映画

2018年11月09日

先週観た映画~「ビブリア古書堂の事件手帖」(★★★☆☆)

先週観た映画、


「ビブリア古書堂の事件手帖」(★★★☆☆)


2011年から始まった小説「ビブリア古書堂の事件手帖」の初映画化、
原作を読んでいるので観ました、

201811ビブリオ

五浦大輔は昔、祖母の本を盗み読んだために祖母からひどく怒られた記憶がある、その祖母が亡くなり残された「夏目漱石全集」から“夏目漱石”直筆と思われる署名が入った「それから」を見つける、

興味を持った大輔は北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」にその本を持ち込み鑑定を依頼、若き女性店主・篠川栞子は大輔が持ち込んだ本を手に取って見ただけで、見事な推理で大輔の祖母の秘密を解き明かす、そして、これをきっかけに古書に纏わる事件へと発展していく、、、



原作は1作~3作まで読んで、そこで止まってしまっていますが、現在第7作目まで出版されているようです、

映画では1作目のエピソード(原作は1作にいくつかの古書に纏わるエピソードを収録)、実在の本「夏目漱石全集・新書版」、太宰治の「晩年」初版本、そして原作にはない漫画「人造人間」?という本が登場、(この本は実在しないのではないかな?原作には足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦」が2作目に収録されています)


一冊の古書から、様々な人の運命的な過去が浮かび上がってくるという、原作の痛快さを割としっかり表現しています、



主人公の古書堂店主の篠川栞子は、文庫本の表紙イラストの影響もあり、かなりイメージが固定化していると思われますが、黒木華は現状最高の配役だと思います、同原作のTVドラマ版では剛力彩芽が演じましたが、残念ながらショートヘアのままでの出演、今回の黒髪のロングヘアがやはり栞子さんのイメージ、




原作は古書一冊に纏わる一つのエピソードという形式、映画ではなにか趣向が欲しくなるのは分かるのですが、、、映画では3つのエピソードが最終的に一つに繋がっていて驚きの結末、という欲張った展開に、が、少々欲張り過ぎたようで結末に説得力がないです、映画的なラストの展開も唐突で効果なし、

もっと落ち着いて人の感情にフォーカスした脚本の方が原作の良さを引き出せたかも、黒木華が好演だっただけにもったいなかったかな、




あと、北鎌倉という舞台設定が魅力的なのでオールロケで作ってほしかった、せめて古書堂外観は、、、


あ~もったいない!★は3つで、、、


(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 07:49|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

先週観た映画~「プーと大人になった僕」(★★★★☆)。

先週観た映画、


「プーと大人になった僕」(★★★★☆)



ディズニーが“熊のプーさん”を初めて実写化したおとぎ話、


201810プーと大人になった僕

100エーカーの森の中で“プー”やその仲間と子供時代を過ごしたクリストファー・ロビン、今はロンドンの大企業で忙しい毎日送るサラリーマン、上司から難題を押しつけられ悩んでいる最中にいきなりプーがロンドンに現れる!天衣無縫なプー、でも、もう子どもの世界には戻れないクリストファー・ロビンは、プーやその仲間を元の世界に閉じ込めようと右往左往するが、、、



大人のおとぎ話です、プーがこの世界にいること自体が受け入れられないよね~とか思いながら映画を観ている自分はクリストファー・ロビンと同じ、が、そのプーの天衣無縫な行動にだんだん引きずり込まれていく、


プーやその仲間の動きや表情がとてもよく出来ていて安心して楽しく観れます、CGですが、シーンによりぬいぐるみも使っている、いや、ひょっとすると“着ぐるみ”か?と思わせる完成度の高い表現が成功の最大要因、


お話自体はおとぎ話なのに、映画の中で語られるプーの純真な台詞が含蓄のある言葉に聞こえて来たら、もうプーの魔法にかかってしまった証拠です、家族でも一人でも楽しめる映画、

プーの名言が心に沁みます、『何もしないことが、時には最高の結果を生むだすこともある』、



原題 「Christopher Robin」、



観て損は無し、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

先週観た映画~「日日是好日」(★★★☆☆)

先週観た映画、


「日日是好日」(★★★☆☆)



