ギター

2019年09月19日

ワタシの“生涯の1本”を紹介します、その③、Martin1996CTMのPUに関する記事再掲です♪

ワタシの“生涯の1本”、

2015年に1996CTMにPUを装着しました、これがまたライブではエエ仕事をしてくれているようですので、記事再掲します



【2015年10月14日掲載記事を再掲】

Martin ooo-28(1996CTM)、

このギター、ライブでも大活躍なのですが、、、

OOO28-2kaitei

PUは付いていません、

ライブの度にサウンドホールにマグネット
PU『L.R.Baggs』を取り付けて、サウンドホールからラインを垂らして対応、、、

これがどうも面倒なので、還暦のお祝い(自分へのご褒美ね)はPU取り付けとなりました、



ギタリストのFさんからPU付けるならココ!!、と聞いていたので『三木楽器梅田店』へ持ち込みました



目論みとしては、まず「エンドピンの場所にジャックを付ける」、

そして、現状のマグネット『L.R.Baggs』と、「ピエゾのPUとのミックスにチャレンジしてみる」、

という感じだったのですが、いろいろ相談すると、、、



『L.R.Baggs』が、ピエゾとのミックスの相性が悪い、とのことで(あら~~~)、、、

で、、、

あらためて、マグネットとピエゾのPU2つを新規で取り付けることに決定

結構なお値段になりましたが、ギター買うよりは安い!ということで決行いたしました



取り付けたPU2つはこれです



『SUNRISE(サンライズ)S-2』、

20150915サンライズ三木楽器
  

マグネットピックアップの王道!フィンガーピッキング系を始め多くのアーティストに信頼されている定番ピックアップ。

SUNRISE使用アーティスト・・・"Ry Cooder氏" "Devid Lindley氏"Bonnie Raitt氏"Jackson Browne氏"Ben Harper氏"U2氏"中川イサト氏"小松原俊氏"増田俊郎氏"大塚まさじ氏"岸部眞明氏"小川銀次氏"押尾コータロー氏"藤田隆二(ル・クプル)氏"春本徹志氏""
そして世界、日本のトッププレーヤーがサンライズのサウンドに信頼をおいています。パッシブながらしっかりと安定した出力があり、そのいちばんの特長は生音に忠実で音の輪郭がぼやけることなくパワフル、かつアンサンブルの中ではっきり聞き取れる音をアウトしてくれること。ABS樹脂でモールドされた本体は、ノイズやハウリングに対する基本性能の高さも魅力ながら、各弦の入力をしっかりとセパレートし、クリアな音色を確保してくれます。単体での使用もいいですし、他のピックアップとのミックスでフィンガースタイルなどでのメロディラインの確保などには抜群の効果です。



『OVAL(オーバル)WITZ Active』、

20150915witzactive_1三木楽器
  

アコースティックトーンをありのまま。拡張性高い2chプリアンプを搭載したアクティブモデル。

WITZ Activeはこれまでに定評のあったWITZシステムに2chプリアンプシステムを搭載したプロフェッショナルモデル。3枚のコンタクトピエゾに任意の パッシッブPUを追加しブレンドのシステムとしても使用出来る拡張性の高いプロフェッショナルな仕様です。プリアンプにはナチュラルなアコースティックの 響きを増幅する為、ピークの少ない高性能2チャンネルプリアンプ。繊細なアコースティックサウンドを余す事無く増幅させます。マグネットPUとのブレンド やアンダーサドルPUとのブレンドなど、プレイヤーの求めるサウンドと安定した実用性を実現しております。

(再掲ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年09月18日

ワタシの“生涯の1本”を紹介します♪その②はMartin ooo28(1996CTM)♪

さて、ワタシが2本持っている“生涯の1本”

その②はMartin ooo28(1996CTM)です、

OOO28-2kaitei

これが一番のお気に入りで、ライブとかでも一番使ってきたギターです、

親バカ覚悟で書くと、、、これ以上のギターは無いと思います
(知らんけど)



現在もooo28は2本所有しています、1996CTMと2000CTM、

ワタシの“生涯の1本”は1996CTMです、このギターは本当に“生涯の1本”に値するギターのような気がしています、

まずボディサイズ、ギターを買い漁っていた時はよく分かっていませんでしたが、ワタシにはoooサイズが体格的にもピッタリくるし、音質もoooサイズの音が好きなのに気付きました
(ooサイズも興味ありますが、未購入のまま)

