ギター

2015年04月03日

春の陽気ですが、、、『Collings OM-2H』のビビりは収まりませんでした、で、久しぶりに調整に出しました、が、、、

昨日はスプリングコートも手放しました、完全に“春真っ盛り”ですね~

そんな中、Collings 『OM-2H』を調整に出しました、



Collings OM2H(2009)、

008

2月中旬にケースから出して弾いてみると、解放弦で6~4弦に軽いビビりがありました

だいたい、冬場はビビりが多くなる傾向にあります、このギターはもう6年くらい弾いていますので経年劣化もあるでしょう、

でも、暖かくなるとビビりが収まるかも、、、と、ちょっと期待して調整を見合わせていました、



練習などで弾く時はこのようにティッシュをナット部分にかませていました、これでとりあえずビビりは消えました

008

当然、音に何らかの影響があると思われますが、、、具体的にはほとんど実感できない程度ですから、練習とかでは影響ないかと思います、



で、このところの陽気です

だいぶ暖かくなってきました、ひょっとするとネックにも微妙な変化が見れるかもしれません、暖かさによる順反りによりビビりが消えるかも、、、

で、この前の土曜日に弾いてみたのですが、、、やや症状は軽くなっていましたが、やはり解放弦の6~4弦でビビりがあります、

う~ん、これは調整ですね



ということで、先週の土曜日に大阪梅田のギターショップに持ち込みました、

軽い確認でネックの捻じれ反りやフレットの浮きなども無いようで、診断は『ナットの経年劣化で弦の高さが低くなった』ということに、

ナットの交換ですね、

ひょっとするとネックの調整(アジャスタブルネックです)で済むかという淡い期待もあったのでギリギリの持ち込みとなってしまいました、

というのも、明日4日(土)にライブがあります、このギターを使おうと思っていたのですが、ナットの制作交換は1週間~10日間は掛かるとのこと、

失敗だ

もっと早く持ち込んだらヨカッタ、明日のライブに間に合わないかもしれません、ひょっとすると今日出来あがったりして、、、という希望もありますが、、、どうなるやら、、、



間に合わなければこちらのギター使用ですね、Martin ooo-28(1996CTM)、


005 (2)

これも好きなギターなのでOKです



でも、盲点がありました、、、

ギターを担ぐ軽量のハードケースは一つしか持ってません、その一つは今ギターショップにあります、、、あら~、ハードケースで持ってライブ会場まで行きますか?いや、それは辛いな~

ケースだけとりあえずギターショップから引き上げるか、、、

それとも、、、買うか、、、



4日(土)のライブはこちら、天候が心配です

『2015年 宇治川さくらまつり』

例年、宇治公園中ノ島で開催される「さくらまつり」に音楽イベントの音添えでお祭りを盛り上げます、

◆日 時 : 4月4日(土)・5日(日) 10:00~16:00 雨天決行 (荒天中止)
◆場 所 :府立宇治公園中の島 (塔の島)
◆内 容 :お茶席、宇治川春の市、おまつり広場、伏見の銘酒試飲、炭山陶器まつり、 
     宇治川の鵜飼実演、宇治田楽、音楽ライブなど
◆問合わせ (社)宇治市観光協会(TEL0774-23-3334)

Fitband1kai
(写真は昨年2014年のFitband)

今年は、4月4日(土)1日だけの音楽イベントになります、音楽ステージは“雨天中止”です

<音楽ライブの概要>

◆内 容 : タイトル 「花音(かのん)ミュージックフェスタ」

◆日 時 : 4月4日(土) のみ  ※雨天中止
  *ライブステージは1100~と1500~の2部構成です、
  *Fitbandは1100~の部に出演予定です
  
◆場 所 : 塔の島 お祭り広場 (枝垂れ桜の隣 特設ステージ)
◆出 演 : 満月堂、こもれび、Fitband、シューベルツ・コム(予定)
        






