日記

2018年11月15日

みんな大好きだったゲーム、桑田クンも再び発熱!?2019年2月決勝!<KUWATA CUP 2019>あります~♪^^)

流行ったよね~

中学から高校前半くらいが最高潮だったような気がするから、

1970年前後かな?



女性プロの活躍が人気爆発のきっかけかな?

TV番組もいっぱいあったからね、

ワタシは並木さんが好きやったかも



どこも満員で、2時間3時間待ちは当たり前

週末は1ゲームが200円とか300円とかしていたような気がする、

高かった、でも、みんなやっていたよね、

日本人全員が熱狂したゲーム、



あ、ワタシは下手です、200UPしたことありません



で、桑田クンも昔は熱狂していたようです、

そして、21世紀2019年2月、

<KUWATA CUP 2019 ~みんなのボウリング大会~>あります~



BARKSより抜粋転載

20190210KUWATACUP

桑田佳祐の名を冠したボウリング大会<KUWATA CUP 2019 ~みんなのボウリング大会~>の開催が発表された。

かねてよりボウリングファンであることを公言し、少年時代にはプロボウラーを目指していたこともあるという桑田。音楽を始めて以降はボウリングから遠ざかっていたものの、2016年に還暦を迎えた際、日本ボウリング界のレジェンド・矢島純一からマイボールとマイシューズをプレゼントされたことを機にボウリング熱が再燃し、現在では週に数回ボウリング場に通うボウリングラバーに。

最近も非公式記録ながら299点をマークしたというほど、その腕を磨いているそうだ。

今回の<KUWATA CUP 2019>は、そんな彼が旗振り役となり、ボウリングを趣味として楽しんでいる多くのファンボウラーや、日々真剣にスポーツとして取り組んでいる競技ボウラー、そしてその卓越した能力でしのぎを削るプロボウラーたちが、その技術を遺憾なく発揮できる場を作ろう、という趣旨のもと開催されるもの。“ボウリングという競技自体をもっともっと盛り上げて、日本全国が熱くなれるスポーツにしていきたい、世界に羽ばたく次世代のスターボウラーに登場してほしい”との願いも込められているという。

大会は、小学生を対象とした“ジュニアアマチュア部門”、中学生以上を対象とした“一般アマチュア部門”、マイボール、マイシューズを使用する参加者を対象とした“競技アマチュア部門”、そしてプロボウラーを対象とした“プロボウラー部門”の4部門に分けて行なわれる。

“生涯現役”、“地方創生”といった部分から日本を元気にしていきたいというのも大きなテーマのひとつだそうで、“どこでもだれでもが参加できる”をモットーに掲げた間口の広いボウリング大会となっている。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年08月08日

昨日より夏休みにつき・・・記事、休載させていただきます、

昨日より夏休みにつき、

今週末まで記事は休載させていただきます、

また来週、よろしくお願いします、


管理人、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年01月30日

♪~そこにはただ風が吹いているだけ~♪、はしだのりひこさんを悼む、きたやまおさむ(毎日新聞2018.01.29.掲載)。

「何のために」唄うのか?

