2016年10月14日

ノーベル賞 ボブ・ディランさん 文学賞、歌手で初 「新たな詩的表現」。

ビックリポンの受賞ニュースでした

BDボブディラン

今朝の毎日新聞の社会面記事にコメントが載っていたのが、、、

高石友也さん、中川五郎さん、大塚まさじさん、さだまさしさん、みうらじゅんさん、

高石さん『過激な歌だと思った』が『間違っていなかった』、、、

この受賞は平和切望のメッセージですな



毎日新聞のHPより転載

ノーベル賞 ボブ・ディランさん 文学賞、歌手で初 「新たな詩的表現」
 毎日新聞2016年10月14日 東京朝刊


スウェーデン・アカデミーは13日、2016年のノーベル文学賞を米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランさん(75)に授与すると発表した。歌手の同賞受賞は初めて。ディランさんは「風に吹かれて」などメッセージ性の高い作品で知られる米音楽界の大御所。授賞理由は「米国の歌の伝統において新たな詩的表現を創造した」としている。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金800万スウェーデンクローナ(約9400万円)が贈られる。

幼い頃からギターに親しみ、大学を中退後、1962年にアルバム「ボブ・ディラン」でデビュー。「時代は変る」「ミスター・タンブリン・マン」など数々のヒット曲を作った。60年代の米国で、公民権運動やベトナム戦争への反対運動が盛り上がる世情を背景に、社会派シンガーとして頂点に立ち、「フォークの神様」などと形容された。

 
歌詞をメロディーの「従者」という位置付けから脱却させ、反戦や反権力、価値観の転換など明確な主張をフレーズに盛り込んだ。

 
詞の内容は、人間同士の争いの愚かさを風刺した「風に吹かれて」、転変する生活を描く「ライク・ア・ローリング・ストーン」、死を象徴的にうたった「天国への扉」など、巧みな比喩と抽象的な表現で、陰影豊かに現代社会と人間を描写している。

 
スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は「口語で表現する偉大な詩人であり、54年もの長きにわたり自身を改革しながら、新しいアイデンティティーを創造し続けた」と話し、彼の作品を古代ギリシャの詩人・ホメロスらを引き合いに称賛した。

 
フォークにとどまらず、ロックやジャズなど多様なスタイルを追求。自作自演の創作スタイルはビートルズやローリング・ストーンズ、日本では吉田拓郎さんら、世界の音楽家に影響を与えた。78年に初来日。自ら作曲した曲は600曲以上、これまでに世界中で2000回以上のライブを行っている。アルバムのセールスは全世界で1億枚を超えている。【広瀬登】

(転載ここまで)







syougai1pon at 07:31│Comments(0)TrackBack(0)ギター 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字