まっすん、こと増田俊郎さん情報♪『増田俊郎 & JAYWALK= 初のコラボレーションシングル =』♪本日配信開始です!金森幸介さん、9月は九州ツアーです♪諫早~唐津~福岡~鹿児島~鹿屋~長崎です~♪

2018年08月30日

先週観た映画~「タリーと私の秘密の時間」(★★★☆☆)

先週観た映画~「タリーと私の秘密の時間」(★★★☆☆)


ほんわかと幸せな気分に浸れる映画ではあるのだが、、、


201808タリー

仕事も家事も育児も完璧にこなしたい有能なマーロだが、予定外の3人目の子どもを妊娠~出産したことから生活のリズムが崩れ始める、

忙しすぎる毎日、長男は学校で問題を抱え、旦那は仕事で出張がち、なんとか一人でガンバって乗り切ろうとしていたマーロも限界に達し、兄の薦めで夜だけのベビーシッターを雇うことにする、


やってきたのはタリー、若くて美しく、そしてベビーシッターとしても最高の働きをするタリー、まるで魔法のように掃除や料理をこなし、赤ちゃんの面倒をみるタリーに、マーロもしだいに心を開き、日常の疲れから解放され元の輝きを取り戻していく、、、


が、ある日、タリーは突然ベビーシッターを辞めなければならないと告げる、もう限界だと、、、それを聞いて取り乱したマーロは、、、



マーロの苦悩があまりにも現実的、日本のお母さんもこんな感じで大変なんだろうな素直に思える、


ベビーシッターのタリーはとても魅力的、溌剌とした若さがオーラみたいなものを放っていて観ていて楽しい、



結末にはとても映画的なレトリックが用意されています、見ている間になんとなくそうかな~、と思えるヒントがいくつかあります、


それ自体は問題ないのだけれど、収束の仕方が今ひとつピンとこなかった、途中に何回か出てくる暗示的な幻想シーン?も不要かな?期待以上の観後感にはなりませんでした、




でも、小さな子どもを持つ母親・父親が観たら、とくに“ワンオペ育児”中のママが観たらめちゃくちゃ共感できる映画なんだろうなあ、


時間があれば観て損はなし、





syougai1pon at 05:30│Comments(0) 映画 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
まっすん、こと増田俊郎さん情報♪『増田俊郎 & JAYWALK= 初のコラボレーションシングル =』♪本日配信開始です!金森幸介さん、9月は九州ツアーです♪諫早~唐津~福岡~鹿児島~鹿屋~長崎です~♪