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月24日

『富永寛之 ウクレレワークショップ&ライブ』3月24日(火)神戸、28日(土)京都、29日(日)北九州、30日(月)倉敷で開催です♪

一度、奈良で開催のこの方の“ウクレレ ワークショップ&ライブ”に申し込んで、勇んで行ったのですが、、、

奈良へ向かう近鉄電車の中で携帯電話を落としてしまい、その対応で急遽のドタキャン、スイマセンでした、携帯は無事出てきたのでヨカッタですが、、、



『ブルームーンカルテット』のギタリスト、富永寛之さんのウクレレワークショップ&ライブ

BMQ富永寛之2013

3月は大阪・神戸で何回か開催(すでに終了分あり)、今日24日(火)は神戸、28日(土)京都、29日(日)北九州、30日(月)倉敷と続きます

このところ、ウクレレはまったく弾いてません、これからはウクレレのシーズンですからね、久しぶりに引っ張り出してみるかな、、、



◆2015年3月24日(火) 神戸 地獄谷パラダイス (富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
more info→ 
http://www.diffusy.com/fV4fcZ  

◆2015年3月28日(土) 京都 papas door 12B (富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
京都市北区紫野十二坊町6-8
18:00 オープン  19:00 スタート 
完全予約¥3,000(定員15名)
持ち物 ウクレレ・筆記用具
見学とライブ鑑賞のみ:¥2,000(ライブ鑑賞のみなら20:00入場でもOKです)
※どちらも要1オーダー:ドリンク各種¥400、フード¥100~400   TEL:075-417-2482(留守番電話)
● 予約専用アドレス 
lahyuga@mbox.kyoto-inet.or.jp

◆2015年3月29日(日) 北九州Herb Cafe Sora*Sora  (富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
16:00~
北九州市小倉北区中井1-26-5
093-777-5520


◆2015年3月30日(月) 倉敷 フューチャーヒャクカフェ(富永寛之ウクレレワークショップ&ライブ)
岡山県倉敷市鶴形1丁目4-22
18:00オープン、19:00スタート
定員15名さま(完全予約)
持ち物 ウクレレ・筆記用具
料金 ¥3.000(+1ドリンク¥500)
見学とライブ鑑賞のみ:¥2,000(ライブ鑑賞のみなら20:00入場でもOKです)
お申し込みはヒャクカフェ店頭もしくはお電話にて受付い
たします。
*当日のお申し込みは基本不可です
*定員に達し次第締め切らせていただきます info:086-423-1011





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月17日

やはり冬はビビるみたいです、調整に出すかな、『Collings OM2H(2009)』のお話♪

やはり冬はビビるみたいです、



今、ライブで使っているギターはこの2本です、

1本はMartin ooo-28(1996CTM)、個人のMartinカスタムショップへのオーダー品で中古で入手しました、

005 (2)

その前に入手したMartin ooo-28(2000CTM)と比べると一弦一弦の粒立ちが際立っており、ギラギラした粘りもあります(最近、ちょっと枯れてきたような気もしますが)、とくに高音の音色は気に入っています



もう1本はCollings OM2H(2009)です、

008

東京勤務時代2009年2月に「新宿ロックイン」で新品で購入、高価なギターですがバーゲンでした、一応「新宿ロックインCTM」という感じでPU(カルロス)も装着されていました、

ボディサイズはoooサイズと同じですが、OMはネックがロングスケールです、わずか13㎜の差ですがこれがまったくの別物となります、

oooサイズは一弦一弦の粒立ちが良くフィンガープレイはもちろん、ストロークプレイにも対応出来るバランスの良いギターです、

OMサイズも基本的な立ち位置は同じだと思いますが、やはりストロークでの一体感がドンと表に出ていく感じが強いです、バンドライブではストロークプレイが多いワタシにはこれも有りなのです、



ライブではこの2本をほぼ均等に使い分けています、昨年は9月~12月はMartin ooo-28使っていました、

で、今年2015年はCollings OM2Hに持ち替えようと、ケースから引っ張り出して弾いてみました、

うむ、僅かですが6弦~4弦にビビりがあります

ケースから出した時は2F~4F辺りで出ていたのですが、数日間部屋の中に出しておくとオープンでビビるように変わりました、6弦5弦が少しましになり、4弦3弦がやや強くビビるようになった感じです、

