今日から夏休み後半、立山三山縦走に行ってます^^)アナーキーの藤沼伸一さん、今年も開催!『藤祭2019~還暦~』♪泉谷しげる、大島治彦さんも登場です♪

2019年08月27日

はたしてアトムは地球を救えたのか?黒田征太郎~『18歳のアトム』 手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ。

子供の頃、『鉄腕アトム』を連載していた月刊誌「少年」は買ってもらえず

友達の中村クンの家へ行って読んでいました、



でも、たしか光文社から出た文庫本は何冊か買ったなあ

「地上最大のロボットの巻」はめちゃくちゃ面白かった、

アトム世代です、

コミックは滅多に読みませんが浦沢直樹さんの『PLUTO』は完読しました、



黒田征太郎さんとは一度だけ仕事でお会いしています

高知であったイベントの審査員みたいなお仕事をお願いしました、

で、漁協の会館の2階みたいなところで打ち上げがあり、一緒に酔っぱらいました、

その会館の壁に落書き!?(いや、来訪署名と云うべきか)をされたので、

ワタシもお願いして、着ていたTシャツにも署名をいただきました

「猫でお願いします」と云うと猫のイラストを書いていただけました、



もう15年以上前の話、

あのTシャツ、どこかに大切に保管していますが、、、どこへいれたやろ?



その黒田征太郎さんがこんな絵本を2019年4月に出版されました、

おっとり刀です、NHKのニュースで知った次第、、、



『18歳のアトム』、

アトムは2003年生まれの設定、現在なら16歳の計算、

18歳という事は2021年のお話という事になります、

その時の地球はどうなっているのか?

人類のために働き続けたアトムはどうなっているのか?地球を救えたのか?



TVで黒田さんは、『結局、人間は戦争をやめられないのではないか・・・』とおっしゃっていました

手塚治虫さんが提示したアトムがいる未来社会、

それは人類に対しての“謎かけ”でもあったとも黒田さん、

その問い掛けに答える!?この絵本、ぜひ読んでみたいと思いました、



Amazonでポチ、、、便利な未来社会がここにあります、

さて、この先は・・・



Amazonより転載

『18歳のアトム』 手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ、

18歳のアトム201908

内容紹介

〔手塚治虫没後30年記念出版〕21世紀の未来を想像した舞台で活躍したアトム。想像した多くが現実化。技術の進歩により、地球を壊し争いを起こす人間。地球と人間のために戦ってきたアトムはどうなったのか?手塚治虫をオマージュし続ける黒田征太郎が描くアトム。


内容(「BOOK」データベースより)

手塚治虫没後30年記念出版。手塚治虫1928年11月3日生まれ、1989年2月9日逝去。鉄腕アトムの誕生日は?英訳付き。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30│Comments(0) Books 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日から夏休み後半、立山三山縦走に行ってます^^)アナーキーの藤沼伸一さん、今年も開催!『藤祭2019~還暦~』♪泉谷しげる、大島治彦さんも登場です♪