Books

2019年08月27日

はたしてアトムは地球を救えたのか?黒田征太郎~『18歳のアトム』 手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ。

子供の頃、『鉄腕アトム』を連載していた月刊誌「少年」は買ってもらえず

友達の中村クンの家へ行って読んでいました、



でも、たしか光文社から出た文庫本は何冊か買ったなあ

「地上最大のロボットの巻」はめちゃくちゃ面白かった、

アトム世代です、

コミックは滅多に読みませんが浦沢直樹さんの『PLUTO』は完読しました、



黒田征太郎さんとは一度だけ仕事でお会いしています

高知であったイベントの審査員みたいなお仕事をお願いしました、

で、漁協の会館の2階みたいなところで打ち上げがあり、一緒に酔っぱらいました、

その会館の壁に落書き!?(いや、来訪署名と云うべきか)をされたので、

ワタシもお願いして、着ていたTシャツにも署名をいただきました

「猫でお願いします」と云うと猫のイラストを書いていただけました、



もう15年以上前の話、

あのTシャツ、どこかに大切に保管していますが、、、どこへいれたやろ?



その黒田征太郎さんがこんな絵本を2019年4月に出版されました、

おっとり刀です、NHKのニュースで知った次第、、、



『18歳のアトム』、

アトムは2003年生まれの設定、現在なら16歳の計算、

18歳という事は2021年のお話という事になります、

その時の地球はどうなっているのか?

人類のために働き続けたアトムはどうなっているのか?地球を救えたのか?



TVで黒田さんは、『結局、人間は戦争をやめられないのではないか・・・』とおっしゃっていました

手塚治虫さんが提示したアトムがいる未来社会、

それは人類に対しての“謎かけ”でもあったとも黒田さん、

その問い掛けに答える!?この絵本、ぜひ読んでみたいと思いました、



Amazonでポチ、、、便利な未来社会がここにあります、

さて、この先は・・・



Amazonより転載

『18歳のアトム』 手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ、

18歳のアトム201908

内容紹介

〔手塚治虫没後30年記念出版〕21世紀の未来を想像した舞台で活躍したアトム。想像した多くが現実化。技術の進歩により、地球を壊し争いを起こす人間。地球と人間のために戦ってきたアトムはどうなったのか?手塚治虫をオマージュし続ける黒田征太郎が描くアトム。


内容(「BOOK」データベースより)

手塚治虫没後30年記念出版。手塚治虫1928年11月3日生まれ、1989年2月9日逝去。鉄腕アトムの誕生日は?英訳付き。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年06月03日

こんなタイトル、、、好きです♡、『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』、で、サザンの“データブック”が出版されます♪

先日、Facebookで、

『今日のサザンのチケット、1枚あります、どなたか行きませんか!?』

って、メッセージが載っていました



あらら、もったいない~、行きたいけど~、行けないし~

と、見送りました

先週末は京セラドームでのコンサートだったんですね、



このツアータイトルがまためちゃオモロイので大好き

『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』



何度も書いていますが、サザンのデビューがたしか1978年、

ワタシが新入社員の年、桑田クンとはたしか同い年、



そして、、、サザンは今も現役、

いや現役というより、ずっとトップを走り続けています

こちとらはもう半分引退しているというのに、、、

いやはや、たいしたものです、サザンは不滅ですね



で、そんなサザンのデビューから現在までの“データブック”が発売されるそうです、

ほう!これまた凄いなあ企画やな、

ファンにはありがたい1冊ですね、



ワタシは、、、なんと、、、サザンのステージ観たことありません

桑田バンドのステージは大阪城ホールで一度拝見、

メンバーの今野さんとはCMのお仕事でご一緒しました

そんなワタシは、、、買うかな~、このデータブック



ツアーHPから転載

デビューから現在に至るまでの軌跡を完全網羅!『サザンオールスターズ公式データブック1978-2019』6月25日に発売決定!!

