弦は高く、チューナーは安く^^)『バンバンバザールpresents「nuovo standard in giappone」~ヒジョーにお手隙 de ショー~』ってタイトルです♪

2011年02月01日

久しぶりのおけいさんのライブに参戦♪ものすご~~く“進化”されていました^^)

久しぶりにおけいさんのライブに参戦してきました

この前のライブ参戦は2009年9月23日の岡山県津山市の『フォーク酒場 たる』ですから、1年4ヶ月ぶりとなります、時間がたつのは早いですねまだはっきりと憶えているのですが1年4ヶ月ぶりですか、、、

おけいさん

今回の会場は大阪です、これまた久しぶりですね、おけいさんもMCでおっしゃってましたが、、、「六文銭って大阪では弱いんですよね」とにかく今回の会場は谷町線「千林大宮」駅からすぐの
KinPouGe(きんぽうげ)です。


ちょっとワタシの勘違いで京阪電車「千林」駅からの道に迷い着くのがギリギリになったのですが、何とか間に合いました、女性ボーカルとマスターのギターでのオープニングアクトの後に、おけいさんと古橋一晃さんのステージです、

曲順は控えてないので、、、でも最初は確か、「はじまりはじまる」かな??(忘れるの早過ぎ)、「雨が空から降れば」も早めに唄われました、今回はおけいさんも結構ギターを弾かれます、Gibsonですね、「ホワンポウエルの街」でのエピソードも聞かせていただきましたよ後半も「ガラスの言葉」で盛り上がり「春の風が吹いていたら」もヨカッタです、そして「ささやかでも愛の歌」、前回の津山ではリストに入っていなかったのでライブで聴くのは初めてです、やはり名曲ですね、常富さんと恒平さんのコンビです、名曲ですラストは「旅の途中」、もちろんアンコールにも答えていただきました

1年4ヶ月ぶりのステージ、

お世辞ではなく、、、、おけいさん、物凄い進化してますよ

ボーカルはもちろん美しいのですが、以前より伸びやかで力強くなったように感じました、「旅の途中」なんかちょっとびっくり、ギターを弾いておられるせいでしょうか? ギターもたいしたものでした難しいコードも押さえたはるし

昨年は年間90本のライブをこなされたとか、なるほど、その積み重ねがしっかりと表現されるようになったのではと思います、

一昨日のステージからは、おけいさん自身の『唄う喜び』みたいなものが滲み出ていたように思いました、おけいさん、これからもバンバン唄ってくださいね


そうそう、古橋さんのギターもサイコーですね、やはりめちゃ良い感じです、今回はハーモニーだけでなくソロパートのボーカルもあり、その歌の上手さにびっくり、それにインストも1曲披露、カッコ良いソロでした発売されたCD「Woody Talkin'」は前日までの会場で売り切れてしまったそうです、残念、あらためて買いますね、

Woody Talkin'

ということで、なかなか中身の濃い、と思えるライブとなりました
また、大阪に来られる予定もあるようです、楽しみです。






syougai1pon at 06:00│Comments(2)TrackBack(0)ライブ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by U   2011年02月01日 15:59
いいなぁ~テリーさん
東京近郊での今年初ライブがまだなので
ライブ初めをしてないんですよ・・・まだ・・・
またぜひいらしてくださいね!!
2. Posted by テリー   2011年02月03日 21:31
Uさん…毎度です♪

そうかあ、東京ではまだないのですね、
ちょっと得した気分♪

おけいさん、ほんとに進化されてますね、
ちょっと感動モノでした、
また、東京で楽しんでくださいね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
弦は高く、チューナーは安く^^)『バンバンバザールpresents「nuovo standard in giappone」~ヒジョーにお手隙 de ショー~』ってタイトルです♪