東京観光案内

2010年04月23日

いよいよ“酒場キャラバン2010”も最終週です、今日は虎ノ門「升本」と表参道原宿「PennyLane」です♪

さて、本日午後から東京へ向かいます、
3週目に入った“酒場キャラバン2010”、いよいよ大詰めです

東京方面の方、お時間があればぜひお越しください、
お待ちしております

ひとりで楽しむ東京酒場新


【“酒場キャラバン2010”実施概要】

テリー・イシダの初めての本!
『ひとりで楽しむ東京酒場』の出版を記念いたしまして、
“酒場キャラバン2010”を実施いたします。


各会場に『ひとりで楽しむ東京酒場』をご持参、
もしくは当日会場でご購入の方には、

テリーが本の代金相当の酒代・肴代を奢ります!

 

基本アポは不要です、もちろん事前に連絡いただいても結構です。
基本、お店への予約は入れません、
もし満員の時は入れるまでお待ちください、

でも、何とかなりそうなお店を選んだつもりです、

どしどし、アポなしでお越しください、
テリーはとりあえずスタート時間から一人で飲んでおります。

終了時間で一応の中締めをさせていただきますので、
それまでに入店してください。


【酒場キャラバン 東京会場】

4月23日(金) 17時~18時30分 虎ノ門 「升本」
          19時30分~21時 表参道原宿 「Penny Lane」


4月24日(土) 16時~17時30分  亀戸 「魚昭」 
         (18時30分~20時 大島 「ゑびす」)
*「ゑびす」へも久しぶりに行きたいのですが、カウンターだけの小さいお店なので「空いていたら」という条件付、一応(仮会場)ということで考えています。なるべく「魚昭」へ来ていただければ助かります。


4月25日(日) 12時~13時30分 小岩 「銚子屋」
*昼酒です


イヤー、楽しみだなあ、
でも、こんなに飲み歩けるだろうか
まあ、なんとかなるでしょう

皆様のお越しをお待ちしております


*各店、臨時休業・満員などの場合は“酒場キャラバン”は中止といたします。ご了承ください。



syougai1pon at 06:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月18日

怒涛の3日間!“酒場キャラバン”東京会場スタート!!そして、京都「磔磔」でのライブ、大盛況で終了です^^)

皆様、お疲れ様でした

木曜日の東京出張からの怒涛の3日間が終わりました、
ふー、正直疲れました

でも、とても楽しい3日間でした♪


まずは、15日木曜日の夜に東京入り、

ちょっと1軒、こんな所に寄り

100415_1847~0001


その後、東京で担当していたチームの面々との懇親会、
広尾のイタリアンのお店でした、

100415_2225~0001

久し振りにワイワイとやりました、
「ひとりで楽しむ東京酒場」を7冊持って行き、無事完売
お買い上げの皆様、
次回の“酒場キャラバン”東京会場でお待ちしています


そして、金曜日は、、、
前日のワインの飲みすぎで結構宿酔いですが、
なんとか打ち合わせをこなし、

夕方には、、こんなところでひとりで東京酒場を楽しみ、

100416_1712~やまに

19時には、“酒場キャラバン”会場の月島「牛若」へ、、

100416_1909~0001

会社のKさん、単身赴任中のSちゃん、同期のMさん、
ご近所さん会のGさん、
そして、忙しい中駆けつけていただいた
“あぜ丸”さん
さらには、大坂城ジャグバンドの
Kanbaiさんと、Kanpaiさん

8人でまたまた遅くまで盛り上がりました

本はもう3冊しかなかったので、完売!