振り向いても風が吹いいるだけだから、前を向いて歩いて行こう、

何度目かの仲直りをし、車椅子のノリちゃんと久しぶりに声を合わせた、

人は何のために生きて、何のために死ぬんやろ。



2018年1月29日(月) 毎日新聞朝刊、

きたやまおさむさんが、はしだのりひこさんへの追悼文を掲載されていました、

110kai



哀悼、






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年10月27日

「不滅の男」遠藤賢司さん死す、がん闘病中も曲作りやライブ続行♪

遠藤賢司さんがなくなられました、胃がん、70歳、まだまだ若い、

Endo遠藤賢司kai

でも、70歳くらいが境目なのかな、この辺りから人生の最終章に入って行くのかな、、、



遠藤賢司さんのライブ、東京に転勤するまでは聴いたことなかったです、


2005年1月に東京転勤、

仕事にも慣れてきたら、そろそろとライブでも行くかな、とか思っていたら、


吉祥寺の「いせや」にも行かなきゃね、とか思っていたら、




その年の4月に高田渡さんが亡くなられました、56歳、、、

もうとっくに渡さんの齢も追い越しているのか、、、



そして、2005年12月に赤坂の『草月ホール』でFFA「フォークデイズ」なるライブに参戦、

仕事を終えて、急いで駆け付けた記憶があります、

こん時はまだ働いていたんだね~(そりゃそうだ)、




お目当てはホストの坂崎さん、

出演は小室等、斉藤哲夫、再結成の「猫」、尾崎亜美と小原礼、伊勢正三、そして遠藤賢司さんも出演されていました




この時が初めて拝見した遠藤賢司さんのステージでした、


いや、びっくりしました、迫力ありました、弦切れてました、




その後はいろんなライブで何度も拝見しています、最後はいつだろう?TVで見たのかな?

今年に入ってもライブ活動されていたんとちゃうかな?


10月の大阪公演を急遽中止にして治療されていたそうです、急ですね、、、

哀悼




SANSUPO.COMから転載

「不滅の男」遠藤賢司さん死す、がん闘病中も曲作りやライブ続行

「カレーライス」などのヒット曲で知られ、24日から昏睡状態に陥っていたシンガー・ソングライター、遠藤賢司(えんどう・けんじ)さんが25日早朝、胃がんのため東京・新宿区の病院で死去した。70歳だった。

“エンケン”の愛称で親しまれ、1960年代から70年代初めのフォークソングブームをけん引。昨年6月にがん闘病を公表後も亡くなる直前まで音楽活動を続け、最期までアーティスト魂を貫いた。

昏睡状態に陥ってからわずか一夜で反骨の個性派シンガーが力尽きた。

所属事務所はこの日、公式サイトで遠藤さんの死を発表。死因は胃がんで「新曲のレコーディングに向け体調を整えていましたが、23日に入院となり、24日に容体が急変し、25日早朝、都内の病院で亡くなりました」と報告した。葬儀は本人の意向で家族のみで行い、年明けに音楽葬を開く予定という。

遠藤さんは膵臓がんも患い、大阪市内で19日に開く予定だったライブを体調不良で中止すると5日に発表したばかり。24日に昏睡状態に陥り、マネジャーも務める妻が「今夜は越せないかもしれない」と周囲に連絡していた矢先だった。

昨年3月にがんが発見され、入退院を繰り返し、同6月にがんを公表。その後も闘病生活と並行し、曲作りやライブを続行してきた。今年1月13日の70歳の誕生日には、歌もギターも入れない全編ピアノのみのアルバム「けんちゃんのピアノ画(スケッチ)」を発売。5月13日には南こうせつ(68)主催のライブで歌い、元気な姿でファンを喜ばせた。

音楽の道に入ったきっかけは、大学浪人中の1965年。ボブ・ディラン(76)の「ライク・ア・ローリング・ストーン」に感動したことだった。69年2月に「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビューし、関西で活動を始めた。

しかし、ベトナム反戦など民衆運動と連なる関西フォークに違和感を覚え、「1人1人の個人が歌うことこそが民主主義を支える」がモットーに。72年に日常の風景と作家、三島由紀夫の割腹自殺を重ねて歌ったフォークソング「カレーライス」が大ヒットした。

遠藤さんと親交があった東京・大田区のライブハウス「グッドストックトーキョー」の経営者はこの日、サンケイスポーツの取材に「彼は日ごろ『俺はがんだけど、不滅の男だから』と言っていた。音楽に対する情熱は人一倍で、ライブの後も常に反省を欠かさなかった」と不屈の音楽魂を偲んだ。

(転載ここまで)




【参考記述】

FFA【フォークデイズ】スペシャル~第50章~
 ~祝50回記念コンサート~
日時:2005年12月7日(水)
開場:18:00 開演18:30
会場:草月ホール
東京都港区赤坂7-2-21

出演: 小室 等 伊勢正三 尾崎亜美 猫 斉藤哲夫 遠藤賢司
レギュラーナビゲーター: 坂崎幸之助





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2016年11月18日

さすが、ムッシュ、がん治療で入院していましたが、すでに退院!外出もされているようです。

さすが、ムッシュ!