そして、1996CTM個体の音がとっても好きです

ライブハウスのPAの方とかからも何回か『ちょっと、そのギター見せてもらっていいですか?』とか云われました、そんな時はホント嬉しい



ということでこちらの記事を再掲です、
(1996CTMにはPUを2015年に装着しました、その記事は明日再掲します)



【2011年09月24日掲載記事を抜粋再掲】

(途中からの再掲)
で、ちょうど2本のooo-28が揃ったので弾き比べてみました

2000CTMはほとんどノーマルのooo-28と変わりません、違いはヘッドがグロス仕上げで旧デカールロゴが付いています、おそらく違うのはここだけ、現在の金箔ロゴが嫌な人向けに楽器店がオーダーしたCTMのようです、価格もノーマル製品と変わらぬレベルでした。

ストラップ 004kai
(この写真は古いなあ、今はトップがもっと焼けてきています♪)

もともと低音が良く出たいた印象はあるのですが、より低音が出るようになり、さらに全体の粒立ちも良くなりました、結果全体の音量も大きくなったようです、ちょうど10年くらいが経ってイイ感じになってきたようですね、



1996CTMは前のオーナーがMartinカスタムショップのオーダーしたフルカスタムです、ビンテージを模した仕様ですね、前はいろいろと研究しましたが今はあまり憶えていません、ヘッドのロゴはもちろん旧デカールロゴ、オープンバックのペグ、やや三角ネック、ボディのバインディングはヘリンボーン、鼈甲系(よりも赤いですが、、、)のピックガード、ロングサドル、トップの色はより濃い赤色(ECみたいな色)、というなかなかゴージャスかつオーセンティックな外観です、正直、この外観が好きだったのでこのギターを買ったようなものです、ちょっと高かったです、


00028ctm 005kai

で、音のほうもなかなかゴージャスです、特に高音のキラキラした感じは他の所有Martinとは一線を画したものでした、ライブなどで使用してもいろんな方々から(PAを通しても)「良い音がする」と褒めていただきました、


さて、この2本を並べて弾いてみました、詳しいことはよく分からないのですが、、、音は、、、似てます!!当たり前ですよね、どちらもooo-28なんですから当たり前です、で、もうちょっと弾き聴き比べると、、、一番の違いはやはり1996CTMの高音のキラキラ度ですね、1996CTMは全体にぎらつき粘っこい感じで特に高音は美しい音を放ちます、2000CTMは全体に末枯れてきて低音から高音までバランス良く鳴るようになりましたが、全体としてはやはり1996CTMに軍配が上がります、でも2000CTMもブライトでバランスが良いのでストロークが気持ちイイです、これは両方とも使えそうですね、2000CTMのこれからが楽しみになって来ました、Martinは10年経ってからですね(なんて、よく分かりませんが、)


ということで、涼しくなってきた秋の夜、気持ちよく2本のMartinを弾くなんて、、、くわ~、贅沢だなあ

(抜粋転載ここまで)




上の記事では書いていませんが、前の所有者から購入する時、この1996CTMのトップ材は“アディロンダック”という説明でした、

が、現在一般的に云われている年輪幅が大きい“アディロンダック”とは見た目が違う、再度確認したら、

『見た目は違いますが、信頼できるギターショップで確認したら、これも“アディロンダック”でした』、みたいな返答、


ま、そういう事もあるかなと思っていますが、未だに真偽は不明です、

どなたか、この辺りの事をご存知な方は教えてくださいませ






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年09月17日

ワタシの“生涯の1本”を2本紹介します♪その①まずはこちら、『Collings OM2H』(2008CTM)です♪

先週書いた記事、、、

最近は“ギターそのものに対する興味がなくなった”件、

いろいろあると思いますが、この2本を手にしたから“もうギターはこれでまんぷく!”になったような気もします



という事で、ワタシの“生涯の1本”を2本紹介、
(1本と違うんかい!)



