2016年02月16日

ハンガリーの昭和歌謡映画!???『リザとキツネと恋する死者たち』、これは観ずにはおれません^^) 

Facebookで教えていただいたこの映画、

解説を読めば読むほど、観ずにはおれない!気持ちが膨れ上がりました

こうなったら、是が非でも観に行きます



十三の『第七藝術劇場』で今週いっぱい、21時~のレイトショーのみ

ハードル高いけど、行かなしゃあない

明日か、明後日、なんとかしよう



十三『第七藝術劇場』のHPより転載

『リザとキツネと恋する死者たち』 Liza , The Fox - Fairy

20160216RIZAリザとキツネ

容疑者リザ30歳。独身。歌うユーレイと同居中
★第35回 ポルト国際映画祭 グランプリ
★第33回 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 審査員&観客賞
ほか

2014年/ハンガリー/98分/33 BLOCKS(サンサンブロックス)配給

 

ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ

モーニカ・バルシャイ、デヴィッド・サクライ、ゾルターン・シュミエド ほか
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円/小人 700円

会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付 
 

 
ハンガリーでハリウッド映画を凌ぐ異例の大ヒット!
1970年代のブダペストを舞台に、ヘンテコ昭和歌謡が嫉妬のリズムを誘う、
 
甘くてブラックな大人のおとぎ話

日本の恋愛小説と、彼女だけに見えるユーレイの日本人歌手“トミー谷”が心のよりどころのリザ。30歳の誕生日に住み込み先の元日本大使未亡人に許可をもらい、素敵な出会いを求め外出するが、その間に未亡人が殺害されてしまう。

刑事ゾルタンが捜査を命じられるが、リザに殺人の気配はない…。恋に恋する彼女が巻き込まれる連続殺人事件。その影にチラつくキツネの呪い。果たして孤独なリザに幸せはやってくるのか──。

 
九尾の狐~帝を誘惑する絶世の美女に化けた狐の妖怪~。この日本の伝説に着想を得たハンガリーの売れっ子CMディレクター、ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督が、ジャポネスクとヨーロピアンが不思議にマッチする奇想天外な映画を生み出した。

独特な世界観を彩るのは、耳に残るメロディと体が動き出す昭和のリズム、そして甘いけどクセになる日本語歌詞が楽しいオリジナル楽曲の数々。昭和の歌謡曲から『ルパン三世』のリミックス、知る人ぞ知る東京ビートルズなど、日本の音楽ファンを公言するメーサーロシュ監督が、来日時買いあさったCDや、YouTubeで出会った歌謡曲にインスパイアされながら創り上げた。

さらに劇中、リザにしか見えない日本人ユーレイ歌手トミー谷を演じるのが日本人の父とデンマーク人の母を持つデヴィッド・サクライ。アクション俳優として格闘技に精通した彼の軽妙なステップがきっと貴方を虜にする!
 
(転載ここまで)



この解説読んだら、見過ごせません





syougai1pon at 05:30│Comments(0)TrackBack(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字