先週観た映画~「命みじかし、恋せよ乙女」(★★☆☆☆) (2019年ドイツ) ワタシの“生涯の1本”を紹介します♪その②はMartin ooo28(1996CTM)♪

2019年09月17日

ワタシの“生涯の1本”を2本紹介します♪その①まずはこちら、『Collings OM2H』(2008CTM)です♪

先週書いた記事、、、

最近は“ギターそのものに対する興味がなくなった”件、

いろいろあると思いますが、この2本を手にしたから“もうギターはこれでまんぷく!”になったような気もします



という事で、ワタシの“生涯の1本”を2本紹介、
(1本と違うんかい!)



まずは1本目、新参者からです、といっても2008年製、

購入してもう10年以上になるんですね、時の流れは速い、



無精して、過去記事でスペックが一番まとまっている記事を再掲します、

読んでみてくださいませ~



【このBlogの2013年07月15日掲載記事を再掲】

『Collings OM2H』(2008CTM)

008

イイ音しています

トップ:スプルース
サイド、バック:ローズウッド
ボディ:OOOサイズ
スケール:ロング

ということでOOOサイズのボディにロングスケールのネックが付いた“OM”というギターになります、弾いた感じも“OOO”の歯切れ・レスポンスの良さと、“Dサイズ”の音量、バランスの中間といったところでしょうか、ロングとショートのスケールの長さの差は僅か645.2-632.5=12.7mmですが弾いた感じはまったく別物になるんです、楽器というのは微妙なものですね、個体としてもアタリで非常に甘く深い音が出る満足の1本です



見た目もワタシの好みに完璧にマッチしているという要素も強いですね、ギターは見た目、抱えた時の気分も非常に大切です

ヘリンボーンのバインディング、ピックガードはOMスタイル・赤褐色マーブル柄、ロングサドル、ペグはゴトー?オープンバック、

2012photopegu


ヘッドはエッジがたったCollingsスタイル、ネックは普通ですが今のレギュラーMartinほど薄くはないですね、

014

ピックアップが装着された状態で買いました(2009年新宿ロックイン)、“Carlos CP-1A ”、

PAカルロス

これも高性能のようです、なんかイイ感じで音が出ているような気がします

これまで3度ほど転倒事故を起こしています、もちろんライブで使用していますのでそれなりに傷多数、でも気にしない、使えば使うほど愛着が出てくるのがギターです、



ということで、今日のギター紹介はこんなところで、、、

あ、、、また来た、彼女は1回このギターを押し倒したことがあります

012

(再掲ここまで)





いかがでしょうか、、、

まるで親バカな気分ですが、、、やはりとっても良いギターです







syougai1pon at 05:30│Comments(0) ギター 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
先週観た映画~「命みじかし、恋せよ乙女」(★★☆☆☆) (2019年ドイツ) ワタシの“生涯の1本”を紹介します♪その②はMartin ooo28(1996CTM)♪