まずは1本目、新参者からです、といっても2008年製、

購入してもう10年以上になるんですね、時の流れは速い、



無精して、過去記事でスペックが一番まとまっている記事を再掲します、

読んでみてくださいませ~



【このBlogの2013年07月15日掲載記事を再掲】

『Collings OM2H』(2008CTM)

008

イイ音しています

トップ:スプルース
サイド、バック:ローズウッド
ボディ:OOOサイズ
スケール:ロング

ということでOOOサイズのボディにロングスケールのネックが付いた“OM”というギターになります、弾いた感じも“OOO”の歯切れ・レスポンスの良さと、“Dサイズ”の音量、バランスの中間といったところでしょうか、ロングとショートのスケールの長さの差は僅か645.2-632.5=12.7mmですが弾いた感じはまったく別物になるんです、楽器というのは微妙なものですね、個体としてもアタリで非常に甘く深い音が出る満足の1本です



見た目もワタシの好みに完璧にマッチしているという要素も強いですね、ギターは見た目、抱えた時の気分も非常に大切です

ヘリンボーンのバインディング、ピックガードはOMスタイル・赤褐色マーブル柄、ロングサドル、ペグはゴトー?オープンバック、

2012photopegu


ヘッドはエッジがたったCollingsスタイル、ネックは普通ですが今のレギュラーMartinほど薄くはないですね、

014

ピックアップが装着された状態で買いました(2009年新宿ロックイン)、“Carlos CP-1A ”、

PAカルロス

これも高性能のようです、なんかイイ感じで音が出ているような気がします

これまで3度ほど転倒事故を起こしています、もちろんライブで使用していますのでそれなりに傷多数、でも気にしない、使えば使うほど愛着が出てくるのがギターです、



ということで、今日のギター紹介はこんなところで、、、

あ、、、また来た、彼女は1回このギターを押し倒したことがあります

012

(再掲ここまで)





いかがでしょうか、、、

まるで親バカな気分ですが、、、やはりとっても良いギターです







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年09月03日

ギターの事、ギターそのものに最近あまり興味がなくなって来たな~♪

久しぶりに“ギター”の記事です、



Facebookでカナモリコウスケさんが書いていました、

『ギターが好きそうに見えるらしい。 全くの誤解である。』

『友人とギターの話をしていて、“ ブリッジ ” という単語が浮かんでこなかった。 』

ま、ちょっと意味は違うと思いますが、

ワタシも最近ギターに関する(ギターそのものに関する)興味が失われてしまったようです

元はと云えば、このBlogも最高のギターを、生涯の1本になるギター探しの事を書こうと思って始まったのですが、、、



1972年、高校生の時に2万円のMorris(W-20)を購入、

1995年に久しぶりにアコギを購入、またMorris、

2002年くらいかな?ヤフオクでアコギが多数出品されているのを知り、それまで持っていなかったMartinも購入

Gibsonは梅田の店で購入



あの頃はなんかアコースティックギターのスペックと薀蓄に嵌って、いろんなギターを買いました、

2005年からは東京にいたこともあり、神田のギター屋へもよく足を運んだな、



結局、1995年~2005年の10年間で10本以上のギターを購入、
(もうだいぶ処分しました、売ったり、あげたり、貸したり)

なんというか、ずっと高級なギターを買えなかった反動というか、、、アホみたいにいろいろ買いましたわ、



で、気が付くんです、、、

自分の好みのギターと云うのはどういうギターなのか?

何本も買うとそれがだんだんわかってくる

それと、、、そう云うギターはそれなりにお高い、という事も分かって来ます



で、やっとたどり着きました、もう他のギターは要らん、これでエエ!というギターに、
(おお、Blogタイトル通りの記事ですやん)



ということで、今弾くとしたらこの2本です、はい、一応2本あります、

058kai

005kai380

この2本の紹介は、、、またあらためて(あらためてかい~)、

2本ともホントに気に入っていて、もう他は要らないわ、と思わせてくれる2本です



なので、、、今はもう“ギターそのもの”に関する興味はほとんどないのです







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年02月26日

ギターも大好きだった♪大杉漣さん、66歳で逝ってしまわれました、、、さすがに早過ぎる、、、哀悼、、、

先週、2018年2月21日(水)、大杉漣さんが亡くなられました、

66歳はさすがに早過ぎます

とても優しい方だったようで、たくさんの方々がその死を悼んでおられます、



ギターがお好きだったイメージですね、ライブとかは拝見したことないですが、、、

Osugi大杉連ギター

ギターを持った写真がたくさんあります



お名前の“漣”は芸名で、

高田渡の息子さん、高田漣さんのお名前から取られたらしいです、、

これは知りませんでした、



【高田漣さんのツイートを転載】

高田漣‏ @rentakada

若き日の頃の大杉さんは父・高田渡の所にやって来て息子さんの名前を芸名に下さいと直談判に来たという。時は過ぎ父と僕は大杉さんと共演したり父が亡くなった後もご一緒したり楽屋に差入れを頂いたりいつも優しい大先輩でした。
時折頂く何気ないメールがもうこないのかと思うと悲しくてやりきれない。

