ちょっとしたきっかけがあり、久しぶりにMartin D18を引っ張り出しました♪弾き込まないとイケマセンわ♪先週観た映画~「楽園」 (★★★★★) (2019年日本)

2019年11月08日

先週観た映画~「ジェミニマン」 (★★★☆☆) (2019年米国)

先週観た映画~先週は4作、粒揃い、


「ジェミニマン」 (★★★☆☆) (2019年米国)




2人のウイル・スミスが激突、
派手なアクションと戦闘シーンは見応えあります、


201910ジェミニマン

米政府の組織でスナイパーとして活躍しているヘンリー、困難な暗殺任務を完遂するが、その暗殺指令が組織内で改ざんされてた偽の暗殺指令だったことを知る、組織は事実を知った関係者を次々に抹殺、ヘンリーをも抹殺するべく暗殺チームを差し向けるがヘンリーが撃退、組織のヘンリー監視役ダニーはヘンリーと共に命からがら脱出、真相を探るためにブダペストへ、そこで待ち受けていたのは“ジェミニ計画”で生まれたヘンリーそっくりの最強スナイパーだった、、、




バランス良く、安心して観ていられるスパイアクション、MIシリーズのような派手なバイクアクションや近接格闘戦、そして最後は派手な銃撃戦と盛りだくさんですがスピーディな展開で最後まで飽きずに魅せてくれます、




アイデアのコアは“二人のウイル・スミス”、現役を引退しようかという現在形ヘンリーとそっくりなヤングヘンリー、このヤングヘンリー、実は同じDNAを持つクローンだった、というお話、ここはまあ事前周知されているので書いても良いでしょ、


で、この二人の撮影、実はワタシはウイル・スミスの息子が出演していると思っていたし、映画を観ている間もそう思っていたのです、これが違いました、なんとウイル・スミスの二役でヤングヘンリーの顔はデジタル処理で若くなっているそうです、ほ~、そうですかあ、2時間近く観ていて一度も表情に違和感がなかったので、つい息子さんの出演かと思ってしまいました、


なんともテクノロジーの進歩は凄まじいですね、ハリウッドならではの技術と資金の融合作品です、

でも、映画の核心はやはり技術革新では作り上げられない、ということも証明しています、とても観やすくて楽しめる作品ですがその枠からは出ない、痛快アクションを観てスッキリした~、とはなりますが、、、映画作りって難しいですね~、




相手役のダニーは好演、


117分という上映時間はとても良い感じ、(個人的には)2時間を少し切るのが映画の理想的な上映時間だと思っています、




ということで、モヤモヤを吹き飛ばしてスッキリしたい時に、


鑑賞おススメ度は★3つでお願いします、


(私的ざっくり鑑賞おススメ度★)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30│Comments(0)映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ちょっとしたきっかけがあり、久しぶりにMartin D18を引っ張り出しました♪弾き込まないとイケマセンわ♪先週観た映画~「楽園」 (★★★★★) (2019年日本)