201905サザンデータブック.jpg


『サザンオールスターズ公式データブック1978-2019』が2019年6月25日(火)に発売されることが決定いたしました。

1978年のデビューから、昨年6月には40周年を迎えたサザンオールスターズの軌跡をすべて網羅した1冊となり、サザンオールスターズの公式のデータブックとしては、2005年に刊行されたもの以来となります。


オリジナル・アルバム、シングル、映像など、これまで発表してきた全作品のディスコグラフィ、40年以上におよぶバンドのヒストリー、これまでのすべてのツアー&コンサートのリストなどを掲載、さらに歴代レコーディング・エンジニアが語るビクター401スタジオでの名盤誕生のエピソードも収録予定。


サザンオールスターズの魅力をあらゆる角度から解き明かした公式データブック、ぜひチェックしてください!


<書誌情報>

『サザンオールスターズ公式データブック1978-2019』


定価:本体2,500円+税
発売:2019年6月25日(火)
仕様:B5変型判(257×150mm),全264ページ予定
リットーミュージック刊
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3118243006/

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年03月01日

富永寛之さんの『伴奏とメロディを同時に弾こう ちょっぴりジャズ気分のソロ・ウクレレ名曲選』♪

富永寛之さんと接点ができたのは、、、

葛飾区立石のもつ焼き「宇ち多”」と、坂崎酒店と、神戸元町「ハックルベリー」がきっかけです



なんのこっちゃ?って感じですが、そうなんです、、、、

詳細は割愛
(割愛するんかい)



とにかく、SNSでお知り合いになってからステージを拝見しました、

最初は“バンバンバザール”のステージ、好きでした、いやホンマに、



現在は“ブルームーンカルテット”やいろんなユニットで聴いています、

神戸で聴くことが多いかな、

フリーライブも結構あるので楽しませてもらっています、



で、富永寛之さんの2冊目のウクレレ教則本(でエエのか?)が出るみたいです、

これ、なんか魅かれます~



最近、まったく弾いていませんが、一応ウクレレ、持ってます、
(持ってるだけかいな)

このところバンド活動もないので、

ソロでウクレレ弾けるようにガンバってみようかな~



Amazonより転載

『伴奏とメロディを同時に弾こう ちょっぴりジャズ気分のソロ・ウクレレ名曲選』
(CD付、YouTube動画対応)
                     
 
201902冨永ウクレレ本

内容紹介


付録CDや連動動画で確認しながらソロ・ウクレレを楽しく弾きましょう!

ウクレレ・マガジンに連載されている「富永寛之のソロ・ウクレレ」。

ギターとは違うウクレレならではの「和みの独奏」の楽譜を弾いて楽しめる企画です。
主旋律だけ太字でわかりやすいのも特徴のひとつ。

現在も連載中の同人気企画から、人気のある楽譜をセレクト、
掲載時の解説に加筆していただきました。
さらに著者らしい楽しい語り口のコラム群も追加された1冊です。
すべての収録曲はYouTubeで動画も対応しています。


【収録予定曲】
◎異邦人
◎君といつまでも
◎なごり雪
◎崖の上のポニョ
◎いつくしみ深き
◎グリーンスリーブス
◎TWILIGHT TIME
◎さんぽ
◎涙そうそう
◎遙かなる影(They Long to be Close to You)
◎スターダスト
◎きよしこの夜
◎あの素晴しい愛をもう一度
◎君の友だち(You`ve Got a Friend)
◎エマニエル夫人のテーマ
◎ダニーボーイ
◎君の瞳に恋してる(Can`t Take My Eyes Off of You)


著者について


1972年生まれ、兵庫県明石市出身のギター、ウクレレ演奏家。ブラック・ミュージックをベーシックに、躍動感溢れるフリー・フォームな演奏スタイルでエレクトリック/アコースティック問わず、またジャンルに捉われず多種多様な音楽を奏でるリハーサル不要の超現場主義。ツアーを中心とした活動の他に、レコーディングやプロデュース・ワークも数多い。

2004年のコンピレーション・アルバム『ウクレレジブリ』に参加して以降、ウクレレ奏者としての活動も加わり、ジャズ・ギター用のフラットピックを使う独特なスタイルで奏でる哀愁に満ちたウクレレの音色は、欧米から賞賛の声も多い。そんな活動を経て2009年に“ブルームーンカルテット"をトランペット奏者の黄啓傑らと結成、幼少より親しんだ映画音楽、歌謡曲をスウィンギーに奏でる軽音楽を提唱。