これが、どういう原因、症状なのか専門家でないと分かりません、大まかには冬場温度が下がると逆反り(ボディ裏側へ反る)、夏場は順反り(ボディ表面へ反る)という傾向があるように感じます(個体差が大きいのでなんとも難しいですが)、このCollings OM2Hはやはり冬場は逆反りでビビりが出る傾向があります、



でも、オープンでのビビりならナットの高さを上げてやるのが一つの対処療法です、

このCollingsはアジャスタブルネックなので調整用のロッドが付いていますが、基本的には素人は触らないほうが無難だと考えていますので調整に出すことにしますが、週末にライブがあるので、ナット辺りに応急処置をすることにしました、



で、それはこれ、

008

ずいぶん昔に誰かに教えていただいた応急処置です、

ティッシュペーパーの小片をナットと弦の間に挟んでいます、これでビビりは見事に無くなりました、ギター側を触りませんし、何かを接着するわけでもないので原状回復が担保できます、簡単で安全な応急処置です、オープンがビビる場合は経験的に有効です、

当然、音への影響はあると思われますが、ライブで弾いている分には特段困ることはなかったです、

あくまで応急処置なので、時間がある時にギターショップに持ち込みましょう、











 
 


syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月16日

山野楽器の各店で『楽器決算セール』やってます!2月7日(土)~3月22日(日)、あ!あのギターも、、、

山野楽器の各店で『楽器決算セール』やってます!

セール期間は
2015年2月7日(土)~3月22日(日)、銀座本店やロックイン新宿他の店舗で開催中です、



そういうと6年前にロックイン新宿A館4FでCollings OM-2H を買ったのもこの時期だったかな、

レギュラーラインのCollingsがすごく安くなってました、PU(カルロス)も装着済でお得感が大きかったので、悩みに悩んで2回試奏して、、、やっと決断して買いました、

013

もちろん、今でも大のお気に入りです、あ~買ってヨカッタ



で、今も開催中なのでちょいとロックイン新宿A館のアコギ在庫をHPで確認したら、、、あのギターもセール対象に入ってました、

Martin 「O-28V」(CTM)です、

CTMO28V新宿ロックインA201411

とても気に入っているギターです、2回現物を見ています、

ボディサイズがO(シングルオー)、OOO(トリプルオー)より二回りも小さいギターです、なんか、ちょこっとポロポロと指弾きするのが似合いそう、、、そんな上手く弾けないくせにこうして見ていると欲しくなってきます

セール期間の価格は486,000 円(税込) (内税36,000円) 
*2015年2月15日現在情報です、実際の金額はお店に確認してください、

山野楽器HPより転載

Martin Custom Order Model「O-28V」
(A館4Fアコースティックギターフロアー扱い)


ロックイン新宿がカスタムオ-ダーした特製マーティンをご紹介。

当店スタッフがナザレスのマーティン工場を訪問。その際に、マーティン社の材のエキスパートにアドバイスを受け、このモデルに最適な材を選定してきました。

 

14フレットジョイントのシングルO。ヴィンテージシリーズの人気モデル「HD-28V」をそのまま小さくしてみました。スキャロップド・ブレイシングによる煌びやかな響きがより一層強調された鳴り方が独特で心地よいです。

 

TOP:Solid Sitka Spruce

SIDE&BACK:Solid Rosewood

FINGERBOARD:Ebony

SCALE:24.9”(632.5mm)

NECKWIDTH:1 11/16(42.9mm)

PRICE:\OPEN

With HARDCASE



HDを小さくしたということで“スキャロップド・ブレイシング”なんですね~、どんな音なんだろう

今度行ってまだあったら試奏してみるかな~






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月22日

久しぶりに新宿ロックインA館へ、ギターも気になったけど、ギターケースも気になった、『NAZCAのPROTECT CASE』♪

久しぶりにギターを観に新宿ロックインA館へ、

前からウオッチしているMartinO28VのCTM(カスタム)、、、まだあった!

