは存在感ありました、肉体改造したのかな?嵌っていましたね、


でも、一番のハマリ役は長澤まさみさんかな、部族長の戦士と云う役柄、ハマリ役と云うか、その立ち姿はなかなかカッコよかったです、衣装もね、ここは原作ファンの中でも話題になっているみたいですね、


という事でサービスカット^^)、

201904キングダム2



原作、若い俳優さんを知らなくても楽しめます、


星は4つで良いと思います、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年05月08日

恒例!?関西ツアーがあるそうです♪『いわさききょうこ ツアー いつか逢う日に 2019』♪

いわさききょうこさんの関西ツアーが6月にあるようです

前回は心斎橋「ヴィクター」で楽しませていただきました、

024kai

今回も行こうかな~



今のところ大阪市内は無いようなので、豊中かな~、

「ねいろかふぇ」は今年になって一度行ったお店なので行きやすいし、

はい、手帳に書き込んでおきます
(アナログか)



【いわさききょうこさんのFBから転載】

6月末には
恒例の?!関西ツアーに行きます!!

もしかしたら
いくつか増えるかも、、ですが
まずはこちら!です。

 
皆さま、、、
よろしくお願いします!!



『いわさききょうこ ツアー  いつか逢う日に 2019』
ギターサポート 常富喜雄


6月22日(土)徳島 寅家
6月23日(日)高松 ビートルズ
6月24日(月)計画中。。。
6月25日(火)野洲 森のくまさん
6月26日(水)姫路 Niji Bar
6月27日(木)計画中。。。
6月28日(金)豊中 ねいろかふぇ
6月29日(土)和泉府中 花海
6月30日(日)計画中。。。
7月1日(月)奈良 ヴァンダメリリー

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年05月07日

及川恒平さんと四角佳子さんこと“おけいさん”のユニット、『K2』関西ツアーの予定が分かりました♪

このユニット名もシンプルでエエですね

こういうネーミングのセンス、大切やな~、



そしてフライヤー(いつからチラシって云わなくなったんだ!?)のデザインもヨロシイ

恒平さんのデザインらしいです、

やはり



7月26日(金)の大阪に参戦予定です、

よろしく~



【四角佳子さんのFBから転載】

7月のNewスケジュールです‼️
及川恒平 四角佳子のユニット『K2』大阪和歌山ツアーです。
みなさま、スケジュールのチェックよろしくお願いします🤗

K2 大阪和歌山ツアー 『UtaiMasuuuu~♪』


20190726関西K2kai

2019年
◆7月26日(金)

西天満D45

大阪府大阪市北区西天満5-10-12 KIWビルB1
TEL 090-4282-0245


18:30 オープン 19:30 スタート

予約 ¥4000 当日 ¥4500(共に1ドリンク付き)

http://d45.biz/?page_id=32


◆7月27日(土)

和歌山アビーロード

和歌山県和歌山市新内23
TEL 073-427-2202


19:30 オープン 20:00 スタート

予約 ¥4000 当日 ¥4500 (共に1ドリンク付き)

http://www.abbeyroad.jp/main.html


◆7月28日(日)

忠岡町 カフェ88

大阪府泉北郡忠岡町北出3-1-28
TEL 050-5595-9819


14:30 オープン 15:00 スタート

予約 ¥4000 当日 ¥4500(共に1ドリンク付き)

https://s.tabelog.com/osaka/A2705/A270502/27106008/top_amp/

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年05月05日

先週観た映画~「ハンターキラー 潜航せよ」(★★★★☆)

先週観た映画、


「ハンターキラー 潜航せよ」(★★★★☆)、




潜水艦とシールズが主役の戦争アクション映画、
どうかな?と思いながら観たら、これが拾いモノでした、


201904ハンターキラー

ロシア近海でロシア原潜が謎の沈没、さらに近くにいた米国の原潜もロシア側の攻撃により沈没、米ロ関係は一気に緊張する、乗組員の救助に向かった原潜「ハンターキラー」はロシア原潜から生存者を救助、2隻の沈没の原因を探ろうとする、その頃ロシアでは軍部のクーデターが勃発、ロシア大統領は囚われの身となる、ロシア軍部の暗躍により米ロ開戦が目の前に迫る中「ハンターキラー」と米海軍特殊部隊シールズの4人に開戦阻止のためのミッションが下る、、、




期待せずに観た分、面白さ倍増で還ってきました、お話自体は荒唐無稽の戦争アクションと云うことになりますが、水中の潜水艦艦内と云う、それだけでとても緊張度の高い密閉空間での物語に引き込まれるし、米海軍特殊部隊シールズの活躍、戦争を回避しようとする奮闘する米海軍士官、そして誇りを胸に祖国と戦うロシア軍人の気概と、あれこれ満載、

