CD

2019年05月10日

「フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン」

京都市伏見区の生まれです、

加藤和彦さんのお家が歩いて10分ほど

その反対側に歩くと端田宣彦さんの喫茶店がありました



だから“フォークル”好きな訳でもあるのですが、

「帰って来たヨッパライ」のヒットが1967年、

当時12歳の子供にはその価値はよく分かりませんでした



本当に意識し出したのは、坂崎幸之助さんが参加した2002年の再結成からです、

ずっと音楽からは離れていた(仕事してました)が、

この時、久しぶりにCDを買いました、



そして、、、へ~、フォークルが再結成するなら、

ワタシがバンド作ってもエエんとちゃう?

と、ほんとうにそう思ってバンドを作りました



そんなフォークル、結構音源は買い集めましたが(おっとり刀です)、、、

このCDに何曲か知らない曲が入っています、

うむ~、どうするかな、、、



Amazonより転載

「フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン」、

Fフォークルandthen

曲目リスト


ディスク:1

1. 風
2. 帰ってきたヨッパライ
3. 花嫁
4. あの素晴しい愛をもう一度
5. 悲しくてやりきれない
6. さすらい人の子守唄
7. 戦争を知らない子供たち
8. 青年は荒野をめざす
9. 嫁ぐ日
10. 初恋の人に似ている
11. 家をつくるなら
12. 朝陽のまえに
13. 海はきらいさ
14. ふたりだけの旅
15. 何もいわずに


ディスク:2
1. 夕陽よおやすみ
2. 白い鳥にのって
3. シンガプーラ
4. 何のために
5. 一人ぼっちの旅
6. 不思議な日
7. 日本の旅
8. 花のかおりに
9. ピンクの戦車
10. さすらいのヨッパライ
11. レディー・ジェーンの伝説
12. もう25分で
13. マイ・ハート
14. ぼくのそばにおいでよ
15. さらば恋人

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年04月09日

山口美央子、35年ぶりとなる4thアルバム『トキサカシマ』♪松武秀樹と制作♪京都のライブに参戦してきました。

申し訳ないです、

山口美央子さんが歌手として活躍されていたのを知りませんでした、


スイマセン




山口美央子さん、


1980年代初頭に発売された自身のアルバム(計3作)では“シンセの歌姫”として彼女の歌声が高く評価されていました、


作曲家として、1990年代を中心に今井美樹さんや斎藤由貴さん、原田知代さんなど蒼々たる顔ぶれのアーティストに楽曲を提供されています



近年、世界的な80年代のJポップス再評価の流れの中で再び“歌手 山口美央子”が注目されているそうです、


そして昨年2018年に、“4人目のYMO”松武秀樹さんとともにニューアルバムを制作、

歌手としての活動も再開されたそうです




で、一昨日の日曜日、2019年4月7日(日)、

ちょうど京都でライブがあるのを、松武さんの告知で知ったので参戦して来ました




会場は木屋町の「UrBANGUILD」、

あ、去年の夏にFitbandも出演したライブハウスですね



トークとライブ、好きな構成


095kai

松武さんの司会でデビュー当時のアルバム制作の話(松武さんも参加)、再評価への流れ、


そして今回のニューアルバム「トキサカシマ」制作の話、




キーワードは“ハイレゾ”、“イーオンキョウ”、“マック”と、、、

ワタシの守備範囲ではないですが、楽しく聞けました


松武さん、お話が上手ですね




で、山口さんのミニライブ、

久しぶりのパフォーマンスは少々緊張気味?


でも、山口さんのファンの方、松武さんのファンの方はとても楽しめたトーク&ライブだったと思います




ワタシもニューアルバムを聴くことにします、


なんでも喰わず嫌い撲滅年間、

また新しいフィールドが見えてくるかもしれません、



山口さんのニューアルバム情報

M松武山口美

山口美央子、35年ぶりとなる4thアルバム『トキサカシマ』 松武秀樹との制作過程を語る、






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年03月28日

木村充揮さん、ソロ・キャリア初の2枚組ライブアルバム♪『ザ・ライブ!』発売決定!!

そういうと木村クンのソロアルバムって、、、持ってないかも

ソロ活動が始まって、、、どれくらい経つんだろう?、、、25年くらい?