001

う~ん、売れてたらあきらめもつくんですが、まだあると、、、あかんあかん、、、還暦記念での購入が前提です、9月まで我慢!!、、、かな、、、なんせ50万円、税別、やからね、、、

揺れる還暦男心





その新宿ロックインA館でアコースティックギターのギグバックを物色、

今使っているのは7・8年前に購入した“Headway”のもの、

Headwayギターケース

当時としては画期的で、軽くてプロテクト能力も問題なし、気に入ってはいるのですが、全体にフォルムが丸っこいので、担ぎ具合がちょっと、、、

で、このバッグが気になりました、なにやらエエ感じの評価されてます、担ぎ具合も良さそうです、久しぶりに買い換えるかな

NAZCAのPROTECT CASE、

NAZCAギターケースKuro

カラーもいろいろあるみたい、もちろんOOOサイズもありました、

NAZCAギターケースred

MIKI楽器のHPから転載

NAZCA(ナスカ)のプロテクト・ケースは高価格でありながらその品質と耐久性から、年々販売本数が増えています。その軽量かつ頑丈な作りはプロ・ミュージシャンからも認められ、アコースティック・ギター・プレイヤーの中川イサト氏、岸部眞明氏、下山亮平氏、住出勝則氏、伍々慧氏、池田さとし氏をはじめツアーの多いプレイヤーには必需品となっています。 ヘッド部と底部に装着されているインナー・パッドは厚さ1.5mmのベルポーレンと20mmのウレタンで出来ており、横方向からの衝撃のみならず、倒した時の衝撃にも非常に強く設計されています。
※商品画像をご覧頂くご環境によっては、若干色合いの見え方に違いがある場合がございますので予めご了承下さいませ。



どなたか、使用感想あれば教えてくださいませ





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月31日

2014年大晦日、本年もご愛読ありがとうございました^^)

さて、2014年も大晦日になりました、
本年もご愛読ありがとうございました、

来年もよろしくお願いいたします、



「新宿ロックインA館」で見初めたギター
、まだ売れていません

CTMO28V新宿ロックインA201411

新宿ロックインのHPから

ブランド/メーカー:Martin

商品名/型番:Martin O-28V

商品番号:4071213250009

取り扱い店舗:ロックイン新宿A館4F

定価:円(税抜)

ロックイン特価:540,000 円(税込) (2014年末現在価格)



ワタシはやはりCTM好き
そして、このヘリンボーンに鼈甲柄ピックガードの組み合わせが好きなのです、

ボディサイズは“O”=シングルオー、

“OOO”=トリプルオー(OMもボディサイズは一緒)⇒“OO”=ダブルオー⇒“O”シングルオーですから、“OOO”より2サイズ小さいボディということになります、強いストロークよりもフィンガーピッキングや優しいストロークが似あうんでしょう、



あ~、欲しいけど、、、しばらくは無理です、還暦の誕生日まで売れ残ってたら考えます





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月09日

このCTM、Martin D-18なのにショートスケールらしいっす、こんなんもありなんですね、どんな音なんでしょうか?

ひと月ほど前、新宿の山野楽器「新宿ロックイン」でみそめたMartinO-18CTM、
小振りのギターが欲しいのです

CTMO28V新宿ロックインA201411

HPでチェックしたら、、、まだ、売れてないわ、、、どうする、、、、、、アカンアカン



と、他のギターもチェックしてたらこんなんがありました

『MARTIN CTM D-18 Short Scale』

D-18のカスタム仕様、ショート・スケールモデル。マーティン正規輸入品は3年保証

(A館4Fアコースティックギターフロアー扱い)

MartinD18CTMショートスケール新宿ロックイン201412



え!?D-18なのにショートスケールなんっすか
(ネックの長さが短いということ、OOOサイズと同じ短いネックなんです)

へ~、こんなんありなんですね、ま、Gibson J-45もショートスケールなんでそんなにビックリすることではないのかも、でも、これだとDではないような気もしますよね、

どういう音になるのか?聴いてみたいです



新宿ロックインのHPより転載
 

D-28と双璧をなすもう一つのスタンダードモデル。その歴史はD-28同様、非常に古く世界中に「D-18こそ本当のマーティン」と言い切る多くのファンを持ちます。ローズウッド・ボディのD-28は、迫力のある低音を特徴としていますが、D-18はマホガニー・ボディーから生み出される繊細でやわらかなサウンドを持ちます。シンプルで上品なルックスと共に、マーティン伝統の手作りの温かみを感じさせてくれる名品です。

 

