2017年07月14日

『永久保存版! アコギ・ライフを100倍楽しむための 弦 徹底ガイド~Strings for Acoustic Guitars』

最近はギターの弦にも拘りなくなりました、

もうこの7~8年は
こちら、ダダリオの「フォスファーブロンズEJ16-3D」ですね



それまではあれこれいろいろ試しました、

1セット1000円以上する高価な弦も試しましたが、、、



結局、ギターの腕が良ければ、どの弦でもエエ音が出ることに気付き

弦をあれこれ試すのはやめました、、、ワタシの腕ではどれでも一緒ですわ



しかし、最近、弦は高いです、AmazonでもEJ-16 3Dが800円くらいしますね、

15年ほど前、お茶の水の楽器店で500円切っていたような記憶があります、

その後、徐々に上がりだしたのも憶えていますが、、、今も高いんですね、



最近、あまり買ってないから、値ごろ感が分かりません、

大阪梅田の楽器店で3セットパックがやはり2400円くらいかな、、、

あ、そろそろ買わなきゃいけません、予備がないや、、、





さて、“アコギ・マガジン”2017年6月号は弦特集らしいっす

ご興味のある方はぜひ、



Amazonから抜粋転載

アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2017年 6月号 Vol.72 (CD付)

201706アコギマガジン

『永久保存版! アコギ・ライフを100倍楽しむための 弦 徹底ガイド~Strings for Acoustic Guitars』


■SPECIAL PROGRAM
永久保存版! アコギ・ライフを100倍楽しむための弦 徹底ガイド
~Strings for Acoustic Guitars(70ページ)

これまで好評を博した“木材"“ピック&ネイル"“インレイ"に続く、まるごと1冊規模の保存版/徹底ガイド企画の第4弾は“弦"に焦点を当てる。

ギターを弾く人なら誰しもが触れずには通れないアイテム“弦"。弦が張られていなければ楽器として機能しないし、弦をはじかなければ音は出ない。

まさにギターの一部であり、とても重要な要素だが、意外に知らないことが多いのも事実。

その歴史を紐解いていくと、素材や構造などの進化が文明と密接に関わっており、楽器の構造やそこから生まれる音楽に大きな影響を与えていたのであった。

17世紀より弦製造に携わるダダリオ特集や、さまざまな弦メーカーの試奏レポート&特大カタログ、85人のミュージシャンへの愛用弦アンケートなどなど、弦に関することを完全網羅。計70ページの特大企画である。


◎CONTENTS
(前編) 弦の素材図鑑
弦の歴史 文明の進化と製造方法/楽器/音楽の変遷
String Thing~ビンテージ弦のパッケージのアートな世界
D'Addario 吉田次郎ファクトリー・ツアー+ジム・ダダリオ・インタビュー
acoustic science
弦の構造
弦の振動とギター・サウンド
弦と弦高考察
正しい弦の張り方


(後編) 新素材&コーテッド弦試奏 エバラ健太×小倉良男
フォスファー弦試奏レポート 井戸沼尚也
ナイロン弦試奏レポート 伊藤賢一
現行String Catalog
プロの愛用弦アンケート
弦にまつわるQ&A


(抜粋転載こkまで)






syougai1pon at 05:30│Comments(0)Books 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字