そして、翌土曜日の朝は5時半に目が覚めてしまい
吉野家で「牛鮭定食」食べて関西へ戻ります、



一旦自宅へ帰って、装備を整えて、15時前には京都「磔磔」入り、
おっと、もう私以外のメンバーも「満月堂」さんも勢ぞろいです、

100417_1548~0002


ではでは、打ち合わせをして、即リハーサル、
やはり良い感じです、「磔磔」、サイコーですね、、

嬉しかったのは、2階の楽屋に入れたこと、
アーー、憧れの「磔磔」の楽屋だぜ、いつまでも苔むさず♪

プロデュースしてくれた
ナンブさんに感謝です

100417_1523~0001

17時には開場、
この日は“酒場キャラバン”も兼ねているので本を15冊持参したのですが、
開場30分ほどで売り切れ!
「そりゃそうだ、ドリンク券1,000円分付いていたら、買うわ!」との声と、
買えなかった方々からの非難の声、
「もっと、持って来ないかんやろ!!」

スイマセンでした!!
お買い求めいただけなかった方、ぜひアマゾンでお願いいたします

2000円(フード付き)という、
我々としては破格の入場料をいただいたのですが、
結局有料入場者79名という、大盛況
めちゃ気持ち良いステージをやらせていただきました

ゲストで出演いただいた
満月堂の皆さんも素敵なステージ♪
23時頃まで「磔磔」でみんなとワイワイと飲んでました


とまあ、これだけやれば疲れるでしょう
でも、めっちゃ楽しい3日間でした、



感謝、感謝

東京の仕事仲間の皆さん、

月島の「牛若」の大将とお母さん、
「牛若」に来てくれた皆さん、

「磔磔」ライブをプロデュースしていただいたナンブさん、
「満月堂」の皆さん、
そして、「磔磔」に来てくれた皆さん、
「Fitband」メンバー、


皆様、どうも、ありがとうございました
また、楽しみましょね














syougai1pon at 11:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月15日

今日から久し振りの東京出張、16日(金)は“酒場キャラバン”月島「牛若」です♪

今日は午後から久し振りの東京出張です、
そして、泊まりです^^)

明日は午前中から午後にかけて打ち合わせをして、
その後は休暇を取って、
そのまま東京に居残って“酒場キャラバン”東京会場の第1回目です

4月16日(金) 19時~21時 月島 「牛若」

お時間のある方はぜひお越しください、お待ちしております。


そして、翌17日(土)は朝から関西へ移動、
午後からは京都でFitbandのライブです♪
こちらも、いよいよですね、ガンバリマス


4月17日(土) Fitbandライブ
京都 『磔磔(たくたく)』 17時開場、18時開演

〒600-8061 京都市下京区富小路仏光寺下がる
Tel 075-351-1321 FAX 075-351-0208

出演 : Fitband、 (ゲスト) 満月堂

入場料 : 2000円(入場料+フードバイキング付)

*食事をしながら、ゆっくりとステージをお楽しみください。
*ドリンクは各自でご注文ください。


【同時開催】

「ひとりで楽しむ東京酒場」発売記念“酒場キャラバン2010”

*京都会場のみ、Fitbandのライブ会場となります。(ライブは18時~)
*「ひとりで楽しむ東京酒場」を持参、または当日ご購入いただいた方に    
は、1000円相当のドリンク券(当日のみ有効)を差し上げます。
*ライブ中止などの場合は、“酒場キャラバン”も中止といたします、ご了解ください。

 

少々忙しいスケジュールです、
突発的な仕事などがないことを祈りながらの2泊3日です、
行って参ります



syougai1pon at 06:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月08日

昨日は「龍馬亭」、無事終了、“酒場キャラバン2010”東京の会場も決定いたしました!!

“酒場キャラバン2010”、昨晩は福島の「龍馬亭」、盛り上がりました

関西ルーツ会のTさん、先日退職された?さん、
同期で今はコンサルのO氏、
元でデザイン会社のKちゃんに、印刷会社のD氏も来てくれました、

ありがとうございました

2軒目は「花仙」へ行き、日本酒を呑んだので、
今日は少々寝坊しました




さて、次回は今週土曜日10日(土)の「なべや」さんです
こちらもよろしくお願いいたします。

ひとりで楽しむ東京酒場新



そして、いよいよ“酒場キャラバン2010”東京のお店も決まりましたので、
お知らせいたします。

東京方面の皆様のお越しをお待ちしています



【“酒場キャラバン2010”実施概要】

テリー・イシダの初めての本!