また、全国各地で開催しているウクレレ・ワークショップや、YouTubeなどで公開しているソロ・ウクレレ動画を始め、雑誌『ウクレレ・マガジン』『アコースティック・ギター・マガジン』などで執筆も展開、近年は洗足学園音楽大学ワールドミュージックコースで後進への指導を行ったり、音楽のみならずグルメレポや料理家アイコン「富永飲食組合」などなど旅はまだまだ続く。

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2019年01月15日

金森幸介さんの歌詞集「心のはなし」が制作中らしいです♪世界一綺麗な本らしいです♪楽しみです^^)

金森幸介さんが“歌詞集”を作っておられるらしいです

タイトルは、歌詞集『心のはなし』、というらしいです、



“世界一綺麗な本”を作るそうです、凄~い、

金森さんのFBによると、、、画が凄くイイみたいです~、おお~、

崇高な理念~、その通りですね~、



この本はぜひ入手したいです

“世界一綺麗な本”をぜひ読んでみたい



で、この本はライブ会場での手売りがメインになるそうです、

なるほど~

そうなると、こまめに金森さんのライブに行けないといけません



本はいつごろ完成するのか?まだ、分かりません、、、

いつ?いつ出来上がるのか?

気になります



とりあえず、1月2月のライブはこんな感じ、

まだ、世界でいちばん綺麗な本は出来上がってないかな~



金森幸介さんのHPより転載

062kai

◆大阪 2019年1月26日(土)

『ヴィクター』

大阪市中央区西心斎橋1-8-1 アトリアムビル2F

出演:金森幸介

19:00 open / 20:00 start

charge : 3000yen(ドリンク別)
お問い合わせ・予約:℡06-6282-1188

◆大阪 2019年2月10日(日)


『マルコハウス(MARUCO HOUSE)』

大阪市生野区勝山北1-6-4(桃谷駅から248m)

出演:仲豊夫、金森幸介

(詳細未定) open /  start

charge :
お問い合わせ・予約:℡06-6718-1612


◆大阪 2019年2月23日(土)


『金森幸介と七色ラブレターズは素敵じゃないか』
 ~七色ラブレターズ企画VOL.17~

会場:『寺田町 SHADY LANE』大阪市生野区生野西4-18-14 KSビル1F

(JR寺田町駅北口より徒歩7分)

出演:七色ラブレターズ、金森幸介


19:00 open / 19:30 start

charge : 2000yen (ドリンク別)

お問い合わせ ℡.06-6711-5505 

(転載ここまで)





syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年12月26日

泉谷しげるは「個人的な『ため息』を表現」と書いています、さだまさしさんを解剖した本なのかな?『うらさだ』。

正直、あの頃はあまり好きじゃなかったのです

そう、ワタシが若い時ね、

カラオケブームの時とかでも唄ったりもしなかったし、、、



でもね、今はエエ感じやな~とか思ってます

さだまさしさん、

とにかく才能あふれる歌手であり、作曲・作詞家であり、

一流のエンタテナーですよね、



NHKの『今夜はさだまさし』とかも、面白いな~、っと、ふ~っと観てしまうし

MC、上手ですよね

昔の名曲の数々も、あらためて聴くとエエ歌が多い



で、この本、2018年9月に出版されたようです、

この才能あふれる、さだまさしさんを解剖しているようです、



そして、泉谷しげるも寄稿しています、

へ~、なんか水と油のような気がしていましたが、、、

案外、仲が良かったりして



その泉谷の文章のタイトルも気になります、

「個人的な『ため息』を表現」、

なかなかエエところを着いているような気もします



買うかな~、、、



Amazonより転載

『うらさだ』 単行本  – 2018/9/27


sadaうらさだ201810

◆内容紹介


さだまさしとは何者か! ?