(転載ここまで)



泉谷しげるもブログでコメントをしています、

泉谷しげるのブログから転載

漣さんが逝くとは… 

2018年02月22日
テーマ:ブログ
 

なンてこった

大杉漣が急性心不全で死去だと!?

じょーだんじゃねえゾ


昨年の秋、時代劇チャンネル『雨の首ふり坂』の仕事で一緒だったじゃねぇか
打ち上げも盛り上がったし、完成披露舞台挨拶の時も顔色よく元気だったろ
とても受け入れられンわい


大杉漣とは30年以上の付き合いになるな~
80年代に、大杉さん主幹の「転形劇場」のステージで、渾身の3日間ライブは今だに忘れられない
それからもズッとオイラのライブファンでいてくれて、最近もライブに来てくれててさ
楽屋訪問せずに帰りやがる照れ屋さんで~
画面よりも実在の漣さんはダンディーな背丈といい格好よく、声がいいのだ


昨年の夏、九十九里にある大杉漣のスタジオで、漣さんの息子で写真家の「大杉隼平」と、オイラのアート展『天才か人災か』用の撮影したり、ファンとバーベキュー大会したり、ライブしたり~
とにかく大杉漣とは楽しいことばかりしてきたのだ
急性心不全で急死なンて信じられるワケないだろ


漣さん66だろ
オイラは受け入れないからな
だから哀悼もしない


またすぐ会おう


泉や

(転載ここまで)

哀悼、、、







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年02月22日

富永寛之さんのウクレレワークショップ♪2018年2月24日(土)西宮市甲陽園 k-dee guitars で開催です♪

もう、何年前かな?(何回も書いているエピソードで恐縮です)

携帯電話(当時はまだガラ携でした)を近鉄電車の中で忘れました



いろいろ顛末はあったのですが、

最終的には数時間後に手元に戻り、事なきを得ましたが、、、



その日は、富永寛之さんのウクレレワークショップに初めて参加する予定、

奈良市奈良町辺りへ向かう近鉄電車の中で携帯電話を落としたのです、



ワークショップ会場に着いた途端に携帯電話がないことに気づき、

受付に方に『携帯、落としたみたいなんです、探しに行ってきます』とだけ伝えて、

会場を飛び出しました、、、

スイマセン、あの時は大変ご迷惑をお掛けしました



と、富永さんの“ウクレレワークショップ”の開催告知を見る度に思い出すエピソードであります、



明後日、2018年2月24日(土)は西宮市甲陽園辺りで開催だそうです、

この日は山に登っておりますので参加できません

また、いずれの日にか、、、



富永寛之さんのHPより転載

2018年2月24日(土) 西宮 k-dee guitars (ウクレレワークショップ)


20180224冨やんウクレレ教室

17:00~18:30参加費 4000円(ワンドリンク付)

西宮市甲陽園駅から車で5分 。
甲陽園駅から送迎可(お申し込みの際に詳細をお知らせ致します)

⭐️申し込み、お問い合わせ先 各SNSのDM、コメント
携帯 090-3623-2707
メール 
idubfishsyun@yahoo.co.jp






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年12月20日

今週末、こんなんあります♪【ギタークリスマス大阪2017 12/23(土).24(日)】楽器店6社合同の特大セール!♪

へ~、こんなイベントもあるんですね

大阪の楽器店6社合同のギターセールのようです、

観るだけでも楽しいそう



会場はアメリカ村サンボウル地下1階の特設会場だそうです、

知らんな



うむ?それによく読むと入場料1000円が必要なようです、

むむ、、、

それに、MIKI GAKKI のHPで出品商品を見るとエレキギターがほとんどみたい、、、

どうすっかな、



Facebookのページ

2017年の締め括りはギタクリで♪
ギタークリスマスOSAKA2017
開催致します。
2017年12月23日(土)、24日(日)、アメリカ村サンボウル地下1階の特設会場にて、関西の有名楽器店が軒を連ね、巨大セール会場を設営!
皆様、是非お越し下さいませ~♪



MIKI GAKKIのHPより転載

20171223ギターXmas

【ギタークリスマス大阪2017 12/23(土).24(日)】楽器店6社合同の特大セール!

