映画

2020年08月12日

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは・・・やっぱりこの映画は面白い、「パッチギ!」。

先週、映画館・自宅で観た映画~

おススメは・・・やっぱりこの映画は面白い、「パッチギ!」。



「パッチギ!」(★★★★☆)(2004年日本)

井筒和幸監督の最高傑作、『井筒さん、もうこれ以上映画作らないで!』と三浦ジュンさんが書いていた^^)

202008パッチギ

久しぶりに観ても面白かった、過激な暴力シーンは好みではないし、主演の塩谷クンの演技も残念やけど、青春群像劇、ラブストーリー、そして社会問題の提示、いろんな要素がバランス良く配合されている、脚本の勝利やね、

全体に面白がれるのは、当時京都にいたほぼ同世代(ワタシの方が数歳若い)であることが大きい、
さらに、音楽に関してはワタシがフォークル、加藤和彦ファンであることが大きく影響しています、ので採点は甘いかもしれないが、「イムジン河」「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」の3曲が3曲とも効果的、こんな映画はもう出来ないだろうな、

沢尻エリカ、真木よう子、高岡蒼佑、小出恵介、波岡一喜、桐谷健太、尾上寛之など、みんなこの頃に輝きだした、



「ウィル」(★★★★☆)(2011年英国)


良心を病で失ったウィルは、父親から貰った欧州チャンピオンズカップ決勝戦のチケットを手に、独りトルコ イスタンブールまでの旅に出る、

202008ウィル


これまた良心的な映画、独り旅に出た悲運のウィルに更なる災難が襲いかかるが、手を差し伸べる人もいる、どちら側の人に数多く出会うか?それが人生です、



「パブリック 図書館の奇跡」(★★★☆☆)(2018年米国)

(映画館で鑑賞)
ホームレスたちが寒さに耐えかねて図書館で夜を明かすことを望むが、事態は思わぬ展開に、

202008パブリック


とても良心的なテーマの映画なのでもっと星をつけたかったのですが、ラストのアイデアが他の伏線を喰い散らかしてしまったのが残念、いくつものエピソードが回収されぬまま放置、あ~気になる^^)



◆「KINGDOM」(★★★☆☆)(2019年日本)

封切り時に映画館で観たけど見直し、

202008キングダム

2回目を観ると、いろいろとあらが見えてくるけど、日本アカデミー賞4部門受賞だから、やはりまあまあ面白い、説明的台詞とシーンを削って2時間以内にするとテンポが出るかも、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年08月03日

先週、自宅で観た映画~「特捜部Q」4作と「ミニミニ大作戦 」、「特捜部Q」小説も面白いし、贔屓なのです^^)

先週、自宅で観た映画~

「特捜部Q」4作と「ミニミニ大作戦 」、「特捜部Q」小説も面白いし、贔屓なのです^^)



◆「特捜部Q」(各作とも★★★★☆)

デンマークの警察小説の映画化、北欧の陽が短い雰囲気のままに陰惨な犯罪が起こるコペンハーゲン、未解決事件を専門に扱う特捜部Qとは名ばかりのお荷物部署、しかし、悩めるカールとシリア系のアサドは次々と埋もれた犯罪を掘り起こしていく、

原作も面白いし、映画もその雰囲気をよく醸し出していると思います、お薦めの犯罪映画シリーズ、

「檻の中の女」(映画化2013年 デンマーク) ※小説1作目 これが一番おススメ

202007Q檻の中の女

フェリーから投身自殺したとされる女性議員、しかし、彼女は長年に渡り生きて監禁されていた、

「キジ殺し」(映画化2014年 デンマーク・ドイツ・スウェーデン合作) ※小説2作目

202007Qキジ殺し2

ある刑事が20年前の事件の再捜査を懇願して自殺、カールとアサドが事件を再捜査すると、20年以上続く連続殺人が浮かび上がってくる、、本作より特捜部Qに女性捜査員ローセも加わっている、