コンサート回数は日本一の4300回超。
作った曲は570曲以上。
著書累計300万部超。
かつて背負った借金は35億円。
デビュー45周年……。

数字を羅列しただけでも、その「特異性」が垣間見える。

何より、「さだまさし」によって人生が変わったという人がたくさんいる。


本書は、そんな人たちの様々な視点を通じて、さだまさしの「正体」を説き明かそうとするものです。

 
参画した豪華な面々の「プロファイリング」は下記の通り。
 
案内人は寺岡呼人。


●笑福亭鶴瓶×立川談春 「談志も嫉妬したトークの腕」

●高見沢俊彦  「しゃべりにギターをつけさせられた」

●鎌田實  「『病』を世間に伝播させている」

●小林幸子  「『小銭ならある』と楽しませる人」

●ナオト・インティライミ  「アラファト議長との共通点」

●カズレーザー  「焼きたてのトーストみたいな存在」

●泉谷しげる  「個人的な『ため息』を表現」

●レキシ  「破天荒な生き方は初期衝動のため」

●若旦那  「さだまさし=親父」

●堀江貴文  「『1兆人に1人』のレアな価値」


NHK『生さだ』の「テレビじゃ言えないウラ話」も特別公開!


◆出版社からのコメント


本書の印税の一部は、公益財団法人「風に立つライオン基金」に寄付されます。

同基金はさだまさしさんが災害支援などを目的に2015年に設立して以来、多数の被災地に義援金をお届けしています。

本書を通じても、皆さまの温かなお気持ちが被災地などへと届きます。

「風に立つライオン基金」の活動の詳細は公式サイトをご参照ください。


◆内容(「BOOK」データベースより)

さだまさしの“生き様”に学ぶ「1兆人に1人」になる方法。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月02日

2018年9月27日発売「月刊!スピリッツ」11号は“浦沢直樹ジャック号”!!泉谷しげるとの対談も!!

すでに発売中、おっとり記事です



今はもうマンガ、コミックはもうほとんど読まないのですが、

子供の頃はマンガ全盛期、

個人的には「伊賀の影丸」、「サブマリン707」、「紫電改のタカ」なんかが好きかな~



この10年で読んだのは「鉄腕アトム」の名エピソードのリメイク『プルート』、

面白かった

原作もダントツに面白いし、浦沢直樹さんのリメイクも面白かった



そんな浦沢さんと泉谷しげるが、なぜか対談だそうです、

すでに発売中の「月刊!スピリッツ」って、、、、知らんがな

本屋さんで探そうか、買うかな



小学館コミックのHPから転載

9/27発売「月刊!スピリッツ」11号は“浦沢直樹ジャック号”!!
 
201809月間スピリッツ

「月刊!スピリッツ」11号

浦沢直樹氏、満を持して「月!スピ」に初登場!!

浦沢ファンならずとも必携の1冊!!


『20世紀少年』完結以来11年ぶりに、「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて新連載を始動する浦沢直樹氏。連載第1話が掲載される45号の発売(10月6日)を目前に控え、9月27日発売の「月刊!スピリッツ」11号は“浦沢直樹ジャック号”と銘打ち、浦沢氏関連の多彩な企画が満載!!

気になる企画詳細は以下のとおり。


①読み切り 遠藤賢司氏×浦沢直樹氏『いっつあびゅうてぃふるでい』

昨年10月に亡くなったシンガーソングライターで、『20世紀少年』の主人公・ケンヂの名前の由来になった人物として知られる遠藤賢司氏が遺した秘蔵エピソードを漫画化。


②対談 泉谷しげる氏×浦沢直樹氏 『around1970 音楽と漫画の日々。』

読み切りの舞台にもなった1970年前後の音楽と漫画について、当時の生き証人である泉谷氏とともに語り合う特別対談。伝説の漫画『漫画王シゲル少年のイズミヤ画報』も特別掲載!!
『浦沢直樹カレンダー 彼女の幻』


③付録 『浦沢直樹カレンダー 彼女の幻』

オール初出しの美女イラストをあしらった超貴重カレンダーが特別付録に。永久保存版!!


④イラスト&インタビュー 『非日常な彼女』

毎号豪華ゲスト作家が美女イラストを描く「月!スピ」名物コーナーも浦沢氏がジャック。漫画家ならではの視点から“女性を描くこと”について語ったインタビューも必読!


