2017年11月15日

先週観た映画、『Ryuichi Sakamoto: CODA』、重くないです、押し付けがましくないです、観て損はないと思います♪

先週観た映画、『Ryuichi Sakamoto: CODA』、




ドキュメンタリー、2012東北から始まる、

津波に浸かったピアノ、放射線量、反原発、

聴き慣れた旋律に泣きそうになる(ホンマに)...


がん発病、治療、死生観、

映画音楽、自然の音、作る音、

そしてまた東北、ガイガーカウンターの音




最後まで飽きずに観られるドキュメンタリーでした

重くないです、押し付けがましくないです、観て損はないと思います



映画.comより転載

『Ryuichi Sakamoto: CODA』、

20171114坂本龍一CODA

日本が誇る世界的音楽家・坂本龍一を追ったドキュメンタリー。

2012年から5年間にわたって密着取材を行ない、アーカイブ映像も織り交ぜながら坂本の音楽的探求をたどる。YMO時代をはじめ、米同時多発テロや東日本大震災後を経ての様々な活動、14年7月から約1年間に及ぶ中咽頭ガンとの闘い、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作「レヴェナント 蘇えりし者」での復帰、さらに17年3月リリースの8年ぶりオリジナルアルバムの制作現場にも密着。坂本の過去の旅路が、現在の作曲プロセスと見事に交差していく様子をとらえた。

監督は「ロスト・イン・トランスレーション」の共同プロテューサーを務めたスティーブン・ノムラ・シブル。

(転載ここまで)







syougai1pon at 05:30│Comments(0)映画 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字