「Pからのメッセージ」(映画化2016年 デンマーク・ドイツ・スウェーデン・ノルウェー合作) ※小説3作目

202007QPからのメッセージ

海岸に瓶に入ったメッセージが流れ着く、7~8年前に書かれたメッセージには殺人を示唆する内容が、特捜部Qが捜査に乗り出すが、同時に誘拐事件も発生、2つの事件は結びつく、

「カルテ番号64」(映画化2018年 デンマーク・ドイツ合作) ※小説4作目

202007Qカルテ64

マンションの1室からミイラ化した3人の死体が!捜査に乗り出すQメンバーの前に、デンマークの過去の暗部が浮かび上がってくる、



「ミニミニ大作戦」(★★★★☆)(2003年米国)

202007ミニミニ大作戦

卓越したスキルと周到な計画で不可能と思われる盗みを実行するプロ集団、しかし、裏切りに会いリーダーを失う、復讐のため奪われた金塊を取り戻すべく、、、

1969年に制作された同名映画(邦題・原題とも同じ)のリメイク、原題は「The Italian Job」=当時流行っていた?お洒落な盗人の物語、なぜ「ミニミニ大作戦」なのか?一応チャンと必然性はあるのだが、、、邦題は映画の雰囲気とは違います、

観た顔だな、と思っていたら若きシャーリーズ・セロンが出演、





syougai1pon at 09:17|PermalinkComments(0)

2020年07月27日

先週、自宅で観た映画~拾いモノだった「ゴッド オブ ウォー」~倭寇と明軍の闘い、案外楽しめます。

先週、自宅で観た映画~

拾いモノだった「ゴッド オブ ウォー」~倭寇と明軍の闘い、案外楽しめます、



ゴッド オブ ウォー(★★★★☆)(2017年中国・香港)

202007ゴッドオブウォー

16世紀、明軍は日本の倭寇(海賊)に苦しめられていた、武道知略に長ける明の武将・威継光が転任してきて戦況は変って行く、

友達が観ていたので視聴、TVドラマのような感じもしますが、結構楽しい、明と日本の武将の対決は迫力あり、日本人キャスト多数で日本語台詞・侍の描き方もしっかりしてます、明と日本両軍の描き方もフェアな感じがするのが好感、

倉田保昭さん、流石のアクション、サモ ハン キンポー懐かしい^^)



「劇場」(★★★☆☆)(2020年日本)

202007劇場

又吉直樹さん2作目の小説を映画化、劇場公開予定がコロナの影響で延期縮小、そこでAmazonプライムでの同時配信が始まったので視聴、

劇団を主宰する永田、それなりに実績はあるものの、表舞台に躍り出る様なヒット作が書けない、偶然知り合った役者志望の紗希と暮らすようになるが、、、
よくある物語、と云うと酷か、永田にはもう少し頑張ってほしかった^^)でも、そうなったら、ステレオタイプの物語になるんだろうなあ、、、小説世界やなあ、、、映画では難しい、、、

コロナが生み出した劇場公開と同時にネット配信、いろいろと意見はあるだろうけど、新生活様式の一つとしてこれからも試行錯誤が続きますな、



「グレートウォール」(★★★☆☆)(2017年中国・米国)

202007グレートウォール

9世紀の中国、未だ欧州に入っていなかったブラックパウダー(黒色火薬)を求めて万里の長城へやってきたウイリアムは、中国の禁軍とモンスターの壮絶な戦いを眼にする、60年に一度人類の強欲のために現れるモンスターとは、、、
マット デイモン主演、衣装やCGはハリウッドのお手の物、

テーマは面白いと思うのですが、、、90分ほどの小品、エイリアンとSWとインディーのエキスをキュッとした感じ、個人的には楽しめました、








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年07月20日

先週、自宅・映画館で観た映画~おススメは「オケ老人」♪軽いコメディだけど、しっかり響く映画でした♪

先週、自宅・映画館で観た映画~

おススメは「オケ老人」♪軽いコメディだけど、しっかり響く映画でした♪



「オケ老人」(★★★★☆)(2016年日本)

新任教師の千鶴は地元アマチュアオーケストラの公演を聴き感動、久しぶりにバイオリンを弾きたい衝動に駆られ楽団に入団を申し込む、が、、、この街には2つの楽団があり、千鶴が入団を申し込んだのは老人数人の楽団、練習よりも打上げの宴会を楽しむダメダメ楽団だった!

