2017年03月13日

映画「この世界の片隅に」のオープニングテーマ、コトリンゴさんの『悲しくてやりきれない』♪

 この映画に採用されているのは知っていたのですが、

まさか、映画の冒頭で流れてくるとは、つゆ知らず、

いきなり、この独特の歌唱の『悲しくてやりきれない』を聴いて、

涙腺ボロ!!っと緩んでしまいました

ほんとにちょっと泣きました




映画もエエ感じで、「君の名は」を凌駕(自分的にはね)、

大大大ファンな(「君の名は」的)「シン・ゴジラ」も越えてしまいそうな感動でした

(どちらが上?なんて、、、云えません)



映画「この世界の片隅に」のオープニングテーマで流れた『悲しくてやりきれない』



はい、もちろん“ザ・フォーク・クルセダーズ”の名曲です

うちのFitbandでも、おそらく一番よく唄ってる曲だと思います、



映画「この世界の片隅に」、大ヒット

Kこの世界の片隅に2016

公開が2016年11月ですからもう5か月目に入ってるロングランヒット、



先々週金曜日、2017年3月3日のNHK「かんさい熱視線」、

片渕監督出演の特集を観て、また感動しました、

片渕監督、大阪府枚方市(ひらかたし:難読地名なので注釈)の出身なんですね



映画、ヒットしてヨカッタですね、

海外でも20数か国で公開とか、こういう良質な映画が世界で観てもらえるのは、

監督としてはホントに嬉しいでしょう



映画の舞台は70年ほど前の広島呉、

で、「悲しくてやりきれない」は49年前の楽曲、

49年前の楽曲が、これほど新鮮に胸に突き刺さるとは、、、

この曲が如何に名曲かという証明ですね



歌唱の“コトリンゴ”さんって存じ上げないのですが、

映画の雰囲気にピッタリの歌唱です、涙なしでは聴けません(涙腺弱いし)、

Kコトリンゴ2017

“コトリンゴ”さんのこの映画に関するインタビューがありました、



如何に名曲かということに関しては、この曲がカバーされている数でも分かります、

さすがに泉谷はカバーしてないみたいですが、



この曲をカバーされているのは、、、ウィキペディアによると、、、

シングル

松本伊代 (1989年)
おおたか静流 (1992年) : 映画『シコふんじゃった。』挿入歌
奥田民生 (2002年) : シングル「花になる」カップリング
瀧川広志(コロッケ) (2004年)
坂本真綾(2010年):シングル『DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら』のカップリング


アルバム

吉田拓郎 - ぷらいべえと (1977年)
矢野顕子 - 愛がなくちゃね。 (1982年)
中野律紀 - 風の声 (1993年)
ハウンド・ドッグ,極楽オールスターズ - PARADISE LUNCH (1995年)
鈴木真仁 - 絶対少年 (アルバム)(1997年)
横山智佐 - Best Selection (2000年)
PUSHIM - COLORS (2001年)
奥田民生 - 花になる (2002年)
黒川泰子 - Beautiful our LOVE (2002年)
渡辺美里 - Café mocha 〜うたの木〜 (2002年)
庄野真代&加藤実 - Time Traveller vol.2〜ノスタルジアの樹〜(2002年)
石川ひとみ - With みんなの一五一会〜フォークソング編 (2005年)
井上堯之 - 井上堯之の世界 (2006年)
朴璐美 - 遠い記憶 (2006年)
村上ゆき - 夢で逢いましょう (2006年)
アリヤ・ミハル - ハート トゥ ハート (2007年)
斎藤工 - ココロノグルリ (2007年)
森昌子 - あのころ (2007年)
KOKIA - Fairy Dance ~KOKIA meets Ireland~ (2008年)
加藤登紀子SONGS - うたが街に流れていた(2008年)
コトリンゴ - picnic album 1 (2010年)
上間綾乃 - 唄者(うたしゃ)(ただし、ウチナーグチ(琉球語)への翻訳歌詞) (2012年)
坂本冬美 - Lovesongs V~心もよう~ (2014年)
やなわらばー - 縁唄 ~フォークソングとやなわらばー~ (2015年)


その他

オダギリジョー 『パッチギ!』 サウンドトラック(2005年)
玉井詩織 舞台『幕が上がる』の中で(2015年)
多部未華子 映画『あやしい彼女』劇中歌(2016年)
コトリンゴ - 劇場用アニメーション映画『この世界の片隅に』オープニングテーマ(2016年、上記『picnic album 1』とは別音源)



こりゃ、Fitbandで唄う時も、心して唄わなければいけない名曲です











syougai1pon at 05:30│Comments(0)TrackBack(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字