楽器店6社が垣根を越えタッグを組んだ”超巨大楽器店”が大阪に誕生!
アコースティックギター/エレキギター/ベース/ウクレレの超ビッグなクリスマスセールを開催します!
2日間限りの超お買い得品が目白押し!これだけ楽器店が集まっているんです!安くないわけがありません!
    
皆さまのご来場をお待ちしています!

2017年12月23日(土、祝)、24日(日)の2日間、アメ村サンボールビルB1F特設会場にて開催されます。
.

三木楽器は創業1825年。今年ももちろん三木楽器総力を挙げて出展参加致します!

エレキギター、エレキベース、アコギ、ウクレレのお値打ち品・目玉品を多数ご用意致します。

また、この期間に会場だけの特別キャンペーンも合わせて実施!!

 

*特別金利での分割ショッピングローンお申込み!36回までは金利手数料無料!!

*会場入場券に付いてくる¥1,000クーポン券で買える弦や小物などのお買い得¥1,000アイテムをご用意!!(入場料 要 1000円)

 

GUITAR XMAS当日はスタッフ一同、心よりお待ち致しております。

 

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年11月17日

ボブ・ディランのギターMartin D-28がオークションに出品、約4500万円で落札されたそうです♪

ボブ・ディランのアコースティックギターと云えば、

Gibsonのイメージが強いし、ギブソンの音が似合うし、ギブソンを持っている方がカッコ良いと、

勝手に思ってましたが、、、

Martinも弾いていたんですね



たしかに、この写真のギターかな、

BディランD28kai
Bボブディラン1992

Martin D-28だそうです、使用時期から1971年かそれ以前のMartin D-28、エエですね~



このギターがオークションに出品されました

TVやサイトではギターの写真が掲載されていますが、イメージ(同形モデル)写真のような気がします、

オークションに出品された実物の写真かどうかは確認できないので掲載見送り、

写真のギターのピックガードは赤い鼈甲のように見えます、



出品者はビンテージギターを専門に扱うビジネスをされているようで、出品者曰く、

「オリジナルのブリッジピンだし、全てはディランが当時所有していたままの状態だ。40年前と同じだよ」

保存状態は問題ないようです、素晴らしい~



オークションの結果は、、、

30万ドルの予想を上回る、396,000ドル(約4500万円)で落札されたそうです、



出品者は1977年、ディラン本人から500ドルで購入したそうな

なんともハッピーなお話です



T-SITEから転載

ボブ・ディランのギターがオークションで推定3000万円超え!?

ボブ・ディランのギターが来月オークションに出品される予定で、落札予想価格30万ドル(約3400万円)がつけられている。11月11日に米テキサス州ダラスにてヘリテージ・オークションズを通し競売にかけられることとなったのは、1963年製マーティンのアコースティックギターD-28で、ディランが1970年代の数々の伝説のコンサートで使用していたものだという。

実際には、1971年にジョージ・ハリスンが主催したバングラデシュ難民救済のためのチャリティコンサートや、1975年から76年にかけて行われた自身の「ローリング・サンダー・レヴュー」ツアーで使われたとのことだ。
 
出品者はプリンス、カルロス・サンタナ、ブルース・スプリングスティーンなどとも仕事をした経験を持つギター・テクニシャンのラリー・クラッグで、同ギターを1977年にディラン本人から購入したという。商品にはオリジナルの領収書も含まれ、その紙面からは当初の価格がわずか500ドル(約5万7000円)であったことが窺えるそうだ。
 
現在クラッグはビンテージ楽器のレンタルをサンフランシスコで営んでおり、クラッグによって湿度や温度管理が十分に行き届いた環境で保管された同ギターの保存状態は本人曰く最良だという。「オリジナルのブリッジピンだし、全てはディランが当時所有していたままの状態だ。40年前と同じだよ」

