CD

2019年01月14日

辻香織さんのニューアルバム「15」♪デビュー15周年だそうです♪早い~。

辻香織さん、デビュー15周年みたいです

2004年デビューという事かな、



2005年に転勤で東京に行きました

転勤を機に東京でいろんなライブやイベントに行くようになりました、

懐かしい~、とてもヨカッタ転勤、楽しかったな~、東京



で、辻香織さん、デビュー15周年にあたり、アルバム「15」をリリースされました、

クラウドファウンディングで資金調達されていたので少し出資してみましたが、

先日、完成したCDとDVDが届きました、



クラウドファウンディング、この手法でいろんな作品が世に出るようになりました、

エエことやと思います

ワタシもいくつかの作品に出資しています、少しだけね、

辻さんのアルバムもその一つ、これから楽しみに聴きますね



【辻香織さんのメールから抜粋転載】

T辻香織15

遅ればせながら・・・
「15」CD&「15」DVD
ようやく皆様のお手元にお送りすることが出来ました。
 
正月返上で、約160通、一言ずつメッセージを添えて
お送りさせていただきました。
久しぶりにペンだこができました(笑)
無事に届いておりますでしょうか。

お陰さまで、
15周年にふさわしい作品が出来た!と、
自負しています。
本当にありがとうございました。
 
今後は、
「15」を全国の辻ファンの元へ届けに行きたいと思っています。
まずは、
「15」レコ発ライブも決定いたしました。

◆3月2日(土)at 下北沢 風知空知「15」レコ発ライブ
〜辻香織「15」を語る、「15」を歌う〜

この日は、レコーディングメンバーと一緒に、
「15」が出来るまで・・・トークショー

そして、レコーディングメンバーで
「15」をお届けしたいと思っています。

詳細、まもなく発表できると思います。
今から予定を空けおいて頂けると嬉しいです。

今後の予定

◆1月19日(土)at 築地 スタンド上松
「ちょっと立ち呑みカオリバー 新年会2019」

◆1月23日(水)at 桜新町ネイバー
「歌い始めライブ2019」
ご予約はこちらから。(お早めにお願いします!)
https://tiget.net/events/43604

では、では。
どこかの会場でお会いできるのを楽しみにしております。
たくさんの感謝を込めて。
辻香織

(抜粋転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月09日

紅白で初めて観た♪米津玄師さんの看板が東京・渋谷駅のハチ公口に掲出、2019年1月14日までです~♪

2018年のNHK「紅白歌合戦」、

久しぶりにほぼ全編を観ました、面白かった、



ま、一番の話題は桑田クンとYmuingだろうけど、、、



他にも初めて見るアーティストの方々がいっぱい

いやはや、ホントもう流行音楽には疎いですわ



そんな中、こちらの方も初めて拝見いたしました

TV初出演という事でそれも当たり前?

いやいや、Youtubeとは音楽配信でちゃんとみときなさいという事ですわな、




その米津玄師さん、

徳島の大塚国際美術館からの紅白出演、、、

美術館、エライことになるんとちゃうか

と、要らん心配をしております



そんな米津さんネタ、

いまさらのおっとり刀的話題参戦なワタシ

あまり、書く意味がない!!ような感じですが、、、

ま、一応流行ネタという事で、、、ご勘弁を、、、



音楽ナタリーから転載】(2018年12月30日の記事です)

米津玄師の看板が、東京・渋谷駅のハチ公口に本日12月30日に掲出された。

20190114米津玄師

この看板は彼が3月にリリースしたシングル「Lemon」が今年多くの賞を受賞し、さまざまな記録を樹立したことについての感謝の気持ちを込めて制作されたもの。

TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされた「Lemon」は、各主要ランキングにおいて2018年のシングルで年間1位を獲得。配信は先日累計200万ダウンロード突破し、YouTubeでのミュージックビデオの再生回数は2億4500万を超えている。

今回設置された看板には、米津自身がTwitterに投稿した「音楽はつづく」というメッセージが刻まれている。この看板は1月14まで掲出される。


米津は「Lemon」が1年を通して支持されたことについて「初めてのドラマ主題歌であり、良くも悪くも自分をまた大きく違う場所へ連れて行ってくれた楽曲です。これからの音楽家としての人生において、この曲が北極星として輝き続けてくれるような気が今はしています」とコメントしている。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月07日

細野晴臣ニューアルバムは2019年3月発売、タイトルは「HOCHONO HOUSE」♪相変わらず洒落てるな~♪

細野晴臣さんが2019年3月にニューアルバムを出されるそうです

1973年発売のアルバム「HOSONO HOUSE」のリメイク?