いろんなライブで年に数回はお目にかかる木村充揮さん、

2枚組アルバムが出ます!

これは欲しいなあ、買いたいなあ、買ってもいいでしょうか?



木村充揮のHPから転載

ソロ・キャリア初の2枚組ライブアルバム『ザ・ライブ!』発売決定!!


Kimura木村2014

2018年、東京・下北沢の小さな会場で行われたシリーズ公演。
本人の弾き語りによる演奏、そして藤沼伸一(アナーキー)、三宅伸治、梅津和時、有山じゅんじをゲストに演奏された、憂歌団時代の代表曲、ソロでの名曲、洋楽・邦楽のカヴァーの数々を収録。
 
木村充揮8年ぶりのソロ・アルバム、魔法のかかった4日間の特別なブルーズ。


『ザ・ライブ!』
発売日:2019/4/24(水)
品番:EDCE-1031~2  CD2枚組
価格:¥4000+税


[DISC-1]

<Live at 風知空知 2018.04.09>
1.Gee Baby Ain't I Good To You 〜 俺の村では俺も人気もん
*東京は下北沢でのライブ・サーキット初日
 風知空知でのオープニングは木村の弾き語りメドレーで始まった。


2.素敵なあなた
*ジャズ・スタンダードのカヴァー。憂歌団のレパートリーだった「嘘は罪」に日本語詞を付けたさこ大介が、日本語詞を提供。

ここからM-5まで、初日のゲスト藤沼伸一のギターがフィーチャーされる。


3.Talk to Me Baby
*トラディショナル・ブルースの激烈カヴァー。
緩やかにブルージーなギターで始まり、徐々に木村のヴォーカルと藤沼のギターが唸り、吠える。


4.野良犬
*激しくヴォーカルがシャウトするロックなナンバー、即興で呼応する藤沼のギター・ソロも聴きもの。1994年のソロ・アルバム『ポー』に収録。


5.淋しがり屋のダンサー 〜 胸が痛い
*同じくアルバム『ポー』に収録されたナンバーから、1989年のアルバム『Big Town, Small Hands』に収録された憂歌団後期の代表曲へと続くメドレー。


6.嘘は罪
*ここからM-9まで下北沢440での三宅伸治、梅津和時との3人による演奏。
 憂歌団時代の傑作レパートリーで1983年のアルバム『リラックス・デラックス』に収録。


7.ザ・エン歌
*1984年の憂歌団のアルバム『気分』に収録の木村オリジナル傑作ナンバー。


8.たくわん
*1976年、憂歌団の2ndシングル。
この日、三宅伸治のたっての希望で演奏された。


9.いい事ばかりはありゃしない
*三宅伸治、梅津和時とくればRCサクセション。
木村、三宅、梅津によるRCのカヴァー。3人が交互にリード・ヴォーカルを取る。


[DISC-2]

<Live at La Cana 2018.04.11>
1.Georgia On My Mind
*ここからM-6まで下北沢の老舗バー、ラ・カーニャでの木村ソロの弾き語りライヴ。


2.別れのブルース
 レコーディング・ヴァージョンは1997年のソロ・アルバム『流行歌/HAYARIUTA』に収録。


3.All Of Me
*1981年の憂歌団のアルバム『夢・憂歌』収録。
客席からのハミングと木村のスキャットを交えて暖かいギターの音色と共に軽妙に演奏される。


4.Tennessee Waltz
*不朽のスタンダード・ナンバーのカヴァー。
最後の方でチラリと日本語になるこのヴァージョンは初録音。


5.You belong to me 〜 La Cana
*1988年の憂歌団のアルバム『知ってるかい!?』に収録。
1952年の洋楽バラードにトニー谷が日本語詞を付けて発表したナンバーのカヴァー。
メドレーで続くのは1988年のソロ作『YOU-TONE』に収録の西岡恭蔵作のナンバー。


6.ボクサー
*1981年の憂歌団のアルバム『夢・憂歌』収録。
2013年の憂歌団リユニオンのライヴでも披露されている。

<Live at 風知空知 2018.04.14>

7.あなたも私もブルースが好き
*ここからラストまで、風知空知に戻っての下北沢公演最終日、盟友・有山じゅんじを迎えての共演。
1998年の"木村充揮と有山じゅんじ"名義によるアルバム『木村くんと有山くん』のオープニング・ナンバー。


