2009年04月29日

アメリカで幼児が死亡、フェイズ「5」への引上げも、、、

アメリカで幼児が“豚インフルエンザ”で死亡、
メキシコ以外では初めての死者がでました。

フェイズ「4」に引き上げられたWHOの警戒水準ですが、
さらにフェイズ「5」に引き上げられる可能性がでてきました。


「4」は新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)の危険性が高い状況、

「5」は新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に極めて近い状況、

ということのようです。
(この危険水準を明確に示した資料が見つかりません)


幸い、日本ではまだ症例は確認されていません、
水際作戦が功を奏すると良いのですが、、



(共同通信より)

米で新型インフル初の死者 1歳11カ月の幼児

【ワシントン29日共同】

米政府当局者は29日、テキサス州の1歳11カ月の幼児が、新型インフルエンザで死亡したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。メキシコ以外での死者は初めてで、疑い例が見つかっている各国でも犠牲者が増える懸念が深まった。

 米疾病対策センター(CDC)によれば、テキサス州では6人の感染が確認されていた。

 CDCは一方、ニューヨークでクイーンズ地区の私立高校関係者ら数百人が感染の疑いがある症状を訴えたと発表。全米では感染確認が66人に増えた。感染確認は新たにドイツとコスタリカであり、9カ国に増加。世界保健機関(WHO)の委員は警戒水準再引き上げの可能性を指摘した。メキシコの患者は約2500人となった。

 CDCや各地の州政府によると、米国で感染が確認ないし疑われる患者で入院したのは7人。ニューヨーク市では、これまでに感染が確認された地区以外に感染が拡大、ブルームバーグ市長は全員が回復したか、快方に向かっているとした。

 ニューヨーク市に次いで感染者が多いカリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事は、州独自に「緊急事態宣言」を出した。オバマ大統領は緊急対策費として、議会に15億ドル(約1450億円)の支出を要請した。

 WHO緊急委員会の委員を務める国立感染症研究所の田代真人インフルエンザウイルス研究センター長は、北米以外の地域で人から人への2次感染が明確になれば、警戒水準が現在の「4」から、さらに「5」に引き上げられる根拠になるとの認識を示した。

2009/04/29 20:24 【共同通信】


at 21:14│Comments(0)TrackBack(0)新型インフルエンザ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字