ギター

2017年02月08日

「吉田拓郎LIVE 2016」発売記念ギター展示決定!大阪は梅田のマルビル『タワーレコード』店内です♪

「吉田拓郎LIVE 2016」発売記念ギター展示決定! 

だそうです

そういうと何年か前にも同様の展示があったような気がするな~、



大阪は梅田マルビルのタワーレコード店内のようです、

展示は昨日2月7日(火)から始まっていて、来週の13日(月)までです、

ちょいと寄ってみましょう





Takuro2016ライブ


タワーレコードONLINEから転載


2017年2月8日発売、LIVE DVD&Blu-ray「吉田拓郎 LIVE 2016」の発売を記念して、実際にライブで使用されたギター展示いたします。

是非、この機会にご来店ください。


■タワーレコード梅田大阪マルビル店
・展示ギター:フェンダーテレキャスター/シンライン(お気に入りの)
・展示期間:2/7(火)~2/13(月)予定
・展示場所:タワーレコード梅田大阪マルビル店 J-POPフロア

(転載ここまで)



東京の山野楽器銀座本店でも同様の展示企画があるようですが、

詳細は分かりませんでした、、、








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月14日

ノーベル賞 ボブ・ディランさん 文学賞、歌手で初 「新たな詩的表現」。

ビックリポンの受賞ニュースでした

BDボブディラン

今朝の毎日新聞の社会面記事にコメントが載っていたのが、、、

高石友也さん、中川五郎さん、大塚まさじさん、さだまさしさん、みうらじゅんさん、

高石さん『過激な歌だと思った』が『間違っていなかった』、、、

この受賞は平和切望のメッセージですな



毎日新聞のHPより転載

ノーベル賞 ボブ・ディランさん 文学賞、歌手で初 「新たな詩的表現」
 毎日新聞2016年10月14日 東京朝刊


スウェーデン・アカデミーは13日、2016年のノーベル文学賞を米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランさん(75)に授与すると発表した。歌手の同賞受賞は初めて。ディランさんは「風に吹かれて」などメッセージ性の高い作品で知られる米音楽界の大御所。授賞理由は「米国の歌の伝統において新たな詩的表現を創造した」としている。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金800万スウェーデンクローナ(約9400万円)が贈られる。

幼い頃からギターに親しみ、大学を中退後、1962年にアルバム「ボブ・ディラン」でデビュー。「時代は変る」「ミスター・タンブリン・マン」など数々のヒット曲を作った。60年代の米国で、公民権運動やベトナム戦争への反対運動が盛り上がる世情を背景に、社会派シンガーとして頂点に立ち、「フォークの神様」などと形容された。

 
歌詞をメロディーの「従者」という位置付けから脱却させ、反戦や反権力、価値観の転換など明確な主張をフレーズに盛り込んだ。

 
詞の内容は、人間同士の争いの愚かさを風刺した「風に吹かれて」、転変する生活を描く「ライク・ア・ローリング・ストーン」、死を象徴的にうたった「天国への扉」など、巧みな比喩と抽象的な表現で、陰影豊かに現代社会と人間を描写している。

 
スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は「口語で表現する偉大な詩人であり、54年もの長きにわたり自身を改革しながら、新しいアイデンティティーを創造し続けた」と話し、彼の作品を古代ギリシャの詩人・ホメロスらを引き合いに称賛した。

 
フォークにとどまらず、ロックやジャズなど多様なスタイルを追求。自作自演の創作スタイルはビートルズやローリング・ストーンズ、日本では吉田拓郎さんら、世界の音楽家に影響を与えた。78年に初来日。自ら作曲した曲は600曲以上、これまでに世界中で2000回以上のライブを行っている。アルバムのセールスは全世界で1億枚を超えている。【広瀬登】

(転載ここまで)