8.陽よ昇れ
*同じく1998年の"木村充揮と有山じゅんじ"名義によるアルバム『木村くんと有山くん』収録のナンバー。
トラディショナル・ブルースに有山が素晴らしい日本語詞を提供。
お互いそれぞれのライヴでも定番だ。


9.キムチはできるだけ辛い方がいい
*初めて録音された有山の未発表ナンバー。
1970年代半ば『ぼちぼちいこか』時代の有山と上田正樹の共作。


10.けだるい二人
*ジャズ・スタンダード「Two Sleepy people」のカヴァー。
1981年の憂歌団のアルバム『夢・憂歌』に収録。


11.いい感じ
*最近のライブでは定番のナンバーだが、純然たる木村の未発表の新曲。
 今回初めての音源化。


12.シカゴバウンド
*1975年の憂歌団のファースト・アルバム『憂歌団』に収録された傑作ブルース・ナンバー。


13.嫌んなった
*1975年の憂歌団のファースト・アルバム『憂歌団』収録の代表曲。
40年の時を超えてなお色褪せない木村のレパートリー。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年03月25日

10年振りのNEWアルバムだそうです♪『松田ari幸一 New ALBUM -Amazing Melodies-』♪

2019年1月から習い事を始めました、63歳の手習い、

松田ari幸一さんの“ブルースハープ教室”に行き始めました



高校の時に初めて買ったブルースハープ、

以来、バンドのライブなんかでもエエ加減に吹いて来ましたが、、、

上手な方の演奏を聴くと、根本的に違うテクニックが違う

ベントとか、全然できてへんかったし、、、



先週、2回目の教室に参加、

たった2回ですが目からうろこの事ばかり、いや~、ホントに勉強になります

問題は・・・実際にはまだ上手く吹けないこと、

いろいろと知識は一度に吸収できますが、実践は難しい



でも楽しいので、しばらく通いますよ~、

生まれ変わったワタシのブルースハープ演奏は・・・

聴けるのか、大丈夫か!?



そんな松田ari幸一さんが10年振りのアルバムを出されます、

2019年4月15日発売

師匠のアルバム、もちろん買います~



SoundTamより転載

『松田ari幸一 New ALBUM -Amazing Melodies-』

Matsudaアリ201904

4/15発売予定 ハーモニカの第一人者。松田ari幸一の10年ぶりのアルバム


松田ari幸一:Harmonica Bass Harmonica Chord Harmonica AG. Bass Omni Chord Perc. Cho.
西海孝:AG. Mandolin Banjo Cho.
徳武弘文:AG. EG. 6St Bass Guitar


『アメージング・メロディー』
1.Moon River
2.Wichita Lineman
3.Telstar
4.Blue Moon
5.Vaya Con Dios
6.Every Night In Your Dreams
7.The Syncopated Clock
8.Pepite
9.Never On Sunday
10.Danny Boy
11.La Javanaise
12.When You Wish Upon a Star


定価¥3,000(税込)

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年02月25日

先週、有山さんのステージを見ながら浮かんだこと♪泉谷しげるのアルバム「家族」♪

先週の日曜日、

2月17日に京都七条のライブスペース「集酉楽サカタニ 楽々ホールサカタニ」で、

久しぶりに有山じゅんじさんのステージを拝聴

028kai

2年程前に癌治療から復帰されて、

以来元気でゴキゲンさんなライブを続けておられます



この日もMCめちゃ面白かった、こんなんが好き

さらに酒屋さんのイベントホールでの開催という事で、

適度なアルコール注入もしっかり

楽しませていただきました



で、その時に有山さんの唄を聴きながらぼんやりと頭に浮かんだのが、

『有山さんって、たしか泉谷しげるのアルバムに参加してたよね』、、、ってこと、



あれは『黄金狂時代』やっけ?

いや、違う、黄金狂時代はラストショウや、たしか、

この前、ブルースハープ教室に行った松田さんとか村上さんやんか



ということは、、、と考えて、、、その時は思い出せず

で、帰ってから思い出しました、『家族』(1976)でした


Izumiya家族
そうやん!家族やん!!これ、忘れるか、な感じ、ホンマ情けない



「サウス トゥ サウス」のメンバ-でアルバム参加されてるんですよね、

たしか、泉谷自身のオファーだったんと違うかな?

