2011年08月24日

初CD化?ではないかな、、、泉谷の節目のライブ盤です、『泉田しげるライブ~王様たちの夜』♪

泉谷の節目のライブ盤がCD化です、

Amazonさんから案内が来たので、これまでCD化されていなかったのかな?と思いきや、少なくとも2008年にはCD化されていたようですね、いずれにせよこれは持っていないので買わなきゃね、でも、いつもの通り金欠なのです、、、ジャケットが当時のイラスト版と違うのが残念ですが、、、

『ライブ!!泉谷~王様たちの夜~』

泉谷王様たちの夜

1. 寒い国から来た手紙  試聴する  
2. 遥かなる人 
3. 懐かしい人   
4. 里帰り    
5. 春夏秋冬    
6. 陽が沈むころに    
7. ヒマ人クラブ    
8. 春のからっ風    
9. 鏡の前のつぶやき
10. 終りをつげる 
  
ディスク:2 
1. 個人的理由 
2. 乱・乱・乱    
3. 街はぱれえど   
4. ひとりあるき   
5. 夜のかげろう   
6. コップいっぱいの話   
7. 眠れない夜    
8. Dのロック    
9. 国旗はためく下に   
10. ブルースを唄わないで   



このアルバム、ワタシの中では泉谷しげるの集大成というべきアルバムです、というのもワタシが泉谷のアルバムを買ったのは以下のとおり、デビュー盤「泉谷しげる登場」(これもライブ盤、デビューがライブ盤という珍しい仕掛け)から「イーストからの熱い風」まで、

その中で、この「ライブ!!泉谷~王様たちの夜~」は初期アルバムのヒットを受けて行われたライブであり、サウンド的にも曲ラインナップ的にも泉谷の絶頂期を象徴するアルバムなのです、って勝手に思っています(「光と影」が一番好きですけど)、、、じゃあ、その後の泉谷は、今の泉谷はどうなの!?と突っ込まれそうですね、、、ミュージシャンとしての泉谷はその後も現在も精力的に活動しているので、めちゃ立派!!なのですが、やはりワタシの泉谷はこの「ライヴ!!泉谷~王様たちの夜~」までなのです、

この後のアルバム「家族」はある意味、原点帰りを目指しており渋い名曲もあるアルバムですが、売上的には???どうだったのでしょう、

その次の「イーストからの熱い風」はアメリカのトルバドール(知らんし、どこか)でのライブ盤ですが、出来は???アカンかったと思います(ゴメン!泉谷さん、、、)、

で、ワタシの泉谷はここでいったん終わってしまうのですね、次のアルバムは「光石の巨人」かな?これはリアルでは書いませんでした(今は持ってますが、、、)

ということで、節目のライブアルバム「ライヴ!!泉谷~王様たちの夜~」、買おうかな


【泉谷しげる:初期アルバム】

泉谷しげる登場(1971年11月20日)
春・夏・秋・冬(1972年4月25日)
地球はお祭り騒ぎ(1972年11月25日)
光と影(1973年9月25日)
黄金狂時代(1974年10月10日)
ライヴ!!泉谷~王様たちの夜~(1975年8月25日)

家族(1976年4月25日)
イーストからの熱い風(1976年10月25日)

ここまで!







syougai1pon at 06:00│Comments(0)TrackBack(0)CD 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字