syougai1pon at 07:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月08日

行って来ました、心斎橋にあたらしくできた『三木楽器アコースティックイン』、目の保養?目の毒?^^)ついうっかり、、、は、なし。

心斎橋のPARCOの並びにあった三木楽器が改装?閉店、

で、新しいアコギ・ウクレレの店『アコースティック・イン大阪』が、アメリカ村に先月2016年7月に出来たので行って来ました

003



だいたい、こういう高級ギターが並んでいる店は危ないのです、絶対に危ない

はずみで、ついうっかり、とか、、、

出会いがしらの事故です、とか、、、

気が付いたら、お持ち帰りしてました、とか、、、

ま、そんなことが起こりうる店なのであります



最近は“新しいギターに対する耐性”が強化されているので、ちょっとやそっとでは、

そんな危ない目に合うことはないのですが、、、



それでも、このギターは綺麗だったなあ

きっとエエ音するんだろうな、

間違いないよね~、と思ったのがこれでした、



でもねえ、ワタシの腕では、もうこんな良いギターは要らないんです、

それなりのが手元に2本ありますからね、

宝の持ち腐れになります、、、でも、、、ちょっと、欲しかった~~



Martin OOO-18 Authentic 1937 (2006)、

20160803三木楽器心斎橋OOO18

中古です、10年前の2006年製のギターです、

1937年当時の仕様を復活して製作されたギター、ということでございます、

綺麗な状態でした、アディロンダックのトップも綺麗、で、498,000円、

危なかった、



三木楽器のHPより、ギター説明を転載

マーチン社の黄金期(ゴールデン・エラ)と称される1930年代。当時のモデルと同じ製法で製作されるいわば完全再現を目的としたオーセンティックシリーズ。アディロンダックスプルーストップ/マホガニーサイド&バック/エボニー指板&ブリッジ。Tバーロッドの採用や各部の接着にニカワを用いた採用するといった事を始めとし、ブレイシングの形状/ネックシェイプ、ネックヒール形状など細部に至るまで徹底的に研究された、まさにマーチン社の英知の結集とも言えます。こちらはトリプルオーのスタイル18。惜しくも現在は千三完了と鳴りましたが、根強い人気は今後も衰える事は無いでしょう。 やはりアディロンダックスプルースを採用したスキャロップブレイシングによるパワフル且つ立体感のあるサウンドはサイズ以上の音量感があり、大型ボディのモデルに勝るとも劣りません。そして、フィンガーピッキング時の太さの際立つ安定感のある音色は脱帽モノ。ブルースやラグタイムにはやはりベストマッチです。全体的に軽い拭きキズ程度で目立つ程のキズは無く、スバらしいコンディション。オリジナルハードケースが付属致します。


Condition:EX+++
 Top:Solid Adirondack Spruce
 Side:Solid Genuine Mahogany
 Back: Solid Genuine Mahogany
 Neck:Genuine Mahogany
 Truss Rod:T-Bar
 Fingerboard:Ebony
 Bridge:Ebony
 Machine Head:Waverly Nickel w/ Oval Buttons
 Fingerboard Inlay:Dot
 Rosette:Blac&White
 Binding:Tortoise,Black&White
 Pick Guard:Tortoise
 Pick up:None
 Nut width:44,9mm
 Scale:632,5mm
 Case:Original Hard Case


<<お問い合わせ>>
三木楽器アコースティックイン(アコースティックギター・ウクレレ専門店)
MIKI GAKKI Acoustic INN OSAKA
TEL: 06-6211-2230
通常火曜定休
http://www.mikigakki.com/acousticinn/
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-2 Crice Nikko 西心斎橋 2F

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月15日

【アコースティックギター】Collingsが創る新ブランド「Waterloo」が登場、見た目が良いです!!

もう、ずいぶん前になりますが、

映画「ラブ&マーシー」を見た後、チョー久しぶりに大阪ミナミ アメリカ村の三木楽器を覗いてみました

あら、アコースティックギター売り場は4Fになったんだ

2年程前にGibsonのJ-45のエエ感じのが何本かあったのですが、今はどうかな~、



と4Fフロアに上ると、こんなブランドのギターがありました、

「Waterloo」、、、

見た目で気になったのですが、置いてあったパンフレットを読むと、、、お!“Collings”から出た新しいブランドみたいです

やはり、、、なんか、好みのルックスでした、、、

危ないので弾きませんでした



【アコースティックギター】Collingsが創る新ブランド「Waterloo」登場!

アコースティック・ギターの全てを知りつくした男、と呼ばれるビル・コリングス。
日本でもCollingsブランドのギターは高く評価され、数々のプロ・ミュージシャンが使用していますね。

そのビル・コリングスが、Collingsブランドとは別に「Waterloo(ウォータールー)」というブランドを立ち上げました。

今年頭に開催されたNAMM SHOW2014にてビル・コリングスが作って来たWaterloo(ウォータールー)。「こう言うギターも大好きだから単純に研究してる。」とのことでしたが、ここにきて本格的に始動です。

『WL-14』

Waterloo20150829三木楽器ミナミ

ラダー・ブレイシングの『WL-14L』とXブレイシングの『WL-14X』2バージョンが用意されています。
さらに共にTruss RodとT-Bar NECKバージョンを選択可能です。