あそこでそれはあり得ない、というシーンや展開もたくさんありますが、最後はなんとか細かな伏線もしっかり回収してしゅっとまとめたのはお上手でした、


ロシアと米国の軍人が入り乱れてのロシア大統領救出劇、敵が味方で味方が敵で?みたいな、とんでもないシチュエーションもその熱い魂と友情になぜか心を動かされたりします、う~ん、これは共和党映画か?民主党映画か?難しいなあ、と思っていたら、制作は英国でした、なるほど、だからか、何やら独特の雰囲気を持つ映画=冒険小説のような映画になってるんですね、、




米国大統領はヒラリーがモデルかな?1シーンだけだけど微妙な立ち位置の大統領、これも英国流の評価かな、


原題は『Hunter Killer』、邦題にはサブタイトル“潜航せよ”が付きました、蛇足感ありありですが、でもこれ付けないと不安だ!潜水艦映画って分からないんじゃない?という意見が通るんでしょうね、よくあるお話、




という事で、終わる前に観に行ってくださいませ、

星は4つで良いと思います、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年05月03日

令和元年の『神戸新開地音楽祭』メインゲストは大西ユカリさんです♪2019年5月11日(土)19:00~湊川公園メインステージ♪

神戸新開地、

もちろん良い酒場がたくさんあって、大好きな街なのですが、、、

こっちもあります



『神戸新開地音楽祭』

もう何年続いているのでしょう、

市民音楽祭として、これだけ大規模で長く続いているのは本当に素晴らしいです、



何年か前にうちのバンドも出演させていただきましたね、

その節はありがとうございました



で、令和元年の『神戸新開地音楽祭』メインステージのゲストは、、、

ユカリはんです

やた~、やっと来ましたね、大西ユカリさん、

ユカリはん、メインステージに似合いますよ、ゼッタイに



大西ゆかりさんのステージは、

2019年5月11日(土)19:00~湊川公園メインステージです。

新開地音楽祭のHPから転載

Ohnishi大西ユカリ2016

新開地音楽祭は、実は以前より存じ上げておりました。ずっと出たかったです。こんなに長らく続けてこられた背景には、様々なご苦労もあった事でしょう。お察しいたします。こうして出演させて戴けて本当に嬉しい。どんなけ嬉しいかはステージでお伝えします!ありがとう!

 

私は阪神淡路大震災の折、新開地に住んでおりました。目の前の道で道路が破裂して、家が歪みました。新開地には、音楽やらお風呂やさんやら劇場がありましたね。KAVCができた時には、なんとハイカラなことか、と想いました。スタジオとか、よく使わせてもらって練習したのも想い出です。市場も大好き。嗚呼、人工衛星饅頭。

 

新開地から新世界へと流れに流れた私には、新開地はココロから懐かしく、想い出は溢れます。泣けてきます。時代は変わっても「エエとこ、エエとこ新開地」みんなの心に残る町、であってください。

 

震災後、大阪に戻って創った「大西ユカリと新世界」を休止してから約10年ほど、苦楽に付き合うてくれてる小林バンドとは毎月、月末の水曜日に大阪でLIVE活動しています。素晴らしい演奏してくれる仲間と、やって参りました。
こんなに嬉しいことはないです。一生懸命やります。

(転載ここまで)





syougai1pon at 23:12|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年05月01日

いよいよ令和がスタート♪「二つの時代を超えるLIVE」も本日、ハロー令和ライブです♪

令和スタート、おめでとうございます
(で、イイのか?)



で、本日いよいよ久しぶりにライブ出演です

大丈夫か、ワタシ



新曲は結局間に合いませんでした、

詞はヒントがいくつか出たけど、、、

メロディがまったく出て来ませんでした

アカンわ、、、



何人かから出演時間のお問合せをいただきました、

が、出演順は当日現場でくじ引きで決まります

なので、出演時間帯は未定です、

4時間ほど?の長丁場ですが、

よろしくお付き合いお願いします、



【主催者ゆうさんのFacebookより転載】

新しい元号「令和」が発表されました。

今この時を生きる僕らは、大きな時代の転換期を共に迎えることができます。
平成の終わりと令和の始まりに2つのライブを企画しました。

題して「二つの時代を超えるLIVE」

20190501令和ライブ

4月30日(火)は平成に別れを告げる「Good Bye‼️平成LIVE」。
5月1日(水)は令和を迎える「Hello‼️令和LIVE」


2つの時代を素敵な仲間たちと音楽で過ごします🎵


◆日時:令和元年5月1日(水)14時~18時(予定)


◆会場:『ライブカフェバー117-55』
〒573-1144 大阪府 枚方市牧野本町1丁目12-10
※京阪本線「牧野」駅から徒歩7分


◆出演:えーゆにっと♪桑田、れんげそう、ぽーくちゃっぷす、
ミッチ、まえみー、マサキ、ヤイシダステル、 Kawamura Band
ゆうさん

※出演順は当日決定しますので、出演時間は分かりません、
  あしからず、、、


◆入場:ライブチャージ1000円(ワンドリンク別途注文)

