大林宣彦監督の最新作『海辺の映画館 ~キネマの玉手箱~』が観たい♪ギターの事、ギターそのものに最近あまり興味がなくなって来たな~♪

2019年09月02日

NHK-BS世界のドキュメンタリー、『ウッドストック~伝説の音楽フェス 全記録~(前編・後篇)』、今日明日放送です♪

『ウッドストック』ってちょうど50年前なんですね、

Facebookで大塚まさじさんの記事で知りました



1969年8月15日~17日、もしくは18日午前中まで行われた野外ロックフェス、

もちろんワタシは全く知りません、、、お恥ずかし~い、

13歳の夏、中学生、音楽無縁、一生懸命軟式テニスをやっていました



まあその後は何かにつけてその映像を観る機会はありましたが、、、

でも、その実態というか詳細は今でもあまりよく知りません



という事で、NHK-BSで今日2019年9月2日深夜と明日3日深夜の2回にわたって『ウッドストック~伝説の音楽フェス~ 全記録』が放送されます、

これを観てちょっと学習してみますか



NHKのHPから転載

BS世界のドキュメンタリー▽ウッドストック~伝説の音楽フェス 全記録~(前編)

2019年9月3日(火) 午前0時00分(45分)※月曜日深夜

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145760/index.html

 

BS世界のドキュメンタリー▽ウッドストック~伝説の音楽フェス 全記録~(後編)

2019年9月4日(水) 午前0時00分(45分)※火曜日深夜

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145761/index.html

ウッドストック

 

■番組スタッフから

 

現在日本でも大流行の野外での音楽フェス。その先駆けになったのが、50年前に開催された「ウッドストック・フェスティバル」です。今から半世紀前の出来事なので、「ウッドストック」という言葉は聞いたことがあっても、その会場で何が起きていたかを知らない音楽ファンも多いのではないでしょうか。

私もその1人でしたが、このドキュメンタリーを見て、それまでの断片的な知識が線でつながり、目からウロコが落ちる思いがしました。膨大なアーカイブス映像と関係者の証言を元にウッドストックを可能な限り詳細に再現したこのドキュメンタリー。そこで描かれているのは、“混沌の中で生まれた奇跡”です。

4人の若者の思いつきでスタートしたこの音楽フェスは、当初の5万人という予想を遙かに超える40万人あまりの観客が押し寄せ、大混乱に陥ります。今の時代ならば中止となってもおかしくない事態の中、会場では様々な奇跡が生まれ、ベトナム戦争が泥沼化する当時のアメリカにあって“輝かしい記憶”として語り継がれるイベントへと変貌してゆきます。

 
会場で起きた奇跡は、単なる偶然だったのか?それとも時代の必然だったのか?見る人それぞれが、いろいろな感じ方ができる作品です。もちろん、ジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、サンタナなど時代を代表する様々なアーティストのステージパフォーマンスも満載。前後編あわせてご覧いただき、50年前のあの日にタイムトリップしてみてください。

 

(番組プロデューサー)

 

■番組内容

 

BS世界のドキュメンタリー▽ウッドストック~伝説の音楽フェス全記録(前編)※字幕

 

ウッドストックを企画したのは、大規模な野外コンサートの運営の経験のない4人の若者達。当初予定していた会場は、ヒッピーを嫌う保守層の抵抗から変更を余儀なくされ、突貫工事の設営は開演後も続いた。さらに、予想を上回る若者が全米から集まり、周辺の道路は身動きができない程の渋滞。出演アーティストも急遽ヘリコプターで会場入りすることに。様々な混乱の中、リッチー・ヘブンスの歌声で、世紀のコンサートは幕を開ける。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30│Comments(0) NHKの回し者 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大林宣彦監督の最新作『海辺の映画館 ~キネマの玉手箱~』が観たい♪ギターの事、ギターそのものに最近あまり興味がなくなって来たな~♪