 2012年に大幅にリニューアルされたスタンダード・シリーズのD-18。ブランド・ロゴ、ペグ、ピックガードがヴィンテージ仕様になり、指板材もエボニーに変更されました。トップの色合いもヴィンテージの風格を持ちながら、ネックシェイプはハイポジションでも太さがほとんど変わらない最新のパフォーミング・ネックを採用、演奏性も向上しています。

 

 通常645.2mmのスケールを632.5mmに変更したカスタムモデル。抜群の演奏性と丸みのある柔らかなサウンドが心地よいです。

 

TOP:Solid Spruce

SIDE&BACK:Solid Mahogany

FINGERBOARD:Ebony

SCALE:24.9”(632.5mm)

NECKWIDTH:1 3/4(44.5mm)

税抜定価:\420,000

With HARDCASE

(転載っこまで)



現在、特価セールス中ですよ



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月17日

先週久しぶりに新宿へ、山野楽器の「新宿ロックインA館」でまた一目惚れ!?Martin CTM O-28V♪

先週の出張からの帰り、時間があったので久しぶりに新宿へ、

新宿に着くとまずは山野楽器の「新宿ロックインA館」へ行きました、ここはMartin、Collings他良いギターが揃っています、東京にはたくさんのギター・ショップがありますが、ここは気楽にギターが観れる雰囲気なので好きなんです



最後にギターを買ったのもここです、2009年春に『Collings OM-2H』をここで買いました、

008

一目惚れ、2回目訪問時に試奏、3回目訪問時もまだ売れておらず試奏、で、、、取り置きしてもらい、結局買いました、Collingsとしては大幅値引きしてあり安かったです

このギターは「ロックイン・カスタム」ということでPUも付いていたので、今もライブ活躍しています、

CaカルロスPU

このPU(『Carlos CP-1A』が付いてると思うのですが)、結構エエ感じの音になります



そんな、「新宿ロックインA館」で今回見初めたギターはこれ、、、

CTMO28V新宿ロックインA201411

新宿ロックインのHPから

ブランド/メーカー:Martin

商品名/型番:Martin O-28V

商品番号:4071213250009

取り扱い店舗:ロックイン新宿A館4F

定価:円(税抜)

ロックイン特価:486,000 円(税込) (内税円)



ワタシはやはりCTM好き、このヘリンボーンに鼈甲柄ピックガードの組み合わせが好きなのです、

ボディサイズは“O”=シングルオー、

“OOO”=トリプルオー(OMもボディサイズは一緒)⇒“OO”=ダブルオー⇒“O”シングルオーですから、“OOO”より2サイズ小さいボディということになります、強いストロークよりもフィンガーピッキングや優しいストロークが似あうんでしょう、



もし、まだギターを買うとしたら、“OO”か“O”、か、チェリーバーストのGibson J-45が候補です(だいたい見た目で決めてるなあ)、



さて、、、退職記念い買うかな、、、でも、それまでに売れちゃうだろうな~、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月07日

この秋のギターはこれに持ち替えます・・・Collings OM2H(2009)♪

久しぶりにギターの記事です、あちゃ~、いつもタイトル倒れの記事ばかりでスイマセン



この秋のギターはこれに持ち替えます・・・『Collings OM2H』(2009)、

008

春先まではこの『Collings OM2H』(2009) をライブで使っていたのですが、6弦、5弦にビビりが発生したので、春先からはこの9月までは『Martin ooo28』(1996CTM) をライブで使っていました、

005 (2)



『Collings OM2H』はピックアップを装備、ボディエンドにピンジャックがあって便利なのですが、ビビっては仕方ない、久しぶりに調整に出すか、と、先日はちょいと大阪のギターショップに寄って調整の相談をしました、じゃあ今度持って来ますね、よろしく~

