CD

2017年05月11日

あのアルバムで聴くまで知りませんでした、ビートたけし作詞、泉谷しげる作曲、「夜につまずき」♪

 この曲、泉谷しげる「昭和の歌よ、ありがとう」に収録されています

泉谷昭和の歌よありがとう

八代亜紀さんの歌唱、これで初めて聴いたんとちゃうかな?



「夜につまずき」



あの“ビートたけし”さんが作詞、泉谷しげるが作曲、へ~、知りませんでした

たけしさんの詞、如何にも泉谷の曲に乗りそうな詞ですね、

「コップいっぱいの話」とか「人情夜曲」辺りな感じも詞かな、

この辺りの感じ、好きなんです





こんなエピソードの記事もありました


TBSニュースキャスターHPの〆さばアタルさんの記事を転載】

第12回 2013年6月25日

「新潟の夜」

 
先日こんな記事がスポーツ新聞に載った。
 
「ビッグ4夢の競演!」

要約すると、泉谷しげるさんと八代亜紀さんが初コラボでレコーディングをした。その曲とは31年前に発売された、ビートたけし作詞、泉谷しげる作曲の「夜につまずき」
この隠れた名曲を二人がカバーした。
そしてドラムを森高千里さんが叩いている。と・・・
確かにすごいメンツだ。


殿がくすぶっている時の自らの人生を振り返り、日々に流されていくジレンマを歌ったこの曲はビートたけしフリークの中でも一二を争う名曲だ。

芸人ビートたけし、監督北野武は知っていても、歌手作詞家ビートたけしを知っている人は少ないと思われる。

しかし、殿が書き、歌った「浅草キッド」はあの福山雅治さんがカバーし、
「嘲笑」という曲は玉置浩二さんがカバーした。


ビートたけしの笑いの虜になった僕も、オールナイトニッポンで初めて聴いた殿の曲に励まされ、打ちのめされ、人生について考え、「見る前に跳べ」、と芸人になり今日まで生きて来た。

 
弟子入りし殿にカラオケに連れて行ってもらい、生で「浅草キッド」を聴いた時は漏らしそうになるほど感動したのを覚えている。


そんなビートたけしの歌で思い出されるのは、
もう20年くらい前だろうか?

ある番組のロケで殿、軍団全員で新潟のスキー場に行った。
ロケが無事に終わり殿、軍団、マネージャー、スタッフ、総勢50人ほどで大宴会をやった。
みんな酒も進み、いつのまにかカラオケ大会になり大盛り上がりで夜は更けていった。

そして、カラオケ大会の最後を締めるのは当然の如く殿の歌、

すでに全員ベロベロになり、殿も「よーし。お前ら全員脱げ!」となぜか全裸でサザンの「みんなのうた」を熱唱し破廉恥なカラオケ大会は終了の時間を迎えた。

 
次の日もロケがあるということでプロデュサーが「それではたけしさん、締めのご挨拶をお願いします」と殿にふった。

 初めは「お前ら下品だ!」とか「井手バカヤロー」とか言っていた殿だったが
何故か途中から軍団に対しての訓示、説教、エールになっていった。


そして忘れもしない最後の言葉。「お前達は男の子として決断し勝負をかけて俺のとこに来た。俺も男の子としてお前達のことを叱るし面倒みる」

もうその場全員号泣ですよ。
 
誰もが「この人についてきてよかった」と思い、そこかしこから嗚咽まで聞こえてきた。

そんなしんみりした空気を嫌ったのか、殿が「よーし!最後に全員で歌うぞ!」
と言った。

この一言で全員が涙を忘れ「よっしゃー。最後にドカンと盛り上がるぞー!」と気合を入れたのです。
その場の誰もがしんみりした空気を吹き飛ばす大盛り上がりの曲を待ってました。


そんな中殿が言った一言、

 「それでは聴いてください。『もしもピアノが弾けたなら』」

 全員コケました・・・

(転載はここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月27日

ユーキャンから10枚組『泉谷しげるの新世界/アートオブライブ!』5月11日発売みたいっす♪^^)