『ひとりで楽しむ東京酒場』の出版を記念いたしまして、

“酒場キャラバン2010~大阪・京都・東京~”を実施いたします。

 

各会場に『ひとりで楽しむ東京酒場』をご持参、もしくは当日会場でご購入の方には、

テリーが本の代金相当以上の酒代・肴代を奢ります!

 

基本アポは不要です、もちろん事前に連絡いただいても結構です。

基本、お店への予約は入れません、

もし満員の時は入れるまでお待ちください、


でも、何とかなりそうなお店を選んだつもりです、

 

どしどし、アポなしでお越しください、

テリーはとりあえずスタート時間から一人で飲んでおります。

終了時間で一応の中締めをさせていただきますので、
それまでに入店してください。

 


【酒場キャラバン 大阪会場】 

4月6日()  19時30分~21時30分 東三国 「トラベル食堂」

4月7日()  19時~21時 福島 「龍馬亭」 
4月10日(土) 14時~16時 花園町 「なべや」


【酒場キャラバン 京都会場】

4月17日() 17時~21時 
富小路仏光路下ル 
ライブハウス「磔磔」

   *京都会場のみ、Fitbandのライブ会場となります。
(ライブは18時~
)
*入場料2000円(フードバイキング付き)が別途必要となります。

*本を持参、または当日購入いただいた方には、

1000円相当のドリンク券を差し上げます。





そして、東京会場は・・・

【酒場キャラバン 東京会場】


4月16日() 19時~21時 月島 「牛若」



4月23日() 17時~18時30分 
虎ノ門 「升本」

19時30分~21時 表参道原宿 「Penny Lane


4月24日() 16時~17時30分  亀戸 「魚昭」 

          (18時30分~20時 大島 「ゑびす」)
*「ゑびす」へも久しぶりに行きたいのですが、カウンターだけの小さいお店なので「空いていたら」という条件付、一応(仮会場)ということで考えています。なるべく「魚昭」へ来ていただければ助かります。


4月25日() 12時~13時30分 
小岩 「銚子屋」

*昼酒です


と、2週に渡り豪華4日間実施でございます
イヤー、楽しみだなあ、
でも、こんなに飲み歩けるだろうか
まあ、なんとかなるでしょう

皆様のお越しをお待ちしております。


         

*各店、臨時休業・ライブ中止・満員などの場合は“酒場キャラバン”は中止といたします。ご了承ください。



syougai1pon at 07:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年01月28日

本日より、酒場記事は『東西酒場探訪案内所』にて掲載に変わります。

やっと追いつきました


このBlogのルーツは、
2004年6月に書き始めた『アコースティックギター生涯の1本』、

2005年1月から2009年7月までは東京へ単身赴任、
この時期にBlogもバンバン書いていますね、

そして、この単身赴任の時期に酒場巡りも覚え、
酒場巡りの記事がこのBlogでの大きな割合を占めるようになりました。



そして、、、
2009年1月からは、
酒場巡り専用Blogとして『東西酒場探訪案内所』を立ち上げ、
ここの記事をアーカイブ(転載)していたのですが、


やっと、追いつきました

予定では2009年の秋に追いついて、
酒場のオリジナル記事は『東西酒場探訪案内所』でアップするつもりでしたが、
予想以上に酒場の記事が多く(呑み過ぎ)、
今週になって、やっと追いつきました。


24日(日)までの酒場巡りの記事を全部転載しましたので、

本日から、新規の酒場巡りの記事は『東西酒場探訪案内所』に掲載いたします、



本日は、大阪駅前第2ビルの角打ち「山長酒店」の記事です
こちらの方もよろしくお願いいたします。



syougai1pon at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月24日

ぶつ切りシリーズ展開中、なぎら健壱のなんともゆるい番組です。

なんといえばいいのでしょうか?

「ぶつ切りのシリーズ番組」とも言うべき展開になってきています、

 

あえてまとめると、、

 

「なぎら健壱と愉快な仲間たち」シリーズ!!

 

ということになるのでしょうか?