がん治療で入院していたムッシュ、数週間前に退院されていたそうです、



心配していましたが、さすがです、

すでに外出もされているようです、

ぜひぜひ、泉谷とのライブも復活させてほしいです



Yahoo!ニュースから転載

ムッシュかまやつ、すでに退院していた…関係者「食欲もあって元気」


Mムッシュ

 肝臓がんで入院していた歌手のムッシュかまやつ(77)が退院していたことが15日、分かった。関係者によると、退院したのは2、3週間前。現在は都内の知人宅で療養している。周辺では外食する姿も見られており、関係者は「本人は食欲もあって、いたって元気なようですよ」と話している。

 今年5月に病院で検査したところ、肝臓がんが見つかった。通院治療をしていたが、8月23日に脱水症状を起こして病院に緊急搬送され、そのまま入院。9月6日に所属事務所を通じて肝臓がんを公表し「絶対復活するから心配しないでください!それまでいろいろご迷惑お掛けします!」とコメントした。

  同月中旬にはレギュラー出演するラジオ番組の収録を病室で行い、仕事に復帰。「いろいろとお騒がせしちゃいましたが、絶対に復活します」と元気な声を響かせていた。

(転載ここまで)







syougai1pon at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月15日

哀悼、歌手(最近は女優)のりりィさんが急逝、64歳、まだまだ活躍して欲しかったです。

先週末に歌手(最近は女優)の“りりィ”が亡くなったんですね、

ちょっとバタバタしていたので、日曜日になって知りました、

Liliy201611

64歳、う~ん、これまた若いなあ~、まだまだこれからという齢なのにね~、



今年になってからも、映画で拝見したし(たしか『リップヴァンウィンクルの花嫁』)、

TVだったか?で観た歌唱シーンもまだ焼き付いています、

この春に癌が見つかったそうな、、、う~ん、残念、

これからはこういう齢になって行くんだなあ、心して生きていないとイカンなあ、



日刊スポーツより転載

大ヒット曲「私は泣いています」などで知られるシンガー・ソングライターで女優としても活躍したりりィさん(本名・鎌田小恵子=かまた・さえこ)が11日午前6時9分、肺がんのため死去した。64歳だった。4月にがんが判明後、治療に専念していた。葬儀は近親者による密葬で行う。
 
 りりィさんの長男でロックバンド「FUZZY CONTROL(ファジー・コントロール)」のJUON(31)が11日夕、ツイッターで母親の死去を報告した。「僕の愛する母が今朝6時9分“ROCKの時間”に旅立ちました。僕に人を愛することを教えてくれた人です」。
 
 JUONの妻はDREAMS COME TRUEの吉田美和(51)。吉田はコメントしなかったが、ドリカム中村正人(58)がブログで、JUONと吉田、親しい知人らにみとられて旅立ったと報告した。「JUONにとってかけがえのない存在でしたし、吉田も『りりたん』と呼ばせていただくほど慕っていました」と記し「2人にとって大切な大切なお母さんであると同時に、音楽家として、女優として、大尊敬する先輩でした」としのんだ。
 
 りりィさんは4月にがんが見つかるまで女優として精力的に仕事をしていた。3月には生田斗真(32)の主演映画「彼らが本気で編むときは、」(荻上直子監督、来年2月25日公開)の撮影に参加し、主人公の恋人の母親を演じた。最後の仕事は、福山雅治(47)が主演したフジテレビ系連続ドラマ「ラヴソング」で、3話と4話にレコード会社の重役役で出演。収録を4月中旬に終えた直後、がんが判明した。関係者によると「きちんと治して、また仕事をしたい」と話していたという。その後は復帰を信じて治療に専念していた。
 
 72年に歌手デビュー。アイドル歌手が全盛の時代に女性シンガー・ソングライターの先駆けとして注目された。独特のハスキーボイスを生かし、74年にシングル「私は泣いています」を発表。切なくいちずな思いを歌った同曲は100万枚を超えるミリオンヒットを記録した。その後バックバンドとして結成された「バイ・バイ・セッション・バンド」には、坂本龍一(64)伊藤銀次(65)吉田建(66)井上鑑(63)斉藤ノヴ(66)らそうそうたるメンバーが在籍した。
 
 72年に大島渚監督の「夏の妹」で女優デビュー。97年にドラマ「青い鳥」では主人公を捨て失踪した母親を好演して注目された。独特の存在感とシリアスからコミカルまでこなす幅広い演技力が評価され、「3年B組金八先生」「半沢直樹」などのドラマや「モテキ」「任侠ヘルパー」などの映画にも出演。私生活では76年に結婚したが、81年に離婚。84年にミュージシャンと再婚してJUONをもうけた。
 