で、タイトルが「HOCHONO HOUSE」、、、って、相変わらずやることが洒落ています



CDとアナログ=LP盤も同時発売

ワタシら、生きている間に“レコード”という大きな文化を失ったと思っていましたが、



今の世の中はサイクルが早い

早くも“CD”から“データ配信”を通り越し、

1周以上してまたもや“レコード”が復活



10年後はどうなっているのか!?、、、

まったく見通せない世の中ですな、、、



音楽ナタリーから転載

細野晴臣ニューアルバムは3月発売、タイトルは「HOCHONO HOUSE」


Hosonohochono201901

細野晴臣が3月6日にニューアルバム「HOCHONO HOUSE」(ホチョノハウス)をリリースすることが決定した。


「HOCHONO HOUSE」 Amazon.co.jp


「HOCHONO HOUSE(アナログ)」 Amazon.co.jp


今作は1973年5月に発売されたアルバム「HOSONO HOUSE」を細野自らがリアレンジと新録を行い、再構築するもの。

全11曲を収録予定で、CDと2枚組LPの2形態が用意される。なお歌唱や楽器演奏はもちろん、エンジニアリングも細野が手がけている。

収録楽曲の詳細は追ってアナウンスされるので、続報を楽しみにしておこう。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年12月05日

2017年の京都「磔磔」でのライヴを完全収録した2枚組作品♪3KINGS(鮎川誠・友部正人・三宅伸治)の1stアルバム発売!  

この御三方、、、

ワタシからすると、どうも上手く結びつかないところもあるのですが、、、

それはワタシの勉強不足

ちゃんと訳があってこのユニットが出来上がっているんですよね



鮎川誠、友部正人、三宅伸治の3人で『3KINGS』、

えらい奮ったユニット名です



2018年今年になってから、あ、こんなユニットでライブあるんだ、と気付いて、

京都「磔磔」でもライブがあったので気になってました(これは昨年2017年か)、

鮎川さんのステージは観たことないので、、、



と、その京都「磔磔」でのライブがCDになっているそうです

むむ、買ってみるかな?



12月7日(金) には横浜 『THUMBS UP』で、
12月8日(土) には甲府 『桜座』でもライブあります



三宅伸治さんのHPより転載

3KINGS201810

3KINGS(鮎川誠・友部正人・三宅伸治)の1stアルバム発売!

3 KINGS(鮎川誠・友部正人・三宅伸治)のファーストアルバムが8/11よりライブ会場限定発売中!!

2017年の京都・磔磔ライヴを完全収録した2枚組作品 
フォークとロックとブルースの名曲も収録

<リリース情報>●『3KINGS SING THE BLUES』
1. イッツ・オーライト
2. 雨の降る日には
3. はじめぼくはひとりだった
4. 曇り空
5. 大阪へやって来た
6. ぬすっと
7. FROM BROOKLYN
8. 戦死
9. ジャスト・ユア・フール
10. ブンブン
11. キャロル
12. ビールス・カプセル
13. ホラフキイナズマ
14. 一本道
15. ユー・メイ・ドリーム
16. ぼくは君を探しに来たんだ
17. レモンティー
18. ラブ・イン・ヴェイン
19. ライク・ア・ローリンストーン
20. サティスファクション
21. 夕日は昇る

磔磔ライブ完全収録版2枚組(¥2,500)
PRODUCED by 3KINGS
Manufactured by 3KING RECORDS
スリーキングス鮎川誠・友部正人・三宅伸治
Recorded Live at 磔磔 20170811

■3KINGS 公式サイトhttp://www.3kingrecords.com/index.html

<3KINGSライヴ情報>
★3KINGS ファーストアルバム リリースパーティ開催!
ヴィンテージ FOLK,ROCK&BLUES 夢の饗宴
9/30(日) 渋谷B.Y.G
10/12(金) 岡山・デスペラード
10/13(土)鳥取市立小鷲河公民館
12月7日(金) 横浜 THUMBS UP
12月8日(土) 甲府 桜座