(このタイトル、あまり中身を言い当てていませんが)


 

 

発端は、

義兄が「なぎら健壱のぶらり下町の旅」なる番組を4本録画したDVDをくれました、

これは、ワタクシ的にはすごく面白い番組だったのですが、

 

調べてみると、どうも、この番組の前にシリーズがあるようです、

それに、名前を変えて次のシリーズも放送されています!!

 

もう、意味不明!!全容解明不可能です!!

 

でも、まあ、解明してみますけどね

 

 

ということで、

この番組のシリーズはこんな構成になっているようです。

 


「ずるり!立ち食いソバの旅」 4話、

「ぱくり!惣菜パンの旅」 4話、

「ちびり!立ち呑みの旅」 4話、

 

「特選!なぎら健壱 ぶらり下町の旅」 4話、

 

「ぺろり!カレーの旅」 現在放送中

 


という構成で、現在もBSトゥエルビでシリーズ継続中のようです、

ずるり立ち食い蕎麦の旅2


 さらに、
すでに「ずるり!立ち食いソバの旅」、「ぱくり!惣菜パンの旅」、「ちびり!立ち呑みの旅」の3部作はDVD化が決定しております、


人気なのかな?


 ぱくり惣菜パンの旅


 

「ぶらり下町の旅」全4話は、浅草、人形町、根津、神田の4話、


ぶらり下町の旅


それぞれランチ的なお店、甘味、そして居酒屋と3店舗を紹介、

ちなみに居酒屋は「捕鯨船」、「笹新」、「根津の甚八」、「みますや」が紹介されています。

 

 

 

気になる、これからBSトゥエルビで見れるのは、、

 

特選!なぎら健壱 ぶらり下町の旅 #1浅草編
1月24(日)15:0015:30

特選!なぎら健壱 ぶらり下町の旅 #2人形町編
1月31(日)15:0015:30

 

ぺろり!カレーの旅 #3
1月27(水)21:3022:00

ぺろり!カレーの旅 #4
23(水)21:3022:00

 

 

 

さらに “EXENTERTAINMENT” なるチャンネルで、


「惣菜パン」
4話がまだ見れます、


「立ち飲み」も2月に放送
があるようです、


「立ち食い蕎麦」はちょっと予定が分かりません。

 

 

と、少々ややこしい記事になりましたが、

結構面白いので観てみたらいかがですか?

放送内容詳細も各HPで観れますよ



syougai1pon at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年01月09日

たまの東京、門前仲町の「魚三」→月島の「牛若」。

今日は東京で朝を迎えていますが、、、



慣れないライブドアブログの編集ページですが、
試行錯誤で少しづつ進化しております^^)


その一つが、ドリコムにはなかった機能=予約投稿です、
日時を予約して記事を書いておけば、
指定日時に自動的に記事がアップされます


昨日の金曜日から東京に出張ですが、
予約投稿で本日も無事記事アップ!!のはずです

(たぶん・・・)



記事は久しぶりの東京観光案内です。


2009年10月27日(火)
「魚三」→「牛若」


この日も、、
久しぶりの東京出張です、それも泊まりですラブ


仕事終わりが20時30分頃、
さて、久しぶりにどこかで飲みましょう、
ホテルは築地なので近場で門前仲町から月島辺りへ行きましょう。



ちょっと時間は遅いですが門前仲町の「魚三」はまだ入れるでしょう。

と、

21時前に「魚三」に到着、
まだやってます、が1階は満員ですね、
私の定席は2階ですので迷うことなく2階への階段を上がります。

2階を覗くと、手前のUの字カウンターに1席だけ空きがあります、
手前のカウンター担当のお母さんとも目が合って即案内されました、
ラッキーですね、

久しぶりの「魚三」です、とはいえ違和感はありません、
いつものようにお母さんのタイミングを見計らいながら「生ビール小」(ここは生ビールは“大”か“小”、“小”で普通の店の“中”です)と、
冷蔵ケースにある刺身を見て適当にお願いします。