6月に珍しく冠ライブをやる泉谷、

ユーキャン Presents <泉谷しげる45周年特別公演>
 『泉谷しげる ライブ オブ レガシー!』

2017年6月24日(土)
東京/EX THEATER ROPPNGI
出演/泉谷しげるwithBAND、小林香織

先行受付URL:http://www.getticket.jp/g?t=qy2cfay



なんでかな~???と思たら、こういうことでした、

5月11日に10枚組のCDコレクションがユーキャンから発売されます



この企画、結構面白そう

9枚はベストセレクション、となってますが、

収録曲をざっと見る限り、

デビューアルバム「泉谷しげる登場」から「家族」までの曲はほぼ全曲収容されている感じ、



オリジナル音源が消失したと思われる「国旗はためく下に」も入ってるが、、、

これはやはりライブバージョンかな?



ライブ盤2枚組LP「王様たちの夜」だっけ?

これだけは 一部割愛されて収容な感じ、曲がダブってるからね、



「泉谷しげる登場」から「家族」までの泉谷ファンとしては結構エエかも、

それに、CDジャケットはすべて泉谷の書下ろしというのも、ちょっとそそる

アートブックに歌詞カードもエエ



10枚目のCDは新作『舞い降りる鷹のように』

これも、一度は聴いときたいけど、、、、



お値段は、、、10枚組で、、、

1,980円×16回 =分割払価格31,680円


一括払価格29,800円 、、、

うむ~、、、高い、、、欲しいけどなあ、、、



ユーキャンの通販ページから転載

Izumiyaユーキャン10枚組

2017年5月11日、泉谷しげるが69歳(ロック!)になる日、新世界が生まれる。
泉谷しげるの予言(笑)

泉谷しげるの新世界/アートオブライブ!

泉谷しげる完全プロデュースによる、前代未聞の音楽コレクションが登場!それが『泉谷しげるの新世界/アートオブライブ!』です。

泉谷しげる本人が厳選したCD9枚分もの「ベストセレクション」、そして本コレクションでしか聞けない「完全ニュー・アルバム」1枚(名盤!)の全10巻構成。

さらには泉谷しげるの45年史が綴られた「アートブック」と、読むほどに沁みてくる「歌詞集」まで入った、泉谷史上これまでにない豪華コレクションです!

新曲の作詞・作曲・ギター・歌はもちろんのこと、すべての楽曲セレクト・執筆・ジャケット絵画など、何から何まで泉谷しげるの手によって作り出された未曾有のコレクション。
「表現者」泉谷しげるの真髄を、ぜひご堪能ください!

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

トリビュートアルバムですね♪「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」

ほ~、こんなアルバムが発売されるんですね、

民生クンの「今日までそして明日から」、聴きたい

THE ALFEEは 「人生を語らず」を唄ってるんだ坂崎さんかな~



「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」

Takuroトリビュートjake
Takuroトリビュートtatle

■発売日: 6月7日(水)
■形態:CD1形態
■価格:2,800円(税別)
■収録曲:12曲


【収録曲】
1.奥田民生「今日までそして明日から」
2.chay「結婚しようよ」
3.Mrs. GREEN APPLE「流星」 
4.寺岡呼人feat.竹原ピストル「落陽」
5.鬼束ちひろ「夏休み」
6.一青 窈「メランコリー」
7.井上陽水「リンゴ」 ※既発音源
8.髙橋真梨子「旅の宿」※既発音源
9.德永英明「やさしい悪魔」※既発音源
10.織田哲郎「おきざりにした悲しみは」
11.THE ALFEE 「人生を語らず」
12.ポルノグラフィティ「永遠の嘘をついてくれ」
http://www.universal-music.co.jp/jp/takuro/#ktLvKgxRg8AfLlg4.99 で詳細を読む





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

再発情報です♪このレコード、なんか、ぼんやり憶えてるなあ^^)『なぎらけんいち/春歌』♪

こちらも再発情報です、

このレコード、なんか、ぼんやりと憶えてるなあ~

買ってませんけどね、、、買う?



