『道の鼓動を聴きながら...2018』 in 関西 と 香川♪いわさききょうこさんのライブツアーです♪山行記録No.8:2018年5月27日(日) 摩耶山、灘温泉で汗を流す。

2018年06月01日

先週観た映画~「孤狼の血」(★★★☆☆)

先週観た映画~「孤狼の血」(★★★☆☆)

201805孤狼の血

ヤクザ映画かと思いきや警察小説映画か、


広島の呉原市(架空)、暴対法施行直前の昭和63年、暴力団の勢力争いが再燃する中、新人刑事の日岡はマル暴のベテラン刑事大上とコンビを組まされる、
警察官としての規律は持ち合わせず、法律無視は当たり前、暴力団からの賄賂も平気で受け取る大上の捜査手法に嫌気がさす日岡、


行方不明になった暴力団関係者の捜査を進める中、偶発的に殺人事件が発生、抗争は一気に過熱、大上の思惑をも超える急展開をみせていく、
そして、14年前の殺人事件が大上刑事の犯行である可能性が浮上、警察幹部、監察、大上、日岡、それぞれが抱える秘密と思惑と共に事件は最悪の事態に、、、

基本、ヤクザ映画、暴力映画は見ない主義、ですが周りでこの映画の話題がポツポツ出るので観てみました、

冒頭から暴力描写がどぎついので、観なきゃよかったとも思いましたが、話は面白い、原作が良く出来ているのでしょう(原作未読)、


原作共々「警察小説×『仁義なき戦い』」という事らしいですが、「警察小説」映画として製作(暴力描写をソフトに)しても十分耐えられるストーリーでした、伏線もしっかりしていて、大上刑事の真の姿が興味深い、過激な暴力描写はちょっと、、、宣伝ポスターも“ヤクザ映画”視点にウエイト置いてます、もったいない、ま、こういう映画=東映の真骨頂みたいな面もあるのでしょうが、


後味、悪い半分、すっきり半分、怖いもの観たさでどうぞ、







syougai1pon at 05:30│Comments(0) 映画 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
『道の鼓動を聴きながら...2018』 in 関西 と 香川♪いわさききょうこさんのライブツアーです♪山行記録No.8:2018年5月27日(日) 摩耶山、灘温泉で汗を流す。