「あの、下の段のちょっと赤っぽい刺身、あれ下さい」

292604f3.jpg


で、来たのがこれ、
遠目に「かんぱち」かと思ったのですが、、、
ちがうなあ、、「いさぎ」かなあ

まあいいや、毎度のことながらボリュームあるし、美味しいです。



しばらくしてお酒に変えていつものコースで揚げ物を物色、

e408bda8.jpg


「あさりのかき揚げ」を注文します。

f0f56a73.jpg


これで結構お腹が膨れましたので「おつゆ」を頼んで〆ることにします、

e6e5aa01.jpg


久々の「魚三」、懐かしいです、また来ますね。



で、次は月島の「牛若」を目指しますが、
途中で私が単身赴任中に住んでいた佃の家を見ていきました、

見た目ではまだ次の人は入居されていないようです、
ここもまた懐かしいなあ、
家の前に立つとなにか不思議な気分です、
また戻って来たいような気分になりました。


そして、これまた久しぶりの月島の「牛若」へ、
3組の先客がおられましたが無事入店、
入り口近くのカウンターに座ります。

今日は出張で来た旨を説明しながら、
まだ少し残っていたキンミヤ焼酎のボトルで水割りを作ります。
東京で唯一ボトルを置いていたお店ですね。

大将とお母さんにいろいろと話し掛けられ、近況などを報告します。

「やっぱり東京が懐かしいです」
「そうだよねえ、良く来るの」
「たまにですけど、出張があるので」


「魚三」で食べているのでお通しだけで焼酎水割りを一杯、

7ce64c4c.jpg


「おでん」を少しいただいてもう一杯、

b719986f.jpg


これでちょうどボトルも空になりました。
それではこれで失礼しましょう、また来ますからね、
よろしくお願いします


「牛若」を出て、ブラブラと勝鬨橋を目指します、

お、勝どきの交差点角には工事中の高層マンションが姿を現していますね、
立ち呑み割烹の「かねます」旧店舗があった辺りです、
この辺りもだんだん変わっていきますね。


勝鬨橋を渡り築地へ、風に吹かれるのもここまでです、
門前仲町から佃・月島、そして勝どきから築地へと懐かしい風景を堪能いたしました。



また来ますね、東京の下町、大好きです

at 06:50|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年11月29日

久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。

2009年9月の初め、

この日は東京で終日しっかり仕事!!(アピールしておこう笑顔)

でも18時頃には人形町の「笹新」へ、
ここまでが仕事の流れ、美味しい料理をいただきましたが、仕事ですのでレポも写真もなしです。


「笹新」を出て、仕事のメンバーとは解散、
このまま関西へ帰っても良いのだけれど、せっかくの週末の東京だ、もう1泊して帰ることにしました。
プライベートなのでなるべく安くて、酒場巡りに便利なホテルに泊まろうと、、都営新宿線の「西大島」のホテルにしました。


チェックインをし終わったのが19時30分頃、さあ出掛けましょうキラキラ
西大島だと「ゑびす」「こん平」が近いですが、実はここへどうしてもいきたかったので、まずは「こん平」を横目に通り過ぎて、亀戸方面へ5分ほど歩きました。

亀戸の「魚昭」、

43ca5df4.jpg


魚屋さんと酒場併設のお店です、
“立ち飲み”の看板が目に付きますが、中はデコラの長テーブルと丸イスがあり座って飲めます。

a3ead48d.jpg


大将は魚屋との兼務で、立ち飲みコーナーの注文窓口で注文を聞いてくれますが、魚屋のお客さん優先ですから、忙しい時はちょっと待ってから注文しましょうね笑顔

47a328e0.jpg


基本は料理以外はすべてセルフサービス、
小皿やコップも自分で揃えて、酒類は店内の自動販売機で買います、ビールに酎ハイ、日本酒も揃っています。

と、こうかくとなんだか味気ないので、そそらないかもしれませんが、、、

ここが大のお気に入りなのですラブ


今回で3回目の訪問、1回目は様子もよく分からず、でも2回目からは注文の仕方も慣れてきて、ここでの作法がだいぶ分かりました。でも、2回目は携帯を忘れたので写真なし!!