『なぎらけんいち/春歌』、

Nagiraなぎら春歌

なぎらけんいちが歌い、はちみつぱいのメンバーらが参加した禁断歌集、そして名盤、遂に復刻初CD化!


遂に禁断の扉が開かれた!! フォーク・シンガーなぎらけんいちが、正々堂々と春歌を歌った禁断歌集にして歴史的名盤。

春歌はわらべ歌や民謡とおなじルーツを持つ民衆の歌。つまりはフォーク・ソングであり、しばしば日本のフォーク・シンガーらによって取り上げられてきた。

この春歌に真正面から取り組んだのが本アルバムだ。フォークの中に下町情緒を感じさせる希有なシンガーなぎらけんいちと春歌、これ以上の組み合わせは考えられない。

軽やかな歌唱を支えるのは、鈴木慶一、武川雅寛、かしぶち哲郎、岡田徹といった、はちみつぱいのメンバー。

そしてさらに、乱魔堂/スラッピー・ジョーの洪栄龍、ラストショウの村上律、ギタリストの安田裕美など、黎明期の日本語のロックを彩った名プレイヤーばかり。

また、若き日の橋本治による版画タッチの艶かしいジャケット・イラストも見逃せない。最新デジタル・リマスタリングにより、長らく幻となっていた名盤が、遂に待望の復刻初CD化! 〈1974年作品〉

1.タヌキの金玉
2.まっくろけ節
3.満鉄小唄
4.キュッキュラキュ節
5おっぴょ節
6.秋田音頭
7.一番電車
8.ぶったまげ節
9.八百屋お七
10.ツンツン節
11.十九の春
12.ヨサホイ数え唄
13.ぼんぼの子守唄






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

ブルームーンカルテット『リクエスト』、再版です♪買ってないやん、、、買うかな、、、

ブルームーンカルテット、5年ほど前に結成されたのでしょうか?

ひょんなことから、富永さん(当時“バンバンバザール”)と接点があって(モツ焼と坂崎さんの実家)、

バンバンバザールのステージを観に行くようになりました



そして、5~6年前に富永さんはブルームーンカルテットに移籍?加入、

で、ブルームーンカルテットも何度か拝見



そのブルームーンカルテットのアルバム『リクエスト』が再版だそうです、

これは買っていないです、、、買うかな?



【富永さんのFBでのコメント】

再版決定


昨年春(2016年)にリリースしたブルームーンカルテットのCDアルバム「リクエスト」嬉しいことに全国で好評で売り切れていましたが、めでたく再プレスとなりました🎵まだお求めでない方、ライブ会場や通販にて是非。


詳しくはブルームーンカルテット「サランヘヨ神戸」...

http://ameblo.jp/bmq2009/entry-12202484578.html






【ブルームーンカルテットのBlogから転載】

『リクエスト』、

Blueリクエストブルームーンカルテット


【収録曲】

1, ラスタワルツ

2, クラリネットマーマレイド

3,知りたくないの

4,映画天国

5,グッドライフ

6,私の愛

7,黄色いリボン

8,オンマイサイド

9,ジュビリー

10, アフタータイム

11, ラブ・メドレー

 

【商品説明】


リリース:2016年

レーベル:BlueFilmProduction

品番:KMJ-003

価格:¥2,500-(tax in)

6作目になる本作は、「もしもリクエストをもらったら」というお題で古今東西の聞いたことのあるような名曲を集めて全インスト演奏でお届けしてみました。

各メンバーが持ち寄った曲ぶっつけ本番、1日で録音を終えたライブバンドならではのエピソードもさることながら、黄啓傑のカシオトーン、富永寛之のフェンダー・ローズピアノ、工藤&木村のパーカッションなどの軽いダビングも聴きどころのひとつ。

また、ベーシスト工藤精の演奏が特にM6では際立っていて、各方面で話題になっています。

前作、ソールブランチのアートワークを手掛けたデザイナー吉川拓志を今回も起用、音と同じく親しみやすい仕上がりになっています。

本人たちの予想以上に好評なこの「リクエスト」、BMQのアルバムを初めてお求めになる方に特にオススメのベストセラーです。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

