先週観た映画~「存在のない子供たち」(★★★★☆) (2018年レバノン)『阿蘇ロックフェスティバル 2019 in北九州』2019年9月29日(日)福岡・ミクニワールドスタジアム北九州に、さだまさし参戦決定♪

2019年08月22日

懐かしい記憶が蘇りました、、、2019年8月29日(木)、プレスリーとマイケル♪東京と大阪のZeppにて一夜限りのライヴ上映決定!♪

エルビス・プレスリーが逝ったのは1977年8月16日、よく憶えています、

って、、、プレスリーのファンではありません、1世代ずれています、が、よく憶えています、



その日のハリウッドは大雨、

グレイハウンドのバス停近くの安ホテル(今考えると1日5ドルのアパート、老人ばかり住んでいました)に部屋を取り、

大雨の中、バックパックを担いで一人でそのホテルに向かって歩いていると、見知らぬ若者が声をかけてくれました、



雨の中、大変だね、

すぐそこの宿までだよ、それにしても、今日は凄い雨だね、

そうさ、今日プレスリーが死んだのさ、なので天も泣いているのさ、



そんな会話をしました、それでプレスリーが死んだことを知りました、

これがたぶん1977年8月16日当日の話(翌17日かもしれません、今となっては不明)、



翌日、「チャイニーズシアター」の前を通ると、訳の分からない映画のポスターが、、、

宇宙船が飛んでるのに、中世のお姫様?毛むくじゃらの怪物、、、なんじゃこれ?

でも、お土産物屋でもこの映画のTシャツがたくさん並んでいたな、、、



で、観てみました、、、これがとてつもなく面白い映画!!

そう、『STAR WARS』の1作目でした、

日本にはまだ作品情報が全く入っていなかったのでホントビックリしました、



ラストでハン・ソロが助けに来た時は客席全体が歓喜の渦、口笛と拍手で大盛り上がり、

隣りの席の黒人の青年が満面の笑顔でワタシになにか大声で話しかけていました、

やったね~、サイコー、みたいな感じ?かな?

古き良きアメリカ、、、



以下の情報でこんな事を思い出しました、、、

40年以上前の若かりし頃の記憶が蘇った、あ~、できればまたあの頃の自分に戻りたい!

正直、ちょっと感傷的にそう思いましたわ、



Zeppでプレスリーとマイケルのライブ映像上映会があるそうです、

行きませんけど^^)



【e+のプッシュメールから転載】

8月29日(木)東京と大阪のZeppにて一夜限りのライヴハウス上映決定!

キング・オブ・ロックンロール【プレスリー】と
キング・オブ・ポップ【マイケル】の2作品を同日上映!

Eプレスリー

1970年、夏。ラスベガスは興奮と熱狂に満ち溢れていた。
ラスベガスにあるインターナショナル・ホテルで行われた"エルヴィス・プレスリー"のライヴ・ステージ。

そのライヴの全容を収録、絶頂期のエルヴィス・プレスリーをとらえたライヴ・ドキュメンタリー作品。
本作は、おおよそ2つのパートに分かれている。

ライヴ・リハーサル風景から始まり、バンドメンバーとの普段の会話や、ライヴ会場でのバックステージの様子、チケット売り場での喧騒等々、当時のキングの人気ぶりが如何に凄かったかを垣間見ることができる映像をふんだんに盛り込んだドキュメンタリー・パート。

それと連日連夜、超満員の聴衆を沸かせ伝説となった1970年8月10日から9月7日まで4週間に亘って開催された『ビッグ・エルヴィス・サマー・フェスティバル』での最高に熱いステージを存分に体感できるライヴ・パート[全19曲|約60分]の2パートで構成されている。

49年前の興奮を真空パックした歴史的ライヴ・フィルムを8月29日(木)にZepp Divercity(東京)とZepp Namba(大阪)にてライヴハウス上映(キネマ最響上映)!!

ライヴ・パートでは、キングと共に、Zeppをダンスフロアにしよう!

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30│Comments(0) 映画 | ライブ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
先週観た映画~「存在のない子供たち」(★★★★☆) (2018年レバノン)『阿蘇ロックフェスティバル 2019 in北九州』2019年9月29日(日)福岡・ミクニワールドスタジアム北九州に、さだまさし参戦決定♪