2017年01月13日

『原 由子、ソロ曲136曲を主要配信サイトにて一挙配信』♪

記事内容がいささか旧聞で恐縮です、、、



彼女の曲、好きなんです、え~ですよね

CMソングでしたよね、『花咲く旅路』、エエ歌です、

他にもたくさん作られてるんですね、

こんなアルバムも出されています、

Hara原由子バラッド

アルバム「バラッド」、聴いてないわ、



そんな原由子さんのソロ曲が一挙配信されるらしいです、

いろいろ聴いてみたいね、



MUSICMAN-NETから転載】(2016年12月の記事です、旧聞で恐縮です)

『原 由子、ソロ曲136曲を主要配信サイトにて一挙配信』♪

Hara原由子201612

サザンオールスターズの原 由子のソロ楽曲が、今年の自身の誕生日翌日となる2016年12月12日より、主要配信サイトにて一挙に配信開始となった。

原坊の愛称で、ファンから親しまれているサザンオールスターズの紅一点であり、キーボーディストの原 由子。81年4月にシングル「I LOVE YOUはひとりごと」、アルバム「はらゆうこが語るひととき」を同時に発売して以降、これまでにアルバム6枚、シングル15枚など、ソロ作を数多くリリースしてきている。

最近では、2011年にアルバム「ハラッド」をヒットさせて以後は、新作が出ていないだけに、原 由子ファンにとっては、今回の配信開始のニュースは朗報。もちろん、近年サザンオールスターズや桑田佳祐のファンになった新たなファンにとっても、原 由子のソロワークスに触れてみる絶好の機会。温かく、そして優しく包み込んでくれるような、原 由子の歌声を堪能しよう。

今回配信開始となったのは、前述の6枚のアルバム(全104曲)、15枚のシングル(全30曲)に加え、配信限定シングルの「ウルワシマホロバ〜美しき場所〜」、さらに原 由子がピアノトリオバンドの風味堂とコラボし、〝ハラフウミ〟名義でリリースしたシングル「夢を誓った木の下で」に収録された3曲も含め、延べ136曲。また、2011年リリースの「ハラッド」には、ソロ作に加えサザンオールスターズの楽曲の中で原 由子がリードボーカルをとっている曲も収録されている。そういった意味では、今回の配信によって、改めて作曲家、作詞家、ボーカリスト、そしてもちろんキーボーディストとして、音楽家としてのさまざまな側面を味わうことができる、ということもできそうだ。


(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30│Comments(0)TrackBack(0)CD 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字