『名盤発見伝 ジャパニーズ・グラフィティー』!第1弾は“シューベルツ”の『天地創造+7 』♪

フォークルのはしださん、

子供の頃、家が近かったので、小さいころに疎水端とかで、ようすれ違いましたわ



はしださんと云えば、フォークル解散以降、いくつかグループ結成~解散を繰り返されましたね、

グループを順番に言える人は、相当なフォーク・ファン?ですね、

シューベルツ⇒???⇒エンドレス

あれ?まん中なんだっけ?思い出せませんでした

アカン、記憶力が



正解は“クライマックス”



で、“洋楽の名盤を発掘し好評を博しているシリーズ『名盤発見伝』”つうシリーズがあるそうなんですが、

その邦楽版が始まったそうで、

第1弾がなんと“はしだのりひことシューベルツ”の『天地創造+7 』だそうです、

当然、このアルバムは知りませんでした



Amazonより転載

hasidaはしだシューベルツ天地創造

商品の説明

 
メディア掲載レビューほか

洋楽の名盤を発掘し好評を博しているシリーズ『名盤発見伝』に、いよいよ邦楽編が登場!
その名も『名盤発見伝 ジャパニーズ・グラフィティー』!
本作は、はしだのりひことシューベルツ編。「アイ・アム・ア・マシーン」「愛の世界」「戦いの中で」他を収録。 (C)RS


曲目リスト

ディスク:1


1. アイ・アム・ア・マシーン

2. 愛の世界

3. 戦いの中で

4. 愛したものは

5. 象の子守唄

6. 明日への言葉

7. 白い砂

8. 北緯15度

9. 家なき子にも

10. 6月6日の夢

11. 一人ぼっちの旅

12. 夕陽に消えた恋

13. カメの遺言

14. 砂の城 <ボーナス・トラック>

15. 夢の女 <ボーナス・トラック>

16. あなただけに <ボーナス・トラック>

17. 雨上りをひとりで <ボーナス・トラック>

18. 朝陽のまえに <ボーナス・トラック>

19. さよなら <ボーナス・トラック>

20. 白い鳥にのって <ボーナス・トラック>

(転載ここまで)



うむ、、、知らない曲、多いわ






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月28日

URC 最後の蔵出し"復刻 CD 化シリーズ『加藤和彦URC レア・ライヴ・コレクション 1968-1973』、発売はまだみたいです、、、

前にも書きましたが、

2016年10月に発売予定だったこのCD、

こりゃ凄そうやから、買おうかと思ったのですが、、、

何らかの事情で急遽発売延期になりました



加藤さん案件だけに、50年ほど前の、あの『イムジン河』発売延期事件を想い出します、

やはり、著作権とか所有権の問題なんでしょうね、



FBのページの写真はこんな事に、、、

KatoURC レア・ライヴ・コレクション 延期

【FBの記事から転載】

2016年10月16日に発売を予定しておりました、『加藤和彦/URCレア・ライヴ・コレクション1968-1973』ですが、諸事情により発売延期(内容変更を含む)させて頂くこととなりました。

楽しみにされていた方々には多大なご迷惑をおかけいたします事、
心よりお詫び申し上げます。

 
発売につきましては、全力をあげて善処しております。新たな発売日が決まりましたら、早急にご案内させて頂きますので、どうかよろしくお願いいたします。

(転載ここまで)

