2016年08月05日

『シン・ゴジラ』観ました~、間違いなく、過去のゴジラ映画、世界中で作られたゴジラ映画の最高峰です。

『シン・ゴジラ』観ました~、


めちゃくちゃよかったです!


間違いなく、過去のゴジラ映画、世界中で作られたゴジラ映画の最高峰です、

 



20160804シン・ゴジラ

ゴジラ映画好きなので、相当甘い評価かもしれませんが、でも、とっても素敵な映画でした、

 

まずは、東宝ゴジラ映画が“着ぐるみ”という呪縛から、こういうカタチで解放されて本当にヨカッタと思います、

 



もちろん、怪獣映画として成功しています、


“内閣+自衛隊vs怪獣”という東宝怪獣映画のデフォルトを世襲しながらも、最後までリアリティを失わずに、感動さえ覚えるラストを迎えます、


自衛隊の全面協力が素晴らしいです、


石原さとみのバイリンガル官僚もギリギリ最後まで持ちこたえました、


、 


パニック映画としても成功しています、


過去最強のゴジラとはいえ、その東京都心破壊の凄まじさに心が揺さぶられます、

これほど破壊の無残さに驚き、ゴジラを憎んだ映画は初めてです、

 



さらに、全編に溢れるサスペンス、


ゴジラ映画の核(ルーツ)である原爆被爆国日本とは何か、原発、核兵器、現在の日本、官僚の世界、国民の安全、日米安保、昨今の国際緊張関係までをもざっと覆い尽くして展開する画面に緊張感が溢れ、一流のサスペンスになっています、


とくにリアルな官僚の描き方で成功しています、主演他キャストの勝利、

 



ゴジラ自体にもいろんな新しい改革が試みられています、

ネタバレは避けたいところですが、怪獣映画ファンとして2つだけ書きたい、

 



まず一つ目は、、、


『ゴジラの遠景が多い』のが嬉しかったです、

関東地方の街並みやビル群の中を行くゴジラの描写がとっても素敵でした、


「キングコング対ゴジラ」や、それ以降の数作では“遠景の怪獣”が結構多用されているのですが、近年は“怪獣格闘映画”の要素が強くなり、セットの中での格闘戦がメインになる傾向がありました、

アメリカ版もその傾向がありました、夜のシーンが多いとかね、

 

それに比して今回のゴジラは白昼堂々と街を蹂躙します、

その悠々とした遠景ショットが素晴らしい、現実の街中にいる怪獣(虚構)の描き方がとっても素敵でした、

 



二つ目は音楽です、

劇中で伊福部昭の音楽が使用されていました(ネタバレか、許して)、これには素直に驚きました、

それまでの画面は明らかに過去のゴジラ映画とは違う“シン・ゴジラの世界”が展開されていたので、あのマーチがいきなり聞こえてきた時はちょっと驚きながらも、思わず声が出て、手を叩きそうになりました、

東宝ゴジラ映画へのオマージュです、

 



エンディングマークも良いのですが(懐かしファン向け)、


エンドロールが流れ始めても、立つ人がほとんどいません、みなさん、エンドロールをしっかり見て聞いています、たしかに値打ちのある時間でした、こんな映画久しぶり、

 

劇場が明るくなっても、さっと立つ人が少ない、みなさん(ワタシも含め)ゆっくりと余韻を楽しんでおられるようです、老若男女ともおそらく魂が揺さぶられたと思います、

 



ということで、今年一番心揺さぶられた、ワクワクドキドキしながら観た映画でした、映画はこういうのが一番いいなあ~、

 

マジに今日も見に行こうかなと思っております








syougai1pon at 05:30│Comments(0)TrackBack(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字