202007オケ老人

軽いコメディ、罪のない話がす~っと身体に入ってくる、杏さん好演、この映画の空気感は彼女の功績、
演奏シーンもそれなり、もっと聴きたいと思ったけ(案外短い)ど、それでもちょっと心を揺さぶられるのはフルオーケストラの魅力のせいか?

観て損は無し!



●(劇場鑑賞)「ブリット=マリーの幸せな旅立ち(★★★☆☆)(2018年スウェーデン)

永年、専業主婦として家を守り抜いてきたブリット=マリーだが、夫の浮気を機に田舎町でユースクラブの管理の職を得る、、、しかし、仕事の中にはサッカークラブのコーチ業も含まれていた!?

202007ブリットマリー

同じ原作者の「幸せなひとりぼっち」がとてもヨカッタので期待大きすぎた、97分の小品、起伏少ない物語に好感するも、予定調和の着地に少々物足りなさも感じます、



●(劇場鑑賞)「マザー」(★★★☆☆)(2011年日本)

自堕落なモンスターマザー、子供は学校にも行かず放浪生活、盗み騙し誘惑し逃げ隠れる家族、そして最後に悲劇が待っている、

202007マザー

スクリーンには迫力がある、最後まで集中してみることが出来ました、長澤まさみ体当たり!阿部サダヲさすが!!

でも★が辛いのは、、、2時間以上、延々と見せつけられる母親の悪行にくたびれる、ラストシーンにこの映画のメッセージが込められています、それはそれで巧みな映画的レトリック、、、でも、それに素直に頷けないワタシの個人的な気持ち、これは仕方ない、映画としては上手だけど、物語に共鳴できない以上、こんな評価で許してください、



「ザ・スパイ シークレット・ライズ」(★★★☆☆)(2013年韓国)

北朝鮮と韓国の統一へ向けての動きの中、北朝鮮要人を乗せた旅客機が撃墜される、正体不明のテロ組織を追う韓国スパイ、CIA、北朝鮮、謎の組織、はては日本の諜報機関まで入り乱れてのスパイ合戦、

202007ザ・スパイ

だいぶ韓国映画も見慣れてきたので、これまた少々絡め、007などのスパイ映画のパロディ娯楽映画として楽しく観れます、しかし、韓国の男性はみんな妻の尻に敷かれているようで大変です、スパイも例外ではありませんでした^^)








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年07月13日

先週、自宅・映画館で観た映画~おススメは「バルーン 奇跡の脱出飛行」。

先週、自宅・映画館で観た映画~おススメは「バルーン 奇跡の脱出飛行」、

先週も収穫多し、



●(劇場鑑賞)「バルーン 奇跡の脱出飛行」(★★★★★)(2018年ドイツ)

1979年冷戦下の東ドイツ、抑圧された東ドイツから西ドイツへ熱気球で脱出を試みる家族の闘い、実話がベースです、

202007バルーン

熱気球というのんびりしたモチーフと裏腹に全編映画的サスペンスに溢れています、ハラハラドキドキの2時間、クライマックスの映画的レトリックも上手、

東ドイツの管理社会、秘密警察、密告社会がホントに恐ろしい、誰が味方で?誰が敵なのか?疑心暗鬼の日常生活、今の北朝鮮か、、、中国が先日施行した「香港国家安全法」にも密告制度が盛り込まれています、密告すれば成績が上がる制度、恐ろしい!!