初の本格“茶道紹介”映画、

樹木希林さん主演、


201810日日是好日

20歳の大学生典子は従妹の美智子に誘われるまま、気乗りのしない茶道を習い始める、師匠は「武田のおばさん」、まったくの異世界のお茶の世界を20数年にわたって少しづつ嗜んでいく典子、そして、そこは人生にとってかけがえのない場所になって行く、日日是好日、その意味も、、、


お茶の世界の事、作法、まったく知りませんが茶道のことをざっくり一から教えてもらえます、観ているうちになんとなく、その世界の良さの一端が見えてくるような気にさせるのはさすが、

師匠の武田先生の言葉が身に沁みる、茶道はまずはカタチから入る、頭で考えないでカタチを整える、そうすればカラダがあとからついてくる、そしてその入れ物にココロを入れる、なるほど、


典子の人生の変遷にはそれほどの起伏は無く、これはもう茶道紹介映画という事で完結、


樹木希林さんがハマリ役、映画全体がもう完全に樹木希林の世界、ハマリ過ぎてちょっと物足らないくらい、もう少しコメディエンヌな面があっても嬉しいかも、遺作という打ち出しはしていないので、まだこれからも希林さんの出演映画はあるのでしょうね、

黒木華さんはもちろんですが、多部未華子さんが好演、良い女優さんです、


日日是好日、映画の中で感じてください、春の風、夏の雨、秋の紅葉、冬の雪、




個人的には好きな映画ですが、ま、★は3つで、、、


(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(1)

2018年10月14日

先週観た映画~「クレイジー・リッチ!」(★★★☆☆)

先週観た映画、


「クレイジー・リッチ!」(★★★☆☆)




ハリウッド映画で主な配役がすべてアジア人、
という事で話題のラブ・コメディ


201810クレイジーリッチ

ニューヨークの大学で経済学を教えるレイチェルは、恋人のニックの友達の結婚式に出席するためにニックとともにシンガポールへ、そこでニックからプロポーズを受けるが、、、実はニックがシンガポールの超大金持ち一族の御曹司であることが判明、家族や親せき一族、取り巻きの女の子や元カノも入り乱れて突然現れたレイチェルを追い詰めていく、母親も絶対にレイチェルを認めようとしない、果たしてレイチェルの恋の行方は、、、




中華系富豪の跡取り息子と、同じく中華系ながら努力して今の地位を勝ち得た女性のシンデレラストーリー、コメディとして観ればそれなりに楽しめます、


配役がアジア人ばかりという事でアメリカでは評判になりヒットしている、、、?のか?白人俳優が出なければヒットしない、という今までの思い込みをたしかに乗り越えているとは思う、


富豪具合が凄すぎてあまり実感が湧かないのは仕方ないとしても、細かいギャグや会話のニュアンスがうまく伝わって来ていないのかな?と思える節もある、ハリウッド目線?華僑の習慣?ガラパゴス日本?




観後感は悪くないので、ま、時間があれば観てはいかがでしょうか、



(ざっくり★評価)

★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月12日

先週観た映画~「パパはわるものチャンピオン」(★★★★☆)

先週観た映画、

「パパはわるものチャンピオン」(★★★★☆)




プロレス映画!?いやいや、立派な家族映画に仕上がっています、


201810パパはわるもの

かつてのエース大村も怪我や故障で今はヒールの“ゴキブリマスク”としてリングに上がっている、息子の祥太に父親の職業を隠していたのだが、ひょんなことから祥太にばれてしまう、父親が悪役なのが許せない祥太、学校でも父親の職業を訊かれて嘘をついてしまう、離れていく息子の心、そんなとき大村に大きなタイトルのチャンスが回ってくる、、、



大村役はプロレスラーの棚橋弘至さん、プロレス好きのプロレス映画か?と思いきや、、、いやいや、家族映画としてとても面白い、結構泣かされました、


子ども目線での物語が成功しています、序盤の子ども心が巻き起こす行動や台詞にいちいち感情移入、笑えるし、泣ける、


子ども世界のいじめだったり、大人世界の会社組織(プロの世界)の非情さだったりと、現代社会のストレスが湧き起こりますが、出演者がみんな善人なのでそれも難なく乗り越える、脳天気と云われようがこういうハッピーな映画が好きです、