発売、楽しみに待ってますので、ガンバってください、よろしく~





発売予定時の商品概要はこちら、

【FBの記事から転載】

★グリーンウッド・レコーズ、URC関連新譜、発売決定!
----------------------------------------------------------------------
■アーティスト:加藤和彦
■タイトル:URC レア・ライヴ・コレクション 1968-1973
■発売日:2016年10月16日(命日発売)
■品番:GRCL-6053
■JAN:4544925060535
■本体価格:3,000円(税込価格:3,240円)
■仕様:紙ジャケット、32Pブックレット封入
■解説:小川真一
-----------------------------------------------------------------------
まさに国宝級の音楽ドキュメント!
これを聴かずして日本のフォーク/ロックは語れない。
URCレコードの倉庫から発掘された加藤和彦の超レア音源。
フォークルからソロ活動期、そしてサディスティック・ミカ・バンドまで、その全てがわかる貴重なライヴ・トラックス!全20曲。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 こんな音源が残されていたとは!
ザ・フォーク・クルセダーズ、サディスティック・ミカ・バンドと伝説のグループを率いてきた、トノヴァンこと加藤和彦の貴重なるライヴ・トラックス。今回新たにURCレコードの倉庫から発掘された音源を中心に、若き日の加藤がどれほどの才能を持っていたのか痛いほど判る音源集だ。
 
初期フォークルの初々しい演奏や、解散コンサートにおける未発表テイク。ソロになってからの貴重なライヴ音源(「白い色は恋人の色」の幻の初演や、布施明のカヴァーまで登場)、さらにはアルバム・デビュー直前のサディスティック・ミカ・バンドのライヴ音源(73年録音)など、どこを切っても貴重過ぎるトラックばかりで、まさに国宝級の音楽ドキュメントだといえる。

これを聴かずして日本のフォーク/ロックは語れない。
※既CD化6曲は、全てオリジナル・テープより新たにリマスタリング、追加MC等あり!

★曲目一覧・ご予約はこちらまで・・・
http://www.greenwood-records.jp/scb/shop/shop.cgi?No=94
(グリーンウッドでご予約の方、オリジナル特典予定有り!)

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月17日

CHABOの京都「磔磔」でのLive盤のようです♪麗蘭・磔磔2016盤 「Welcome Home 磔磔」発売!!♫

なんか、よう分かりませんが、

CHABOの京都「磔磔」でのLive盤のようです



なんと、CDではなく“LP盤”のようです、、、

って、もう“LP盤”、“EP盤”とか、分からん人のほうが多いんかも、、、恐ろしい、、、



で、このアルバム、LP盤2枚組のようですが、、、

C面までしか無いようです、、、2枚目は片面



ま、ライブがそこまでしかないんなら、そりゃ仕方ないですね~



【FBの
仲井戸“chabo”麗市のページから転載】

麗蘭・磔磔2016盤 「Welcome Home 磔磔」発売!!

今作で12枚目になる磔磔のLIVE盤は、 初のフル収録の2枚組全21曲で通販限定販売!!!!

オフィシャルSHOP→http://www.up-down.com/shop/ でお買い求めください。



UP&Down.com SHOPより転載

Nakaido仲井戸磔磔2016
Nakaido磔磔LP2016

麗蘭「25」


Side A
1. マニフェスト(we are the Lay-Run)
2. 何はなくてもR&R
3. しり切れトンボのブルース
4. Mr. Blues Man(B.B.KINGに捧ぐ)


Side B
5. 清掃の唄
6. SONG for J.J.cale
7. 太陽のシェリー
8. Go Johnny Go(J.Winterに捧ぐ)


Side C
9. 夜風
10. 今 Yes We Can
11. 紅く・れ・な・い
12. サフラン



  
商品番号 LNJM-1161~2
販売価格 ¥6,900(税込)
購入数 012

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月15日

中川五郎さんのNewアルバム、ライブ盤らしいです♪ 『どうぞ裸になって下さい 』♪

FBでこのCDに関する中川五郎さんの想いとか、

制作過程を読んだのですが、中川さん、楽しそうでした~

聴いてみたい気になりました

2017年1月25日発売



中川五郎 『どうぞ裸になって下さい 』♪

Nakagawa五郎裸になってください

Amazonより転載

内容紹介

50年の節目に解き放つ話題必至の問題作・・・
中川五郎のすべてが熟した愛と感動のライブアルバムが発売。


2016年7月25日、東京下北沢ラカーニャで行われた中川五郎67歳のバースデイ・ライブ
&レコーディングが、2枚組のCDアルバムとなって世に解き放たれる。
 
中川五郎(うた、ギター、バンジョー)、河合徹三(ベース)、根本久子(ドラムス)、ハンバートハンバートの佐藤良成(バイオリン)、中村哲(サックス)、そして沢知恵(コーラス、ピアノ)。
 最高のメンバーが集結して、伝説の夜となった。

