2016年03月03日

ローランドから世界初、電子音を重ねて演奏できるカホン「ELCajon(エルカホン) EC-10」♪

バンドにパーカションが欲しい時、便利な楽器です



簡単そうですが、、、奥が深い、習わないとたたけそうにありません、

上手くたたけば、実はめちゃカッコイイんですが



『カホーン』です

ちょっと、やってみたけど、素人の自己流ではやはりダメでした

やるなら、教室に行った方がエエみたいです



そんな『カホーン』に、こんな「カホン」がありました



ローランドから世界初、電子音を重ねて演奏できるカホン「ELCajon(エルカホン) EC-10」

ELCajon201601

BARKSより抜粋転載

ローランドは、アコースティックのカホンの音に内蔵スピーカーから電子音を同時に鳴らすことで表現豊かな演奏ができるエレクトロニック・レイヤード・カホン ELCajon(エルカホン)「EC-10」を1月23日より発売する。

木製の箱にまたがって打面を叩いて演奏するカホンは、手軽に持ち運んで演奏できるアコースティック打楽器。

路上ライブなどでアコースティックドラムの代わりとしても使用されるが、アンサンブルで演奏する際には音のバリエーションが少なく、それをカバーするために複数の打楽器を併用した演奏が多くなり、器材の持ち運びやセッティングに苦労する。そんな悩みを解消してくれるのが、ELCajon(エルカホン)「EC-10」だ。

ELCajon(エルカホン)「EC-10」は、打楽器としてカホンが持つアコースティックの音と電子音を重ねて鳴らせる世界初のハイブリッドのカホン。ローランドの電子ドラムのセンサー技術と音源を搭載し、本体のスピーカーからタンバリンやシェイカー、ドラムやパーカッション、さらにカホンの音色の一部を強調した電子音などを鳴らすことができる。

(転載ここまで)

ほ~、いったいどんな音なのか、聴いてみたいですね

これを機に、「カホン」習いに行くかあ



*ワタシは『カホーン』と発音していますが、「カホン」かもしれませんね





syougai1pon at 05:30│Comments(0)TrackBack(0)ギター周辺機器・小物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字