余命10年

2022年12月12日

先週は多忙、劇場へ行けませんでした、なんとか自宅で4本、「漁港の肉子ちゃん」「ジェントルマン」「守護教師」「余命10年」

◆(自宅で鑑賞)「漁港の肉子ちゃん」
(★★★★☆)(2021年日本)
西加奈子原作小説のアニメ化、ほのぼのとした母と娘の物語

12漁港の

田舎の漁港で暮らす菊子と喜久子の母娘、菊子は食いしん坊でだらしなく、すぐに男に欺されるが、憎めない性格で“肉子ちゃん”と呼ばれ街のみんなから愛されている、娘の喜久子は11歳、学校の友だち関係で悩みもあるが肉子ちゃんの愛情をたっぷり受けて育っている、が、2人には大きな秘密があった、、、



食べて食べて太ってオナラして寝て、ブスで天真爛漫な肉子ちゃん、そんな主人公の物語がとってもハッピー、肉子ちゃんを欺した男達以外は悪人が出てこない田舎の漁港、肉子ちゃんと喜久子の秘密もなんとなく想像はつくし、その秘密がこぼれだしてもポジティブ思考で逞しく乗り切っていく喜久子とどこまでも優しい肉子ちゃん、市井に生きる生身の人達の物語、

珍しく原作を読んでいた小説のアニメ化、小説とはまた違う魅力的な映画になっています、明石家さんまプロデュース、肉子ちゃんを演じる大竹しのぶは流石の貫禄、素晴らしい演技です、娘喜久子はキムタクと工藤静香の長女Cocomi、他に吉岡里帆、マツコ・デラックス、山西惇、ゆりやんレトリヴァと豪華な声優陣、さらにそれを上回る豪華なアニメ制作陣、上質な秀作となっています、

ほんわかした休日の鑑賞が似合います、



◆(自宅で鑑賞)「ジェントルマン」
(★★★★☆)(2017年米国・英国合作)(原題:The Gentlemen)
麻薬ビジネスを巡っての悪党達の虚々実々の駆け引きとその顛末

11ジェントルマン

強大なマリファナビジネスを自らの才覚で築いたミッキー、そのビジネスを売却して引退することを決める、その利権を巡ってユダヤ人豪商が買収に乗り出す、そこに絡むチャイニーズマフィア、下町の不良、果ては偶じょうしつん発事故で死んだ青年の復讐にロシアンマフィアまで絡んでくる、それを追うゴシップ誌や私立探偵、事態は2転3転、予想不能な展開に、、、



ショッキングな冒頭、欲に駆られた私立探偵と組織のやり手参謀とのやりとりを追うカタチで物語が進行、2転3転する事態を効果的に切り取っていく手法が成功しています、面白い、

シナリオが巧妙すぎるし、登場人物が多いので、各勢力の動向を見失わないように集中して鑑賞する事が必要、というかなり疲れる映画でもあります、スクリーンでも鑑賞しましたが、2回目鑑賞でも混乱を避けるために物語に釘付けになる秀逸なサスペンスです、



◆(自宅で鑑賞)「守護教師」
(★★★★☆)(2018年韓国)(原題:The Villagers)
マ・ドンソク主演、地味な小品ながら快調な展開です

12守護教師

ボクシングで名を馳せたギチョル、暴力事件を起こし田舎の高校で体育教師をすることに、
慣れない仕事の中で行方不明になっている同級生を独り探しているユジンと知り合う、学校は家出はよくある話と取り合わず、警察の捜査も一向に進まない、そんな中ユジンが何者かに襲われる、偶然ユジンを助けることになったギチョルは行方不明事件を追わない学校や警察の態度に疑念を抱く、、、



お馴染みマ・ドンソク、元ボクシングのチャンピオンだが他の映画ほど豪腕を振るえる訳ではない、冴えない体育教師の身分で少しずつ事件の真相に迫っていくのは観ていてももどかしい、そこはガツンと行け!!という場面でもストレスが掛かります、事件の真相自体には驚きは無い、でもいつもと違うマ・ドンソクの設定が妙にチャーミングで成功しています、



◆(自宅で鑑賞)「余命10年」
(★★★?☆)(2022年日本)
難病で余命10年と宣告された彼女の恋物語

12余命10年

茉莉は難病で余命10年と宣告されている、生きる事への執着を見せずに淡々と暮らしている茉莉、文章を書くのが好きで出版社でアルバイトも始める、少し病状が落ち着いたある日、気まぐれで高校の同窓会に出席、そこで同級生和人と再会する、上手く生きられない不器用な和人に惹かれ始める茉莉、決して恋はしないと誓っていた茉莉だが、、、



物語の終盤で茉莉が私小説を書き始めます、そしてそれが世の中に出る事にもなるのですが、、、この物語の原作者も難病ですでに他界していることを思うと万感迫るものがあります、哀悼、




syougai1pon at 05:30|PermalinkComments(0)