2009年05月01日

横浜で国内初の感染の疑い、成田空港の女性はA香港型。

感染の疑いのある症例が続いて発生しました、
成田空港での検疫で陽性反応が出た女性はA香港型でした。

横浜では、カナダから帰国した高校生が感染の疑いのある症状です。



弱毒性とはいえ、「人→人感染」の中で強毒性に変異する事もあるそうです。
やはり、自然は繊細に緻密に生き延びる手段を用意しています。
油断は出来ません。

手洗いは丁寧に、親指も手首もしっかり洗いましょう。


私は今日新幹線で関西へ帰省します、
新幹線、あの閉鎖された空間に2時間36分、マスクは必ですね。

cac02ac3.jpg



(共同通信より)

国内初の感染疑い 横浜市の17歳男子高生 
 
 厚生労働省は1日までに、国内初の新型インフルエンザ感染の疑いがある患者を確認した。同省などによると、患者は横浜市在住の男子高生(17)で、4月10日から25日まで修学旅行でカナダのブリティッシュコロンビア州に滞在。帰国後、発熱、せきなどの症状が出たため、30日に医師の診察を受け、現在入院中。

 舛添要一厚労相が1日未明、記者会見し発表した。今後、遺伝子解析で感染の有無を詳細に調べるとみられる。確定した場合、初の新型インフルエンザ患者となる。

 ただウイルスが新型でないAソ連型の可能性が残り、新型に感染しているかどうかは、最終的に国立感染症研究所での精密検査の結果を待つ。同省はさらに、男子生徒の国内での行動や接触者や同行者の状況について調べる。

 男子生徒の感染の事実が確認された場合、政府は行動計画やガイドラインに従って、患者に対し、濃厚接触者を特定するための調査を実施するよう都道府県に協力を要請。

 患者が確認された都道府県は、外出の自粛や公衆衛生対策の実施を住民に呼び掛けるほか、必要に応じて学校側に臨時休校を要請するなど、大流行を防ぐための対策を検討する。

 一方、4月30日午後、米国から成田空港に到着し、簡易検査で新型インフルエンザと同じA型の陽性反応が出た日本人女性(25)は第2段階の遺伝子検査の結果、新型インフルエンザには感染していないことが分かった。

2009/05/01 02:00 【共同通信】

at 06:10│Comments(4)TrackBack(0)新型インフルエンザ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あぜ丸   2009年05月01日 16:40
お互い気をつけましょう!電車でもマスクが多いですね!
2. Posted by テリー   2009年05月03日 07:47
あぜ丸さん…毎度です{ラブ}
帰省中の昨日、大阪へ行こうと阪神電車に乗ったら、ちょうど甲子園での巨人戦が終わったようで、甲子園駅から電車が満員{汗}
マスクをしてたからよかったですが、目の前でくしゃみをされると、ちょっと怖かったです。
このまま終息して欲しいですね。
3. Posted by テツ   2009年05月03日 09:35
マスクは基本ですが、あんまり期待せずに、うがいが一番だそうです。
マスクよりはうがいです。
もう若くないのですからお互い。。。
要は抵抗力です。
免疫力・自然治癒力は間違いなく
落ちぶれてます。
無理せずおかしいと思ったら休むことですね。
ウイルスなんかそこら中に飛んでるわけですから。
4. Posted by テリー   2009年05月04日 08:47
テツさん…毎度です{笑顔}
今回のウイルス、
なんか、年寄は発症が少ないようです、若い人のほうが症状が重いようです。
過去に流行したウイルスの由来の関係か?年寄りには抗体があるのかもしれません。
まあ、僕はマスクもして防御していますが{力こぶ}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字