「月!スピ」11号を読みながら、浦沢氏の新連載が始まる10月6日を待とう!

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年01月19日

初電子書籍、、、やってみるか!『鉄腕アトム 手塚治虫文庫全集』。

電子書籍、利用していません、

電車車内で、電子書籍で小説やコミックを読んでおられる方を良く見かけるので、

相当普及している思うのですが、ワタシは完全なフォロワー

今もリアルな本を読んでいます、

(最近はポケモンGOのせいで読書量ガタ落ちですが)



でも、このコミックのプッシュメールが来ました

う~ん、これはシズルなあ、この漫画、また読んでみたいなあ、



ワタシが小学校の頃、月刊漫画誌「少年」に連載されていました、

「少年」は買ってもらえなかったので、

定期購読していた友達の中村クンの家で読ませてもらっていたのを想い出します



とくに電子書籍版7巻の「史上最大のロボットの巻」だけでも読んでみたい

10年ほど前に浦澤直樹さんの「PLUTO」も読みました、

とても面白い物語です、オリジナル発表当時9歳か10歳、そら興奮しましたわ、



初電子書籍、、、やってみるか!



『鉄腕アトム 手塚治虫文庫全集』 (現在9巻)、 

 


著者 手塚治虫
発行 講談社
ジャンル 少年漫画:SF・ファンタジー/バトル・アクション
タグ アニメ化ドラマ化長編漫画
年代 1950年代
シリーズ 鉄腕アトム

天才科学者・天馬博士は、事故で失った息子のトビオに似せて、最高のロボットを誕生させた。しかし、ロボットの息子が成長しないことに気づいた博士は、彼をただのロボットとしてサーカスに売ってしまう! そんな中、宇宙船から自分たちとウリ二つの宇宙人が現れた! ところが宇宙人との共生を認めない地球人によって、宇宙人狩りが始まってしまい、ついには地上の生命すべてをおびやかす愚かな戦争に発展! 地球人でも宇宙人でもない、ロボットのアトムが大使となって双方をとりもとうとするが……!?

(7巻)

20180115アトム

百万馬力のパワーをもつプルートウに、次々と強いロボットたちが倒されてゆく! 十万馬力のアトムは、果敢に立ち向かうが……?
(「地上最大のロボットの巻」より)

<収録作品>地上最大のロボットの巻/ロボイドの巻/ロビオとロビエットの巻 <手塚治虫漫画全集収録巻数>『地上最大のロボットの巻』 MT233『鉄腕アトム』13巻収録/『ロボイドの巻』『ロビオとロビエットの巻』 MT234『鉄腕アトム』14巻収録 <初出掲載>『地上最大のロボットの巻』(原題「史上最大のロボットの巻」) 昭和39年6月号~昭和40年1月号 「少年」連載/『ロボイドの巻』 昭和40年1月号~5月号 「少年」連載/『ロビオとロビエットの巻』 昭和40年5月号~9月号 「少年」連載【全402ページ】