泉谷のライブで云ってたような記憶があります、



このアルバム、レコードも持ってますが、なぜかCDが品薄でめちゃ高い

東京単身赴任時代に神田の中古レコード屋さんで見てひっくり返りました

そんな思い出も浮かんできました、

Amazon、見たら、今でも7000円以上で売っていますわ、



今はCDも持っています

あるラッキーな偶然で安価で手に入りました、



「野良犬」とか「少年A」とか「家族」なんかを弾いてました、

あ、「哀願情歌」とかいうのもあったなあ~、



と、一つの刺激でいろいろ思い出しました、とさ、、、、

今日は徒然なるままに、、、

脈絡、結論なし、

年寄りにはこういう連想ゲームが大事らしいでっせ








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月29日

日曜日に京都で2回目の「六文銭」のステージ参戦♪さすがのプロのステージ、異例のヒットも頷ける!?

「六文銭」のNEWアルバム「自由」が異例のスマッシュヒットになっているようです

時代の欲求か!?「自由」の渇望か!?



一昨日の27日(日)、京都での「六文銭」のステージに参戦してきました

昨年の大阪に続いて2回目です、

さすがにプロのステージでした、円熟のステージ

異例のヒットを放つ、異例のバンド



4人とも譜面台を立ててます

全員がステージ上で沈黙される瞬間があります

ギター3本+ウクレレという構成なのに、多彩な世界を描き出す、

全員、ラインは使っておられません、アンプラグド、マイク録り

全員、フラットピックも使っていません
(恒平さんだけがサムピックを使っておられました)

厳密な意味でのリードギター演奏もなし、

でも、まるでCDを聞いているような完璧なハーモニー
(ずいぶん前に京都「都雅都雅」でのステージを聴いた時の感想と同じ)



いやはや、こんなバンド、日本で「六文銭」だけではないでしょうか?

で、NEWアルバムのテーマは“プロテストソング”、

これまた異例のテーマ、で、異例のヒット

聴いてみてはいかがでしょうか?



【ベルウッドのHPから転載】

六文銭「自由」

Roku六文銭CD201811

発売日:2018/11/7 定価:2,778+税



活動開始から50周年!
六文銭としては約9年ぶりのオリジナルフルアルバムが完成!


六文銭が唄う「現代のプロテストソング集」
1. ぼくはムギを知らない
2. 道
3. 世界はまだ
4. 長い夢
5. それは遠くの街
6. お葬式が行く
7. こん・りん・ざい
8. 世界が完全に晴れた日
9. てんでばらばら~山羊汁の未練~
10. 大雪の日
11. 熱い風
12. 白無地方向幕
13. わたしは月にはいかないだろう
14. GOOD来るように愛してね
15. 永遠の歌
16. インドの街を象にのって



=ニューアルバム「自由」発売記念ライブ その2= 
(ライブはすでに終了しています)


【東京】2019年1月18日(金)東京 BACK IN TOWN   http://www.backintown.jp
開場18:00 開演19:30 〈料金〉¥4,500(1ドリンク1フード別途要)
〈予約・お問い合わせ〉BACK IN TOWN tel.03-3353-4655


【岡山】2019年1月26日(土)岡山 蔭凉寺  https://yaokami.jp/1335039/
開場18:00 開演18:30 〈料金〉前売¥3,500 当日¥4,000
〈予約・お問い合わせ〉蔭凉寺 tel.086-223-5853


【京都】2019年1月27日(日)京都 Modern Times  http://mtimes.jp
開場18:00 開演19:00 〈料金〉前売 ¥4,000 当日¥4,500(1ドリンク1フード別途要)
〈予約・お問い合わせ〉Modern Times tel.075-212-8385


【名古屋】2019年1月28日(月)名古屋 TOKUZO – 得三 –   http://www.tokuzo.com
開場18:00 開演19:00 〈料金〉前売 ¥4,000 当日¥4,500(プラスオーダー)
〈予約・お問い合わせ〉TOKUZO tel.052-733-3709 /
mail@rtokuzo.com  〈協力〉MUSIC FIELD