寺田心(子役)が良い、棚橋さん ガンバった、木村佳乃 キャラピッタリ エエ女優にならはったなあ、仲里依紗 好怪演笑えた、




はい、観て損はなし、
本年度日本映画上位に入ります、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★   =時間があれば観てみよう
★★     =観なくても良いです
★      =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月08日

先週観た映画~「散り椿」(★★★★☆)

先週観た映画、


「散り椿」(★★★★☆)



本格時代劇、殺陣が新しい、
2018年モントリオール世界映画祭 審査員特別賞受賞


201809散り椿

享保年間、藩の不正を訴え出たために故郷を追われた新兵衛、病に倒れた妻 篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す、妻の願いをかなえるため藩に戻った新兵衛、不正の張本人の城代家老、かつての盟友采女、三右衛門などの思惑が絡み合う中、不正を正すために新兵衛が剣を抜く、



本格典型時代劇、妻やその妹と弟、悪役の城代家老、若い殿様、腕利きの道場の盟友4人衆、役者がそろった典型的な懲悪物語、


美しい映像で淡々と描かれる物語が徐々に破局に向かっていく過程は結構サスペンス感あり、冒頭からラストまで何回かある殺陣も新しい、岡田クンの個性を生かした剣法かな、殺生を避ける技に腕利きと納得、

脚本が少し足らない感じ、新兵衛と采女、そして妻の関係性の説明がやや分かりにくい(ワタシだけ?)のが残念、ここが分かりやすいと物語にもっと幅が出たかも、




はい、まあ、ぎり、観て損はなし、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★    =時間があれば観てみよう
★★      =観なくても良いです
★        =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

先週観た映画~「輝ける人生」(★★★★☆)

先週観た映画、


「輝ける人生」(★★★★☆)



誰もが一度は直面する第2の人生の選択肢、ハッピーな人生賛歌、


201809輝ける人生

舞台はロンドン、上流階級の妻サンドラ、何の不満もない順風満帆の人生に見えたが、夫と親友の浮気現場を偶然目撃、家を飛び出して姉ビフの家に転がり込む、

姉のビフはサンドラとは対照的に自由奔放に生きている、価値観がまったく違う生活に驚くサンドラも徐々に心を開き、ビフに誘われてダンス教室に通う、そして老人ダンスパフォーマンスが話題になり大きなステージに挑戦することになるが、、、




観後感が良い!というより、観ている間、ずっと幸せな気分で観れる映画、老人(と云ってもワタシと同じくらい)が主人公でこういう映画に仕上がるのが英国の強みのような気がします、


演出は淡白で過剰な演出はほとんどない、もう少し、とも思うがそれは欲目か、クライマックスかと思ったステージシーンも案外大人しい、




映画の基本的な設計図は『ロンドン、人生はじめます』と同じ、目的を見失いそうになった上流階級の女性が労働者階級の自由な生活に生きがいを見出す、階級差が激しい英国の永遠の夢か?男性目線なら英国版寅さんとも観れる、英国版はハッピーエンドですが、


そして、これまた英国映画の見所のファッション、『ロンドン、人生はじめます』では上流階級の上品なカジュアルファッションが目を引きましたが、今回は労働者階級のカジュアルファッション、これがまた趣味がイイんです、友達が一堂に集うシーン、みんなめちゃお洒落です、




あ、この映画はカナモリコウスケさんの情報で観に行きました、

間違いなく観て損はなし、



(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★   =時間があれば観てみよう
★★     =観なくても良いです
★      =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年09月28日

先週観た映画~「判決、ふたつの希望」(★★★★☆)

先週観た映画、


「判決、ふたつの希望」(★★★★☆)




中東レバノンを舞台にした法廷劇、中東の根深い問題がテーマ、
第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞ノミネート、


201809判決

レバノン人のトニーは近所で行われていた工事の現場監督カメルと些細なことが原因で口論、そして暴行事件にまで発展し、裁判を始めることになる。この裁判が二人の政治信条や国籍、過去の戦争被害などを浮き彫りにし、当事者の思惑とはかけ離れた国民全体を巻き込む根深い対立を引き起こす。大統領までが仲介に乗り出すが二人は一歩も引かない、、、




