酷暑ハカランダのギター?

2004年07月08日

ハカランダのギター

「生涯の1本」にふさわしいのでは??と思えるスペックのひとつに・・・ハカランダ・・・というワードがあります笑い

ハカランダ=ブラジル産のローズウッド、
60年代のMartinなんかで使用していた、今は国際条約で取引禁止の材・・・間違ってたら、どなたか正してくださいすいませんあらためて、ちゃんと調べて引用しますすいません

あまり材質とかへのこだわりはない、と思っているのですが、「ハカランダ」って、憧れというか、畏れ多いというか笑顔一生手にすることはないだろうなあハート割れって感じです笑顔

でも、ハカランダのギターの寸評などを見ると、一度は弾いてみたい、所有してみたいドキドキ小という欲望も・・・汗

「生涯の1本」に60年代のD-28か、OOO-28ハカランダ・・・
うーん、良いかもしれないびっくり
値段もびっくりびっくりなんだろうけど、
値段が張るのも「生涯の1本」らしいので、仕方ないですね。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
酷暑ハカランダのギター?