2009年04月30日

“豚インフルエンザ”、警戒水準がフェイズ「5」に引き上げられました!!

30日(木)早朝に警戒水準がフェイズ「5」に引き上げられました。

「パンデミック(世界的大流行)に極めて近い状況」です。


(共同通信より)


警戒水準、初の「5」に 新型インフル、世界的大流行迫る

【ジュネーブ29日共同】
新型インフルエンザの拡大を受け、世界保健機関(WHO)は29日、世界的大流行(パンデミック)が「差し迫っている」と表明、警戒水準(フェーズ)を「4」から初めて「5」に引き上げた。最悪である「6」のパンデミックに極めて近い状況。国際的な人の移動などの制限が一層強化され、経済、社会の各分野に深刻な影響が広がるのは必至だが、WHOは国際社会に強い警告を発する必要があると判断した。

 WHOは警戒水準を27日に「3」から「4」に引き上げたばかり。わずか2日間で再引き上げを迫られた。WHOのマーガレット・チャン事務局長が29日深夜(日本時間30日早朝)緊急記者会見を開き、引き上げを発表した。

 チャン事務局長はパンデミックに発展すれば「人類全体が危機にさらされる」と強調。再引き上げは、感染の中心となったメキシコに加えて米国でも「地域レベルで持続的な人から人への感染」が確認されたためだと説明した。その上で事務局長はワクチン増産を求めるとともに、各国政府に「大流行への準備計画を実行に移し、高度の警戒態勢を続けるべきだ」と訴えた。

 メキシコを中心に広がった新型インフルエンザは29日までに北米や中米、欧州、中東、オセアニアの計10カ国に拡大。ウイルスが国境を越える勢いは衰えをまったくみせていない。29日には米テキサス州に滞在中のメキシコ人幼児の死亡が判明、メキシコ以外で初の死者となった。

 日本政府は28日に麻生太郎首相を本部長とする対策本部を設置し、検疫強化や国内侵入の防止に着手しているが、一層の対策強化を迫られることになった。

 20世紀には3回のインフルエンザの世界的流行があり、1918年発生の「スペイン風邪」では世界で約4000万人が死亡した。

2009/04/30 06:44 【共同通信】

at 07:48│Comments(0)TrackBack(0)新型インフルエンザ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字