まず、料理は2品か3品を最初に頼んでしまいましょう、大将も忙しいので都度都度の注文では大変なのです。

この日は“まぐろブツ”400円也と“鰯オイル漬け”400円也を注文。
飲み物は日本酒安いほう240円也。

c72c21c5.jpg


まずは“まぐろブツ”、

eb85f924.jpg


これが旨い!!中トロ並のブツが15切れほど、ボリュームたっぷりで、これだけで相当満足度高いです。
“まぐろトロ”800円也というメニューもありますが、“まぐろブツ”で十分です。

“鰯オイル漬け”も量が多くて美味しい。

6ce963fe.jpg


前回同様、一人客も団体客もあり、女性客も多くワイワイと明るい雰囲気、デコラテーブルに丸イス、それに酒の自動販売機ですけどたいそう健全です

大将も少し怖そうに見えますが、ぜんぜんそんなことないです、すごくやさしいお人柄、

飲み終ったら、テーブルを綺麗に拭いて、食器などは注文窓口へ返却、これがこの店の最も大切な作法です。


もう1杯行ってもよかったけど、もう1軒寄りたいのでこれまでにしておきます。勘定は1040円、いやー、満足満足キラキラ
ご馳走様でした、また来ますねラブ



さて、もう1軒はここから歩いて行ける大島の「ゑびす」にしましょう。

明治通りを南下、西大島の交差点を左折してしばらく歩くと南側にあります。
お久しぶりです、この時期、表の引き戸はごく当たり前のように全開です笑顔

中を覗くと4分の入り、さっそく定位置の右側のカウンターに座ります。
お母さんは奥で何か用事をされていて、なかなか気づいてくれませんが、まあここで急ぐ必要もないのでゆっくり待ちましょう。


お、やっと気づいてくれたので、焼酎ハイボール280円也と“奴”250円也を注文いたします。お通しで炒り豆が出てきます、確かこれはフリーのはずです。
ハイボールは琥珀色で氷とレモンスライスが入ります。

b91da064.jpg


76aa434a.jpg


入り口の上にTVが掛かっており、観るともなくTVを観ながら飲み進めますが、このハイボールがスイスイいけちゃうので、あっという間にお代わりです。

向かいのカウンターでは若いカップルがいろいろと検討しながら料理を注文しています、ここも若い女性客、カップルのお客さんが多いですね。


味違いを何か食べたかったので“ハムエッグ”300円也を注文、

12a1f43a.jpg


うん、玉子はひとつだけどハムが多くてうれしい、少しウースターソースをかけていただきました。

旨い!懐かしい味です、最近家ではハムエッグ食べてないからなあ、こういうメニューがあるのも下町酒場ですね。

はい、ハイボール2杯でお勘定にしましょう、〆て1110円也。
お母さん、ご馳走様でした、また来ますね。


さて、今日はここまで、
これまた徒歩でホテルへと向かいます、ゆっくり歩いても10分と掛からないでしょう、久しぶりの東京の夜を噛み締めながら、ゆっくり歩いて帰りましょう。


at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

この日、立石はフェスティバルでした♪「宇ちだ」で一杯。

2009年9月初めの土曜日、

東京 立石「宇ちだ」→八広(東向島)「丸好酒場」→墨田「十一屋」


さて、わざわざ延泊した土曜日の東京、
もう今日は昼間から飲みますよお笑顔
でも、午前中は映画を見て、それでも12時過ぎには京成線立石駅に到着、お目当ては謂わずと知れた「宇ち多"」です。

9c85e78e.jpg


まあ、覚悟はしていたのですが、やっぱり並んでいます、隣の「栄寿司」もえらい行列です汗

この日の立石は何かのイベントがあったようで、商店街では抽選会をやったり、ミニライブがそこかしこで、

a4c8e1eb.jpg


そういうとここへ来る電車でも楽器を持った人が多かったなあ、打楽器を持った人もいたのでどこかで吹奏楽か?それとも、うん、この横断幕によるとサンバチームも来るらしい、サンバの太鼓か?笑顔

fb9dcfb0.jpg


と、一通り立石の街を散策し、「宇ちだ」に戻って並びます。
表側だけで10人以上並んでいますが、回転は速いので大丈夫でしょう。後ろのおじさんから話しかけられました、