(転載ここまで)









syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ 

2019年04月30日

先週観た映画~「君は月夜に光り輝く」(★★★☆☆)

先週観た映画、


「君は月夜に光り輝く」(★★★☆☆)、




電撃小説大賞を受賞作の映画化、難病モノ、って原作は読んでいませんが、
永野芽郁の映画は初めて観ました、


201904君は月夜に

渡良瀬まみずは不治の病“発行病”で入院中、死期が近づくにつれて体が発光するこの病の治療法はまだ見つかっていない、クラスを代表してお見舞いのメッセージを届けた卓也は、やり残したことを代行して欲しいとまみずに頼まれ、一つ一つ実行していくうちにお互いに好意を持つようになる、しかし発行病は進行し、まみずの余命も残りわずかとなる、、、




難病モノと云えばそうだけど、何か様相が違う、原作者は30代、オッサンとは相当感覚が違うからね、そのせいかな?


それに病気が“発行病”という架空の病気であることもリアリティを減じているのは致し方がないところ、にしても映画の中で主人公はほとんど発光しない、夜の屋上とかでしか発光しない、病気と云うより演出?とか思えるレベルの発光しかしない、なんで?発行病でしょ、、、ここらの設定がもう少し脚本に活かされれば良かったのになあ、残念、




劇中のまみずはほとんど元気で、いや、卓也よりもずっと快活で、死の恐怖におびえるシーンもそんなに切迫感は無い、永野芽郁の演技は上手なだけに、スマホカメラを通して卓也の体験を疑似体験するというアイデアが面白いだけに、後半はもっと作り様があったのではないかと思ってしまう、

まみずの母親も父親も活かされていない、普通もっと嘆き悲しむだろうに、異常な言動や行動もあるだろうに、とか思ってしまう、




ワタシも一つだけうるっと来た台詞はありましたが、、、結局、年寄りにはやはりちょっと物足りない、死に至る時間が薄っぺらい、単調、が、若い人のレビューは好評で結構感動して泣いているようです、若者が観ればきっと面白いんだろうな、

あ、あと、宣伝ポスターが全然ダメなのも残念、




つうことで、若者が観れば結構面白いかも、

申し訳ない、星は3つでお願いします、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 映画 

2019年04月27日

さて、いよいよ10連休のスタートです、時間を持て余している貴方、「祝 春一番」は3日~5日の開催です♪

さて、大型連休です、

もう今日から10連休だわ



ま、ワタシはちょこっと仕事もしていますが、

だいたいは午前中でお仕事終了、週に数回は午後も働く、

くらいのペースなので10連休も苦?ではないですが



毎日、しっかりと働いているシニアは

なんか、いきなりの10連休、嬉しいような悲しいような、という人も多いようです、



若い人はね、そりゃ楽しいことがたくさんあるでしょうし、

若いご夫婦とか家族連れの方々も、あれこれと予定があると思いますが



お金を持っているシニアが案外暇を持て余しそうな感じですか?

10連休、どうするの?とか云う声がちらほら聞こえて来ています



え?ワタシ、

ワタシはですね、、、

ハイキングが4日間(予定)、ライブが2日間

地元のお祭りで帰るし、、、

おかげさまでめちゃ忙しいです



で、時間を持て余しているシニアのみなさまは、、、

「祝 春一番」でもいかがでしょうか?



『祝 春一番』、いつ行くのか?毎年悩みますが、

やはり4日(土祝)かな、

5日(日祝)が京都藤森神社のお祭りで実家に帰りますので、はい



今年のプログラムです

20190503春一番2

服部緑地野外音楽堂 / 『祝春一番2019』

日程:2019年5月3日()~5日()

会場:服部緑地野外音楽堂
    〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1−7


料金:前売¥3,500(各日券)¥9,000(3日間通し券) 当日¥4,100(各日券)


連絡先:春一番オフィス 06-6364-1591 (16:00~20:00)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) 日記 | ライブ

2019年04月26日

連休直前!平成最後のライブ参戦はこちら♪「ナオユキ」♪難波屋での投げ銭ライブです^^)

「祝 春一番」でステージを観たのが初めてかな、

こりゃ、めちゃくちゃオモロイですやん!!というのが第一印象、



その後、いくつかのライブで偶然見かけて、、、

ヤマヒロさんとのライブとか、

糸川さんのバースデーライブとかも行きましたね



時に、“スタンドアップコメディ”というタイトルが付いています、

いわゆる“ピン”の芸ですね、

マイク一本、おしゃべりと仕草だけで笑わせる、

ある意味、とても高度な話芸



シチュエーションは同じなんだけど、何度聞いても腹から笑える、

人間の本性をモロ出しにしているからかな



で、今日は難波屋Live店舗でのステージです

行ってきま~す



「ナオユキ」

Naoyuki201904

日時:4月26日(金)19時〜/20時〜(2ステージ)
出演:ナオユキ

料金:投げ銭
会場:難波屋(大阪市西成区天下茶屋北1-1-5)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0) ライブ