よそゆき顔で

2020年06月05日

今日の1曲~Yuming「よそゆき顔で」(1980年)(作詞作曲:松任谷由実)

今日の1曲~Yuming「よそゆき顔で」(1980年)(作詞作曲:松任谷由実)



2005年1月に東京に転勤、

月に2回は関西に帰って来ていたけど、残りの週末はせっせと都内や近郊の観光名所を巡っていました、
(まだ酒場探訪を始める前^^)



で、横須賀の観音崎の歩道橋を観に行って、

テクテク(この頃から歩くのは好き)、砲台跡から浦賀まで歩いたなあ、



他にもYuming歌詞探訪で云うと、茅ヶ崎の“ゴッデス”も行った、

江ノ島も登り、湘南電車に乗って鎌倉の大仏も観た、完全なるミーハー観光^^)



今日の1曲はYumingの「よそゆき顔で」、

Yuming苗場

ピアノ弾き語りの古い本人映像があるのですが、、、こちら ⇒

どうも貼り付けできないようです、リンクで観れるかな?



2番の歌詞が凄い、

砂埃りの舞うこんな日だから
観音崎の歩道橋に立つ
ドアのへこんだ白いセリカが
下をくぐってゆかないか

Yumingの曲には、そのままの風景が自然と浮かんでくる歌詞がたくさんありますが、これもその一つ、

収録されたアルバム『時のないホテル』(1980年)はとても濃厚なテイストで、時代の匂いがプンプンしてたなあ、

今でも匂うなあ、、、











syougai1pon at 10:13|PermalinkComments(0)