買いません、たぶん買わないと思う、ちょいと欲しいかも、、、

でも、たぶん買わない!、、、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月14日

還暦祝いにギターを購入!?!?・・・ではなく、Martin ooo-28(1995) にPUを付けました♪^^)

2015年9月に還暦を迎えました、

これを記念に久しぶりにギターを購入かあ、、、



というのも考えたのです、、、が、、、

買うならGibsonかな、

J-45かJ-50のビンテージが候補だったのですが、ちょっこと大阪のギターショップを見て回って、、、あまり触手動かず



もう本数を揃えたい齢でもなく(お!大人の発言)、

現状、ライブで使っている2本、

Martin ooo-28(1995CTM)、これ、大好きなギターなんです、、、

と、、、

Collings OM-2H(2008)、ロックイン新宿のカスタム、これもエエ音します、



この2本でまあ十分か、、、つうか、演奏の実力から考えたら、上等すぎるギターが2本そろっています、

ということで還暦祝いのギター増量は自然消滅、大人の判断です



でも、、、

Martin ooo-28(1995CTM)、

このギター、ライブでも大活躍なのですが、、、

OOO28-2kaitei

PUは付いていません、

ライブの度にサウンドホールにマグネットPU『L.R.Baggs』を取り付けて、サウンドホールからラインを垂らして対応、、、

これがどうも面倒なので、還暦のお祝い(自分へのご褒美ね)はPU取り付けとなりました、



ギタリストのFさんからPU付けるならココ!!、と聞いていたので『三木楽器梅田店』へ持ち込みました



目論みとしては、まず「エンドピンの場所にジャックを付ける」、

そして、現状のマグネット『L.R.Baggs』と、「ピエゾのPUとのミックスにチャレンジしてみる」、

という感じだったのですが、いろいろ相談すると、、、



『L.R.Baggs』が、ピエゾとのミックスの相性が悪い、とのことで(あら~~~)、、、

で、、、

あらためて、マグネットとピエゾのPU2つを新規で取り付けることに決定

結構なお値段になりましたが、ギター買うよりは安い!ということで決行いたしました



取り付けたPU2つはこれです



『SUNRISE(サンライズ)S-2』、

20150915サンライズ三木楽器
  

マグネットピックアップの王道!フィンガーピッキング系を始め多くのアーティストに信頼されている定番ピックアップ。

SUNRISE使用アーティスト・・・"Ry Cooder氏" "Devid Lindley氏"Bonnie Raitt氏"Jackson Browne氏"Ben Harper氏"U2氏"中川イサト氏"小松原俊氏"増田俊郎氏"大塚まさじ氏"岸部眞明氏"小川銀次氏"押尾コータロー氏"藤田隆二(ル・クプル)氏"春本徹志氏""
そして世界、日本のトッププレーヤーがサンライズのサウンドに信頼をおいています。パッシブながらしっかりと安定した出力があり、そのいちばんの特長は生音に忠実で音の輪郭がぼやけることなくパワフル、かつアンサンブルの中ではっきり聞き取れる音をアウトしてくれること。ABS樹脂でモールドされた本体は、ノイズやハウリングに対する基本性能の高さも魅力ながら、各弦の入力をしっかりとセパレートし、クリアな音色を確保してくれます。単体での使用もいいですし、他のピックアップとのミックスでフィンガースタイルなどでのメロディラインの確保などには抜群の効果です。



『OVAL(オーバル)WITZ Active』、

20150915witzactive_1三木楽器
  

アコースティックトーンをありのまま。拡張性高い2chプリアンプを搭載したアクティブモデル。

WITZ Activeはこれまでに定評のあったWITZシステムに2chプリアンプシステムを搭載したプロフェッショナルモデル。3枚のコンタクトピエゾに任意の パッシッブPUを追加しブレンドのシステムとしても使用出来る拡張性の高いプロフェッショナルな仕様です。プリアンプにはナチュラルなアコースティックの 響きを増幅する為、ピークの少ない高性能2チャンネルプリアンプ。繊細なアコースティックサウンドを余す事無く増幅させます。マグネットPUとのブレンド やアンダーサドルPUとのブレンドなど、プレイヤーの求めるサウンドと安定した実用性を実現しております。