「すごい人気だね」
「はい、土曜日はこの時間が一番混みますね」
「あ、そう」
「2時頃には空きますよ、でもネタもなくなるので、、」
「人気だっていうので初めて来たのです」
「ああ、有名ですからね、ここ」
「メニューはどうなってるの」
「もつ焼きのメニューは店内にないので、、周りの人の注文を聞きながら注文してください」
「本数は?」
「2本単位ですね」

と、ネタの種類なんかもお伝えしますが、
この「宇ちだ」のメニューを立ち話で説明するのは難しいのです、こちらで事前学習しましょう。


なんとか、20分くらいで無事入店、もつ鍋の前のカウンターです。
まずは瓶ビール小360円也と“がつ生”180円也、そしてお新香180円也を注文します。

5c6b571c.jpg


ここはほとんどの人が味付けに梅か葡萄のエキスを垂らした焼酎をストレートで飲んでいます、が、一口目からこれはきついのでビールをもらうことにしています。
大瓶540円也でも良いのですが、一人だと飲みきれないので小瓶にしています。


さくさくと“がつ生”を頂き、飲み物は“焼酎梅割り”に変更、焼き物は“かしら”と“あぶら”をタレで注文しました。(焼き物は2本セットで180円)

うーん、久しぶりの“あぶら”、旨いなあ

大振りの串なので、これでそこそこお腹が膨れます、今日は先が長いのでここら辺でお勘定にします。基本単位が180円、ビール小瓶が2つ分ですから、確か1260円かな?
ご馳走様でしたラブ



さて、いつもだと味違いで「栄寿司」で少し摘むのですが、この日はまだすごい行列ですので断念ハート割れ
それではと、駅前の「愛知屋」でコロッケ80円也を1ヶ買って立ち食い、ここのコロッケもほんのり甘くて好きな味です。

d78e0636.jpg


さて、このまま次の店で飲むには時間が早すぎます、商店街のミスドに入って休憩しましょう。

4963d462.jpg


1時間ほど本を読んで、少し居眠りをして、、
時間は14時30分頃です、ちょっと頭もすっきりしてきました、そろそろ出掛けましょうか。


at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!!

久しぶりの土曜日の東京、

立石の「宇ち多"」で飲んで、ミスドで1時間ほど本を読んで、少し居眠りをして、、
時間は14時30分頃です、ちょっと頭もすっきりしてきました、そろそろ出掛けましょうか。


京成押上線に乗って「押上」方面へ向かいます、
一駅目は「四つ木」、ここで降りて「ゑびす」でもいいのですが、開店は確か17時、まだ時間があり過ぎます。
もう一駅乗って展開の多い「八広」で降ります、
南口から右へ折れて東向島方面へ向かうと3分ほどで“四つ木橋南”の交差点に着きます、この角にあるのが「丸好酒場」です。
東京の家を引き払うために来た時もここに寄りました、それが最後かと思っていましたが、そんなことはない、また来ましたよ笑顔


でも、開店は16時から、土曜日は通常と同じなんですね、日曜日は12時から開いているんだけどね。
現在時刻は15時前、あらら、ゆっくりしたつもりだけど、まだ1時間以上ありますね、でも、ここで引き下がっては男が廃る、初志貫徹で今日は「丸好酒場」で飲むぞお、

では、時間潰しに墨田区テクテク旅と参りましょう、
ひょっとするとどこか開いている酒場があるかもしれませんキラキラ


まずは水戸街道を渡って「三河屋」が開いてないか確認、、、ハイ、閉まっています、
そのまま東武線伊勢崎線「鐘ヶ淵駅」の方へ歩きます、
「愛知屋」、ここ入った事ないですが、やはり準備中です、
しばらく行って左手の路地に入り込みます、「十一屋」、ここもまだ開いていません。
近所の子供が楽しんでいます笑顔