(転載ここまで)







syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月14日

辻香織さんのニューアルバム「15」♪デビュー15周年だそうです♪早い~。

辻香織さん、デビュー15周年みたいです

2004年デビューという事かな、



2005年に転勤で東京に行きました

転勤を機に東京でいろんなライブやイベントに行くようになりました、

懐かしい~、とてもヨカッタ転勤、楽しかったな~、東京



で、辻香織さん、デビュー15周年にあたり、アルバム「15」をリリースされました、

クラウドファウンディングで資金調達されていたので少し出資してみましたが、

先日、完成したCDとDVDが届きました、



クラウドファウンディング、この手法でいろんな作品が世に出るようになりました、

エエことやと思います

ワタシもいくつかの作品に出資しています、少しだけね、

辻さんのアルバムもその一つ、これから楽しみに聴きますね



【辻香織さんのメールから抜粋転載】

T辻香織15

遅ればせながら・・・
「15」CD&「15」DVD
ようやく皆様のお手元にお送りすることが出来ました。
 
正月返上で、約160通、一言ずつメッセージを添えて
お送りさせていただきました。
久しぶりにペンだこができました(笑)
無事に届いておりますでしょうか。

お陰さまで、
15周年にふさわしい作品が出来た!と、
自負しています。
本当にありがとうございました。
 
今後は、
「15」を全国の辻ファンの元へ届けに行きたいと思っています。
まずは、
「15」レコ発ライブも決定いたしました。

◆3月2日(土)at 下北沢 風知空知「15」レコ発ライブ
〜辻香織「15」を語る、「15」を歌う〜

この日は、レコーディングメンバーと一緒に、
「15」が出来るまで・・・トークショー

そして、レコーディングメンバーで
「15」をお届けしたいと思っています。

詳細、まもなく発表できると思います。
今から予定を空けおいて頂けると嬉しいです。

今後の予定

◆1月19日(土)at 築地 スタンド上松
「ちょっと立ち呑みカオリバー 新年会2019」

◆1月23日(水)at 桜新町ネイバー
「歌い始めライブ2019」
ご予約はこちらから。(お早めにお願いします!)
https://tiget.net/events/43604

では、では。
どこかの会場でお会いできるのを楽しみにしております。
たくさんの感謝を込めて。
辻香織

(抜粋転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月09日

紅白で初めて観た♪米津玄師さんの看板が東京・渋谷駅のハチ公口に掲出、2019年1月14日までです~♪

2018年のNHK「紅白歌合戦」、

久しぶりにほぼ全編を観ました、面白かった、



ま、一番の話題は桑田クンとYmuingだろうけど、、、



他にも初めて見るアーティストの方々がいっぱい

いやはや、ホントもう流行音楽には疎いですわ



そんな中、こちらの方も初めて拝見いたしました

TV初出演という事でそれも当たり前?

いやいや、Youtubeとは音楽配信でちゃんとみときなさいという事ですわな、




その米津玄師さん、

徳島の大塚国際美術館からの紅白出演、、、

美術館、エライことになるんとちゃうか

と、要らん心配をしております



そんな米津さんネタ、

いまさらのおっとり刀的話題参戦なワタシ

あまり、書く意味がない!!ような感じですが、、、

ま、一応流行ネタという事で、、、ご勘弁を、、、



音楽ナタリーから転載】(2018年12月30日の記事です)

米津玄師の看板が、東京・渋谷駅のハチ公口に本日12月30日に掲出された。

20190114米津玄師

この看板は彼が3月にリリースしたシングル「Lemon」が今年多くの賞を受賞し、さまざまな記録を樹立したことについての感謝の気持ちを込めて制作されたもの。

TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされた「Lemon」は、各主要ランキングにおいて2018年のシングルで年間1位を獲得。配信は先日累計200万ダウンロード突破し、YouTubeでのミュージックビデオの再生回数は2億4500万を超えている。

今回設置された看板には、米津自身がTwitterに投稿した「音楽はつづく」というメッセージが刻まれている。この看板は1月14まで掲出される。


米津は「Lemon」が1年を通して支持されたことについて「初めてのドラマ主題歌であり、良くも悪くも自分をまた大きく違う場所へ連れて行ってくれた楽曲です。これからの音楽家としての人生において、この曲が北極星として輝き続けてくれるような気が今はしています」とコメントしている。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月07日

細野晴臣ニューアルバムは2019年3月発売、タイトルは「HOCHONO HOUSE」♪相変わらず洒落てるな~♪

細野晴臣さんが2019年3月にニューアルバムを出されるそうです

1973年発売のアルバム「HOSONO HOUSE」のリメイク?