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年01月04日

面白かったです、なぎらさんが帯の推薦文を書かれています♪『コンクリンさん、 大江戸を食べつくす』。

明けましておめでとうございます

このブログを始めたのが、たしか2004年ですから14年目に突入した模様です、

当初の内容からずいぶんと変わって来ていますが、

ま、書きたいことを書き続けていこかと思っております

本年もヨロシク~



面白かったです、この本



なぎら健壱さんが帯のコメントを書いている、ということから知ったのですが、

この手の“外国人の日本の食の本”、好きなんです

日本人とは違う視点で見る日本の文化、

それも、ミシュランとか高級寿司とか神戸牛ではなくて、

B級グルメとかサブカルチャーとかになると、話が俄然面白くなります



以前に
『英国人一家、日本を食べる』という本がありましたが、

それの流れ、二匹目の泥鰌かと思いきや、違います、



筆者のコンクリンさんは日本文化の研究者で、人形町に住んでいて、そして大の日本食好きです、

ワタシより、いや大方の日本人よりすっと深く日本の食文化について思考を巡らせ、

家庭料理を実践されています、いや、素晴らし



観光客視点ではない外国人視点の日本食文化研究、

家庭料理、B級グルメへの考察、

面白かったです



お店紹介本ではないのですが、2店ほどどうしても行ってみたい店が出てきました、

これがきっかけで東京に行くことになりそうです



【出版社のHPから転載】

『コンクリンさん、 大江戸を食べつくす』、

Cokurinコクリンさん大江戸を

内容紹介


「前世は日本人だった」アメリカ人男性が描く"食と歴史の祭り"に彩られた東京・下町の刺激的な日々――

「我々には日常であるから見えてこない日本の食文化。
それを彼に教わるとは……悔しいがやられた。読めばわかる!!」
―なぎら健壱氏


 【目次】
第1章 ポートランド生まれのヘンなガイジン
第2章 妻とふたりの下町暮らし
第3章 商店街、デパ地下、築地市場での買い物
第4章 ちょっと何処かで食べたくなったら
第5章 本当の鮨に出合う
第6章 なにより蕎麦が好き!


著者紹介

デヴィッド・コンクリン(David Conklin)
 
1959年米国オレゴン州ポートランドで生まれる。亥年。日本食文化史研究家。和食コンサルタント。江戸下町グルメツアー主宰。

2007年に日本人女性と結婚し、現在、日本橋人形町に在住。オレゴン州立大学およびマサチューセッツ大学アムハースト校にて経済学士、北米で有数の日本文化研究機関であるポートランド州立大学大学院で日本史学の修士号を取得。研究テーマは「日本食文化史とグローバリゼーション」。

13年にイスラエルで開催された「日本食のグローバリゼーション」に関する国際学会で、「蕎麦のグローバリゼーション」について研究発表し注目される。持ち前の食に関する繊細な感性と探究心から、東京下町でさまざまな日本の食文化を日々渉猟する。毎日食べるほどの「蕎麦好き」でもあり、現在、英文で蕎麦の本を執筆中。趣味は蕎麦打ち、築地市場での買い物と肴づくり、酒や焼酎の飲み歩き、相撲観戦、祭り。人形町町会青年部に所属し、隔年開催の神田祭では神輿を担ぐ。

『江戸の縁起物』『江戸暦、江戸暮らし』木村吉隆(ともに亜紀書房)の日本語抄訳を担当。

(転載ここまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年09月13日

坂崎さんがmiwaと一緒に表紙を飾っています、『Go ! Go ! GUITAR (ギター) 2017年 10月号 』♪

この雑誌、買ったことないなあ~

でも、坂崎さん、結構出てはるんですよね

2017年10月号も坂崎さんがmiwaさんと表紙を飾っています、

ちょっと中身をご紹介



Go ! Go ! GUITAR (ギター) 2017年 10月号 』、

201708GOGOギター

今月の特集2


人気アーティスト愛用ギター大集合!~20周年アニバーサリーコメント付き~ 

 
豪華賞品がザックザク! 無料で応募できる!  Go!Go!プレゼント祭り 

 
スペシャル対談&使用機材  THE ALFEE坂崎幸之助×miwa 

 


ギタースコアは25曲載っているようです、

ま、これはお得感ありますな、



今月のスコア 全25曲

今月の大注目! 《Close Up Release》 

◆中島みゆきニューシングル「慕情」
慕情
人生の素人(しろうと)
 

◆ヒット曲を速攻ゲット!《NEW HIT SONGS》 


セツナユメミシ/KEYTALK [バンドスコア]
NHK Eテレ テレビアニメ『境界のRINNE』第3シリーズ オープニングテーマ

かなしいうれしい/フレデリック [バンドスコア] 
TV アニメ『恋と嘘』オープニングテーマ 

若い広場 
NHK 連続テレビ小説『ひよっこ』主題歌

Family Song/星野源 
日本テレビ系 水曜ドラマ『過保護のカホコ』主題歌

Ride the Rhythm/INORAN

10% roll, 10% romance/UNISON SQUARE GARDEN
 TV アニメ『ボールルームへようこそ』オープニングテーマ

あやまリズム/さくらしめじ
TBS アニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』
7月クールエンディングテーマ 