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

“六文銭”のnewアルバム「自由」が、disk UNIONの「JAPANESE ROCK・POPS / INDIES」チャートで5位に入ったそうです、凄い♪

2018年11月10日(土)に心斎橋で“六文銭”のライブに参戦しました

久しぶりの“六文銭”、

小室等、及川恒平、四角佳子、こむろゆい、の4人さん



これまた久しぶりにアルバム「自由」のレコ発ライブでした、

素晴らしいハーモニー、

ギター3本とウクレレという編成なのに、なんでもできちゃいそう

さすがのステージでした



で、この“六文銭”のnewアルバム「自由」が、なんと、、、

disk UNIONの「JAPANESE ROCK・POPS / INDIES」チャートで5位に入ったそうです

ヨカッタですね、CD、いまや発売少ないですが、

それでも5位は凄い



そして、このCD、テーマは“プロテストソング”だ

今の政治に唄い送るのはやはり“プロテストソング”ですよ、はい



あ、ワタシはライブ当日の購入、4人さまのサインいただきましたよ~

そして、2019年1月には京都でレコ発ライブもあります~





【ベルウッドのHPから転載】

六文銭「自由」

Roku六文銭CD201811

発売日:2018/11/7 定価:2,778+税



活動開始から50周年!
六文銭としては約9年ぶりのオリジナルフルアルバムが完成!


六文銭が唄う「現代のプロテストソング集」
1. ぼくはムギを知らない
2. 道
3. 世界はまだ
4. 長い夢
5. それは遠くの街
6. お葬式が行く
7. こん・りん・ざい
8. 世界が完全に晴れた日
9. てんでばらばら~山羊汁の未練~
10. 大雪の日
11. 熱い風
12. 白無地方向幕
13. わたしは月にはいかないだろう
14. GOOD来るように愛してね
15. 永遠の歌
16. インドの街を象にのって



=ニューアルバム「自由」発売記念ライブ その2=


【東京】2019年1月18日(金)東京 BACK IN TOWN   http://www.backintown.jp
開場18:00 開演19:30 〈料金〉¥4,500(1ドリンク1フード別途要)
〈予約・お問い合わせ〉BACK IN TOWN tel.03-3353-4655


【岡山】2019年1月26日(土)岡山 蔭凉寺  https://yaokami.jp/1335039/
開場18:00 開演18:30 〈料金〉前売¥3,500 当日¥4,000
〈予約・お問い合わせ〉蔭凉寺 tel.086-223-5853


【京都】2019年1月27日(日)京都 Modern Times  http://mtimes.jp
開場18:00 開演19:00 〈料金〉前売 ¥4,000 当日¥4,500(1ドリンク1フード別途要)
〈予約・お問い合わせ〉Modern Times tel.075-212-8385


【名古屋】2019年1月28日(月)名古屋 TOKUZO – 得三 –   http://www.tokuzo.com
開場18:00 開演19:00 〈料金〉前売 ¥4,000 当日¥4,500(プラスオーダー)
〈予約・お問い合わせ〉TOKUZO tel.052-733-3709 /
mail@rtokuzo.com  〈協力〉MUSIC FIELD

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年11月21日

お待たせしました!第3回『大西ユカリの通販ショー』公開!、、、って、なに~!?^^)

お待たせしました!第3回『大西ユカリの通販ショー』公開

って、なにこれ?

はじめてこの案内を貰った時は、一瞬なんのことか?分かりましぇんでした~



で、この前、やっと観ました、『大西ユカリの通販ショー』、、、



マジ、ガチの“通販番組”でした

ユカリはん自身が、

テイチクレコードのCDをTVショッピングばりの流暢な喋りで販売!!したはります



ようやります、

テイチクレコードも面白いことやりますなあ



第3回の販売商品は、

石原裕次郎さんの2枚組アルバム「昭和流行歌カバー特選集」

三波春夫さんのDVD「歌藝~極め付きのステージ~」、

そして、ユカリはんのアルバム「BLACK BOX」の3商品、



映像の中では注文の電話がかかってきたりしてますが、

これはダミー演出か?



6分ほどの通販映像、いつでも、もちろん今も買えます

みなさま、いかがでしょうか?