ミスを犯した役人・軍人は秘密警察により次々に罪に問われていきます、昨日までの社会主義信奉者が罪人になる、脱出家族を追い詰めていく秘密警察のエリート、そして結末は、、、ラストシーンが1党独裁の社会主義国家の怖さを象徴しています、



「スポットライト 世紀のスクープ」(★★★★☆)(2015年米国)

カソリック教会の神父による児童虐待の実態を暴いた、ボストン・グローブ紙の記者たちの物語、

202007スポットライト

2002年にこの記事が掲載され、米国中で虐待を続けた神父が告発されるきっかけとなった、大人になった被害者の描写も含め、良きアメリカがまだあることを示した民主党的映画、



「MUD」(★★★★☆)(2013年米国)

アメリカ南部アーカンソーの田舎で暮らす少年二人、探検で出掛けた川の中州で、事情があり1人身を潜めるマッドと出会う、少年たちはマッドに協力して廃船の修理を手伝うが、、、マッドに追手の影が忍び寄ってくる、

202007MUD

田舎町のねっとりとした生活感、男と少年たちのふれあいの物語でもあるが、ラストで世界が一転してしまう、ラストの映画的暴発は「ウインド・リバー」程ではないが、濃密でインパクトあり、

田舎町でのこういう物語は、ジワジワト真綿で締めつけられるようで目が離せない、日本映画では村八分の要素が入ってくることが多いシチュエーションの映画、



「探偵な2人 リターンズ」(★★★☆☆)(2018年韓国)

探偵が趣味の若者と、退職を考えるベテラン刑事の凸凹コンビ探偵コメディ、

202007探偵な2人リターンズ

1作目が面白かったので2作目も鑑賞、まずまずだけど、、、3作目は無いかな^^)








syougai1pon at 09:12|PermalinkComments(0)

2020年07月08日

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは「秋日和」(★★★★☆)(1960年日本)

先週、映画館・自宅で観た映画
~おススメは「秋日和」(★★★★☆)(1960年日本)

秀作ばかり3本の週でした、



◆(劇場鑑賞)「秋日和」(★★★★☆)(1960年日本)

ご存じ、小津安二郎監督作品、劇場でデジタルリマスターを鑑賞、
1960年作品なのでフルカラーです、

202007秋日和kai

2時間以上、ほとんど例の口調で台詞が続くのだが、、、
これが面白いんだから、不思議な監督、いや、素晴らしい監督技、

男3人の会話は、腹黒い悪役の会話のようなトーンだが、
これが至って他愛もない良心的な策略、
シンプルなお話なのに、観ていてグイグイ引き込まれる、

原節子さん今回は老け役、司葉子さんスタイル抜群、着物姿も艶やか、
何回も同じシチュエーションで出てくる受付役が、
綺麗でスタイルが良いなあと思っていたら、岩下志麻さんでした、

上の写真の真ん中の女性は岡田茉莉子さん、チャキチャキ、
男性陣は佐分利信、中村伸郎、北龍二、佐田啓二、そして笠智衆と盤石、

時間が合ったので観ましたが、とてもヨカッタ、
鑑賞をおススメします、



「アウトブレイク」(★★★★☆)(1995年米国)

ウイズ コロナの時代に観る感染症映画はどうだ?

アフリカの風土病が宿主の密輸入によってアメリカ本土で蔓延、
軍の生物研究者とCDC(疾病予防センター)が封じ込めに動くが、、、

202007アウトブレイク

まさしくコロナをイメージさせる感染実態、
映画では宿主を見つけるとことによって、
ワクチンではなく“抗血清”を作り難局を乗り越えようとするが、、、

コロナのワクチンも映画のようにサクサク出来て欲しいものです、
主演:ダスティン:ホフマン



「英国総督 最後の家」(★★★★☆)(2017年英国)

1947年、英国はインドの植民地支配から撤退することを決定、
最後の英国総督は理想的なインド独立を目指すが、、、

202007英国総督

インド植民地支配の実態も、独立の実態も良く知らない、
パキスタン建国への流れも知らなかった、
日本の社会科教育は近代アジア史をもっと重要視すべき、

タイトルはのんびりしていますが、
とても濃厚で良心的な映画です、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年06月30日

先週、劇場・自宅で観た映画~おススメは「ストーリー オブ マイ ライフ わたしの若草物語」(2019年米国)(★★★★☆)