 ◆りりィ 1952年(昭27)2月17日、福岡県生まれ。父は米国人、母は日本人。72年アルバム「たまねぎ」で歌手デビュー。72年映画「夏の妹」で女優デビュー。TBS系「3年B組金八先生」やフジテレビ系「救命病棟24時」などの連続ドラマに出演。08年の主演映画「パークアンドラブホテル」(熊坂出監督)はベルリン映画祭最優秀新人作品賞。映画は99年「のど自慢」11年「モテキ」など多数出演。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月06日

ムッシュ、闘病中です、、、ムッシュかまやつが肝臓がんを公表「絶対復活するから心配しないで」。

ムッシュ、闘病中です、



喜寿祝いイベント「かまやつひろし 77th Anniversary of Monsieur Kamayatsu あの時君は若かった ムッシュと仲間たち」が中止になり、体調がすぐれないんだな、と心配してたら、

泉谷との「ムッシュかまやつ&泉谷しげる トーク&ライブ」が開催になったので、回復されたのか、と安心、、、と、、、

やはり、出演は叶わず、現在闘病中とのこと、、、続報はないです、、、



一昨年だっけ?神戸でステージ観ました、力が抜けた感じで、で、人を惹き付けるパワー一杯でした

ライブ後は自分で楽器片づけたり、なんか気さくな感じでした、

はやく復帰して欲しいです、、、



【音楽ナタリーより転載(2016年9月6日掲載分)】
 
ムッシュかまやつが肝臓がんを公表「絶対復活するから心配しないで」


Mムッシュ

ムッシュかまやつが肝臓がんを患っており、現在入院中であることが公表された。

彼は今年5月に検査で肝臓がんが発見され、通院治療を開始。これに伴い7月7日に東京・昭和女子大学 人見記念講堂で予定されていた喜寿祝いイベント「かまやつひろし 77th Anniversary of Monsieur Kamayatsu あの時君は若かった ムッシュと仲間たち」は、彼の体調を考慮して開催が延期になっていた。

彼はその後、8月23日に脱水のため緊急搬送され、そのまま検査入院に。そして現在も引き続き入院しているという。ムッシュはこの状況について「絶対復活するから心配しないでください! それまでいろいろご迷惑おかけします!」とコメントを発表している。


なおこれを受けて、9月10日に東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールでの開催が予定されていた「ムッシュかまやつ&泉谷しげる トーク&ライブ」はムッシュは出演せず、泉谷しげる×藤沼伸一ユニットのみの出演となる。


◆ムッシュかまやつ コメント

絶対復活するから心配しないでください! それまでいろいろご迷惑おかけします!


◆泉谷しげる コメント

大先輩であるムッシュかまやつ氏が体調不良により検査入院となり今回のコンサートに出演できなくなりました。残念な気持ちいっぱいですが、やはりムッシュの身体を第一に考え、彼の出演中止を受け入れました。
しかしコンサートは俺ひとりでも行います!何故か?

数ヶ月前ムッシュの身体不良を知り、その時点で此のコンサートの中止を進言したのは俺のホウだったんだよ!

だが、ムッシュかまやつはコンサートに出たい!を目標に身体治すと熱っぽく云ったので、急転やろうと云うことに!

実際体調もよくなり安心してたくらい!

ムッシュの出演中止は本当に残念だが、共演する者としてやるべきことは、ムッシュかまやつ氏の帰ってくる場所をつくっておくべきと考え、俺ひとりでもライブを続行することにしました。
我らがムッシュかまやつ先輩は、病を必ずや治し、もうー度、いやコレから何度でもステージに立たせる目標をかかげ9月10日は泉谷しげる×藤沼伸一ユニットのみで頑張ります!
関係各位のみなさま応援宜しくお願いいたします

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月13日

休養していた“フラリーパッド”の“ウクレレ大ちゃん”、無事手術がうまく行ったようです、

普段当たり前に飲んだり食ったり寝たり(それだけかい!)してますが、

風邪などで、少しでも体調不良になると、もう生活がガラッと変わります、

びっくりするほど、健康でない事のショックは大きい、、、

ことに、またショックを受けたりしています



少し前にお世話になっている方が入院され、肝を冷やしました、

なんとか大丈夫だったので、ヨカッタのですが、

やはり、健康があっての人生やな~、と、あらためて感じ入りました、



高校の後輩ということで贔屓にしている、“フラリーパッド”の前田大輔くん(ウクレレ・ボーカル担当)も休養されていました、


詳しく知らなかったのですが、、、

無事、手術を終えて退院されたようです、、、ヨカッタ!ヨカッタ!!