【大西ユカリの公式HPより転載】

第3回 大西ユカリの通販ショー

お待たせしました!『大西ユカリの通販ショー』第三弾!

201811大西ユカリ通販

今回ご紹介するのはテイチクが誇るレジェンド、石原裕次郎・三波春夫のオススメ2作品。もちろん「通販ショー」だけのお得な特典情報ございます。詳しくは動画を最後までご覧ください。


紹介商品


1.2枚組アルバム「昭和流行歌カバー特選集」石原裕次郎
購入はこちら:
https://teichiku-shop.com/products/detail/TECE-3492


2.DVD「歌藝~極め付きのステージ~」三波春夫
購入はこちら:
https://teichiku-shop.com/products/detail/TEBE-45263


3.アルバム「BLACK BOX」
購入はこちら:
https://teichiku-shop.com/products/detail/TECE-3489







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

2019年吉田拓郎『よしだたくろう LIVE2019』の開催会場が発表されてました、関西は、、、ない!

来年、2019年に拓郎がライブをやるようですね

日程はまだ未発表なのですが、開催会場が発表されていました、

LFtakurou 2018

2019年は関東圏と、名古屋でも行われるようですね

エエ感じ、、、でも、、、

関西までは、、、まだ来れないみたいですね

鬼門か、、、



ライブはあの名盤『LIVE'73』がテーマのようです、

2019

これは報知新聞の記事の写真、

machikadoさんのブログから拝借、



『LIVE’73』、発売されたのは大学1年の時かな?

ブラスセクションが入ったの新鮮でした



ニッポン放送番組ブログより転載

もういくつ寝ると、2019年~♪
ということで、今年もあと2か月を切り、
2019年の扉が見えてきました。


そんな中、
来年行われるコンサートツアーの会場が、ついに明らかになりました。
発表された、会場はこちらです。

 
東京 東京国際フォーラム

横浜 パシフィコ横浜

大宮 大宮ソニックシティ

千葉 市川氏文化会館

宇都宮 宇都宮市文化会館

浜松 アクトシティ浜松

名古屋 名古屋センチュリーホール


さあ、場所は明らかになりましたが、
日程を教えてください!という声が、多数。


こちらは、もう少々お待ちくださいと、
いつも放送に出てくるMさんより伝言です。


ワクワクしてきたところで、
コンサートツアーの1曲目で歌われる曲、
 考えてみませんか?

(転載ここまで)





で、当時のステージメンバーの記事があったので掲載しときます、



『よしだたくろう LIVE '73』(よしだたくろう らいぶ 73)は、1973年12月21日に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたライブ・アルバムである。

1973年11月26・27日に東京中野サンプラザホールで行われたライヴ音源。
1986年にCD化された。1990年のCD選書のほか、2006年にも再リリースされている。


Vocal:吉田拓郎
Ac.Guitar, Banjo, Dobro, Flat Mandolin:石川鷹彦
Drums:田中清司
E.Bass:岡澤章
E.Guitar:高中正義・常富喜雄
E.Piano:栗林稔
Hammond Organ:松任谷正隆
Ac.Guitar:田口清・吉田拓郎
Percussions:内山修
Back Ground Vocals:ウィルビーズ
Brass Section:村岡建・羽島幸次・村田文治・佐野健一・新井英治
Strings Section:新音楽協会



石川さん、高中さん、常富さん、松任谷さん

蒼々たるメンバーですね、凄!





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

Mr.Children 『重力と呼吸』 、デビューから26年目もなお瑞々しいMr.Childrenの世界

もう10年くらいアルバム買ってないかも、、、

いや、東京に居る時にシングル盤B面(云い方、古!)の曲だけ集めたアルバム買ったなあ、

でも、やはりもう10年くらい前かな、



で、先日19作目のアルバムが発売されました

なんか、気になるんだけどなあ、買えないなあ、、、

初期~絶頂期のメロディラインと歌詞に相当感化されたんですが、、、

さて、どうする、、、



Mr.Children 『重力と呼吸』、

3年4か月ぶりの新作で提示する、デビューから26年目もなお瑞々しいMr.Childrenの世界

Mrミスチル201810

MIKIKIより抜粋転載

Mr.Childrenにとって19枚目となるオリジナル・アルバム『重力と呼吸』が遂に完成。

昨年末より長期の制作期間に突入し、各曲をじっくりと練り上げてきた彼ら。配信限定“here comes my love”も含む全10曲から、今も成長を続けるMr.Childrenの姿が浮かび上がる。