先週、劇場・自宅で観た映画~
おススメは「ストーリー オブ マイ ライフ わたしの若草物語」
(2019年米国)(★★★★☆)



◆(劇場)ストーリー オブ マイ ライフ わたしの若草物語
(2019年米国)(★★★★☆)

202006若草物語

南北戦争時代のアメリカ、マーチ家の4姉妹を巡る物語、
一代記というより、ほんの7年間ほどのお話なのですが、とても面白い、
主人公の小説家志望の次女がホントに活き活きとしています、
原作の小説「若草物語」を読んでいなくても楽しめました、



「探偵な2人」(2015年韓国)(★★★★☆)

202006探偵な2人

素人探偵とベテラン刑事の凸凹コンビのアクションコメディ、
友人の警官の無実の罪を晴らすべく連続殺人事件に挑む2人、
少々都合良すぎるところもあるが、楽しめます、
家族の話がやたら出てくるのも、ラストで納得、



「悪のクロニクル」(2015年韓国)(★★★★☆)

202006悪のクロニクル

昇進を目前にした刑事課長がいきなり暴徒に襲われるが逆に殺害、
昇進を前に事件をもみ消そうとするが、
事件は意外な方向に展開していく、
とても面白い!後味が悪いのが難点ですが、
韓国映画、力あるわ~、



◆「8日で死んだ怪獣の12日の物語」(★★☆☆☆)

202006268日で死んだ怪獣

リモート制作されYoutubeで発表された12話の短編動画(★はこれを観て)、
斎藤工、岩井俊二監督作品、今でも動画は見れます
のんなどの出演シーンを加えたバージョンが今後劇場公開されます、
ミニシアター応援の意味もあるそうです、ちょっと楽しみ、



「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014年米国)(★★★☆☆)

202006Allyouneed

宇宙からの生物に侵略される地球、
手違いで最前線に投入された軍PR担当は生物の血を浴びて死ぬが、
そこから無限につづく1日を経験することになる、
何回も同じ日の同じような映像が出て来る、
が、少しづつ進化している^^)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年06月29日

映画「8日間で死んだ怪獣の12日間の物語」、リモート制作の映画が劇場のスクリーンに掛かります。

ついにこんな映画が劇場公開されます、

リモート制作の映画が劇場のスクリーンに掛かります、ウイズコロナの時代です

独立系ミニシアター応援の意味合いもあるそうなので、ぜひ観に行きたいと思います

齋藤工さんも、のんちゃんも好きだし



映画「8日間で死んだ怪獣の12日間の物語」、

202006268日で死んだ怪獣

元々はYoutube向けにリモート制作された連作短編、

斎藤工さん主演、武井壮さんも1話だけ登場します、

この連作短編は今でもYoutubeで視聴可能です ⇒



これに女優のんも参加した新映像を加えて劇場版が完成したみたいです、

Saito斎藤工
Non8日間で死んだ怪獣



詳しくは以下のサイトで、、、物語はこんな感じ、

『岩井俊二監督×斎藤工×のん リモート製作ドラマの劇場版、ミニシアター支援を目的に7月31日公開』から転載、

通販サイトでコロナと戦ってくれるというカプセル怪獣を買ったサトウタクミ(斎藤)。毎日怪獣の成長を配信しているタクミに、通販で宇宙人を買ったという後輩・丸戸のん(のん)、コロナの影響で無職になってしまった先輩・オカモトソウ(武井)から連絡がくる。日に日に怪獣は成長していくが、どうもYouTuber・もえかす(穂志もえか)が育てている怪獣とは種類が違うようだ。怪獣に詳しい知り合いの樋口監督にノウハウを聞きながら、タクミは怪獣を育成していく。

(転載ここまで)



