Fitbandライブ♪『来た限りはやりまっせ 木屋町編~まだまだ夏だよ、全員集合!』♪2018年8月25日(土)開催です♪山行記録No.13~2018年7月1日(日) 芦屋川~風吹岩。

2018年07月07日

先週観た映画~「焼肉ドラゴン」(★★★☆☆)

先週観た映画~「焼肉ドラゴン」(★★★☆☆)


昭和45年前後、日本の片隅に普通にあった風景を切り取った映画、


201806焼肉ドラゴン

伊丹空港近くのバラックに住んでいる在日韓国人の家族が営んでいる焼肉屋、主人龍吉の名前にちなんで『焼肉ドラゴン』と呼ばれている、


龍吉は戦争で片腕を失ったが、自分の娘2人、再婚相手・英順の連れ子の娘、そして二人の間に出来た息子の4人の子供を養うため懸命に働いている、


それぞれの娘の結婚問題で騒動が多発、、息子が高校でいじめを受けているのも母親の悩みのタネ、


さらに市からは立ち退きを求められている、龍吉は「この土地は醤油屋の岡田さん(だっけ?)から買った土地や!」と主張して立ち退きには頑として応じない、

そんな折、衝撃的な事件が、、、



同年代の京都を描いた「パッチギ!」を思い浮かべながら鑑賞、「パッチギ!」が昭和の空気感をオールロケで再現したのに比べると、本作はどうしても時代的・地理的なリアリティが感じられない、舞台劇を見ているような感覚になるのは製作上仕方ないか、


冒頭のナレーションも要らないような気がします、映画なので映像で表現してほしかった、セットも(ちゃんと作ってあるのですが)出来ればロケセットで撮れたらヨカッタかな~、とか思ってしまいます、


「3丁目の夕日」のようなおとぎ話は今回の手法でも入り込めますが、昭和・関西・在日・焼肉となると、もっと荒っぽい熱い映像が見合うような気がします、


でも、役者はみなさん熱演、好演、熱の入るシーンもあります、

「パッチギ!」で花開いた(と思っています)真木よう子、好演です、井上真央も熱演で完全に大泉洋を喰っています、お二人とも関東の出身のようですが、関西弁は完璧、さすがです、ここが出来ているのがこの映画の素晴らしいところであり成功している要因、
父親役のキム・サンホ、母親役のイ・ジョンウンもとても良いです、


食いしん坊なので、タイトルになっている“焼肉”にもっとスポットライトを当てて欲しかったなあとも思います、観た後になんか悲しくて、でも面白うて、『よっしゃ!今日は焼肉でも喰うか!』、そんな観後感の映画にしてもヨカッタかな~、と、、、


関西人の殻を捨てて楽しんだらエエと思います、






syougai1pon at 05:30│Comments(0) 映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Fitbandライブ♪『来た限りはやりまっせ 木屋町編~まだまだ夏だよ、全員集合!』♪2018年8月25日(土)開催です♪山行記録No.13~2018年7月1日(日) 芦屋川~風吹岩。