そして同ギターは歴史的なもので博物館に飾られるべきものだとクラッグは付け加えた。
 
一方、ヘリテージ社の委託販売取締であるマイク・グティエレス氏はこのようなギターがオークションに出るのは非常に稀だとして「このようなギターはセレブリティの方たちが所有していて、彼らは売る必要もなく、売る気もないのが普通です。ですからマーケットにはほぼ出回らないのです」と説明した。

(転載ここまで)



こちらのサイトに落札価格が書かれていました、

amassから転載

ボブ・ディラン(Bob Dylan)が1970年代に使用したギターがオークションに出品され、396,000ドル(約4500万円)で落札されています。

このギターは1963年製のMartin D-28アコースティックギター。オークションを主催したヘリテージ・オークションズによれば、ディランはこのギターを、1971年に行われたジョージ・ハリスン主催のチャリティ・コンサート<バングラデシュ難民救済コンサート>や、1975年10月から1976年5月までの<Rolling Thunder Revue>ツアーで演奏したようです。

このギターは、ディランのギター修理を務めたラリー・クラッグがディランから1977年に500ドルで購入。今回のオークションではその時の領収書の写しも含まれています。

同オークション会社が予想していた落札価格・30万ドル(約3400万円)を約10万ドル上回る価格での落札です。なお、購入者は匿名を希望しています。


(転載ここまで)



 



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年05月16日

富永寛之さんが『洗足学園音楽大学』の講師に就任♪凄いですね~、楽しそうです^^)

先日、大阪梅田の「ロイヤルホース」で久しぶりにステージを拝見

ウクレレとギターでの出演でした

034kai

ブルームーンカルテットの富永寛之さん、

ブルームーンカルテットの他にもいろんなユニットでプレイされていますが、、、



その富永さんが、この度、めでたく『洗足学園音楽大学』の講師に就任されました

Tominaga富永寛之201609

へ~、凄いな~、、、な感じ、

ウクレレの講師だそうです、ええなあ、生徒さんは幸せですな~



最近の大学はいろんな方が講師をされていますよね、

なんか楽しそうです、

またもう一回大学へ行ってみたような気もします、いや、ほんまに



洗足学園音楽大学のHPから転載


富永 寛之 ウクレレ
現在の活動ギター、ウクレレでライブ、レコーディング、作曲、アレンジなど

略歴 

1972年兵庫県明石市出身。躍動感溢れるフリーフォームなスタイルでジャンルを問わず様々な音楽を奏でる。

ツアーを中心とした活動の他に、レコーディングやプロデュースワークも多い。
バンド活動では、バンバンバザールを経てブルームーンカルテットでウクレレをプレイ。

コンピレーションアルバム「ウクレレ・ジブリ」の参加をきっかきにフラットピックを用いる独自のスタイルの演奏は、国内はもとより欧米からの賞賛の声も多い。

音楽雑誌への執筆やソロウクレレのアレンジ譜などに定評があり、著書「ジャズアレンジで楽しむソロウクレレ映画音楽集」(リットーミュージック)はロングセラーを続けている。

指導方針 

ウクレレを通じて音楽の「楽しさ」や、「ワクワク」する気持ちを一緒に感じていきましょう。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月08日

「吉田拓郎LIVE 2016」発売記念ギター展示決定!大阪は梅田のマルビル『タワーレコード』店内です♪

「吉田拓郎LIVE 2016」発売記念ギター展示決定! 

だそうです

そういうと何年か前にも同様の展示があったような気がするな~、



大阪は梅田マルビルのタワーレコード店内のようです、

展示は昨日2月7日(火)から始まっていて、来週の13日(月)までです、

ちょいと寄ってみましょう





Takuro2016ライブ


タワーレコードONLINEから転載


2017年2月8日発売、LIVE DVD&Blu-ray「吉田拓郎 LIVE 2016」の発売を記念して、実際にライブで使用されたギター展示いたします。

是非、この機会にご来店ください。


■タワーレコード梅田大阪マルビル店
・展示ギター:フェンダーテレキャスター/シンライン(お気に入りの)
・展示期間:2/7(火)~2/13(月)予定
・展示場所:タワーレコード梅田大阪マルビル店 J-POPフロア

(転載ここまで)



東京の山野楽器銀座本店でも同様の展示企画があるようですが、

詳細は分かりませんでした、、、








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)