場所はレバノン、背景が複雑でセリフの意味などが理解しにくい、観るなら少し勉強して行った方が良いかも、キーワードは中東戦争、ヨルダン、PLO、レバノン、パレスチナ難民、イスラエルかな、


そんな複雑な背景の中で裁判を争う二人の男、二人とも頑として譲らない、でも普通の市民、当事者の手から離れて裁判が独り歩きするのだが、決して自分を見失わないのが良い、


背景にある問題が劇中で解決するわけではないが、二人の心の動きが丁寧に描かれており、ラストにはやるせない無力感を上回る少しの爽快な風が流れてくる、




観後感が良い、

はい、観て損はないと思います、


あ、この映画は“猫”の常富さんのお奨めで観ました、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★   =時間があれば観てみよう
★★     =観なくても良いです
★      =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年09月21日

先週観た映画~「泣き虫しょったんの奇跡」(★★★★☆)

先週観た映画


「泣き虫しょったんの奇跡」(★★★★☆)


実話を基にした将棋映画、、、地味な映画とお思いでしょうが、


201809泣き虫しょったん

子供の頃から大好きだったプロ将棋の世界に飛び込んだ“しょったん”こと瀬川晶司、天才ばかりが集まるプロ棋士養成組織の“奨励会”で10年以上にわたって奮闘するが『26歳の誕生日までに4段になれなければ退会』の鉄のルールの前にプロ棋士を断念、新たな人生を模索するが、、、




将棋映画です、全編将棋、いったい劇中で何局指されたのだろう、大の男が将棋盤を挟んで、将棋盤を睨み付けてぱちぱちパチパチ、映画的にはどう考えても地味です、そんなハンデを演出と撮影で克服していると思います、個性あふれる人間として描かれる棋士たち、過酷な奨励会の人間模様、巧みなカメラワーク(アップで自陣に飛車が成り込んでくるシーンは本当の戦闘シーンの様、おそらく映画界初の駒アップ)、


といっても、やはり画的には地味、それでも最後に待っている爽快な観後感、やはり脚本の勝利、一手一手指された伏線が最終盤で功を奏します、ドラえもんには泣かされました、




観て損はなし、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★   =時間があれば観てみよう
★★     =観なくても良いです
★      =観たらがっかりするかも





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年09月14日

先週観た映画~「SUNNY」(★★★★★)

先週観た映画~「SUNNY」(★★★★★)


韓国映画「SUNNY」(2011年)の日本版リメイク、


201809SUNNY

1990年代(それも後半かな)、コギャルブームの真っただ中で高校生時代を過ごした6人の女友達、20数年後、リーダーの芹香は癌で闘病中、偶然芹香の入院を知った奈美は昔の仲間たちと会いたい、という芹香の願いを叶えようと奔走するが、、、




もちろん、ワタシは女子高生ではないし、コギャルとも無縁、アラフォーの気持ちも分からないし、90年代の音楽シーンにもあまり興味はない、


なのに、女子高生のセリフや行動、アラフォーの彼女たちの心の動き、それらがいちいち心の中にズンズンと入ってくる、敵役の女子高生にさえ感情移入、結構笑えて、そして泣ける、




実生活の中にはないテーマでこれだけ心を揺さぶられるのは、原作のアイデア、リメイクの脚本、監督の仕事がちゃんとしているからでしょう、これが映画の醍醐味、知らない世界へ連れて行ってもらえる、


俳優陣も好演、篠原涼子熱演、ともさかりえ熱演、広瀬すず怪演、リリーフランキー美味しい役どころ、小野花梨体当たり演技、渡辺直美当たり役、




観後感がとても良いので★5つにします、今年「カメラを止めるな!」に続いて2作目、ぜひ観て欲しい映画です、




(ざっくり★評価)
★★★★★=ぜひ観て欲しい
★★★★  =観て損はなし
★★★   =時間があれば観てみよう
★★     =観なくても良いです
★      =観たらがっかりするかも






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)