マネキン/FLOWER FLOWER

エンジェルベイビー/銀杏BOYZ

マイ フェイバリット ジュエル/大原櫻子

ノンフィクション/平井堅
TBS 系日曜劇場『小さな巨人』主題歌

SSW/コレサワ
 

ゴゴギの推しテーマはコレ!《今月のThe特集!》

「創刊年・1998年のGo!Go! 読者人気曲」
全部だきしめて/KinKi Kids
夜空ノムコウ/SMAP
夏色/ゆず
 

あなたの“弾きたい”にお応え!《リクエストコーナー》 

誘惑の太陽/Takamiy
ミラクル/miwa
 

永遠の名曲♪《Go!Go!定番ソングス》 

メリーアン/THE ALFEE
笑えれば/ウルフルズ
ウォーク・ディス・ウェイ/エアロスミス
空も飛べるはず/スピッツ
HANABI/Mr.Children
 

たまには独りで《魅惑のソロギター》 

ハッピー・バースデー・トゥー・ユー




 



syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年07月14日

『永久保存版! アコギ・ライフを100倍楽しむための 弦 徹底ガイド~Strings for Acoustic Guitars』

最近はギターの弦にも拘りなくなりました、

もうこの7~8年は
こちら、ダダリオの「フォスファーブロンズEJ16-3D」ですね



それまではあれこれいろいろ試しました、

1セット1000円以上する高価な弦も試しましたが、、、



結局、ギターの腕が良ければ、どの弦でもエエ音が出ることに気付き

弦をあれこれ試すのはやめました、、、ワタシの腕ではどれでも一緒ですわ



しかし、最近、弦は高いです、AmazonでもEJ-16 3Dが800円くらいしますね、

15年ほど前、お茶の水の楽器店で500円切っていたような記憶があります、

その後、徐々に上がりだしたのも憶えていますが、、、今も高いんですね、



最近、あまり買ってないから、値ごろ感が分かりません、

大阪梅田の楽器店で3セットパックがやはり2400円くらいかな、、、

あ、そろそろ買わなきゃいけません、予備がないや、、、





さて、“アコギ・マガジン”2017年6月号は弦特集らしいっす

ご興味のある方はぜひ、



Amazonから抜粋転載

アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2017年 6月号 Vol.72 (CD付)

201706アコギマガジン

『永久保存版! アコギ・ライフを100倍楽しむための 弦 徹底ガイド~Strings for Acoustic Guitars』


■SPECIAL PROGRAM
永久保存版! アコギ・ライフを100倍楽しむための弦 徹底ガイド
~Strings for Acoustic Guitars(70ページ)

これまで好評を博した“木材"“ピック&ネイル"“インレイ"に続く、まるごと1冊規模の保存版/徹底ガイド企画の第4弾は“弦"に焦点を当てる。

ギターを弾く人なら誰しもが触れずには通れないアイテム“弦"。弦が張られていなければ楽器として機能しないし、弦をはじかなければ音は出ない。

まさにギターの一部であり、とても重要な要素だが、意外に知らないことが多いのも事実。

その歴史を紐解いていくと、素材や構造などの進化が文明と密接に関わっており、楽器の構造やそこから生まれる音楽に大きな影響を与えていたのであった。

17世紀より弦製造に携わるダダリオ特集や、さまざまな弦メーカーの試奏レポート&特大カタログ、85人のミュージシャンへの愛用弦アンケートなどなど、弦に関することを完全網羅。計70ページの特大企画である。


◎CONTENTS
(前編) 弦の素材図鑑
弦の歴史 文明の進化と製造方法/楽器/音楽の変遷
String Thing~ビンテージ弦のパッケージのアートな世界
D'Addario 吉田次郎ファクトリー・ツアー+ジム・ダダリオ・インタビュー
acoustic science
弦の構造
弦の振動とギター・サウンド
弦と弦高考察
正しい弦の張り方


(後編) 新素材&コーテッド弦試奏 エバラ健太×小倉良男
フォスファー弦試奏レポート 井戸沼尚也
ナイロン弦試奏レポート 伊藤賢一
現行String Catalog
プロの愛用弦アンケート
弦にまつわるQ&A


(抜粋転載こkまで)






syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)