で、タイトルが「HOCHONO HOUSE」、、、って、相変わらずやることが洒落ています



CDとアナログ=LP盤も同時発売

ワタシら、生きている間に“レコード”という大きな文化を失ったと思っていましたが、



今の世の中はサイクルが早い

早くも“CD”から“データ配信”を通り越し、

1周以上してまたもや“レコード”が復活



10年後はどうなっているのか!?、、、

まったく見通せない世の中ですな、、、



音楽ナタリーから転載

細野晴臣ニューアルバムは3月発売、タイトルは「HOCHONO HOUSE」


Hosonohochono201901

細野晴臣が3月6日にニューアルバム「HOCHONO HOUSE」(ホチョノハウス)をリリースすることが決定した。


「HOCHONO HOUSE」 Amazon.co.jp


「HOCHONO HOUSE(アナログ)」 Amazon.co.jp


今作は1973年5月に発売されたアルバム「HOSONO HOUSE」を細野自らがリアレンジと新録を行い、再構築するもの。

全11曲を収録予定で、CDと2枚組LPの2形態が用意される。なお歌唱や楽器演奏はもちろん、エンジニアリングも細野が手がけている。

収録楽曲の詳細は追ってアナウンスされるので、続報を楽しみにしておこう。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年12月05日

2017年の京都「磔磔」でのライヴを完全収録した2枚組作品♪3KINGS(鮎川誠・友部正人・三宅伸治)の1stアルバム発売!  

この御三方、、、

ワタシからすると、どうも上手く結びつかないところもあるのですが、、、

それはワタシの勉強不足

ちゃんと訳があってこのユニットが出来上がっているんですよね



鮎川誠、友部正人、三宅伸治の3人で『3KINGS』、

えらい奮ったユニット名です



2018年今年になってから、あ、こんなユニットでライブあるんだ、と気付いて、

京都「磔磔」でもライブがあったので気になってました(これは昨年2017年か)、

鮎川さんのステージは観たことないので、、、



と、その京都「磔磔」でのライブがCDになっているそうです

むむ、買ってみるかな?



12月7日(金) には横浜 『THUMBS UP』で、
12月8日(土) には甲府 『桜座』でもライブあります



三宅伸治さんのHPより転載

3KINGS201810

3KINGS(鮎川誠・友部正人・三宅伸治)の1stアルバム発売!

3 KINGS(鮎川誠・友部正人・三宅伸治)のファーストアルバムが8/11よりライブ会場限定発売中!!

2017年の京都・磔磔ライヴを完全収録した2枚組作品 
フォークとロックとブルースの名曲も収録

<リリース情報>●『3KINGS SING THE BLUES』
1. イッツ・オーライト
2. 雨の降る日には
3. はじめぼくはひとりだった
4. 曇り空
5. 大阪へやって来た
6. ぬすっと
7. FROM BROOKLYN
8. 戦死
9. ジャスト・ユア・フール
10. ブンブン
11. キャロル
12. ビールス・カプセル
13. ホラフキイナズマ
14. 一本道
15. ユー・メイ・ドリーム
16. ぼくは君を探しに来たんだ
17. レモンティー
18. ラブ・イン・ヴェイン
19. ライク・ア・ローリンストーン
20. サティスファクション
21. 夕日は昇る

磔磔ライブ完全収録版2枚組(¥2,500)
PRODUCED by 3KINGS
Manufactured by 3KING RECORDS
スリーキングス鮎川誠・友部正人・三宅伸治
Recorded Live at 磔磔 20170811

■3KINGS 公式サイトhttp://www.3kingrecords.com/index.html

<3KINGSライヴ情報>
★3KINGS ファーストアルバム リリースパーティ開催!
ヴィンテージ FOLK,ROCK&BLUES 夢の饗宴
9/30(日) 渋谷B.Y.G
10/12(金) 岡山・デスペラード
10/13(土)鳥取市立小鷲河公民館
12月7日(金) 横浜 THUMBS UP
12月8日(土) 甲府 桜座

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)