出来上がりの感じは、、、エエ感じです

23日(水祝)、神戸六甲道「フォロ・ロマーノ さとる」でのライブで初使用、

エエ感じでした、ヨカッタ、なんか、こういうのん、嬉しいです





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月23日

野村義男のギターコレクションを収めた書籍『野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション』

野村義男さん、

東京単身赴任中に一度だけ、どこだっけなあ、エライ遠いところ(千葉か埼玉?茨城)でライブを観ました、世良正則さんと二人のステージ、

アコギも弾いてたような気がしますが、、、違うかな、、、
とにかく、ギター、めちゃくちゃ上手でした



そんな、野村義男さん、

6月25日(木)野村義男のギターコレクションを収めた書籍『野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション』が発売だそうです

Nomura野村義男ギターコレクション201506

音楽ナタリーより抜粋転載

野村義男のギターコレクションを収めた書籍「野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION」が6月25日に刊行される。

この本は野村の300本を超える膨大なギターコレクションをまとめた写真集。

ギブソンやフェンダーといった王道ブランドのビンテージから、原産国も年代も不明なギター、自ら改造を施した実戦向きの逸品まで、野村の所有する多彩なギターがファイリングされた。そのほか本書には「アンプ・コレクション」「使用ピック・ギャラリー」などのマニアックなコンテンツや、野村の全コレクションが写った特大ポスターを収録。リットーミュージックのYouTube公式チャンネルでは書籍のプロモーション映像を公開している。

(抜粋転載ここまで)



エレキギターメインのようです、好きな人にはたまらんギターもいっぱいあるんでしょうな








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月10日

拓郎がBlogで嬉しいことを書いてくれました、ラジオ収録、曲作り、アルバム作り♪なにやら今年も拓郎がやってくれそうです♪

拓郎がBlogでいろんなことを書いてくれました、

Takuro吉田拓郎2014



ラジオ収録無事終了、

曲作りも進行中、

そして、なんとアルバム作りの話、なんか嬉しい、企画もワタシ好みかも、、、そして、1曲目はあの曲に決めているそうです、なんと、、、



もう、全文掲載します、イイですよね、、、、

【吉田拓郎 公式Blogより転載】

人がそれを可能にするからと言って
誰でもが出来るわけではない
自分は自分として精一杯生きるのが
自分らしさだと思っている
今年も誕生日が来た
それは現実として受け止めたい
前向きになるか
時にはマイナスのイメージを抱くか
どれであっても自分なのだ

久しぶりのラジオをやってきた
相変わらずの(いや前よりももっと)
おバカさんな内容だったけれど
とても楽しかった
本当にラジオは楽しいな
それを許してくれるニッポン放送には
感謝しなければね
またレギュラーもありえる

そろそろドラマ曲の締め切りだ
明日から頑張ってみよう
アルバム作りも始めた
(ちょっとしたアイデアがあって
今回はギターサウンド中心に攻める)
ステージもハイクアウトの森野君と
話し合って少しずつ企画が見えてきた

僕のこの頃の日常は?と言えば
「よーし歌うぞ!」と湧き上がるものを
強く感じる日と
「うーんどうしよう?」と立ち尽くす
ような日と交互にやって来る
ただし全体としてはっきりしているのは
「歌いたい」という気持ちが強烈にある
という事だ
「待っていてくれ」と言うのは苦手だが
「またすぐ逢えるさ」だ
⒈曲目は「マーク2」に決めてあるんだ
こういう気持ちって押さえられないものなんだ

(転載ここまで)



で、コメントにあるラジオ番組はこちら
2015年4月20日(月)20時~21時50分、

残念ながら東京ニッポン放送のみみたいです



【ニッポン放送のHPから転載】

70年代のオールナイトニッポンに始まり、ラジオで‘今’を語ってきた
吉田拓郎が久しぶりにニッポン放送の夜に特別番組で帰ってきます。

パートナーは、オールナイトニッポンGOLDの盟友・坂崎幸之助

先日、69歳になった吉田拓郎が語る「人生」「音楽」「今後」とは?

もちろんあの名物コーナーの復活も?!

一夜限りの特別番組「吉田拓郎 僕のラジオwith坂崎幸之助」は、
4月20日(月)夜20時00分~21時50分の放送です!

