先週観た映画~「アルキメデスの大戦」(★★★★☆) (2019年日本)ホントに暑い日が続きます^^汗)そんな中、甲子園~立ち呑み~茶木みやこさんのライブ参戦♪

2019年08月08日

先週観た映画~「ワイルドライフ」(★★★☆☆) (2018年アメリカ)

先週観た映画、

「ワイルドライフ」(★★★☆☆) (2018年アメリカ)




家族のあり方を静かに丁寧に描いた佳作、
「荒野にて」や「アマンダと僕」など、最近こういう家族を描く映画によく出会います、家族崩壊は世界中のテーマ、


201907ワイルドライフ

1960年代、米国モンタナ州の田舎町で暮らす3人家族、貧しいが慎ましく暮らしている、父親のジェリーが仕事先で上手く行かず職を失う、母親のジャネットは次の生活に向けて前向きに動き出す、14歳の息子のジョーも家族を助けたい想いが強く家族はなんとか苦難を乗り越えるかと思われたが、ジェリーはジャネットの反対を押し切って山火事消火の危険な出稼ぎに出てしまい、家族は徐々にバラバラになっていく、、、




父親の気持ちと行動も、母親の心の動きと行動も、なんとなく分かるけど、なんでそこまで?という感じもします、僅かな綻びが家族を崩壊させていく、みたいなところがテーマなのかな?物語はちょっと感情移入しにくい展開でした、


それでも、息子のジョーの視点で描かれる家族はこのまま幸せにいて欲しい、という気持ちを抱かせる家族、でも、さりげなく、さりげなく流れていくうちに少しづつ壊れていく家族、それを必死になって追いかける息子のジョー、健気という言葉がぴったりのジョー、


やはりテーマは、わずかな綻びの怖さ、ちょっとしたボタンの掛け違いの怖さ、ということかな、、、




映画的なハイライトもありますが、それもあっさり修復、ラストの映画的レトリックも、あ、なるほど、こういう事ですかという感じで回収、ま、「アマンダと僕」みたいにあざとくないのは、この映画の美徳でもありますが、


息子ジョー好演ヨカッタ、母親ジャネットも好演




さりげない、あくまでさりげない展開の静かな物語、映画的にはちょっと平板過ぎたかも、

鑑賞おすすめ度は★3つでお願いします、




(ざっくりおすすめ度★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30│Comments(0) 映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
先週観た映画~「アルキメデスの大戦」(★★★★☆) (2019年日本)ホントに暑い日が続きます^^汗)そんな中、甲子園~立ち呑み~茶木みやこさんのライブ参戦♪