6e98dcb1.jpg


さて、どうしたものか、、、


では「東向島駅」の方へ回りこんで「岩金」を確認してみましょう、
で適当に寄り道、路地探索をしながらテクテク、ここは相当距離があります、天気も良くちょっと汗ばんできます。
でも、しっかり「岩金」前に到着、でもここも閉まっています。


とそのまま、なんとなく“曳舟川”の交差点まで行って、少し思案、「三祐酒場八広店」まで行っても良いのですがきっと閉まっています。

ので、交差点にあった「Book off」で涼むことにしました
ちょっと読みたい本があったので立ち読み、が買うまでもなくざっと読んでしまったので、そのままお返ししました。


お、時間は15時55分くらいです、
ではそろそろ「丸好酒場」へ向かいましょう。


開店5分後くらいの「丸好酒場」、
もう8人ほど座っておられます(定員は15人ほど?)、みんな早いですね、煮込み鍋の前辺りに着席、もちろん丸好ハイボール300円也をいただきます、
昼にもつ焼きを食べているので、ここはあっさりと“カブの葉っぱの煮物”250円也を注文します。

fe7cc911.jpg


ここの料理、私には全般に少し塩辛いのですが、ハイボールの肴にパクパク頂きます。
いつもの雰囲気でお客さんとお母さん、お姉さんとの会話がバンバン弾みます、この店の良いところはこの店と客のコミュニケーションですね、他愛もない楽しい話が延々と続きます。

「マンションから掛け布団が落ちてきた」話
「電化製品の中では洗濯機に一番感謝すべき」話
「今年の巨人は若い選手が活躍している」話

などなど、お母さんがバンバン話を振ってくれます。

ハイボールをお代わりして、ここではめずらしい“奴”250円也を注文します。

081a86c3.jpg


まだまだ話も続いていますし、ハイボールもまだ飲めるのですが、たまの東京、今日はもう1軒行きたいのでここらでお勘定にします。
ご馳走様でした、またいつの日か来ますねラブ



さて、時間は17時過ぎ、さあ今日最後のお店は墨田に名店あり!

「十一屋」の予定です。

「丸好酒場」から歩いて5~6分くらいでしょうか、少々ややこしいですが、さっきも歩いた道なので迷わず無事到着、


引き戸を開けると、お、今日は案外空いています、前回と同じ入って右手のカウンターに着席します。
先客はL字カウンターに4人ほど、4つほどあるテーブル席は空いていますが、2階にお客さんが入っているようです。

ここでも、焼酎ハイボール270円也を注文、
料理はざっとメニューを見回した上で“新さんまの刺身”460円也を注文します。

f0e788dc.jpg


このメニュー、“新さんま”の刺身でも塩焼きでも460円也ということなので期待したのですが、期待通りの料理でしたハート矢

料理は若いお兄さんが一人で担当されているのですが、このお兄さんの腕が確かなようで、段取りもよくきびきびと動かれています、
刺身に焼き物、揚げ物とつぎつぎと要領よく仕上げていくのは見事です、こういう姿を見るだけで私は酒を楽しめます。

そんなお兄さんが私の注文の“新さんま”をさばいてくれます、
期待通り、新さんま1匹そのままをさばいて、ささっと刺身にしてくれました、1匹丸々です、肉厚で新鮮そのもの、これは美味しかったですキラキラ

前に来た時も“筑前煮”の味付けに唸ったのですが、今日も“新さんま”にやられました。

やはり、ここも間違いのない店です。

墨田に名店あり!!「十一屋」です。


今日はもう3軒目なので一杯のみで失礼します、ご馳走様でした。
お勘定をお願いすると、若い男の子が伝票を見て計算しようとしましたが、板前のお兄さんがちょっと私の方を見て、伝票も見ずに即座に、

「ありがとうございます、730円です」

と応えていただけました、酒も料理も覚えていらっしゃいました、さすがです。
このお兄さんはすばらしいです。


関西へ戻った身としてはまた来ることがあるかどうか?
いや、必ずまた来ましょう、、、また来ますねラブ



では、「鐘ヶ淵駅」から帰りましょうラブ

88a3e8ef.jpg


22f04109.jpg


at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)