(中略)


そして、このたびついに全貌が明らかとなったのが、『REFLECTION』以来実に3年4か月ぶりとなる新作『重力と呼吸』だ。

ここに“here comes my love”や“himawari”といった先行曲で形にされていた瑞々しい歌の世界が全10曲に渡って広がっているが、疾走感溢れる“海にて、心は裸になりたがる”や90’sハウス調のピアノに導かる“addiction”、リズム隊のグルーヴも圧倒的な“day by day(愛犬クルの物語)”などでは、『REFLECTION』以降の新しいMr.Childrenの姿も垣間見せる。

バンドの持つダイナミズムを余すことなく封じ込めた録音は、長期に渡る制作期間の賜物でもあるだろう。

また、改めて実感させられるのは、桜井和寿が紡ぎ出す情感豊かな言葉と、彼の声が持つ特別な輝きだ。

ここには相変わらず力強くて優しいMr.Childrenがいる。


(抜粋転載ここまで)


収録曲目
1. Your Song
2. 海にて、心は裸になりたがる
3. SINGLES
4. here comes my love
5. 箱庭
6. addiction
7. day by day (愛犬クルの物語)
8. 秋がくれた切符
9. himawari
10. 皮膚呼吸






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

『ハイレゾでフォークル』!!♪なんかエエ響きですやん♪『紀元弐阡年 【生産限定盤】<MQA/UHQCD>』♪

ネットで検索したり、ページを覗いたりすると、

いろんなところからプッシュメールが来ます、

ま、別に気にしていないので、エエのですけど、、、



で、フォークルの『紀元弐千年』のCDの案内メールが来た

はいはい、持ってますから、、、とか思いながらよく見ると、、、



あら、MQAとかUHQCDとか書いてあります、

何のことですか?、、、と、よく読むと、、、

ハイレゾ盤CDの案内でした、へ~、フォークルでハイレゾか



フォークルをハイレゾで聴く意味があるのか?どうかは別として、

“ハイレゾでフォークル”、なんかエエ響きですやん、ねえ



【HMV&Booksより転載】

『紀元弐阡年 【生産限定盤】<MQA/UHQCD>』

紀元二千年

商品説明
ハイレゾCD 名盤シリーズ<邦楽編>

【MQA-CD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベルコート】【スリムケース帯】【生産限定盤】

加藤和彦、北山修、端田宣彦の3人から成るフォーク・グループが、自主制作盤の反響を受けて発表した唯一の“正式”アルバムは、大ヒット曲「帰って来たヨッパライ」「悲しくてやりきれない」ほか独創的な楽曲が並ぶ、それまでの日本音楽界の常識を打ち破った革新的名作。
(1968年発表/2018年マスター)


★オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新DSDマスターを352.8kHz/24bitに変換して収録 (ハイレゾ未配信音源)


※ハイレゾCD名盤シリーズは、全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD)です。
※MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。

(メーカー・インフォメーションより)


内容詳細

日本の音楽史を変えた3人組、ザ・フォーク・クルセダーズが1968年に発表した名盤のデラックス・エディション。オリジナル音源に加え、アマチュア時代の音源や当時発禁となった「イムジン河」も収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

01.紀元弐阡年 
02.帰って来たヨッパライ (MONO) 
03.悲しくてやりきれない 
04.ドラキュラの恋 
05.水虫の唄 
06 オーブル街 
07.さすらいのヨッパライ 
08.花のかおりに 
09.山羊さんゆうびん 
10.レディー・ジェーンの伝説 
11.コブのない駱駝 
12.何のために

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年09月13日

収録曲未発表のまま予約開始していた『From T』(AL3枚組)、収録曲も発表されていました♪あ、もう発売されてるし^^)