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月03日

春の陽気ですが、、、『Collings OM-2H』のビビりは収まりませんでした、で、久しぶりに調整に出しました、が、、、

昨日はスプリングコートも手放しました、完全に“春真っ盛り”ですね~

そんな中、Collings 『OM-2H』を調整に出しました、



Collings OM2H(2009)、

008

2月中旬にケースから出して弾いてみると、解放弦で6~4弦に軽いビビりがありました

だいたい、冬場はビビりが多くなる傾向にあります、このギターはもう6年くらい弾いていますので経年劣化もあるでしょう、

でも、暖かくなるとビビりが収まるかも、、、と、ちょっと期待して調整を見合わせていました、



練習などで弾く時はこのようにティッシュをナット部分にかませていました、これでとりあえずビビりは消えました

008

当然、音に何らかの影響があると思われますが、、、具体的にはほとんど実感できない程度ですから、練習とかでは影響ないかと思います、



で、このところの陽気です

だいぶ暖かくなってきました、ひょっとするとネックにも微妙な変化が見れるかもしれません、暖かさによる順反りによりビビりが消えるかも、、、

で、この前の土曜日に弾いてみたのですが、、、やや症状は軽くなっていましたが、やはり解放弦の6~4弦でビビりがあります、

う~ん、これは調整ですね



ということで、先週の土曜日に大阪梅田のギターショップに持ち込みました、

軽い確認でネックの捻じれ反りやフレットの浮きなども無いようで、診断は『ナットの経年劣化で弦の高さが低くなった』ということに、

ナットの交換ですね、

ひょっとするとネックの調整(アジャスタブルネックです)で済むかという淡い期待もあったのでギリギリの持ち込みとなってしまいました、

というのも、明日4日(土)にライブがあります、このギターを使おうと思っていたのですが、ナットの制作交換は1週間~10日間は掛かるとのこと、

失敗だ

もっと早く持ち込んだらヨカッタ、明日のライブに間に合わないかもしれません、ひょっとすると今日出来あがったりして、、、という希望もありますが、、、どうなるやら、、、



間に合わなければこちらのギター使用ですね、Martin ooo-28(1996CTM)、


005 (2)

これも好きなギターなのでOKです



でも、盲点がありました、、、

ギターを担ぐ軽量のハードケースは一つしか持ってません、その一つは今ギターショップにあります、、、あら~、ハードケースで持ってライブ会場まで行きますか?いや、それは辛いな~

ケースだけとりあえずギターショップから引き上げるか、、、

それとも、、、買うか、、、



4日(土)のライブはこちら、天候が心配です

『2015年 宇治川さくらまつり』

例年、宇治公園中ノ島で開催される「さくらまつり」に音楽イベントの音添えでお祭りを盛り上げます、

◆日 時 : 4月4日(土)・5日(日) 10:00~16:00 雨天決行 (荒天中止)
◆場 所 :府立宇治公園中の島 (塔の島)
◆内 容 :お茶席、宇治川春の市、おまつり広場、伏見の銘酒試飲、炭山陶器まつり、 
     宇治川の鵜飼実演、宇治田楽、音楽ライブなど
◆問合わせ (社)宇治市観光協会(TEL0774-23-3334)

Fitband1kai
(写真は昨年2014年のFitband)

今年は、4月4日(土)1日だけの音楽イベントになります、音楽ステージは“雨天中止”です

<音楽ライブの概要>

◆内 容 : タイトル 「花音(かのん)ミュージックフェスタ」

◆日 時 : 4月4日(土) のみ  ※雨天中止
  *ライブステージは1100~と1500~の2部構成です、
  *Fitbandは1100~の部に出演予定です
  
◆場 所 : 塔の島 お祭り広場 (枝垂れ桜の隣 特設ステージ)
◆出 演 : 満月堂、こもれび、Fitband、シューベルツ・コム(予定)
        






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月24日

『富永寛之 ウクレレワークショップ&ライブ』3月24日(火)神戸、28日(土)京都、29日(日)北九州、30日(月)倉敷で開催です♪

一度、奈良で開催のこの方の“ウクレレ ワークショップ&ライブ”に申し込んで、勇んで行ったのですが、、、

奈良へ向かう近鉄電車の中で携帯電話を落としてしまい、その対応で急遽のドタキャン、スイマセンでした、携帯は無事出てきたのでヨカッタですが、、、



『ブルームーンカルテット』のギタリスト、富永寛之さんのウクレレワークショップ&ライブ

BMQ富永寛之2013

3月は大阪・神戸で何回か開催(すでに終了分あり)、今日24日(火)は神戸、28日(土)京都、29日(日)北九州、30日(月)倉敷と続きます

このところ、ウクレレはまったく弾いてません、これからはウクレレのシーズンですからね、久しぶりに引っ張り出してみるかな、、、



◆2015年3月24日(火) 神戸 地獄谷パラダイス (富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
more info→ 
http://www.diffusy.com/fV4fcZ  