 【中川五郎プロフィール】

フォークシンガー、音楽評論家、翻訳家、小説家。1949年大阪生まれ。
60年代半ばからアメリカのフォーク・ソングの影響を受けて歌い始め、《受験生ブルース》《主婦のブルース》などを発表。

アルバム〈そしてぼくはひとりになる〉(シールズ・レコード)など。訳書に『U2詩集』(シンコー・ミュージック)『ボブ・ディラン全詩集』(ソフトバンク)、チャールズ・ブコウスキー関連など多数。

 
【収録曲】
 【Disc 1】
1. 運命 運命 運命
 玄侑宗久:詞/中川五郎:曲

2. 言葉
 奈良少年刑務所の受刑者:詩/中川五郎:曲

3. 愛情60
金子光晴:詩/中川五郎:曲

4. しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん
高野文子:詞/中川五郎:曲

5. イマジン
 ジョン・レノン:詞/曲〈中川五郎:日本語詞〉

6. どうぞ裸になって下さい
村山槐多:詩/中川五郎:曲

7. 90センチ
中川五郎:詞/曲

8. 真新しい名刺
 金素雲:原作/アメリカ民謡:曲


 【Disc 2】
1. Sports For Tomorrow[東京五輪招致スピーチにもとづき]
中川五郎:詞/トラディショナルブルース:曲

2. 二倍遠く離れたら
中川五郎:詞/曲

3. 消印のない手紙
 桜井哲夫:詩/中川五郎:曲

4. 一台のリヤカーが立ち向かう
中川五郎:詞/曲

5. 1923年福田村の虐殺
 中川五郎:詞/アメリカ民謡:曲

6. 風に吹かれ続けている
 ボブ・ディラン:詞/曲〈中川五郎:日本語詞〉


メディア掲載レビューほか

1960年代よりフォークシンガー、音楽評論家、翻訳家、小説家として活動。「受験生ブルース」などで知られる中川五郎が、フォークを歌い続けて50年の節目に解き放つ問題作。

中川五郎のすべてが熟した愛と感動のライヴ・アルバム。
2016年7月25日、東京・下北沢ラカーニャにてライヴ&レコーディング。 (C)RS


(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月14日

このアルバムもタイトルがイイ♫ほんで、写真もイイですね、杉田二郎『やわらかい心 』♪

ジャケ買いしそうです

杉田二郎『やわらかい心 』、



杉田二郎さん、

声は好き

唄い方はちょっと、、、

お幾つだろう?新しいアルバム作るのは立派ですね、

タイトルもジャケット写真もとってもエエです



Amazonから転載

Sugita杉田二郎やわらかい心kai

 
内容紹介


■来年(2017年)に、デビュー50周年を迎える杉田二郎の4年半ぶりのアルバム。

■こだわりぬいて選曲した過去作品と今こそ伝えたいメッセージがこめられた新曲たち。“気持ちの上での集大成"となる本アルバムには彼の人生観がぎっしりつまっています。

■「戦争を知らない子供たち」が改めて注目を集める中、現在の杉田二郎の平和への願いが込められた作品もあり、また駿河学(笑福亭鶴瓶)とのコラボ作品、さらに五木寛之作詞、新井満作曲の『望春譜』も初収録するなど、バラエティに富んだ内容となっています。そんな聞きごたえのある作品たちをポップな味付けで心地よくお届けします。

メディア掲載レビューほか


2017年に、デビュー50周年を迎える杉田二郎の4年半ぶりのアルバム。

「戦争を知らない子供たち」が改めて注目を集める中、現在の杉田二郎の平和への願いが込められた作品もあり、また駿河学(笑福亭鶴瓶)とのコラボ作品、

さらに五木寛之作詞、新井満作曲の「望春譜」も初収録するなど、バラエティに富んだ作品。 (C)RS

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)