コロナとの闘いは長引きますが、

これからも、こういうカタチで今までにはない新しい何かが生まれて来るんだろうなあ、

前を向いていく方々に拍手だと思います、

映画館で応援します








syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年06月22日

先週、自宅で観た映画~おススメは「監視者たち」(★★★★☆)(2013年韓国)、スピーディで面白い。

先週、自宅で観た映画~おススメは「監視者たち」(2013年韓国)、スピーディで面白い。



今週も拾いモノが多かったです、

とくに「監視者たち」がおススメです、日本映画ももっとガンバってほしいなあ、

「監視者たち」(★★★★☆)(2013年韓国)

202006容疑者たち

韓国警察の監視チーム、次々と重大犯罪を重ねるプロ集団を、
観察眼と尾行能力だけで追い詰めていく、
スピーディ、洒落た映画的レトリック、伏線もしっかり回収、
ヒロイン役のハ・ユンジョが素敵です、



「グエルム-漢江の怪物」(★★★★☆)(2006年韓国)

202006グエルム

突如、漢江に現れた謎の怪物グエルム、
末娘をさらわれた家族4人は決死の覚悟で怪物に立ち向かう、
如何にも韓国的な展開、このラストは日本映画にはないなあ、
映画館でも観ました、怪獣映画好きなので★多目^^)
「パラサイト~半地下の家族」のポン・ジュノ監督作品、



「アップグレード」(★★★☆☆)(2018年米国)

202006アップグレード

いきなり暴漢に襲われ妻を失くし、自らも大怪我を負った主人公、
最新ITを駆使したチップを身体に埋め込み、身体能力を回復、妻殺しの犯人を追う、
AIを扱ったSF映画、スピーディで痛快な面もあるが、
ラストはやはり、AIの真価を発揮、



「お!バカんす家族」(★★★☆☆)(2015年米国)

202006おバカんす家族

バカンス旅行に出かけた4人家族のドタバタコメディ、
これでもかというバカバカしい展開の連続、
下ネタ満載で結構笑わせてくれます、








syougai1pon at 11:06|PermalinkComments(0)

2020年06月15日

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは、、、うむ~、、、

先週、映画館・自宅で観た映画~おススメは、、、うむ~、、、



上質で面白い映画ばかりなんだけど、

この1本!という映画がなかった1週間かな、



映画館で観た「デッド ドント ダイ」は今ひとつ嵌りませんでした、

同じく映画館で観た「コリーニ事件」、上質ですが、ギリ★4つ、映画的にはちょっと物足らない、

てな感じです、



(スクリーン)「デッド ドント ダイ」(★★★☆☆)(2019年スウェーデン・米国合作)

202006DDD

ゾンビ映画は基本観ないのですが、ビル・マレーが好きなので鑑賞、
途中までは予想通りのテイストでしたが、空からあれが出て来た時点で緊張感が無くなった、その後は監督の思うがままにどうぞ、、、
細かなギャグがたくさん、結構笑える、英語が分かればより面白いかも、
ジム・ジャームッシュ監督作品、



(スクリーン)「コリー二事件」(★★★★☆)(2019年ドイツ)

202006コリーニ事件

ドイツの法廷サスペンス、ドイツでは避けて通れないあのテーマ、
いきなり殺人を犯したコリーニは黙秘を貫き、新米弁護士のライネンは弁護を諦めかけるが、ふとしたことから事件の真相に迫っていくことになる、
2転3転の終盤が見どころだが、、、全体の作品柄がばらついたままの感じ、、、惜しい、



(自宅)「パリよ、永遠に」(★★★★☆)(2014年フランス・ドイツ合作)

202006パリよ永遠に

1944年8月、連合軍の侵攻で陥落寸前のナチス・パリ、
ヒトラーは退却前にパリの徹底破壊を命令、
エッフェル塔もルーブル美術館も大聖堂も灰燼に帰する作戦、
中立国のスウェーデン領事が独軍司令官と直談判で作戦の中止を迫る、



(自宅)「ワイルド スピード ICE BREAK」(★★★★☆)(2017年米国)

202006WSICE

お馴染み、今や世界No.1のアクション映画シリーズ、
これまでの敵味方主要キャラ入り乱れての大騒ぎ、
ストレス無く楽しめます、





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)