健康な体あってこその山歩き、酒場巡り、バンド活動です、

天から、親からいただいている身体ですが、

なんとか少しでも長く健康でいられるように謙虚に節制しなあきませんな、





【フラリーパッドのメール『フラリー通信』より転載】

Fフラリーパッド

いつも応援ありがとうございます。

 

休養をいただいておりますフラリーパッドの“ウクレレ大ちゃん”こと前田大輔ですが、この度、無事に退院し、現在は自宅療養となりましたのでご報告いたします。

 

前田大輔は、早期スキルス胃がんとの診断のもと、腹腔鏡下胃切除術を受け、5分の4ほどを切除いたしました。

手術は無事に終わり術後の経過も良好です。また術後の病理検査の結果、がんの深達度も浅く、リンパ節への転移も認められませんでした。今後は定期的な検診を受け、経過観察していくこととなります。

 

今しばらくは、術後の体力回復と縮小した消化器管のリハビリが必要とされるため、自宅にて療養を続けさせていただきますが、今後、体調を見ながら徐々に仕事に復帰させていただきます

 

ファンの皆様ならびに関係者の皆様には、多大なるご心配をおかけいたしました。また、治療中もたくさんの暖かい声援をいただき、本人も、深く感謝しております。皆様に元気な姿をお見せできるまで、今しばらくの時間をいただきますが、今後とも変わらぬ声援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

フラリーパッド マネジャー

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月05日

「マイナンバーカード」が来ました!

マイナンバーカードが来ました!

ま、いろいろとご意見はあるでしょうが、いろんな申請やらなんやらで必要なんで即申し込みました

Myマイナンバーカード201602kai



定年退職したこともあり、この半年ほどは金融関係とのやり取りが多く、

最近の書式では“マイナンバー記入が必要です”という表記が付いて来ます、

まあ、ナンバーは憶えておけばいいのですが、

市役所での住民票申請や他の申請では、カードがあったほうがやはり便利みたいです



個人情報漏えいなどのリスクもあるかもしれませんが、

ワタシ自身はとくに気にもなりません

そないたいした個人情報を持ってるわけでもないし、ま、漏れたら漏れたで、、、な感じ



そうそう、このカード、

下に小さいですが臓器提供意思表示カードにもなっています、

知りませんでした

提供意思表示、初めてしました

でも、、、肝臓はアカンやろな、、、呑み過ぎ





このところ、書かなきゃいけない、申請しなければならない、検討しなければならない事、多いです、

・確定申告
・電力会社の選択
・NISAの申請
・カーシェアリングの申し込み
・健康保険の支払設定
・ハローワーク認定日

ETC・・・、は、いそがし、は、いそがし、、、谷しげる風





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月01日

スイマセン、コメントチェックを忘れていました、最近はFacebook中心になってしまっています。

Blogのコメントチェックをすっかり忘れていました!



なんと、昨年12月に頂いたコメントを見過ごしていました

自分でもビックリポンです、

基本的には、いただいたコメントには返答したいと思っているので、、、

コメントを見過ごしたみなさま、ごめんなさい、失礼いたしました



最近のコミュニケーションはFacebookが中心、

コメントもFB上でのやり取りがほとんどとなっています、

Blogは記事を貼り付ける場所、な感じが強くなってきました、



FBアカウントお持ちの方は、よければFBでの友達申請いただければと思います、

本名で登録していますが、“テリー・イシダ”で検索いただければ出ると思います、

メッセージを添えて友達申請いただければ嬉しいです

(無言申請は基本的にスルーさせていただいております)

よろしくお願いいたします、



2004年に始めたこのBlog 、

13年目の今年、いろいろと変わって行くのかもしれません、、、







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)