◆2015年3月28日(土) 京都 papas door 12B (富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
京都市北区紫野十二坊町6-8
18:00 オープン  19:00 スタート 
完全予約¥3,000(定員15名)
持ち物 ウクレレ・筆記用具
見学とライブ鑑賞のみ:¥2,000(ライブ鑑賞のみなら20:00入場でもOKです)
※どちらも要1オーダー:ドリンク各種¥400、フード¥100~400   TEL:075-417-2482(留守番電話)
● 予約専用アドレス 
lahyuga@mbox.kyoto-inet.or.jp

◆2015年3月29日(日) 北九州Herb Cafe Sora*Sora  (富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
16:00~
北九州市小倉北区中井1-26-5
093-777-5520


◆2015年3月30日(月) 倉敷 フューチャーヒャクカフェ(富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
岡山県倉敷市鶴形1丁目4-22
18:00オープン、19:00スタート
定員15名さま(完全予約)
持ち物 ウクレレ・筆記用具
料金 ¥3.000(+1ドリンク¥500)
見学とライブ鑑賞のみ:¥2,000(ライブ鑑賞のみなら20:00入場でもOKです)
お申し込みはヒャクカフェ店頭もしくはお電話にて受付い
たします。
*当日のお申し込みは基本不可です
*定員に達し次第締め切らせていただきます info:086-423-1011





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月17日

やはり冬はビビるみたいです、調整に出すかな、『Collings OM2H(2009)』のお話♪

やはり冬はビビるみたいです、



今、ライブで使っているギターはこの2本です、

1本はMartin ooo-28(1996CTM)、個人のMartinカスタムショップへのオーダー品で中古で入手しました、

005 (2)

その前に入手したMartin ooo-28(2000CTM)と比べると一弦一弦の粒立ちが際立っており、ギラギラした粘りもあります(最近、ちょっと枯れてきたような気もしますが)、とくに高音の音色は気に入っています



もう1本はCollings OM2H(2009)です、

008

東京勤務時代2009年2月に「新宿ロックイン」で新品で購入、高価なギターですがバーゲンでした、一応「新宿ロックインCTM」という感じでPU(カルロス)も装着されていました、

ボディサイズはoooサイズと同じですが、OMはネックがロングスケールです、わずか13㎜の差ですがこれがまったくの別物となります、

oooサイズは一弦一弦の粒立ちが良くフィンガープレイはもちろん、ストロークプレイにも対応出来るバランスの良いギターです、

OMサイズも基本的な立ち位置は同じだと思いますが、やはりストロークでの一体感がドンと表に出ていく感じが強いです、バンドライブではストロークプレイが多いワタシにはこれも有りなのです、



ライブではこの2本をほぼ均等に使い分けています、昨年は9月~12月はMartin ooo-28使っていました、

で、今年2015年はCollings OM2Hに持ち替えようと、ケースから引っ張り出して弾いてみました、

うむ、僅かですが6弦~4弦にビビりがあります

ケースから出した時は2F~4F辺りで出ていたのですが、数日間部屋の中に出しておくとオープンでビビるように変わりました、6弦5弦が少しましになり、4弦3弦がやや強くビビるようになった感じです、

これが、どういう原因、症状なのか専門家でないと分かりません、大まかには冬場温度が下がると逆反り(ボディ裏側へ反る)、夏場は順反り(ボディ表面へ反る)という傾向があるように感じます(個体差が大きいのでなんとも難しいですが)、このCollings OM2Hはやはり冬場は逆反りでビビりが出る傾向があります、



でも、オープンでのビビりならナットの高さを上げてやるのが一つの対処療法です、

このCollingsはアジャスタブルネックなので調整用のロッドが付いていますが、基本的には素人は触らないほうが無難だと考えていますので調整に出すことにしますが、週末にライブがあるので、ナット辺りに応急処置をすることにしました、



で、それはこれ、

008

ずいぶん昔に誰かに教えていただいた応急処置です、

ティッシュペーパーの小片をナットと弦の間に挟んでいます、これでビビりは見事に無くなりました、ギター側を触りませんし、何かを接着するわけでもないので原状回復が担保できます、簡単で安全な応急処置です、オープンがビビる場合は経験的に有効です、

当然、音への影響はあると思われますが、ライブで弾いている分には特段困ることはなかったです、

あくまで応急処置なので、時間がある時にギターショップに持ち込みましょう、











 
 


syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)