で、調整に持って行こうと、家でケースから出して弾いてみると・・・ビビりはありません、、、あら

この夏の暑さでネックが順反りしたのかな?とりあえずビビりがないので一昨日の『第15回天満音楽祭』はこのCollingsを使用いたしました、



『夏は順反り、冬は逆反り』という言葉を聞いたことがあります、割と当たっているような気がします、

一度1月の寒い日の屋外ライブに呼ばれたことがあるのですが、ライブを始めるとあっという間に6弦がビビり出しました、ギターにはちょっと過酷な気象条件だったようです

この冬が来ると、このCollingsはまたビビるかもしれません、その時はやはり調整ですね、仕方ない、木の楽器ですから、



ついでにこの話題もまた書いておきましょう、

『oooサイズとOMサイズのネックの長さと音について』、

oooもOMもボディの大きさは一緒です、ネックの長さが違います、

oooサイズ=632mm(ショートスケール)
OM(Dサイズも同じ)サイズ=645mm(ロングスケール)

わずかに13mmのこの違い、で、音はどう違うのか?これがまったくの別物と云っていいくらい違うのです、正しいかどうか分かりませんが
ワタシの私見を『こちらの過去記事』に書いておりますのでお読みください、



あ、明日明後日は事情により休載いたします、、、



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月04日

泉谷しげるのDVD『泉谷しげる×な時間』で岐阜県可児市の“K・Yairi”訪問の映像が面白く懐かしいです^^)

泉谷しげるのDVD『泉谷しげる×な時間』、観ました

もちろんライブシーンもありますが、ドキュメントのほうが面白いな、一番面白かったというか懐かしかったのが、岐阜県可児市のギターメーカー“K・Yairi”訪問の記録、

Iz泉谷しげる×な時間



おそらく2002年頃にワタシもギターを抱えてK・Yairiを訪問いたしました

当時はやたらギターを購入しておりまして、そのうちの1本K・Yairi DY18(1977)にビビりが出たので持ち込みました、事前に電話で相談したら、たしか「いつでも結構なので持って来てもらたら調整します」とのことでした、親切です、とくに時間の決めもなく車で岐阜県可児市まで行きました、電話での対応通り、即調整に入っていただき数時間で終了、2階の部屋でギターを弾きまくって帰って来ました、

ほんとうにギターが好きで出来上がっている会社という印象、楽しい思いですわ



このBlog、最初は“ドリコム”さん(京都の会社、Blog出始めの頃にいろいろと教えていただきました、懐かしい)で書いていましたが、サービス停止になりこちらに引っ越してきました、

そのドリコム版「アコースティックギター生涯の1本」はもう観れないようです、残念、でも以前にも過去記事を引用したことがあり、なんとかこのBlogに訪問記事が残っていましたので再再掲しておきます、ちょっと分かりにくいですが、今読むと訪問した日の事を想い出しました

再掲記事は2004年7月、その時点で「訪問は2年前」と書いているので2002年頃に訪問したようです、



【このBlogの2011年10月25日の記事】(抜粋転載)

【2004年7月27日の記事を再掲】

2年ほど前に岐阜県可児市のK・Yairiまで行ってきました、


DY-18・・・4弦オープンがビビルようになってしまったので調整してもらおうと、事前に電話したところ・・「はいはい、いつでもどうぞ」てな感じで、特に時間予約なども無く・・・やや不安だったのですが、とりあえず、休日の朝早く出発私の家から約250Km・・・大人の遠足などと自分では結構楽しみながらドライブ、確か11時頃着いたのですが、事務所へ「調整に来ました」と行くと、「はいはい」って感じで工場の方へ案内され・・他の作業をしていたお兄さんが「はいはい」って感じで、いきなり作業に入っていただきました。

状況を見て、預けて帰ろうかと思っていたのに・・・・昼前になったので、私は食事に・・

帰ってきた時には、ネックの調整・ナット・サドルの交換が終了しており、弦高もばっちりの状態でした。
早い・・・ふつう、もっと時間かかるぞ・・お値段もやすく今でも、最高のコンディションを保っています。

調整終了後は、事務所の2階でギターを弾きまくり「何でも弾いていってください、仕事がありますので、お一人で勝手にどうぞ」・・・

イヤー、ホントに楽しい1日でした、機会があればぜひ訪問をお勧めします。

(再掲ここまで)

往復500Kmのドライブみたいですね、今なら電車で行って飲んでるところです

(再再掲ここまで)



このK・Yairi DY-18(1977)、10年以上たった今でもベストの状態でバンド練習などに使っています、この時の調整の正確さを証明しています




syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)