この気持ち、アーティストの方々にはホント申し訳ないなあ、

といつも思うのですが、、、



ライブとかで知ってる曲を聴くのはやはり嬉しい

好きな曲とか、昔良く聴いた曲とかをやってもらえると、やはり嬉しい、盛り上がる



でも、アーティストからすると、昔の曲ばかりはやりたくない、

という気持ちもあるみたい、そういう人もおられるみたい、



『新しい曲を作って、新しい曲を聴いて欲しい』という気持ち、

とってもよく分かります



でも、観客は昔のヒット曲を期待する、、、ワタシもそうです

このギャップ、どうしたら良いのだろう?といつも思案しています





拓郎の新しいCD『From T』、

収録曲を発表しないまま予約受付を開始して話題になっていました、

未発表曲があるものの、基本は拓郎自身が普段聴いているのプレイリストらしいです

こりゃ、たしかにウケるかも



で、ここにきて収録曲も発表されて、ほほう~な感じ

知ってる曲も多いので嬉しいかも

買うか?どうかは検討中



『From T』(AL3枚組)

Amazonより転載

201807From T拓郎

内容紹介


吉田拓郎が自ら厳選した"究極のプレイリスト27曲"&"必読! 書き下ろしライナーノーツ"がレーベルの枠を越え発売決定!
更に90年代に録音された未発表デモ音源15曲も加え、CD3枚組で全42曲を収録!


 <解説>
吉田拓郎自らが厳選した究極のプレイリストがCDとなって発売決定!

本作はレーベルの枠を越え、ソニーミュージック、フォーライフミュージックエンタテイメント、インペリアルレコード、エイベックスの 各社協力のもと、4社音源が同一収録された、初のセレクト・アルバムで、吉田拓郎が日常、就寝前に聴いているというリアルな 自らのプレイリスト27曲からなる「思い入れのある作品」「もう一度聴いて欲しい歌」など、吉田拓郎が愛した曲ばかりを収録。
※27曲中、3曲は再MIX音源になります。

 
更には必読の吉田拓郎が今作の為に書き下ろした全曲の楽曲解説(ライナーノーツ)も掲載!

また今回、特別付録「Tからの贈り物」として収録された未発表のデモテープ音源は、1990年代、逗子で楽曲制作の為に 使用していた一室で録音された、貴重な既発作品14曲+未発売作品1曲(全15曲)となっており、こちらのデモ楽曲にも吉田拓郎 本人が全曲ライナーノーツを書き下ろしている。

 
吉田拓郎は今、何を聴いているのか...どんな作品を好んでいるのか...。
吉田拓郎と同じ気持ちになる事が出来る 『拓郎本人の企画作品』 ! !


 <収録内容公開>

【Disc 1 CD】
01. 春を待つ手紙
02. 僕の道 <※再MIX音源>
03. 流星
04. いくつになっても happy birthday
05. 恋の歌
06. 金曜日の朝
07. Oldies
08. シンシア
09. ウィンブルドンの夢 <※再MIX音源>
10. 水無し川
11. 清流 (父へ)
12. 花の店
13. 戻ってきた恋人
14. アゲイン (吉田拓郎 LIVE 2016) <※再MIX音源>


【Disc 2 CD】
01. 風の街
02. ガンバラナイけどいいでしょう
03. おきざりにした悲しみは
04. 君のスピードで
05. 消えていくもの
06. 春だったね
07. 元気です
08. 歩道橋の上で
09. 歩こうね
10. 朝陽がサン
11. 夏休み
12. 慕情
13. マークII'73

【Disc 3 CD】
 「Tからの贈り物」(未発表デモ音源収録)
01. 淋しき街
02. ロンサム・トラベリン・マン
03. 黒い瞳
04. 憂鬱な夜の殺し方
05. 生きていなけりゃ
06. いつでも
07. マンボウ
08. 永遠の嘘をついてくれ
09. 女たちときたら <※未発表曲>
10. 心のままに
11. オーボーイ
12. 紅葉
13. 夢見る時を過ぎ
14. いつもチンチンに冷えたコーラがそこにあった
15. 夕陽と少年


メディア掲載レビューほか

吉田拓郎自らが厳選した究極のプレイリストがCDとなって発売決定!本作はレーベルの枠を越え、ソニーミュージック、フォーライフミュージックエンタテイメント、インペリアルレコード、エイベックスの各社協力のもと、4社音源が同一収録された、初のセレクト・アルバムで、吉田拓郎が日常、就寝前に聴いているというリアルな自らのプレイリスト27曲からなる“思い入れのある作品”“もう一度聴いて欲しい歌”など、吉田拓郎が愛した曲ばかりを収録。 (C)RS


(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)